FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2019東京行き7回目ー2 

行きたい所もない上、今日は雨予報で全くやる気のでない状況でしたが、さすがに引きこもっているのもムダなので軽くお出かけ。

世田谷でもまだ未訪の二子玉川へ行ってみることに。

二子玉川は自転車の時に通過するのですが、急に交通面で走りにくくなるエリアで、けっこう栄えた街なのかなというイメージ。



駅すぐ近くにデパートや複合商業施設がいくつかあり、イベントもやってたり、人によっては目的なくても1日過ごせそうな感じですかね。


何となく人の流れに沿って歩いていたら高島屋に入ってしまい、いろいろな食品の匂いが混ざりあったデパ地下へ。

この規模のデパ地下を散策していつも思うのですが、競合必至の同じような店舗がいくつも入って、デパート店員も販売員も必要以上いて、これで成立するところが凄いなと。



わりとまともなラインナップだったので、スベるの覚悟でジェラートを。
何と言うか、若い女の子にウケそうな味でした。


続いて東急ストアのデパ地下に行って同じ感覚を味わってみて、こちらにもジェラート店があったのでノリで食べてみることに。



先のお店とだいたい同じフレーバーにしてみましたが、こちらはけっこうイケました。



ランチは少し調べてクラフトビールの昼飲みできるお店を発見するも、ランチビールはスーパードライだったという大ダメージ。

さらに店を出ると、これ絶対雨降らないだろ!くらいに晴れ渡り、テンションがた落ちに。
幸い近くにコナミのジムがあったので、これは筋トレするしかないなと。


店舗情報も天気予報も僕を裏切るけど、筋肉は裏切りません。


とりあえず3セットのサーキットトレーニングにて・・

腹筋は6LDK、二頭はチョモランマ、大胸筋が歩いてる。
泣く子も黙る大腿筋、肩にちっちゃい重機のせて、背中に鬼神が宿ってる。


さらに3セット追い込んで・・

腹筋板チョコバレンタイン!これが二頭の新時代!はち切れそうな大胸筋!
ザッツアグレート大腿筋!とれたて新鮮肩メロン!背中に世界を背負ってる!

いやーマシントレーニング4時間ぶっ混んで、気持ちの上では完璧に仕上がりました。
もうね、キレキレの肉体美をお見せできなくて残念。


と、軽くハイになってさらにハイになるべく、二子玉川で唯一の用事があったブルワリーへ。



水が不味すぎる東京23区内でビール醸造ってどうなのと思いますが、大繁盛しており、経営としてはイケるのかなと。

なお、良質な麦芽とポップのビールであれば、僕はビールも栄養価高いと思ってます。
また、クラフトビールの多くは酵母を残しており、僕の中でビール酵母はアスリート食です。

アルコールを摂取するとトレーニング効果がなくなると思っている人は一定数おり、確かにその理屈は否定できませんが、僕が見てきた限りでは、それを信じている人ほどフィジカル弱い人ばかりでした。

まあ、もっと気をつけるべきところがあるって話なのですよね。


時間稼ぎ程度に数杯飲んで夕食へ。



訪問のタイミング合わずメニュー落ちして失意の日々でしたが、今日は特別に作っていただいたイワシとジャガイモのクレープを。
あくまで魚の味をあまり知らない人間の意見ですが、これより美味しい魚料理が存在するとは思えないです。



そしてメインは鹿爆弾にて。
これにてザッツアグレート大腿筋がさらに増強。

理由はいろいろあるのでしょうが、事実として確実に今が自分史上最強のフィジカル、そして日々成長してます。


スポンサーサイト



category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

SIERRA NEVADA:Hazy Little Thing IPA 

NEーIPAが流行り出した頃からあるイメージですが、カリフォルニアのメーカーで、ニューイングランドと言うわけではなく。



オレンジ色で濁り方は綺麗な方向、マンゴーやパインなどのトロピカルな香りが華やかに。

サラッとせずトロッともせずの口当たり、果実味あるジューシーな甘み、ほんのりとした苦み。
重厚ではあるも、爽やかなフレッシュさを感じられる全体像で、このスタイルにありがちな飲み疲れる感覚はなく。

パンチがきいたのを飲むのは楽しいのですが、バランスを考えるとこのくらいが良いかもと思えたり。
それでも、もしこれが初めて飲むNE-IPAならぶったまげたと思われ、慣れって怖いなーと思います。


category: ビール(海外)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: シエラネバダ 
TB: 0    CM: 0   

2019東京行き7回目ー1 

この週末は東京へ。

当初は今日未明に自転車で出発し、水曜日の午前中に新幹線で帰宅のプラン。

中間は東京近郊をサイクリングして、土曜~火曜の4日間で自転車1000kmくらい乗ってしまう計画でしたが、台風により無念の中止。

仕方なく新幹線で行く事にするも、予定の場所以外には特に行きたい所もやりたい事もなく、あれ?東京って日本で最もやる事がない場所なのでは・・

何も決まらないまま朝を迎え、ひとまずランニングしながら考えをまとめる事に。

で、調子良すぎて真面目にフルマラソン以上の距離を走ってしまい、妙な達成感と疲労感で、もう出かけなくても良い感じに。
何より、今日は自転車で行けたじゃねーか、しかも快適に行けたじゃねーかと、やる気なくしました。

まあ、予約もいろいろあるので、気を取り直して昼前に出発。



軽く走って行ける豊橋に、昼に電車で行くというレアケースなので、1度行こうと思っていた昼飲みできる餃子のお店に。



何と、今月いっぱいまで通常680円の樽生ビールが200円のキャンペーンとのこと。
対象はアサヒだけですが、クラフト枠の隅田川ブルーイングもあります。

しかし、ディスカウント店の缶ビールより安く出せるって、やっぱり原価もそういう事なんだろうなと。




そんなに美味くないのに、安さに目がくらんで2杯ずつオーダー3発でうっかり6杯。
おかげで予定してた時間の新幹線(ひかり)に乗れませんでしたが、テンションは少し回復。



品川駅に到着し、直結の商業施設ににあるフードコートをちょっと見学。



樽生も販売もなかなか萌えるラインナップでしたが、ここで飲んでしまうと夕食前に完全に仕上がってしまうので、時間があれば帰りに買っていくのが良いかなと。

まあ、それ以前にフードコートというのはどうにも苦手で、こじんまりしたお店の方が落ち着きます。



仕方なく、宿にて近所の酒屋で買ったパンクIPAを4本キメておきました。

で、まずまずの仕上がり状態で夕食へ。



美すぎる仔羊。



キノコの香り溢れる悶絶の鴨とフォアグラのパイ包み。
明日はこれを3人前オーダーでも良いくらいかなーと、テンション超回復の夕食でした。

ちなみに、今日・明日・明後日はオギノ、火曜日はパリ空で、他に用事はありません。


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 6   

伊勢角屋麦酒:ねこにひき 

おそらく国産メーカーで最も有名なニューイングランドIPA。



猫が2匹のラベル、白濁したオレンジ色、開栓した直後に弾けるシトラス&トロピカルな香り。

トロリとした口当たりから、華やかな香りとともに、まったりした甘みが支配的に。
香りからのイメージと違って、甘みの系統としては完熟の白桃やメロンのようなジューシーな甘み。

クドさや甘ったるさはなく、余韻にはビターな柑橘のような渋みもあり。
飲み終わってもしばらく残るような渋みで、それでも重苦しさなく、1本では物足りないまで感じます。

いろんな果実味が味わえながら、原材料は麦芽とホップだけ。
濃厚極まりなくアルコールは8%もありながら、スムーズに飲めてしまう感覚。

個人的に美味しさの基準となるニューイングランドIPAです。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: 伊勢角屋麦酒 
TB: 0    CM: 0   

天ぷらさかな へい吉(愛知県豊川市) 

攻めすぎな立ち飲み屋。



ずっと見てきた感じでは1人客が多く、全体の7割くらいが1人客で、さらに常連メインかなと。

もちろん立ち飲み屋という性質もあると思いますが、遊びに行くの意味の「飲みに行く」ではなく、酒と料理の味を楽しむ意味で「飲みに来ている」人が多い印象。

ちなみに、5人以上の入店は不可です。



天ぷら5種

とりあえずメニューで3or5or10種盛りがあり、その日によって内容が変わります。
品目が違っても金額は固定なので、その時の原価によっては1品増える誠実なお店です。



野菜天セット


魚天セット

こちらも日替わりのとりあえずメニューで、天ぷらは単品で特に食べたいものがなければこの辺からスタート。



立ち飲み屋でこのラインナップはかなりキテます。
当然ながらあまり出ないそうで、ほぼ僕専用クラフトジンです。



メニューにもなく、見えるところにも置いてなく、誰もオーダーしないほぼ僕専用ラムです。



店長が三重の出身だそうで、蒸留酒用グラスは全て宮崎本店モデル、噂のシャリキンもあります。
シャリキンの飲み方を否定はしませんが、美味しい不味いではなく甲類は飲まなくて良いかなのイメージ。



ホッピービバレッジ・深大寺ビール ピルゼン:650円

なんとホッピーが作るクラフト枠で、まさか立ち飲み屋に初見のビールがあるとは・・
ただ、何となく風味がホッピーっぽいと言うかオフフレーバーにも感じられ、微妙なピルスナーかなと。



田舎の立ち飲み屋で夏を過ぎての樽生2タップは厳しく、ソラチの方はひとまず9月末くらいとの事。

このメニューの文面を見ても特に飲んでみたいと思わないなら、酒が好きでないか、アルコールなら味なんか何でも良い人と思われるので、たぶんこの店とは合わないかなと。

もちろん料理だけ目当てでも良いのですが、料理に合わせる事を意識した酒のラインナップなので、酒の味を楽しむ方ならなお良いかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム