FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

TOSACO:TOSA IPA 

高知カンパーニュブルワリーという新しいメーカー。
IPAは大麦だけでなく小麦麦芽も使い、土佐文旦の果皮も入るよう。



赤みの強いゴールド、熟し切った柑橘のような強めの甘い香り。

気持ち粘性のある口当たりで、ジューシーな甘みが広がり、直後に苦味が追いかけ、後味は強い渋みが残って。
華やかな香り、モルトのコクと甘み、柑橘を伴ったホップの苦味と渋み、それぞれ存在感がどっしりと。

思ったよりクセもなく、高バランスで好バランスのIPAでした。


スポンサーサイト

category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: トサコ 
TB: 0    CM: 0   

林屋(愛知県豊橋市) 

姫街道、当古橋近くの老舗うどん屋。



そこそこ近所ですが、ほぼ通らない道添いなので初訪問となりました。



うどん・そば・丼物といろいろある大衆食堂系で、「ごますり」なるメニューが看板商品のよう。



ごますり重:1380円

うどん単品はないようで、天丼とのセットで。


ゴマすりしてもらえると思ったら、こちらがゴマする係でした。


お盆からはみ出すほど大きな皿に細めの麺がたっぷり。


で、ゴマすって、すり鉢の中に直接ツユをドボッと。

当然ほぼゴマの味しかしませんが、合わない物ではないので、良し悪しは好みの問題かなと。
ゴマの量の調整ができないのは微妙なところではありますが、そこもそういう料理という事で。

うどんに特徴的な部分はないですが、適度なコシと粘りもあり、ちゃんとした麺です。



薄切りのサツマイモとカボチャ、海老天はそこそこ大きめに。
この手のうどん屋にしては天ぷらの調理も良く、セットメニューとしては充分なご飯物。


幹線道路沿いで広い駐車場があるお店は危ないイメージですが、多展開してない老舗の麺処に限り大丈夫かなと。
味もボリュームも思ってた以上に良く、今後はたまに行こうかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

あわぢびーる:ピルスナー 

淡路島のクラフトビール。
平仮名での品名や「あわ“ぢ”」の表記には嫌悪感すら覚えますが、美味しいなら問題なく。



綺麗なゴールドで、ピルスナーとしてはフルーティなホップの香りもあり。

口に含むと軽めで爽やかな方向性の苦味、モルトの味は少し甘酢っぱくも感じられ。
飲み込んだ後はスッと引いていくようなキレで、嫌みのない甘みと苦味が残って。

綺麗な味でちゃんと美味しいピルスナーですが、特別感はなく、価格的には凡庸かそれ以下の印象でした。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: あわぢびーる 
TB: 0    CM: 0   

うなぎの三河(愛知県豊田市) 

2019/06/29 Sat 11:00訪問
うなぎの三河


下山エリア、三河湖・羽布ダムの近くのうなぎ屋へ。



ふと、この敷地内でイノシシを飼っていることを思い出し、きっとイノシシ料理も食べれるだろうと思い行ってみることに。



当然うなぎメニューはひと通り、他にひつまぶしなども。
山奥であり、観光エリアでもありますが、ちゃんと良いうなぎを使っているであろう価格。



そしてイノシシ料理もいろいろあり、店主さん自ら狩猟に行かれているそう。



さらに鹿肉を使ったダムカレーまで。

数年前にダムカードを貰いに来た時には、ダムカレー提供のお店はありませんでしたが、現在ではダム近隣の飲食店10店舗くらいで提供があるらしく、日本屈指のダムカレースポットです。



猪チャーシュー:400円

モモ肉メインでちょいバラ肉ですかね。軽い臭みはあるも固さはなく。
甘辛い煮汁は濃すぎるものの、単体で食べる想定ではないと思われ、チャーシューとしてはこんなものかなと。



鹿コロッケ:400円

コロッケだけ鹿がありましたが、安定して獲れないのでミンチで少しずつという感じですかね。



きめ細かく薄い衣に、ジャガイモも鹿肉もたっぷり詰まって。
かなりスパイスきかせた仕上がりですが、力強い肉の旨みも感じられます。



うな重:3020円

うなぎ屋でうなぎ食べないのもどうかと思い、猪鹿鰻で。



外はパリッと、中はややねっとり感のある噛み応えの柔らかさ。
そこそこに肉厚なので、5切れで3千円なら満足できるくらいの質量です。

うなぎのタレ、肉やコロッケの味付け、ついでにお吸い物や煮物も少し味が濃いかなと思うところはあり。
サイクリングで一山超えて来て発汗が多いなら良いかもしれませんが、疲労ゼロだとややしょっぱく感じます。



かなり入れ替わってると思いますが、僕の記憶では数年間ためよし君のままです。
まあ、名札自体かなり年季が入っているので、初代から最後までためよし君ですかね。

うなぎはどこでも食べれますが、直で獲られたイノシシはそう食べれないので、年に数回はためよし君を食べに来ようと思います。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Y.MARKET:アニバーサリーWIPA-2 

名古屋のクラフトビールメーカーで、販売は缶になったよう。



限定品のW-IPA、最初のバッチは飲み逃がして、こちらは第2派。
注いだ瞬間からの爆発的なホップの香りは、トロピカルフルーツ、フローラル、松ヤニ、スパイシーさも。

どっしりした飲み口で、完熟フルーツのようなまったりした甘み、苦みは穏やかにホップの重厚さ押し。
モルトのコクもしっかりして、アルコール7%でも臭みもなく飲み疲れないまとまり方。

カスケード、モザイク、ギャラクシー、シトラと特徴的なホップの香りがダイレクトに感じられる仕上がり。
良くも悪くもメーカーの特色をしっかり出した印象のビールです。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: ワイマーケット 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム