雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

タルト編



洋なしのタルト:650円

別に意図はないのかもしれませんが、タルトポワールではなくこの表記でした。


過去にも2回食べてますが、当然その時によって産地も違えば、味や仕上げ方も変わるよう。

今回の洋梨は丸く大きな状態のままドンと鎮座され、ジャクッとした歯応えからシャキシャキと。
大胆かつシンプルで、毎日食べても飽きのこないような味わいです。



タルト・キャラメル・ポワール:750円


こちらはキャラメルソースが加わりますが、ただ乗せただけでなく形も変化あり。
ポワールが下まで沈み込み、タルト生地も少しだけ深くなっています。

キャラメルはポワールだけでなくダマンドにも深みを加える印象。
シンプルにポワールを味わうならキャラメルなしですが、こちらの方がお菓子として完成度が高い感じです。



タルト・レザン:800円


ボコボコ入った巨峰はナガノパープルだそうで、ちょっと黒みが強め。

葡萄はそのまま食べるのが一番良いと思いますが、こちらでは香りが引き立たせられもっと美味しくなります。
ピスターシュのダマンドの香りも合わさり、酔いしれるような芳醇さです。



無花果のタルト:900円


生のイチジクはあまり美味しいと思ったことないですが、しっかり仕事されたこちらは複雑な旨みがあり。
さらにクチュッ・プチプチっとした食感が、ポワールのシャキシャキ感と相まって気持ち良いです。

カシスの酸味、ピスターシュの芳醇な香りも加わり、とても立体的な美味しさでした。


今回タルトは4種類で全部買えましたが、実はホールでもう1種類が1つだけ出てました。
クエッチェのタルトで売り切れるだろうと思いきや、常連さんは予約で買えるせいかスルーされ残りました。

で、どうしようかと。

ホール(8カット)でも1人で食べ切れるし、6500円という値段も質量を考えれば安い。
しかし、食べたことのないクエッチェで、そのものの味が好みではない可能性もある。

迷ったあげく、いっぱい買えたからいいやとヤメておきましが、やっぱり買えば良かったなと。
こんな機会は二度とないかもしれないし、日本でクエッチェのお菓子が食べれるのはきっとここだけで。

よく、やらずに後悔よりもやって後悔と言いますが、実際にはやって後悔の方がダメージ大きいのですよね。
それは要するに分かってながら自爆しに行くわけで、個人的にはやらずに後悔の方が正しい判断だと思ってます。

しかし、このお店は後悔がなさそうなので、次回からは迷ったらやる事にします (;´∀`)



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

サンドイッチ編



放牧牛のオングレ:900円

オングレとは部位の名前で、横隔膜あたりの肉だそう。


放牧牛のインナーマッスル的な部分のせいか、鍛えられたかのようなしっかりした歯応え。
ファーストタッチは柔らかいのに、ミシミシと噛み切っていくような感覚があります。

真っ赤な肉ですが、絶妙な火入れでパサつき感は一切なくしっとりした仕上がり。
ハラミっぽいかなと思いましたが、ちょっと違う印象で、臭みも全くなくとても美味しいです。



豚Aロースのサンドイッチ:750円

パンよりはるかに厚い爆盛りの肉。


少しスモークされているようですが、それでもハムよりはステーキと言った方がしっくりきます。
豚の味もしっかりあり、もちろん美味しいに決まってます。



天然海老のサンドイッチ:850円


これは前回に続いてリピート。
いやゆるエビマヨですが、エビもマヨもちょっと特別なものです。



アカイカとナメコのトリュフ和え添え:850円


サンドイッチは10種ほどあって迷いましたが、もう1つ魚介系をと思ってこれを。

ナメコは意味あるのか?と思って食べてみようと思ったですが、これがかなり主張が強いです。
味そのものもしっかりあり、ヌメリと糸を引くその様はまさに滑子と言った感じ。

トリュフの香りも良く、イカではなくキノコのサンドイッチの印象でした。


20160922075906193.jpg
豚スービットの肉:1800円

こちらの定番系のサンドイッチの肉ですが、なんと今回肉だけで売ってました。
初めて食べたときは肉だけをガツガツ食べてみたいと思ったもので、その願いが叶うまさかの機会。


自宅なら重量を計らずにはいられないだろうデカさです。


裏面。


真空調理での均一で美しい火入れ。

ヒレなので脂っぽさはなくあっさりしてますが、見ただけで分かるジューシーさでしっとりの極み。
旅先なのでソースや調味料はありませんでしたが、そのままで飽きることなく食べられました。


いつもながらサンドイッチで知らない料理を食べれる、不思議なパン屋さんです (´∀`)



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

ヴィエノワズリーその2

今回、ヴィエノワズリー系は全種類1つずつ買ってみました。



ヴィエノワ・ナチュール:200円


スッとした歯切れから、ふんわり柔らかく口溶け良い食感。
バター・ミルク・玉子の風味が感じられながら、粉の美味しさがしっかり伝わります。



ブリオッシュ・パリジャン:250円


全体的に鮮やかな黄色で卵黄の風味たっぷり。
かなり玉子を使うパンなので臭みを感じるお店が多いですが、こちらはかなり濃厚ながら臭みは皆無です。



マルジョレーヌ:250円


ブリオッシュ生地が少し小さくなってオレンジ入り。
以前も食べて驚きましたが、周囲がパッと明るく感じるほどのオレンジの香りです。



ブリオッシュフィユテ・ミラベル:550円


こちらは日替わりのような感じの折り込み系のブリオッシュで、今回はミラベル入り。

バターも巻き込まれているため通常のブリオッシュよりコクがあり、さっくり感、もっちり感もあり。
何も入ってなくても凄く美味しいパンだと分かりますが、しっかり仕事されたフィリングでより一層の美味しさに。

このパンは初めて食べた時のピスターシュVer.が最高でしたが、毎週別のものを食べれたらまた違うのかと。
今回ついに個人的な好みにおいて、このお店のクロワッサンを超えるパンに感じました。



クエッチェ・?:1000円

1つだけ売られていたクエッチェのペイザンヌですが品名を失念。

30品くらいは品名・値段を覚えれる自信があるのですが、久しぶりに完全に忘れました。
アルザスに関係する名前だったと思います。


存在感のあるフィユタージュ生地は食感も風味も凄いです。
多くのお店では器としての役割りでしかないですが、こちらはこれだけお腹いっぱい食べてみたいほど。

そこまで詰めるかというほど大盛りのクエッチェは華やかな甘酸っぱさで、さらにスミレも香って酔いそうなほど。

ほとんど全部がそうですが、これも初めて体験する味で感動的。
パイはボロボロ剥がれて食べづらいのでタルト派でしたが、この生地なら毎日でも食べたいです。


シンプルなものはシンプルに美味しく、複雑なものは複雑に美味しいです。

次は全種類2個ずつですかね (´∀`)



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2016/09/21 Wed 18:30訪問(14:00並び)
ブランジュリー パリの空の下

cIMG_5804.jpg
いったんホテルに荷物を置いてメインイベントへ。

開店5時間前に行って今回も4番目。
店前に3人並び、隣の迷惑にならないよう4人目からは車道側に並ぶので、前回に続き離れた場所の先頭。

まあ、前3人は常連さん同士で和気あいあいなので、個人的にはこの4番手がベストポジションです (;´∀`)

今回は少し早い18時半過ぎのオープン。
お店はこの翌日から2週間ほどの入るためか、いつもより商品が多めだったと思います。

全部で19品購入したので4回に分けて。



もちクロワッサン:500円

この日はクロワッサン系に餅性のある小麦をブレンドしたそうでこの品名に。
値段もそれぞれ100円増しになってました。


見た目は変わらず、1層ごとに厚みのある断面。

グッと弾力のある歯応えから、いつもより少し引きの強さを感じます。
元々がもっちり食感のクロワッサンですが、さらにもっちりではなく、ふんわり・しっとり感が増している印象。

食感よりも粉の風味が良くなっている感じで、圧倒的な美味しさがまたアップしてしていました。



もちクロワッサン・ブール:550円


こちらも同様に。
比べると、写真からでもバターの増量分が分かります。



もちパン・オ・ショコラ:500円


バトンショコラは3本。
これだけ入っても嫌らしさや重さのないチョコレートで、生地との相性もとても良いです。



もちクイニーアマン:450円


キャラメリゼは薄めでカリカリ・ジャリジャリと。
控えめな甘みと、クロワッサンより抑え気味のバターで生地の美味しさを損なうことなく。

他店では良くも悪くも砂糖菓子みたいなところがありますが、こちらは美味しいパンです。



ションソン(ミラベル・クエッチェ・カシス):750円


フランスでは夏の終わりから秋にかけて、ミラベルとクエッチェを使ったお菓子がスタンダードだそう。

日本のケーキ屋ではミラベルは3店ほど見ましたが、クエッチェは見たことありません。
果実の系統で言えばスモモになるようで、食感はそれらしき感じ。

生食した事がないので本来の味は知りませんが、このションソンは食べ物としてとんでもなく美味しいです。
生地の美味しさ、仕事されたミラベルとクエッチェにカシスの華やかな酸味が加わり、完璧な一体感でした。


もちクロワッサンも良かったですが、ションソンはもう衝撃的の一言でした。

クロワッサン系は1度少し焼き直して食べてみたいのですけどね。
ホテルにはレンジはあってもオ-ブントースターはないので、残念ながら叶いません。

焼き直せばもっと美味しく、さらに焼き立てなら・・と考えるとゾクゾクします。

買って直後に帰宅のケースでは、1個は食べるのを我慢して持ち帰ってみようと思います (´∀`)



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編

ヴィエノワズリーもサンドイッチも楽しみですが、さらに心躍るタルト。



タルト・ポワール:550円


タルト生地はサクッとしてバターの風味良く、ダマンドのアーモンドもとても香ばしく。
洋梨はシャリっとした食感を残しつつ、甘酸っぱさと柔らかさを施す仕事がなされています。

シンプルかつ絶品なタルトでした。



タルト・レザン:750円


ブドウは青森産スチューベン。

スチューベンは1度食べたことがあって甘い印象でしたが、こちらはカシスのような酸味もあり。
皮や種も入ってますが問題なく食べれ、栄養も豊富です。



タルト・パンプルムース:600円


とても鮮やかな洋梨とグレープフルーツのタルト。
品名はタルト・ポワール・パンプルムースだったかもしれません。

フルーツはみずみずしく、ナパージュがかかっているものの果実感がしっかり。
グレープフルーツは酸味や苦味もありつつ華やかな味わいで、ピスターシュの香りともよくい合います。

タルトポワールもですが、先端というかホールでの中央部はあえて焦がしてるようで、味・食感の変化も楽しめます。



タルト・ノルマンド:650円


わずかに皮を残したリンゴが乗り、シャキシャキ感もあって爽やかな甘酸っぱさ。
こちらはバニラも香るミルキーなクリームで、じんわりとした美味しさが迫ってきます。



タルト・フレーズ:850円


昨年も食べ、今回もっとも楽しみにしていた、あまおうのタルト。
ホールのまま買い占めたいほどですが、4番手でも売り切れそうでヒヤヒヤするも2個残りました。

自立不可能なほど大きなイチゴは、当然そのままでも美味しいはずですが、しっかり仕事され深みを増します。

加えてピスターシュのダマンドもたっぷり。
普通の製菓用のパート・ド・ピスターシュで1kg:1万円近いですが、おそらくこのお店はもっと高価な素材かと。

いくら何でもこのタルトは安すぎて怖いです。
そして個人的な好みでは、これ以上美味しいと感じるタルトが地球上に存在するとは思えません。


ヴィエノワズリー、サンドイッチ、タルトと、今回も他では食べることができないものばかりでした。

こういった本当に美味しい物を知ってしまい、これまで食べてた物が食べれなくなりつつあります。

まあ、実際に食べれないわけではないですが、お金を使うのがもったいない。
そういった物にチョコチョコお金を使うよりも、たまに良いものを食べたほうが満足します。

で、単価の高い食事が多くなりましたが、無駄遣いしなくなったので、エンゲル係数は以前より下がってるかなと。
さらに変なものが入ってないので体調も崩さずと、実は良いことづくしだったりします。

条件が整えば、また良いものを食べに行こうと思います (´∀`)



2016年2月10,11日 東京旅行
日記
一幸庵(文京区:和菓子)
群林堂(文京区:和菓子)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
馬場南海(新宿区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ヴィロン(渋谷区:パン)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム