FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編

今回は2つずつ買えました。



特選ナガノパープル:1050円

この品種は見たのも初めてで、黒紫のずいぶん綺麗な球体だなーと。


シャクッと歯切れし、弾かれるような果汁からはスッキリした甘みがパッと広がるように。

酸味はほとんど感じられず甘み主体ですが、爽やかな甘みのためしつこさは全くなく。
抵抗なく食べれる皮のほんのりした渋みもアクセントに感じられ、ポリフェノール摂取できてる感もあり。

こんなぶどうあるんだと思ったほど、一般的な巨峰と比べられないような風味と食感の良さ。
それに最高のピスターシュと最高のタルト生地で、もう無双状態です。



タルト・キャラメルポワール:650円

タルトポワールは訪問時は良く出てますが、この週から始まったそう。


出始めはポワールのみ、柔らかくなってくるとキャラメルが入るそうですが、今年は最初から柔らかくてキャラメル仕様との事。

さらに気温の低下とともにキャラメリゼを深くしていくそうで、たまにしか食べれないので全然気付いてませんでしたが、味をイメージするとしっくり来る部分もあります。

ポワールの爽やかな甘みと香り、ほんのりとほろ苦いキャラメル、ダマンドや生地との一体感が素晴らしく。
今回はたまたま他店でも洋梨のタルトを食べ、それなりに美味しかったですが、もう別ジャンルの物に感じます。



いちじくのタルト:900円

いちじくは南フランス産との事。


引き締まりを感じる歯切れから少しネットリした口当たり、味の方はサラリとしたような爽やかな甘み。
さらにポワールが甘美な風味を加え、たぶんミルティーユと思われるキュッとした酸味も。

そしてスペシャルなピスターシュ仕様で、再びの無双タルトです。



ミラベルとマンゴーのタルト:1050円

夏から秋の始まりみたいな組み合わせ。


シャキッとした甘酸っぱさのミラベル、ねっとり甘く香り立つマンゴー。
口に入れるとフワッと香り、食べ進めるとさらにその奥にもう1段階の香りがある感覚。

これまで気安く「相乗効果」なる言葉を使ってますが、この相乗効果はまた違うレベルでした。



八戸クエッチェのタルト:900円


プチュッとフレッシュ感のある甘酸っぱさ、スミレをまとってフローラルに。
そしてナパージュ・ダマンド・タルト生地と、引き立て合うような一体感が素晴らしく。

個人的には秋でイメージする物は柿や栗ですが、いずれミラベルやクエッチェも思い浮かべられるよう、毎年食べておきたい秋の味覚です。


全くの初体験とか、見た目のイメージから予想もできない物って、もうそんなに多くないと思っていても、こちらでお菓子を食べると常にそれを体験してしまいます。


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 2   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編



八戸秋茄子のバリグール:550円

お馴染みの全く挟めてないサンドイッチですが、こちらは特にずっしりとした重み。


茄子はジャキッとした力強い歯応えから、口の中を旨みで潤すような水分量。
ハリのある肌と内面のみずみずしさがとても美しく。

味付けはラタトゥイユを思わせる風味で、味濃いトマトの旨み、一瞬だけピリッとして引いていく辛み、フワッとガーリックのアクセント。

嫁がいたら無限に食べさせたいほどの美味しさの秋茄子です。



キャビア仕立てのイクラとマスのサンドイッチ:1200円

あまり好きではない具材ですが、あまりに美しいので買ってみました。


イクラはプチュッと弾けるように甘みが広がり。
もちろん塩気もありますが、え?っと驚くほどの甘みと旨み。

ちなみに他人丼風ですが、あまり食べた事がないのでサケとマスの違いは良く分からず。
初めて知った事は、マスは美味しい、イクラはとても美味しい物だったという事実です。



豚フィレ・スービット:650円

久しぶりの定番物。


見入ってしまうほど綺麗な色。
さっくりしっとり、ガシュッと歯が入ってジュワッと染み渡る豚の旨み。



青森県産太ったイワシ:700円

こちらも好きでない魚ですが、イメージ変えれるかなと。


少しビビりながら口に入れるも、自分の知っているイワシ特有の生臭さはなし。
脂の乗りも良く、魚としての旨みは濃厚。

イワシは臭みが強くて小骨が多く、何も良さがないという認識でしたが、オギノのクレープと言い、何かと世界観が変えられます。



ビアンド・デ・グリゾン:950円

熟成されて黒々とした牛肉。


噛んだ瞬間だけミシッとするも、その後は柔らかく蕩けるように。
乾燥肉ですが、トロンとした脂身がフレッシュさを演出し、どこか生ハムっぽい感じでもあり。

スパイスの味付けも過不足なく、一気に食べ切れてしまいます。



プーレー・キューリーの肉:700円

夢がかなった瞬間。


これをツマミにお気に入りのペールエールを飲みたかったのですよね。

ええ、もちろん今回も最高でした。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2018/09/18 Tue 19:00訪問(17:00並び)
ブランジュリー パリの空の下

cIMG_5804.jpg
この旅の最後はこちらで。

先の用事が思ったより長引き、オープン2時間前の訪問になりましたが、この日は運良く4番目。
さらに順番が来ても売り切れがなく、思わず全種類買いしようかと思うも、おおむね全種くらいで抑えました。



クロワッサン:400円

食べられるのは数ヶ月おき・・とは言え何度も体験しているわけですが、未だに食べた瞬間から驚くほど。



クロワッサン・ブール:450円

当たり前ですがバターも多ければ良いわけでなく、バター自体の質、それに負けない生地の香りと旨みがあってこそです。



パンオショコラ:400円、クイニーアマン:350円

ヴィエノワズリーを菓子パンとするなら、ともに完全なる菓子パンです。



ピスターシュ:550円

久しぶりに。


美味しすぎるブリオッシュにクロワッサン風の食感、さらにピスターシュ。
味・香り・食感、これ以上リッチなパンは存在するのか?と。

いつまででも口に含んでいたい、そう思わせられる幸福感。



すみれセプテンバーラブ:650円

ガチな物を作りつつ、シャレのきいた品名も付けるところも素敵です。


フワッとしたスミレの香り、柔らかな甘酸っぱさのミルティーユ。
こちらは上品な全体像ですが、それでも同じなのは、ただただ美味しい事。



六郷パン:1400円

この日の一発芸的なパンは米粉パン。


米粉パンとしてはもっちり感は少なく、ギュッと噛みしめてホロホロ崩れていくように。
保水量も多く、スッと溶けて喉を通っていく感覚で、飲み込んだ後から旨みが広がるイメージ。

これまで米粉パンと言うものに好印象がなく、こちらも凄く好みとはいきませんが、たまには食べたいような味や食感でした。


クロワッサンをはじめ、パンの味が好みかどうかは人それぞれですが、他店とは基本性能が、パン性能が全く違う事は確かだと思います。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 2   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編



赤リュバーブとマラデボワ:750円


トロッとしたマラデボワが鮮烈な芳香を放ち、負けじとダマンドからのアーモンドの風味もにじり寄るように。
リュバーブの存在感が薄いかなと思った瞬間、華やかな甘酸っぱさが追いかけるように広がって。

今回はフランボワーズのように感じた赤リュバーブですが、それ以上に全体の一体感が驚異的。
途中おや?あれ?と思わせるところがありつつ、ものすごく綺麗な着地を決めたイメージです。



青リュバーブとキウイ:750円


視覚からの印象もあってか、こちらは爽やかな風味が強めに。
青リュバーブはピスターシュと相まってか杏子のような風味、さらになぜかトロピカルな甘みも感じられ。

不思議な香りの広がりが何なのか、確かめながらあっさり2個食べ終えてしまい、謎のまま終わりました。



タルト・シトロン ニソワーズ:750円

以前にアンシエンヌという物は食べてますが、このニソワーズは初。


トロリとしたレモンクリームですが、色としてはオレンジ。
味の方もオレンジに近いような風味がありつつ、トロピカルさも感じられ、後味には爽やかなレモン風味の余韻。

ねっとり絡んでくるようなクリームの口当たりから、濃厚な柑橘の甘みと酸味が代わる代わる押し寄せて。
美味しいのはもちろんですが、奥行きの深さに食べててビビります。



タルト・エレール:750円

実物を見るのは初めてになるエレール。


口の中でクチュッと潰れて鋭角的な酸味が一瞬広がりますが、その後に追ってくる甘み。
酸味とビターな風味のあるエレールを、ピスターシュやナパージュが甘美な物に変えていくように。

エレール単体が美味しいのかは良く分かりませんでしたが、このタルトは驚異的な美味しさです。


今回はどれもめくるめく甘みと酸味の共演。
入口からと出口からでは、見られる景色が全然違った・・・といった感じでした。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編その2



まえさわ牛特選サーロイン生ハム:1200円

黒みがかり、目で見ても分かるほどの熟成感。


生々しさのあるトロッとした粘性を感じる口当たり。
脂身は甘みが強く、口の中の体温でジワッと溶けていき、すっきりした脂っぽさという不思議な感覚

赤身のアミノ酸成分、脂身のコク、さらにパンオレ生地のリッチな甘みとのせめぎ合いが凄いです。



銀鮭のサンドイッチ:850円

美しい脂のサーモンは何度か見てますが、今回は見慣れた感じの鮭。


綺麗なオレンジ色の身で、染み出すような脂の乗り。
おにぎりの具に良さそうなイメージでしたが、美味すぎるパンドミの方が絶対良いなと。



プーレ・キューリー:450円

全然サンドできてません。


鼻腔を刺激するカレーのスパイス香、しっとりした食感から溢れる鶏の旨み、少量のマヨのアクセント。
字面ではかなり濃そうな味ですが、実際はさっぱりしており、無限に食べれそうな味わい。

鶏ムネ肉は普段毎日のように食べているので、外では食べたくないのですが、こちらは食べずにいられません。



ナンチャッテイスタンブール:850円

品名はトルコ名物のサバサンド風の意味ですかね。


潔くサバが1枚ズバッと入り、臭みはなく脂の乗りも良く、ふっくら柔らかな仕上がり。
こちらもチャバタに合うのか?と思いましたが、むしろ米よりも合っているような一体感でした。



ストーングリル:1000円

直訳では石焼き?


まさに肉を噛み千切るような歯応えから、溢れる凝縮的された赤身の旨み。
コクのあるソース、粉とオイルの風味の良いチャバタが肉の味わいを引き立てて。


なかなか食べれない肉料理に、大衆的なサケやサバまでなかなか食べれない美味しさ。
全てが完成された料理のようなサンドイッチでした。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 4   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム