食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編


20180111190258861.jpg
タルトポワールパンプルムース:750円

スペシャリテの1つですが、今回は赤みの強い色のパンプルムース。

20180111192540092.jpg
そのパンプルムースは鮮烈とも言えるほどの苦味。
柑橘としてはあまり経験したことがないほどの苦味で、単体では食べれないくらい。

しかしポワールの甘み、ピスターシュの香り、タルトの旨みなどがそのガツンとした苦味すら1つの特徴として受け止め、一体となるとネガティブさは皆無に。

むしろ、これくらいの苦味があるのも良いなーまで思ってしまえる恐ろしい構成です。


20180111190214316.jpg
タルトポワールフレーシュ:750円

20180111190230906.jpg
ポワールはじっくりと火が入っている感じですが、シャキッとしつつクニュッとしつつ。
爽やかな香りが立ち上り、見た目のシンプルさからは想像できない味わいがあります。


20180111190240248.jpg
タルトノルマンド:700円

20180111190251614.jpg
リンゴは紅玉と思いますが気持ち小さめに。
クレームパティシエールのコクと甘みがリンゴの甘酸っぱさと良く合います。

こちらも見た目は地味でフラットな印象ですが、食べていると驚くほどの盛り上がりを感じられます。


20180111192553380.jpg
タルトレザン:900円

今回はマスカット系単一で、大量のピスターシュと相まってオールグリーンな色合いに。

20180111192600979.jpg
スッキリと爽やかなぶどうに大量のピスターシュの芳香。
クラクラするくらいの香りで、いつも美味しいタルトレザンでも最も好印象です。


20180111192611569.jpg
タルトフレーズ:950円

並んでいる時に凄まじいイチゴの香りがあり、コンフィチュール出るのかなと思ったら、これ専用の物だったよう。

イチゴはあまおうで、あまおうと言えば国産イチゴでは最強なイメージですが、それすらたっぷりのジュレで補強。
あまおう"ごとき"が単体だと、このお店のピスターシュやタルト台の力強さに負けると言わんばかりに。

グラフで言えば全てがマックスの位置でのバランスで、当然ながら美味しすぎると言う結果に。
常連さんが口を揃えてこれより美味しいと言う八戸苺のタルトもいつか食べてみたいです。


何度食べても美味しいしとか言えませんが、それ以上の一言がありません。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編

今回は車の旅で、薄暗い車内での撮影のため、いつも以上に写りが悪いです。


20180111185530038.jpg
青森県産バルバリー鴨ロース:1200円

新年らしく鴨ロース、もちろん合鴨などではなくバルバリー種。

20180111185542050.jpg
分厚いですが、スッとした歯切れから溢れる肉の旨み。
しょうゆ風味の上品な味付けで、柔らかな甘みがパンオレ生地とも良く合って。

脂身は多いのですが、脂っぽさやグニュッとした感覚は一切なく、さっぱりした味に感じます。
今まで食べた鳥の中で、最も美味しいと言えるほど好ましい調理でした。


20180111185504015.jpg
プーレ・キューリー:450円

外側にカレー風味をつけられた“あべどり”のムネ肉で、また食べたいと思っていた一品。

20180111185518355.jpg
鶏むねとは思えない気持ち良いサックリした歯切れとしっとりした口当たり。
もちろん肉自体に旨みがあり、それを邪魔しない程度の絶妙なカレーの風味。

こちらもパンオレ生地の柔らかさや甘みとも良く合って、軽く塗られた自家製マヨのアクセントも素晴らしく。
パン・具・ソースの相乗効果を感じられるサンドイッチです。


20180111185713407.jpg
フランス産メルルーサ:850円

20180111185725659.jpg
皮付きで、ふっくらした身はプリッとした歯応えがありつつ、あっさりした口当たり。
自家製マヨに、ちょっと写ってないですがドライトマトのような物が入っており良いアクセントに。

当たり前ですが、どこにでもある白身魚とは、文字通り一味も二味も違いました。


20180111185652890.jpg
ノルディックサーモン:950円

20180111185702218.jpg
「サシの入った」と言いたいほど綺麗な脂のライン。
サーモンのまったりとしたコク、自家製マヨの味付けに、タマネギとケッパーの味と食感のアクセント。

こちらも当たり前ですが、普段食べている鮭とは別物です。


20180111185624566.jpg
松阪乳牛のサンドイッチ:1200円

20180111185637479.jpg
気持ち悪い霜降りではなく綺麗な赤身肉。

一瞬グッとした反発からスッとした歯切れ、その後は柔らかくしっとり。
周りは香ばしく焼かれ、レアな中心部は甘みをまとった肉の旨みがあります。


20180111185557737.jpg
プレミアムヒレカツサンド:1600円

並んでいる時に揚げ物らしき匂いを感じましたが、カツまで作るのかと。
肉はイベリコ豚純血のヒレ肉を使用だそう。

20180111185612318.jpg
油っぽさは一切なく、サクサクに揚げられた衣。
さらに肉の方までサクサクした歯応えから、しっとりジューシーな肉質を感じます。

ヒレにしてはわりと脂身も多い印象もありますが、甘みがあり、どことなくオリーブオイルっぽさも。
チャバタとももちろん合い、果実味とスパイス感のある少量のソースも良い感じ。

イベリコ豚は最近よく見ますが、血統100%は少ないらしく、逆に何%からイベリコ豚を名乗れるのかなと。
ひょっとしたら2度と食べることはない純血かもしれず、貴重な体験でした。


もう慣れちゃった感もありますが、パン屋のサンドイッチでバルバリー鴨、松坂牛ステーキ、純血イベリコ豚、他いろいろ・・

決して慣れてはいけない領域です (;´∀`)



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 4   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2018/01/09 Tue 18:45訪問(9:45並び)
ブランジュリー パリの空の下

cIMG_5804.jpg
今回は1年の初売り日の訪問。

ギャレット・デ・ロワの店売りが2種類10台ほど出るとの事で、気合いを入れてのオープン9時間前の到着でしたが、すでに先客が4人おり。

大物であっても1人複数個買いが当たり前のお店なので、この時点で半分諦めモードでしたが、一縷の望みを託してそのまま並び、直前まで手に汗握る緊張感を味わって、無事に購入できました。


20180111185745483.jpg
クイニーアマン:350円、パンオショコラ:400円
クロワッサン:400円、クロワッサン・ブール:450円

定番品の基本4種類は3〜5個ずつほどで。
仮にこの4種類を1つずつしか買えなくても、東京まで行って並びます。


20180111185814106.jpg
マルジョレーヌ:350円

こちらは久しぶりに。

20180111185827311.jpg
臭みなく濃厚な玉子風味のブリオッシュに、華やかさ溢れるオレンジピールがぎっしり。
以前よりちょっと大きくなり、中のオレンジもたっぷりで、味も香りもパワーアップな印象。

美味しいものは、大きく作られればなお美味しいです。


20180111185940433.jpg
ヴァニーユ:550円

ギャレットがバニラとピスターシュたっぷり仕様だったので、今回のブリオッシュフイユテもその2種。

20180111190018495.jpg
泣きそうなほど美味しい折り込みブリオッシュに、口の中でプチプチする本物のバニラ。
どっしりした玉子とバターのコクに、バニラの芳香がたっぷり加わり、マイナス要素がどこにもないです。


20180111190028722.jpg
ピスターシュ:550円

20180111190036794.jpg
ここでしか作られないであろうブリオッシュ+ピスターシュ。
もしヴィエノワズリーを1つしか選べないと言われれば、これになるかなと思うくらい特別です。


20180111185917517.jpg
ヴィエノワーズショコラ・パンプルムース:400円

20180111185927215.jpg
今回は真っ赤な半生グレープフルーツ。
フレッシュ感がありつつ、ドライフルーツ特有のねっちり感もありつつ、華やかな甘い風味。

ややビターなチョコレート、ヴィエノワ生地のナチュラルな旨みとの渾然一体感がとても良いです。


20180111190046079.jpg
パン・ド・ミ:800円

久しぶりに買えました。

20180111190054111.jpg
ふんわりという言葉とは対極の、ぎっしり詰まった詰まりまくった生地。
手で持っても決して変形することなく、ナイフもスッと真っ直ぐ入り、意思を持ったかのようなカッチリ感。

それでいて、物理的な重みの中にも感覚的な軽やかさがあり。
軽い歯切れからミシミシとした重厚感、保水量は極めて少なめながらパサつかず、なおかつシュッとした口溶け。

そして圧倒的な粉の旨みは、パンドミは何を食べる物を実感させられます。


いつも通り、何とも形容しがたい美味しさでした。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 5   

カルディの豆 

だいぶ前ですが、とあるカルディの店舗で、コーヒー豆を半額で販売してました。

あの手のお店は鮮度とか保存状態とか怪しいので、豆を買おうとは思いませんが、せっかくの機会なので3種類買ってみることに。

ちなみに在庫処分ではなく、店舗が入っている施設全体のイベントに乗ってのセールのようで・・まあ、実際は分かりませんが (;´∀`)



プレミアムブレンド

何買って良いか分からないので、とりあえずプレミアムの名の物を1つ。
有機栽培のブラジル、コロンビア、グアテマラ3種のブレンドだそう。

香りは弱くスッキリした味わいで、一言で表現するなら軽いなと。
微かな粘性はあるものの口当たりも軽く、苦味も酸味も抑制されたような、いかにもブレンドらしい特徴のなさ。

と言っても全く問題なく飲める味であり、当たり前ですがコンビニコーヒーよりも良いです。



バードフレンドリーブレンド

何だか分かりませんが、HPによると「渡り鳥が休息する森で生まれた」コーヒーだそうです。
中煎りくらいの印象ですが、売っていたものの中では、グラフが最も浅煎り寄りでした。

後味にほんのりした酸味と甘みがありますが、角を全て取ってしまったような穏やかさです。



ジュエリーブレンド

ブラジル豆だけのブレンドだそう。
いかにもダメそうでしたが、前の客に店員さんがフルーティと説明していたので、ウソだーと思いつつあえて。

ブラジルってブレンド専用豆みたいなイメージで、中庸で凡庸なイメージとも言えますが、まさにそんな感じ。
それほど煎りが深くないのもあってか苦味も少なく、微かな甘みや酸味にも果実味はなく、これと言った特徴がなく。


あまりブレンドを飲まないので、こういう物かもしれませんが、総じて何となくボンヤリとした味わい。
それでも普通には飲め、200gで1000円以下なら適当に飲むには充分かなという感じでした。

ちなみにカルディに行っても特に買うものはないのですが・・


20180218181302935.jpg
僕の常備食のナッツが、明日から50円ほど値上げだそうで、今日は慌てて大量発注しました。
230gで800円くらいになり、もっと安い物もたくさんあるのですが、これはバランスが良いのですよね。

しかし、まともなナッツも食べれなくなるような時代が来てしまうかもで・・世知辛いです (;´Д`)



category: コーヒー豆

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

銀河高原ビール:その4 

銀河高原ビールは小麦使用、無ろ過の2つが売りのイメージですが、こちらは大麦のみのペールエール。


20180218181317256.jpg
実際はもう少し赤みがかった色で、香りもそこそこ強め。

エール特有の果実的な甘みと、ビールらしいコクと苦味がありますが、外国産のペールエールと比べると軽め。
甘みと苦味が渾然となって来る感じで、無ろ過によって残った酵母由来か、少しクセのある風味も。

こちらも何本か飲んでますが、けっこうブレがあり、1度缶のまま飲んだときは変な味がしました。
温度によっても味の変化があり、酵母が入っているため注ぎ方でも変わるのかもしれません。

どうするのがベストなのか分かりかねますが、今のところあまり冷やさないほうが良く、コップに注ぐのは必須です。



銀河高原ビール
ヴァイツェン
ヴァイツェンボック
小麦のビール
ペールエール
アメリカンペールエール
白ビール
そよ風のケルシュ


category: ビール(国産クラフト系)

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム