FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie MORI(愛知県豊橋市) 

数年前の開店時から「フランス産最高峰ヴァローナ社ショコラ使用」等を謳っていた洋菓子店。

ヴァローナの是非は置いておき、これまで東三河の洋菓子店で素材をアピールするお店は皆無だったので、ちょっと期待してたのですが、田舎町の洋菓子店らしく徐々に子供向けにシフトしていった印象。

また、最近では食用花の飾り付けにもこだわっているようで、それは理屈として、見た目の華やかさだけを追求していると言い切って良いかなと。

最初の1回限りで再訪はないと思ってましたが、ちょっと気になる話を聞いて公式情報を調べてみたら、もう1つ気になる物があったので行ってみました。



幻のショコラテリーヌ:2400円

普段はヴァローナで、なぜかこの時はドモーリを使用。現在はどうなっているのか分かりません。

ちなみにPOPにはヴァローナ使用と書かれており、「ドモーリの物はないのですか?」と聞いたところ「表示はヴァローナですが、ドモーリです」と、要するに素材を気にする客はいないのかなと。



原材料はチョコレート、バター、卵、古式原糖。
エアリーさが全くなく濃密でねっとりした口当たりから、上品なカカオの香りがふわりと。

粉が入らないのでダイレクトなチョコレートの旨みが味わえますが、このお菓子はチョコレートの質は関係なく、個人的には中途半端なシンプルさに感じるかなと。



少し温めて、軽めの生クリームなどあれば手軽なデザートとしては良さそうなイメージ。

せっかくなのでヴァローナとの食べ比べもしたかったのですが、この時はドモーリしかなくてちょっと残念。

あ、ヴァローナに関しては巴シェフや弓田氏が思い切り否定的なので、専門家や美食家さんにはあり得えないのだと思われますが、僕のような素人の庶民は普通に食べれます。

それでも過去に食べ比べた時は明らかにドモーリの方が良かったので、こちらのオーナーシェフがどういった考えで使い分けているのか聞いてみたい部分はあり。


続いてマカロン。


バニラ:250円

なんとタヒチ産バニラ使用。しかもたっぷりと。
このご時世に三河でタヒチ産という言葉を見聞きするとは思わなかったなと。

当然ながら香りの良いバニラに、アーモンドはマルコナの可能性が高く、これはかなりのお得感です。



フランボワーズ:250円

フランボワーズのガナッシュ。
マカロンのショコラはヴァローナと思われますが、フランボワーズの綺麗な酸味で重さはなく。



ピスタチオ:250円

しっかりローストされたピスタチオの風味の甘ったるいガナッシュで、こちらはちょっと重苦しく。

マカロンは全体的に着色キツめでしたが、ショーケースの煌びやかな生菓子よりマシな感じです。


率直な感想を言えば、垢抜けないビジュアル系の洋菓子店という印象。
ただ方向性は別として、いろいろ試したり取り入れて、現状より良くしたいという前向きさは伝わるお店です。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 1   

ノムクラフトブルーイング:ノムクラフトIPA 

ゴールデンと共にスタンダード品にラインナップされるIPA。



クリアで綺麗なゴールド、香りは爽やかなシトラスと草っぽさ。

飲み口は軽く、モルトの柔らかな甘みに加え、ホップの華やかな果実味と苦味が合わさるように。
いろんな要素がはっきりしつつ、どれも過剰すぎる部分なく、引っ掛かりなくスムーズな飲み心地。

1口飲んでホッとするような、とてもバランスの良いアメリカンIPAです。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: ノムクラフト 
TB: 0    CM: 0   

黒ラベル:エクストラブリュー2020 

「旨さ長持ち麦芽」とやらを使用した胡散臭い限定品。



透き通ったライトゴールド、軽さを感じる麦の香り。

スッキリした飲み口の平坦でライトなラガーの味わい、副原料のマスキング感はあるもオフフレーバーはなく。
雑味は少ないものの、米・コーン・スターチのトリプルコンボで、盛り上がりなくスカスカで抜ける感覚に。

少しだけサッパリした黒ラベルという感じです。


category: ビール(国産大手)

thread: ビール  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ポニピリカ(東京都世田谷区) 

2020/02/25 Tue 12:00訪問
ポニピリカ


最後はスープカレーを。

今のところ最も好印象なスープカレー屋で、またエゾシカのカレーを食べようと思っていたものの、平日限定のランチメニューがあったのでそちらを。



オーダー表への記入システムで、今回は試しに一通りノーマル仕様にて。



平日ランチカレー:1100円


トマトスープに具材は鶏のキーマとブラウンえのき。

少しトロミのあるスープで、ブイヨンから動物系のコクを強く感じつつ、トマトの酸味でスッキリと。
標準の辛さでちょうど良く、シンプルな鶏ミンチの旨味、えのきの風味や食感のアクセントも分かりやすく。

美味しいですが、やっぱりこちらではエビスープ&蝦夷鹿のコンビネーションが良いかなという感じでした。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ノムクラフトブルーイング:ノム ノム ゴールデン 

和歌山の新しいブルワリーのスタンダード品。



透き通った淡いゴールド、香りは柑橘・白ぶどう・草っぽさがそれぞれ軽めに。

飲み口は穏やかに、爽やかさのあるフルーティな風味を感じつつ、柑橘の皮のような渋みあるビター感へ。
苦味は尾を引くように残る感覚はあるも、基本的には終始ドライでサッパリしており、スムーズな飲み心地。

いつどの場面でも安心感あるようなゴールデンエールです。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: ノムクラフト 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム