FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

黒うどん 山長(神奈川県厚木市) 

2018/12/23 Sun 17:30訪問
山長(やまちょう) 厚木店


シメに黒うどんなるものを食べに。
小田原に本店があり、何か所かにある暖簾分けの1店になるよう。

年配の夫婦でやられている古民家風の店内、牛丼屋風のUの字カウンター席にメニュー表はなく、壁の隅の方に一箇所だけ張り紙メニューがあり、ほぼ常連客で成り立っている印象。



煮込みうどん:650円

土鍋に触れないよう木箱に入っての提供で、この形は初めて見ました。



油揚げと白菜がたっぷり、肉や玉子などは入っておらず。



平べったい麺で、1度茹でてからの煮込みのようで、フニャフニャに近いくらいの柔らかさ。

うどんは味噌も吸っていると思われますが、たぶん元からちょっと色がついている印象。
黒うどんの黒は味噌の事を指すと思ってたものの、そのまま麺の方なのかなと。

味噌は八丁味噌が入っていると思われ、かなりマイルド・・と言うか醤油の風味があり。
白菜からの水分も相まってか、サラサラで水っぽいような薄さもあり。

もとは名古屋から持ち込まれたメニューと思いますが、ところ変われば味も変わるものだなーという感じでした。


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Bakery&Beer. Butchers(神奈川県厚木市) 

2018/12/23 Sun 16:15訪問
ベーカリーアンドビア ブッチャーズ


続いて厚木においての目的のお店へ。
カフェレストランな感じですが、ベーカリーとビールバーも併設される、なんとも不思議なお店。

店内入って左側にベーカリー、右側にビアカウンター、中央にテーブル席、奥に厨房みたいな造り。
中途半端な時間もあってか他の客は少なく、テーブル席に案内されました。



ビールはサンクトガーレンが8種類。
直営店ではないと思われますが、何らかの提携はしているのかなと。



フードは自家製シャルキュトリーに力を入れているよう。



選べる4種のビール飲み比べ:1296円
湘南ゴールド、桃のエール、ウィンターフルーツタルトエール、エルディアブロ

ビール8種類なので、2回に分けての一通り飲み比べを。
まあ、ほとんど飲んだことあるのですが、店だとまた違うのですよね・・・良くも悪くもね。



シャルキュトリー盛り合わせ(ハーフ) :1382円

スベると思ってたのですが、豚の旨みがしっかりあり、けっこう美味しいです。
ハーフ、レギュラー、ラージと3種類用意されており、1人でラージを食べても良いくらい。



選べる4種のビール飲み比べ:1296円
ブラウンポーター、ゴールデンエール、ヨコハマXPA、アンエンジェル

計8種で、なかなか珍しいバーレーワインが2種類飲めます。
しかし、ビール担当者のバイトの女の子の、この雑な注ぎ方は・・・



ヨコハマXPA:918円

単品で定番を。このIPAはバランス良く美味しいです。
綺麗に入っているように見えますが、観察したところ偶然であり、これも泡多すぎで、豪快なやっつけ仕事でした。

コーヒーなんかも知識も興味もない人が淹れても良い状態にはなりませんが、クラフトビールも同様。
まあ、そこは店員さんの問題ではなく、雇い主の意識の問題。

多分ビールに興味のない経営者のお店で、ビールが目当てなら行ってはいけないお店でした。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

本厚木ホルモンセンター(神奈川県厚木市) 

2018/12/23 Sun 15:15訪問
本厚木ホルモンセンター


沼津から厚木に移動し、ご当地グルメを食べようと、その名の通りホルモン焼きのお店へ。

酒屋みたいな外観で、中央に広い厨房、それを囲むようなカウンター席、奥にテーブル席。
若い女性スタッフが元気対応され、雰囲気のわりにスッキリして綺麗な感じの店内。



「厚木シロコロホルモン」なる物がB級グルメで名をはせてますが、こちらはシロコロはサブポジションで、「名物ペラペラ焼」なるものが看板商品になるよう。

よく分からないので、とりあえずメニューの上にある「ペラペラ焼」と「MIX焼」を。



1人用の焼き台が用意され、煙を吸う機器も完備。



お通しポジションに山盛りキャベツ、チャージ料は302円

「このキャベツは肉と一緒に食べるものである」「キャベツおかわりは自由にできる」などの案内あり。



ハイボール:54円

なんと19時まではハイボールが50円(税抜き)だそう。
どんな怪しいものだろうと1杯飲んでみるも、どうも普通にサントリー角っぽく、氷いっぱいでちょっと薄いくらい。

一応ビールも飲んでみたところプレモル確定で、アルコール類はちゃんとしているよう。



名物ペラペラ焼:421円

辛み成分がたっぷり備え付けられたニラがセット。
ペラペラ焼きはこのニラと一緒に食べるとのことで、追加オーダーしなくてもニラのおかわりは自由だそう。



MIX焼:1382円

当日のオススメ数種類で、こちらはタレに漬けてキャベツと一緒にとの事。



ペラペラ焼きのホルモンはペラペラしてます。



1つ1つ元気に説明してくれる店員さんによると、このキャベツで食べるのを「川崎喰い」と言うと。

「川崎喰い」の文字はメニュー表にも書いてありますが、川崎が地名なのか人名なのかは、興味ないし面倒なので聞きませんでした。

で、肉の質は良く分かりませんが、これはもう破壊力抜群のパンチで食わせるもので、食後はニンニクの風味しか口の中に残りません。

総合的に高いのか安いのかよく分からないお店でしたが、たまにはこういうのも良いなーと言う感じでした。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Noisette(愛知県豊川市) 

年末の訪問。



開店1時間後くらいでしたが、すでに売り切れ多数。
最近では平日でも早い時間に売り切れてしまうらしく、繁盛して何よりです。



苺のチーズケーキ:443円

レアチーズは良くありますが、ベイクドチーズでの苺仕様は初めて食べるかなと。


苺を上に乗せただけで「苺の〜」とか言っているのではなく、アパレイユに苺が入っており。
チーズと苺のそれぞれの特徴が、相乗よりは相殺気味ではあるも、優しい味でスッキリとした全体像に。

ザ・洋菓子という良い感じのケーキですが、トッピングの苺にヘタを付けているのは、意図があったとしてもいただけない、文字通りいただく事は不可能。



オレンジとチョコ:410円

粗めの仕上がりで、ガナッシュの上にオレンジとダイス状のチョコ。


チョコレートは単体で何か感じさせるものではないですが、特に重苦しさもなく。
オレンジはコアントローなのかしっかりシロップ漬けされ、かなりビターで強い風味をまとっており。

シンプルで定番の組み合わせですが、しっかり仕事されてる分の美味しさはあり。



苺と紅茶のタルト:432円


トップに糖分とともにじっくり煮込まれた苺。
ダマンドにそれほど紅茶風味は感じませんが、爽やかな印象で、凝縮された甘みの苺とのバランスは良く。



りんごとクリームチーズ:410円


甘く煮込まれたリンゴは少量ながら華やかな甘酸っぱさ、ダマンドも強めの風味があり。
そのバランスの中でクリームチーズはあまり主張なく、相性的にも特に存在理由はないかなと。



さつまいもとゴマ:410円


ほっこりしたサツマイモはほんのりハチミツ風味。
黒ゴマのアパレイユは見た目の印象ほど風味は強くなく、全体像は素朴な方向性に。



チェリーのクランブルタルト:400円


グリオットは甘めの仕上がりで、全体的に甘み押しになりやや単調。
使うならもっとキルシュを効かせた方が確実に良いはずですが、客層的にムリなのだろうなと。


ところどころでオッと思う部分もあったりしますが、万人受けする味にするためか、どこかボンヤリした味わいになってしまっている感じはあり。

と言ってもそういう方向性のお店であり、その枠の中ではかなり良いお店かなとも思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ベアードビール:シングルテイク セッションエール 

アルコール4.5%のセッションタイプ。
原材料に大麦・小麦・ライ麦と入って、麦芽オールキャスト。



やや濁りあるオレンジ、ライ麦っぽい香りもあり、フルーティさにスパイシーさも。

入りはラガーのような味気なさとドライ感、その後に穏やかな苦味とともにスパイシーな風味。
ライ麦由来なのかホップ由来なのか、少しエグミに近い独特の味があるもネガティヴではなく。

分かりやすい美味しさではないですが、ちょっとクセになりそうな魅力はあります。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: ベアードビール 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム