食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:パン編



クロワッサン:400円

いっぱい買ってますが、ホテルに辿り着く頃には撮影用の1つだけに。


今回はまた一段と美しく、キラキラ輝いて見える表面、他に類を見ない層。
存在自体がスペシャルであり、問答無用の美味しさ。

個人的には原点にして頂点といった物です。



パン・オ・ショコラ:400円


クロワッサンに比べ、食感はワイルドさのあるパリパリ・サクサク感。
バターは抑えられてますが、生地の旨みがチョコレートと融合して味わい深いです。



クイニーアマン:350円


こちらも複雑に折り込まれ、キャラメリゼも相まっての重厚な食感。
砂糖やバターの味の強さ、それに負けない生地の旨みとのせめぎ合いが楽しめます。



ブリオッシュフイユテ・オランジェ:550円


表面からは蜜のようなまったり甘いオレンジフラワーの香り。
中の方はパッと明るいオレンジの風味が爽やかに広がります。

生地の中に目に見える何かが入っているわけではないですが、何かが見えてしまいそうな華やかさがあります。



ブリオッシュフイユテ・ティラミス:550円


コーヒーシロップが巻き込まれてココアの風味も少し。
マスカルポーネは感じませんでしたが、ブリオッシュの乳成分でティラミス風に。

ほろ苦いエスプレッソがブリオッシュの美味しさを引き立てている印象もあり、奥の深さを感じられます。



パン・オ・フロマージュ:1500円

この日の一発芸的な大きなパン。


薄い表面1枚はカリッとして、中はしっとり・むっちり。
水分量は少ないのに不思議なしっとり感で、ネチャッとする事はなく驚異的な口溶けの良さもあり。

生地の旨みに濃厚なチーズが加わり、これ1つで食事として成立してしまいます。

予定として翌日1日で食べ切る必要があり、ちょっと心配でしたが、食べ続けるのを止めるのが難しい美味しさでした。



なか落ちシュトルーデル :400円

シュトルーデルという1台物のお菓子の両端になるようで、サイズからのイメージの倍くらいの重さがあり。
残っていた3つ買いましたが、1kg以上あるんじゃないかという重みでした。

シュトルーデルは特別な定義はないようですが、薄くのばした生地にリンゴなどを巻いて焼いたものだそうで、端っこながら食べるのは初になります。


週替わりで内容が違うようで、この日は「マラデボア押しのシュトルーデル・パリニース」だそう。
初めてなので比較ができませんが、ゴロッと入ったリンゴに、見た目も香りもフリュイルージュが華やかです。

生地は香ばしく、そこそこの厚みで歯応え良く、重なり合った部分はググッとコシのあるような食感に。
フレッシュなリンゴの甘酸っぱさに、バニラやフリュイルージュの風味で、花のような魅惑的な香りがあります。

あんなイメージかなと予想していた物はありましたが、味も食感も全く違い・・全く違うレベルの美味しさでした。


どれもこれも、頂点にして究極でした。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編



サンドイッチ・ニソワーズ:950円

いわゆるニース風サラダのサンドイッチ。
毎年「パリニース」のレース時期に合わせて作られるようで、初めてありつけました。


野菜、魚介、ゆで卵が溢れるほど入って、とても鮮やかな色合いは食べなくても楽しめるほど。

食感はシャキシャキ、プリプリッと多種多様なリズミカルさで楽しく、ニンニクがしっかりきいた味付け。
ツナの旨み、とても味の濃い卵など、地味に驚かされる部分があります。

こういったものが毎日食べれたらな・・と、しみじみ感じられるサンドイッチです。



銀タラの八戸風:850円

銀タラはタラの1種ではなく、「ギンダラ」という単独の種になる魚だそう。


身も厚く脂も乗って、ただ焼いただけではないと思いますが、旨味の詰まった感じがあり。
ソースの美味しさも加わって、特に魚が好きでない僕でも美味しく食べれます。



ストーングリルのサンド:1000円

普段の食生活では絶対に食べる事のないオングレという部位の肉。


ミシミシと弾き返されるような表面を抜けて、スパッと噛み切れる柔らかみ。
グリルされた香ばしさと肉の濃い旨味、ニンニクがきいたソースが食欲を増進させます。

インナーマッスルな部位の肉らしく、食べていると血となり肉となる感覚にもなれます。



黒毛和牛のセップ煮込みサンド:1600円

焼きだけでなく煮込みも。


口に入れるとホロホロ崩れるようで、繊維質からくるしっかりした噛み応えもあり。
じっくり煮込まれた味は焼きに比べると臭みもありますが、ネガティブなものではない肉肉しさ。

セップ茸もアクセントとなり、意味のないものは何もありません。



プーレ・キュリー:450円

この日は最も優れる「あべどり」を使っているそう。
15個くらい出てたと思いますが、5人目の順番では残り2つになってました。


引き締まった身の質感を感じながらサクッと気持ちの良い歯切れ。
鶏ムネなので旨みの中に淡白さもありますが、カレー風味の味付け、自家製マヨでコクのある風味に。

地鶏料理をこの値段で食べれる事もありがたいですが、何よりありがたい美味しさです。


パンだけでなく、食べた事のない美味しいお菓子、美味しい料理も食べれます。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 2   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2018/03/22 Thu 19:00訪問(15:00並び)
ブランジュリー パリの空の下

cIMG_5804.jpg
藤沢から自転車でサラッと世田谷に。
開店まで約4時間の待ちでしたが、この日はいろいろと楽しく、あっという間に感じられました。

今回はタルトから。



タルトポワールパンプルムース:750円

前回からポワールもパンプルムースも変わり、見た目としてはポワールは小ぶりに、パンプルムースは色が薄めに。


その見た目の印象から落ち着いた感じになるかと思いきや、明らかなパワーアップ。
歯応え良いポワールは甘みと香りが溢れ、ほとばしる果汁のパンプルムースはバランスの良い甘酸っぱさ。

ピスターシュと相まっての配色も完璧で、味も非の打ちどころがありません。



タルトノルマンド:700円

こちらも何度も食べており、個人的な好みでは他に比べると少し印象が薄い感じでしたが・・


今回はリンゴそのものの主張が強く、ナパージュやクレームパティシェールの甘み、生地の旨みと相まっての伸びやかな味わいが素晴らしく。

リンゴはやや香りの広がりに欠ける果物という認識でしたが、考えを改めるほど勢いを感じました。



タルトタタン:650円

リンゴのタルトという枠では上の物と同類ですが、全くの別物に。


生地で覆われているので中身少なめと思わせて、実際はぼ中身。

いろんな素材が加わったリンゴは、甘みや芳醇な香り、キュッとする酸味がめくるめく。
そして旨味のある生地が足らない、フィユタージュ生地だけ食べたいまで感じさせます。



タルトオランジェサンギーヌ:750円

綺麗な朱色のブラッドオレンジ。
クリームにしながら、表面はオレンジの皮のような質感に仕上がってます。


鮮やかな色合いとは裏腹に、酸味の方は控えめで爽やかに。
滑らかなクリームからジワジワ膨らんでいく甘酸っぱさで、やや柑橘らしからぬ風味も感じます。



タルトフレーズ:950円

今回の苺は・・忘れてしまいましたが、九州産の聞き覚えのある品種名が書いてありました。

あまおう並みに大きなサイズで、中は白く、若いのかなと思ったら完熟状態。
すんなり歯切れする柔らかさ、華やかな香り、上品な甘みと控えめな酸味で、後味がとてもスッキリと。

ジュレからきているかも知れませんが、今回の苺からはマラデボアと似た香りも感じられ。
そしてタルト生地、ピスターシュとの相性は言うまでもなく、欠点が何もありません。


何度も食べているものばかりでしたが、ワクワクが止まりませんでした。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 2   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編


20180111190258861.jpg
タルトポワールパンプルムース:750円

スペシャリテの1つですが、今回は赤みの強い色のパンプルムース。

20180111192540092.jpg
そのパンプルムースは鮮烈とも言えるほどの苦味。
柑橘としてはあまり経験したことがないほどの苦味で、単体では食べれないくらい。

しかしポワールの甘み、ピスターシュの香り、タルトの旨みなどがそのガツンとした苦味すら1つの特徴として受け止め、一体となるとネガティブさは皆無に。

むしろ、これくらいの苦味があるのも良いなーまで思ってしまえる恐ろしい構成です。


20180111190214316.jpg
タルトポワールフレーシュ:750円

20180111190230906.jpg
ポワールはじっくりと火が入っている感じですが、シャキッとしつつクニュッとしつつ。
爽やかな香りが立ち上り、見た目のシンプルさからは想像できない味わいがあります。


20180111190240248.jpg
タルトノルマンド:700円

20180111190251614.jpg
リンゴは紅玉と思いますが気持ち小さめに。
クレームパティシエールのコクと甘みがリンゴの甘酸っぱさと良く合います。

こちらも見た目は地味でフラットな印象ですが、食べていると驚くほどの盛り上がりを感じられます。


20180111192553380.jpg
タルトレザン:900円

今回はマスカット系単一で、大量のピスターシュと相まってオールグリーンな色合いに。

20180111192600979.jpg
スッキリと爽やかなぶどうに大量のピスターシュの芳香。
クラクラするくらいの香りで、いつも美味しいタルトレザンでも最も好印象です。


20180111192611569.jpg
タルトフレーズ:950円

並んでいる時に凄まじいイチゴの香りがあり、コンフィチュール出るのかなと思ったら、これ専用の物だったよう。

イチゴはあまおうで、あまおうと言えば国産イチゴでは最強なイメージですが、それすらたっぷりのジュレで補強。
あまおう"ごとき"が単体だと、このお店のピスターシュやタルト台の力強さに負けると言わんばかりに。

グラフで言えば全てがマックスの位置でのバランスで、当然ながら美味しすぎると言う結果に。
常連さんが口を揃えてこれより美味しいと言う八戸苺のタルトもいつか食べてみたいです。


何度食べても美味しいしとか言えませんが、それ以上の一言がありません。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編

今回は車の旅で、薄暗い車内での撮影のため、いつも以上に写りが悪いです。


20180111185530038.jpg
青森県産バルバリー鴨ロース:1200円

新年らしく鴨ロース、もちろん合鴨などではなくバルバリー種。

20180111185542050.jpg
分厚いですが、スッとした歯切れから溢れる肉の旨み。
しょうゆ風味の上品な味付けで、柔らかな甘みがパンオレ生地とも良く合って。

脂身は多いのですが、脂っぽさやグニュッとした感覚は一切なく、さっぱりした味に感じます。
今まで食べた鳥の中で、最も美味しいと言えるほど好ましい調理でした。


20180111185504015.jpg
プーレ・キューリー:450円

外側にカレー風味をつけられた“あべどり”のムネ肉で、また食べたいと思っていた一品。

20180111185518355.jpg
鶏むねとは思えない気持ち良いサックリした歯切れとしっとりした口当たり。
もちろん肉自体に旨みがあり、それを邪魔しない程度の絶妙なカレーの風味。

こちらもパンオレ生地の柔らかさや甘みとも良く合って、軽く塗られた自家製マヨのアクセントも素晴らしく。
パン・具・ソースの相乗効果を感じられるサンドイッチです。


20180111185713407.jpg
フランス産メルルーサ:850円

20180111185725659.jpg
皮付きで、ふっくらした身はプリッとした歯応えがありつつ、あっさりした口当たり。
自家製マヨに、ちょっと写ってないですがドライトマトのような物が入っており良いアクセントに。

当たり前ですが、どこにでもある白身魚とは、文字通り一味も二味も違いました。


20180111185652890.jpg
ノルディックサーモン:950円

20180111185702218.jpg
「サシの入った」と言いたいほど綺麗な脂のライン。
サーモンのまったりとしたコク、自家製マヨの味付けに、タマネギとケッパーの味と食感のアクセント。

こちらも当たり前ですが、普段食べている鮭とは別物です。


20180111185624566.jpg
松阪乳牛のサンドイッチ:1200円

20180111185637479.jpg
気持ち悪い霜降りではなく綺麗な赤身肉。

一瞬グッとした反発からスッとした歯切れ、その後は柔らかくしっとり。
周りは香ばしく焼かれ、レアな中心部は甘みをまとった肉の旨みがあります。


20180111185557737.jpg
プレミアムヒレカツサンド:1600円

並んでいる時に揚げ物らしき匂いを感じましたが、カツまで作るのかと。
肉はイベリコ豚純血のヒレ肉を使用だそう。

20180111185612318.jpg
油っぽさは一切なく、サクサクに揚げられた衣。
さらに肉の方までサクサクした歯応えから、しっとりジューシーな肉質を感じます。

ヒレにしてはわりと脂身も多い印象もありますが、甘みがあり、どことなくオリーブオイルっぽさも。
チャバタとももちろん合い、果実味とスパイス感のある少量のソースも良い感じ。

イベリコ豚は最近よく見ますが、血統100%は少ないらしく、逆に何%からイベリコ豚を名乗れるのかなと。
ひょっとしたら2度と食べることはない純血かもしれず、貴重な体験でした。


もう慣れちゃった感もありますが、パン屋のサンドイッチでバルバリー鴨、松坂牛ステーキ、純血イベリコ豚、他いろいろ・・

決して慣れてはいけない領域です (;´∀`)



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 4   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム