FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ビッシュ・ド・ノエル2019-1 

ビッシュ・アヴァン。



ビッシュ・ド・ノエル・フロランティーヌ

フロランティーヌの由来は分かりませんが、ピスターシュ単一のお菓子。

静寂な佇まいから放たれる高貴さ溢れるオーラ。
飾り気なく色合いも地味でありながら、思わず見とれてしまう美しさ。



柔らかく、かつ力強い香り。
いかにも狙ったような香り高さではなく、ごく自然に本来あるべき香りが滲み出ているように。



ムースは経験ないほど濃厚なミルキーさがあるものの、スポイルされずに主張するピスターシュアロマ。
ツンと来る感じは一切なく柔らかく徐々に広がって、それが豆由来である事が明らかな香り。

何となくの例えで言えば、ナッツではなくビーンズに思わせるような豆の風味。

ビスキュイの方は強くダイレクトに香り、ムースに比べて艶っぽい色気を感じるも、そこに作為や誇張は感じられずあくまでナチュラルに。

ムースは一瞬だけ舌に絡みつくような感覚から、スッと離れて儚げにも感じる口溶けへ。
生地は食感に力強さがありつつ柔らかくほぐれ、味わい深くも重さなくスッキリと。



グリオットのコンポート。
濃厚な酸味がピスターシュの風味と重なりあってまた別の世界観に。



少し温めて緩くしてソース状に。
ややフローラルにも感じる香りがありこちらも魅惑的に。



別件のアングレーズ。
このソースは完全にイカれてるレベルですが、決して引けを取らない芯の強さを感じます。



ダブルソースの過剰な味わいすら受け止めます。

強烈なインパクトのソースですが個人的には不要で、このピュアなピスターシュをそのまま味わいたい、もう死ぬまで毎日味わっていたいまであります。

今さら引き返せない道であるなら、進み続けるのみ・・ などと考えさせるような感動的な味わいでした。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

箕面ビール:カベルネ 

カベルネ・ソーヴィニョン使用のビール。



ブドウ由来を感じる赤紫色、香りもスパークリングの赤ワインっぽいイメージ。

爽やかな口当たりからダイレクトにブドウの風味が広がり、それが引いていくとモルトの味わいが残る感覚。
麦とブドウの風味ははっきりあるも、果汁甘みやホップ苦みはほぼなく、ほんのりした酸味とタンニンを思わす渋みが軽めに。

年に1度の限定品としては良い感じです。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: 箕面ビール 
TB: 0    CM: 0   

志賀高原ビール:OMK 

UFOを仕込んだ時の派生ビールで、ベリー系は入らずウィスキー樽熟成。



色はUFO同様に漆黒、香りはベリーがなくなるも酸を感じる熟成香。

口当たりはまろやかで、ミルクスタウト特有の甘みが口に広がり、飲み込んで重厚感あるコクが響く感覚。
アルコール12%のどっしりした飲み応えはあるも、臭みや飲みづらさは感じず、1口ずつゆっくりと楽しめるバランス。

品名はオマケの意味のようですが、こちらの方がメインで良さそうな感覚でした。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: 志賀高原ビール 
TB: 0    CM: 0   

パンタード・ロティ2019 

ノエル2019はホロホロ鳥にて。



フランス産パンタード パリのロティスリー風



前年のシャモロックと比べるとコンパクトに。
しかしこの一切ムダのない引き締まったボディは・・そこまで絞るには眠れない夜もあったろう。



マッチョ ア ネーム?
イッツァ ホロホロ大胸筋&ホロホロ僧帽筋。

はち切れんばかりの筋繊維をミシミシと噛みちぎり、奥の方から込み上げるコク。
香ばしく焼かれた皮目に魅惑的なスパイスが散りばめられ、食べる手を止められない美味しさ。



マッチョ ア ネーム?
イッツァ ホロホロ大腿筋&ホロホロ下腿筋。

モモの方は柔らかさとジューシーさを増し、良質な脂肪分からはコラーゲンも感じられて。
それでも基本的にはあっさりした味わいなので、一羽を余裕で食べれてしまうほど。

現物の見た目はグロいホロホロ鳥ですが、個人的には鳥肉の中で最も臭みやクセがないのではと思うほど。
それでいて地鶏やジビエに似た旨みもあり、欠点が見つからないくらい。

もちろん出どころや調理にもよるので、あまり食べる機会はないですが、できればこの時期の定番にしたいところです。


category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

志賀高原ビール:UFO 

アメリカのメーカーとのコラボ商品。
ブルーベリー・ラズベリー・乳糖・コーヒーと入った賑やかなミルクスタウト。



色合いは漆黒、明るさのあるフリュイルージュを思わせるような香り。

口に入れた瞬間は果実味の甘酸っぱさ、鼻に抜ける香りはコーヒー、後に残る味にはミルク感。
そんなバラエティに飛んだ味わいでも、終始スッキリした感覚で移行し、アルコール9%でも重みは全くなく。

なんとも不思議な掴みどころない味わいで、なるほどUFOか・・でした。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: 志賀高原ビール 
TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム