食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

MOTO's KITCHEN(東京都渋谷区) 

2018/06/15 Fri 13:00訪問
モトズ キッチン


続いてキッチンカーの販売店に。

最初の洋食店の斜め向かいでやられており、開店前に並んでいる間、店を出た時、それと別に2度通った時も常に行列ができており、何か珍しい店が来ているのかなーと。

で、少し調べたところ、火・金の週2回、この場所で営業しているそう。
そんなに頻繁に来てるのに、雨の中でも並ぶほど良いのか?と、ちょっと買ってみることにしました。



メニューはタコライスとグリーンカレーの2種類のみ。



タコライス:700円

オーダー時に「パクチーは大丈夫ですか?」と「辛さはどうされますか?」の2つの質問があり、全てスタンダードな状態にてお願いしました。


下からライス、ミンチ、チーズ、キャベツ、トマトと、オーソドックスな構成で全体量は多め。

何か特別仕様なのかと期待するも、やはりそんなに味がどうこうって物ではなく。
沖縄の本家で食べたものよりは洗練された印象でしたが、個人的にはジャンクフードの部類です。

まあ、たまに食べたくなる味でもありました。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

炭火焼びすとろ SUMIKA(東京都渋谷区) 

2018/06/15 Fri 12:30訪問
スミカ


続いても比較のために近くのお店でハンバーグを。
店舗は階段を少し上がったところにあり、炭火で肉が焼ける良い匂いを放出してました。

敷居の高そうな外観ですが、店内はオープンキッチンにカウンター席も多めで、堅くない雰囲気。



ビストロと屋号にあり、平日ランチのみハンバーグ専門店の形態にしているよう。
公式情報によればディナーメニューはかなり本格的で、1品1万円前後の物もあったりします。

ランチはシンプルにハンバーグ1品を、サイズ・ソース・トッピングでお好み調整のスタイル。

先のお店でチーズ・デミグラスソースという物を食べたので、こちらでも同じ構成の物に。



オーダー後にサラダとスープがすぐに提供。



その後10分強かかりライス、さらに3分後くらいにハンバーグの提供。



サイズはSで150g。



牛肉100%とのことで、カットした瞬間にブワッと強めの匂い。
肉は細かめに挽かれ、つなぎが少ないのかややゴワッとした食感で、肉そのものの味はしっかり出ている印象はあり。

デミグラスソースは甘めで、ワイン由来なのか果実味のある甘みがあり、単体では嫌いではないですが、香ばしく焼けたハンバーグには微妙かなという気もしました。

おそらくメインの夜営業にて余った肉をハンバーグにしていると思われ、質は良いのかなと。
これで1050円という価格なので、けっこうお得な感じでした。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Kitchen Hasegawa(東京都渋谷区) 

2018/06/15 Fri 12:00訪問
ハセガワ


東京2日目は渋谷の神泉エリアをぶらぶらし、ランチに有名な行列のできる洋食屋さんに。

以前に1度通った時は大行列でしたが、この日で平日と雨もあってか、20分前で先頭。
10分前くらいから何組か来ましたが、12時のオープン時では空席もある状態でした。

カウンターとテーブルで20席程度のこじんまりした店内ながら、店員さんは厨房に3人・接客に2人おり、その全員が若く、和気あいあいとした雰囲気。



ハンバーグがメインで、他も洋食屋らしいラインナップ。ランチタイムは全てセットメニューになるようです。

並んでいる時にオーダーを取り、デミグラスチーズハンバーグ:1200円にて。



座ってすぐにサラダの提供。
シンプルに見えますが、細かく分ければ10種くらいの野菜サラダ。



少し空いてスープ。
オニオンとコンソメベースのスープで、ふわりとチーズの風味があり。



そしてハンバーグ。ライスは大盛り無料。


150gほどのハンバーグに厚めのチーズ。


肉汁・・と言うか、脂は軽めにジュワッとし、たっぷり溢れる怪しげな感じではなく。

みっちり詰まった細かい合い挽き肉で、ふわりと柔らかく、肉の旨みもあり臭みやしつこさはなく。
デミグラは甘み・酸味ともにそこそこ強めも、熟成感はないためあっさりした味わい。

驚くような部分はないですが、ホッとするような良さを感じられるハンバーグです。



バジルのアイス。
1口サイズで、見て分かるバジルはなく風味も弱めですが、スッキリしたデザートに。


ハンバーグ単体では量的に物足りなさがあるも、コースで考えればリーズナブルになるのかなと。

また食べたい感じの物ではないですが、それなりに満足できました。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

2018夏旅:最終日 

猛暑日の車中2泊目。

網戸カバーがあるとはいえ窓が全開の状態なので、音が気になって、これ絶対にマトモに寝れないわー・・と思いながら、2日とも隣の車が出入りしてたのに気付きませんでした。

そこそこ図太くなってきたのかしら (・∀・)



納車から8ヶ月間1度も洗車しておらず、ひょっとしたら永遠に洗わないかもしれません。

ちなみに今日気付いたのですが、6人乗りと思ったら7人乗り?・・まあ、どうでも良いのですが (;´∀`)


さて、初日から予定変更を余儀なくされ、そこから最終日は3つのプランを立ててみましたが、おそらく今回の気分と流れで行かなかったら永遠に行きそうもないコースを選択。



愛知に戻る方向の移動になるので、ゆっくり出発し、塩尻市へ寄り道して駅前の物販店へ。
塩尻はワインが名産らしいですが、もちろん地ビールのみ購入。


で、何となく食べログの塩尻市グルメランキングを見ると、駅構内の立ち食いそばが1位・・・

食べログはそこまで狂ってるのか、塩尻市はよっぽど美味しい店がないのか、あるいは本当にすごく美味しい立ち食いそばなのか、確認してみる事に。



調理も味も、カンペキに普通の立ち食いそばでした。
いくら人為的な点数とはいえ、いったい何の力が働いているのですかね (;´∀`)


ついでに、近くにフランス菓子店を名乗っている高得点のお店もあったので、開店まで時間を潰して訪問。



フランス菓子なのかは知らんけど、久しぶりにケーキを食べました。
同じ値段なら、美味しいクラフトビールの方が良いなという感想です。



中山道を通って山間部に向かい、目的地のちょっと興味のあった奈良井宿へ。



ここは良かったです。
越えてはいけない一線を守っての観光地化といった風情。


少し運動もしておくかと、自転車で近辺にあるダムへ2箇所。



2箇所行っても往復で30kmちょっとでしたが、延々と険しい峠道で、けっこう時間がかかりました。


この後は妻籠宿にも寄ってみようと考えてましたが、夕方着になってしまいそうだし、早くビール飲みたいので帰ることに。

ちなみに妻籠宿は、何度か自転車で行っている中津川を越えたくらいの場所。
自宅から片道約130kmなので、日帰り往復すれば良い運動になり、来週か・・勢いのあるうちに行ってみる予定。


で、ルート的に今日は一般道で250kmほど走って帰ってきたわけですが、信号も少なくなかなか快適で、思ってたより時間もかかりませんでした。

まあ、一般道で250kmなんて自転車で普通なので、車でキツいわけがないのですが (;´∀`)



戦利品。
しばらくは毎晩ささやかな楽しみがあります。


記録的な猛暑に加え、全く計画通りに行かない3日間でしたが、もし行かなければ、何の経験も発見も、メンタルやサバイバル能力の強化もなかったわけで・・・

今回も実りある旅でした。


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

伊豆の国ビール:スタウト 

黒ビールもあり。



真っ黒で、麦芽の焙煎された香りもふわりと。

口に入れた瞬間にガツンとした濃い苦味があり、カラメルのような風味とコク。
その後はスッと引いて行き、ほんのり舌先には甘み、舌の奥の方には苦味が残るように。

ピルスナーとヴァイツェンが軽い印象だったので、こちらも軽いかと思いきや、それなりのパンチがあり。
3本ともそれほど魅力的ではないですが、伊豆方面への旅先では良いかなという感じでした。



伊豆の国ビール
ピルスナー
ヴァイツェン
スタウト


category: ビール(国産クラフト系)

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム