雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編



放牧牛ステーキサンドイッチ:950円

完全にはみ出していると言うか、そもそも挟める厚みや量ではないステーキ。


外周部は香ばしい焼き加減で、レアな中心部は肉汁が閉じ込められてしっとり。
これだけ厚い赤身肉ですが、とても柔らかく、なおかつググッと肉を噛みちぎる歯応えも楽しめます。

牛はやはり赤身、そしてできれば放牧牛が良いです。



タンドールパリジャン:750円

チキンではなく豚の肩ロースのよう。


綺麗なロゼ色で、脂身は多めですがベタつきなくさらりとした甘み。

周りに黄色いスパイスがまとわれてますが、刺激は少なくふんわりと柔らかな風味。
品名の通り、インドの物でなくパリでのエピスだそうで、パンチはなくバランスの良い味付けな印象です。



飛び魚のサンドイッチ:850円

春なのでトビウオとの事でしたが、旬なのか、それとも何か違う意味があるのかと買ってしまいました。


トビウオは初めて食べたと思いますが、脂っぽさはなくさっぱりした感じ、言い換えればやや淡白な印象。
ただ、これも言うならば筋肉質なのか、しっかりした歯応えがあります。



低温長時間焼きローストビーフサンドイッチ:950円


とても綺麗な焼き色で、柔らかさの中にしっかりした噛み応え。
少しマリネされているのかスパイシーな風味があり、食欲を増大させます。



豚エシンヌ生ハム:850円

エシンヌは肩ロースの首に近い部位らしく、肩ロースの中でも美味しいとされる部分だそう。


柔らかくしっとり。真っ赤な生ハム仕立てですが、完全に豚肉を食べている実感があります。
肉の旨味と甘みのある脂身。適度な塩気とスパイス感。肉だけ食べ続けていたい美味しさです。



トン・アルバコール:850円

いわゆるツナサンドですが、もちろん既製品ではなく自家製のツナとマヨネーズ。


しっかりとマグロの味が感じられ、まろやかでクリーミーながら油っぽさはなくさっぱりと。
コショウの適度なスパイス感もバランス良く、ツナサンドがここまで美味いのかと驚きです。


どうしても肉に行ってしまいますが、魚介系のサンドイッチもとても満足できます。

それにしても、毎回"パン"屋で食べた事のない肉料理や魚を食べれるとは・・・素敵です (´∀`)



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

ガラガラポン 

会社の休日はおおむねカレンダー通りなので、GWの連休は3(水)〜 7(日)の5日間。

例年はどこか山籠りしてのサイクリングやランニングですが、今年はかなり前もって4(木)の夜に東京で用事ができ、そこを軸にしての予定の組み方に。

当初の考えでは、そんな大型連休に車で東京には行けないし、また新幹線移動にて東京近郊で旅ランが無難かなーと。

が、GW翌週も東京に遊びに行くことになりまして、そこでは旅ランしか選択肢がないので、せっかくのGWは今まで経験のない事をやろう、ちょっと冒険チックな事をやろうではないかと。


で、思いついたのが「輪行で東京まで行き、3日かけて自転車で愛知まで帰る。」

三浦半島、伊豆半島含めて海沿いを走り続けて550kmくらい。寄り道しても約600kmとちょうど良い距離。

問題は雨だけですが、俺の進む道に雨なんか降らねーぜと、根拠のない自信とともにやる気マンマンでしたが、いざ輪行の練習をしてみたら、あまりの煩わしさに絶望しました (ヽ'ω`)


じゃあ・・ランか?東海道ランニングか?

1号線メインで300km弱。さすがに全て走破は無理だけど、200kmくらいなら多分イケる。
ラン移動なら気軽に電車に乗れるし、たまにワープしながらの真の旅ランもありかなーと。

しかし、それなりの荷物も必要。
試しに考えられる荷物を背負って30kmほど走ってみたら、これまで経験のない痛みを感じました (ヽ'ω`)


で、未だ決めきれないまま今日に至ってます。

どちらかにはなると思いますが、いつどこで食事できるか分からないし、どこまで行って泊まるのか分からないしで、東京での用事以外は一切の予定のない旅に。

まあ、そんな事も含めての初の試み。
お金も時間も余裕はないけど、体力だけはあり余ってるので、それは存分に使わないといけません。

まだ少しだけ時間があるので、1度リセットして、純粋に何がやりたいかを考えて決めようと思います。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

フレッシュジンジャーエール 

最近はもっぱら超健康優良児ですが、唯一の弱点が、重度の末端冷え性。

もともと低体温なので仕方ない部分もあるとは思いますが、諦めることなく、少しでも体質改善しようと毎日コツコツといろんな事をやって足掻いてます。

食による改善はやはり生姜が最も良いかと。
血行促進だけでなく、免疫力アップ、抗酸化などの効果効能が言われており、アスリート食としても良いとみてます。

手作りサラダチキンなど料理に使うようにしてますが、ドリンクの方が直に摂れる感じがして良いです。

で、ジンジャーエール。


正式名がよく分かりませんが、アメリカのメーカーが製造している物。



ちょっと見にくいですが、ろ過してないので生の生姜がそのまま残り、無添加のため底に欠片が沈殿します。

微炭酸で刺激は弱めですが、生姜そのもののピリピリした辛みと純甘蔗糖の甘み。
個人的な好みでは、甘さも辛さも上限いっぱい。これ以上はダメみたいなところでバランスが取れてます。



現在料も味も実にナチュラル。
カナダドライとか日常的に飲んでると身体弱っていきそうですが、こちらは強化されていきそうです。

ただ、現在は1本400円以上するので、毎日気軽に飲むと言うわけにはいかず。

で、手作りに挑戦してますが、なかなかこの味に近付かないですね (;´∀`)


category: ソフトドリンク

thread: こんなの食べてみた  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:その2



ピスターシュ:550円

2個買ったのですが、左奥は間違えて別の物でした。


おなじみのキノコのような形の折り込みブリオッシュ。
ピスターシュクリームを巻き込んで、卵黄のイエローと青みの強いグリーンが綺麗です。

たっぷりの玉子やバターの風味に、ふわっとしたピスターシュの芳香で、リッチ感が倍増です。



エクストラ・オルディネール:450円


同じくブリオッシュフイユテで、「オルディネール」を調べたところ「普段の」みたいな意味のよう。
以前にナチュールという砂糖がまぶされた物がありましたが、これは完全プレーンな感じです。

小麦やバターの香りが強く感じられ、生地そのものの美味しさがくっきりと。
このプレーンタイプで、コンフィチュールやフルーツそのものと合わせて食べるのも良いかなと感じました。



ションソン・オ・ポンム:750円


フィユタージュ生地はザクザクハラハラッとして、小麦とバターの風味がブワッと弾けるよう。
しっかり煮込まれた紅玉のコンポートは深みがあり、果肉そのもののフレッシュ感もあり。

折りパイ生地だけでもずば抜けてますが、コンポートも負けず劣らず、これもかなり次元の違うものです。



パン・ド・ミ:800円

いつも訪問時にはあっても1本しか出てないのですが、一番乗りなので無事購入。


そんなに大きくないですが、ずっしりした重み。
俗にふわふわとも言われるスカスカ感がないので、スパッと気持ち良く一直線にカットできます。

リーンな味ながら、何かを付けたり乗せたりする事に罪悪感が出るほど生地そのものに旨味があり。
そしてみっちりした生地なので、薄切りで食べても満足感あります。



パリニース:2500円

自転車レース由来の品名で、パリブレストは良く見ますが、パリニースはこちらでしか聞いたことがありません。
お菓子の方は食べたことがなく今回もありませんでしたが、コンフィチュールがありました。


ベースはマラデボワというフランス産の苺と思われ、さらに他の果実やバニラも入ります。
口に入れると華やかな香りが爆発し、力強い甘酸っぱさの後に心地よい余韻。

ジャムまで凄いのか、ジャムだからさらに凄いのか、とにかく凄いです。


こちらのパン生地の美味しさは言うまでもないですが、折り生地になるとさらに凄い印象です。

やっぱり、あまりに次元が違うと「凄い」しか言えないものです (;´∀`)



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2017/03/21 Tue 18:30訪問(15:00並び)
ブランジュリー パリの空の下


メインイベントへ。
まさかの1番乗りでしたが、この日はかなり特殊なケースで17時過ぎるまで他に誰も来ませんでした。

2番目に来た方も、いつもは行列見ながらスルーしてたところを今回初めて並んだそう。
こんなチャンスは2度とないと、旦那さんに子供の迎えをお願いしての初パリ空との事でした。

1番手なので好きな物を選び放題で買い込み、4回に分けて。



クロワッサン:400円

4個いってみました。


その日のコンディションによって仕上げ方を多少変えると思いますが、この日は表面がカリッと。
雨で湿度が高い分どうなのかなと思ってましたが、逆にしっかりした印象でした。



クロワッサン・ブール:450円


今回1つ同僚に食べさせまして、「そんな数時間並ぶほど美味いパンなんて世の中にあるわけねーじゃん」とハナから否定的でしたが、食べたら謝ってきました。

日本中の有名なパン屋のクロワッサンを集めて、目隠しで食べても、こちらのクロワッサンだけは一瞬で分かります。
香りだけでも分かるし、持っただけでも分かります。

1度でも食べた事があれば必ず分かるような、ちょっと次元の違う物だと思います。



パンオショコラ:400円


クロワッサン生地にバトンショコラ4本。
他ではチョコとバターが合っている感じは少ないですが、こちらは相乗効果を感じます。

主張の強いたっぷりのチョコですが、生地も強いので、とても高い位置でのバランスの取れ方です。



マルジョレーヌ:250円


見た目はシンプルで地味ながら、とても華やかな美味しさ。
ブリオッシュ生地だけでも比較対象がない美味しさですが、オレンジの香りが素晴らしいです。



ヴィエノワーズ・ショコラ・パンプルムース:450円


グレープフルーツはどういう状態なのだろうと疑問でしたが、スティック状の半生タイプ。
これがまたと言うか、これもまたと言うか、今まで食べたことのない美味しさです。

華やかな香りが広がり、生地やチョコレートとの相性も良く、何個でも食べれそうです。


何度も食べた定番系のヴィエノワズリーを、毎日でも、何個でも食べたい美味しさ。
なかなかありえないですが、ありえないお店が実在します。



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム