雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

トピークのBACKLODER 

より良い自転車旅へ、新たに大容量のサドルバッグを。

調べてみるとブルベ御用達みたいな物がたくさんありましたが、今年トピークから新たに発売された物を。



トピーク:バックローダー 10L

安心のメーカーと言う事もありますが、他と比べても同サイズでは最も安く、定価で7700円(税抜)。
6Lと10Lがあり、公式によると15Lもラインナップされてますが、多分まだ出てないです。



袋は二重構造になっており、インナーの方はかなり防水性も高そう。



先日、東京の1泊2日旅でデビューしまして、その時の荷物がこちら。

左からバッテリー等、輪行袋、着替え、工具、その他小物。



これらをインナーバッグに。
かなり密封性が高く、左下に見えるバルブから空気を抜いてギリギリの大きさに。



そしてアウターに。
上部のゴムネット部にもボトルなど入れたりして使えそうです。



ちなみに先日はU字ロックを乗せて走ってみました。



下部も工夫次第で使えそうな加工がされており、ここにテールライトを。



中身の量に合わせてストラップで長さを調整して締めるので、このバッグの大きさはその時の荷物の量によって変化する事になります。



そしてシートポスト、サドルレールに巻き付けて完成。

後輪とサドルの幅がある程度開いている必要がありますが、脚が短いくせにホリゾンタルフレームの僕でも余裕なので、たいてい大丈夫かと思います。



ただ、大容量のためベルトやストラップもゴツいので、レールに余裕がないとハマらないかもしれません。


で、往復で400kmほど走った印象は、場面によってバランスが崩れる感覚があります。
ダンシング時などは後ろから振られるような感じがあり、下りの急カーブなどは神経質になります。

単純な重みも感じますが、リュックよりは良いですね。
リュックは暑いし、荷物が多いと肩や腰への負担がかかり、サドルバッグ比較でのメリットはないと思います。

そして、これなら荷物によってサイズを変えれるし、途中で荷物が増えても減っても安心。

これはなかなか良いと思います。
大は小を兼ねるので6Lより10L、15Lが出たらそちらでも良いかと。

輪行に加えて新たな可能性が広がり、自転車も人生も、まだまだ楽しみがいっぱいです (´∀`)


スポンサーサイト

category: 機材・用品

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

フレッシュジンジャーエール・ジャスミンティー 

ジンジャーエールその2


ジャスミンティー味のジンジャーエール。



水ではなくジャスミンティーで作られていると言うわけではなく、ちょっと入れている感じですかね。



ろ過されてない生姜そのものが入りますが、こちらはわりと大きめな欠片です。

辛みよりも甘みが強く、ふんわりとジャスミンの香り。
相変わらず炭酸自体は弱めですが、生姜によるピリピリ感で刺激は強く感じます。

後味も舌や喉にピリピリ感が残りますが、その生姜らしさがなければジンジャーエールを飲む必要はないかと。

ノーマルの方が良いですが、こちらもなかなか好みです。


フレッシュジンジャーエール
スタンダード
ジャスミンティー


category: ソフトドリンク

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

豊根村のブルーベリージャム 

だいぶ前になりましたが、茶臼山に行った時に販売所で買ってみました。

豊根村はブルーベリーが名産品になるそうです。



無難にJAの物。


豊根の農協で作っているようで、果実と砂糖だけ。


"粒"と"汁"といった感じ。

粒には皮らしき物も感じられ、果肉そのものの歯応えもあり。
味付けとしては砂糖の甘みが強く出て、ねっとりと重く残る後味。



こちらは農園の自家生産のもの。


農協の物の半分くらいの量で、たしか2割ほど高かったと思います。


こちらも粒感をしっかり残して。
甘みの後に穏やかな酸味が広がり、後味もスッキリではないものの悪くはないです。


ブルーベリージャムは、どれもそんなに美味しくも不味くもないと思ったら、けっこう差が出ますね。

それでもイチゴ同様に、ジャムとしては無難な印象です。


category: コンフィチュール

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

カルディのドリップコーヒー 

勝手に業者と契約して、必要経費として会社に設置していた僕専用のエスプレッソマシンが撤去される事になったので、当面の間ドリップバッグを試してみようかと。



とりあえず有名どころから。
カルディで豆を買ったことはないですが、これは店頭でくれる物と同じですかね?

内容量は10gで、普通の量のお湯なら個人的にはこれが最低ラインかと思います。



ごく普通の仕様。 ドリップと言っても手軽さがポイントなので、サッとお湯が落ちて欲しいですが、早すぎるとちゃんと抽出できてるのかとなり、なかなか難しいところです (;´∀`)

で、名の通り何の特徴もないマイルドさでした。
グラフで言えば酸味だけ1つ出るイメージですが、ちょっと怪しい酸味かもしれません。

まあ、しばらくいろいろ試してみようと思います。


category: ドリップバッグ

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

2017/06/24 Sat 15:30訪問
ベベ


3軒ハシゴの最後はこちらで。
予約なしで遅めの訪問だったので、売り切れもいくつかありました。



ランペリアル:626円

こちらでは常時あるイメージですが、他のお店では見た事がないです。


たっぷりのピスターシュのムースリーヌのコクと香りにオレンジの華やかさ。
アーモンドがころころ入ったサクサクのチュイルに、土台のマカロンは単体でも満足できる仕上がり。

いつもあるので選択の優先順位は低くなってしまいますが、毎回食べる価値があるなと。
そして、食べるごとにその価値の高さを感じさせるお菓子です。



ジャルズィー:755円


しっかりエピスがきいてスパイシーな生地。 パッションのジュレの引き締めるようなキュッとした酸味。

ホワイトチョコのムースは全く甘ったるさがなく軽やかに。
そこにマンゴーとフランボワーズも加わり、トロピカルでエキゾチックな仕上がり。

主張の強いパーツの組み合わせが、争わずに引き立て合うようなまとまり感で、とんでもなく美味しいいです。



ベレ・レーヌ:594円


こちらもスパイス感溢れる生地に、チョコレートとヘーゼルナッツのコクや旨み。
洋梨のムースと果肉にも力強い風味があり、とても複雑で奥深い味わい。

いったんハマると抜け出せなくなるような美味しさがあります。



マカロン フランボワーズ エ リチ パルフュメ ドゥ ローズ:972円


たっぷりのライチ、たっぷりのフランボワーズ。
見えませんがフランボワーズにはジュレが詰められており、やっている仕事がいちいち細かすぎます。

独特の香りで好みが分かれそうですが、考案者の言う「一生に一度食べてみてほしい味覚」は同意できます。



桃のロールケーキ:593円

シンプルな構成ですが、良質な素材としっかりした仕事なので当然美味しいです。
ただ、日本式のショートケーキやロールケーキという物は、やはり美味しさに限界があるなと。

他のものが100点満点の90点台なのに対し、70点満点での70点かなという感じでした。



ガトーバスク:431円

こちらの方が地味でシンプルに見えますが、ジワジワと広がるような深みと奥行きがあります。



テイクアウトで再度幸福感を。

お菓子の1つ1つどころか、パーツの1つ1つまでに職人の意地とプライドを感じます。



2017年6月24日
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
ベベ(東郷町:ケーキ)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム