雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編



さくらんぼのクラフティー:650円


グリオットチェリーの酸味がビシッときて、アパレイユの穏やかな甘みと調和。
タルトは掴むだけでホロホロと崩れる焼きの浅い生地で、味だけでなく見た目にも一体感があります。

何となくですが、まだ爽やかさのある初夏をイメージさせる味のお菓子です。



タルトオランジェ・サンギーヌ:750円

前回はオレンジ色のオレンジェでしたが、今回は真っ赤なブラッドオレンジのオランジェ。


見た目から強烈な味がしそうでしたが、わりと穏やかな甘酸っぱさ。
グレープフルーツのような爽やかさや苦味もあります。



タルトポワール・パンプルムース:750円

スペシャリテの1つなのか、訪問時はわりと毎回あります。


今回はグレープフルーツの赤みは薄めで、完熟っぽいみずみずしさ。
酸味はなく、甘みと苦味がジュワッと広がり、洋梨からの甘い果汁もプラス。

ピスターシュのダマンドにも果汁が染みて、何とも言えない芳香に溢れます。



タルトシトロン・アンシエンヌ:750円

こちらも前回に続いて。


前回よりもビターな渋みがくっきりしたような印象。
表面に薄くクリアなナパージュがかかり、そちらの甘みがちょうど良いバランスです。



青リュバーブとピスターシュのタルト:750円

リュバーブのタルトは他で2度食べたことがありますが、酸っぱい野菜というか繊維を食べているだけな感じでした。
昨年もこちらで売らていながらスルーしたほど印象悪いのですが、今回はちょっとお試しくらいの気分で。


青リュバーブとピスターシュが同化しているような見た目。

実際にリュバーブは分類として野菜だと思いますが、セロリとかフキのような繊維質の多い茎といった印象。
しかし、こちらは食べる前から絶対に美味しいことが分かる華やかな果実系の香りがあり。

そして食べてみると、杏子か何か?と間違えそうな甘酸っぱい味と、繊維など微塵も感じない食感。
トッピングのコンフィチュールからは桃のようなまろやかな甘み。 ・・本物はこういう物だったのかと。


フルーツをただそのまま乗せて「◯◯のタルト」とか言っている物とは次元の違う深みがあります。

また今回も、これまでの人生で知らなかった美味しさを経験することができました (´∀`)



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編



オーロラサーモンのサンドイッチ:950円

オーロラサーモンという物を初めて食べましたが、今回最大の衝撃。


見るからに凄い脂乗りで、食べると手も口もペタペタ・テカテカに。

噛んだ瞬間から染み渡るような脂の広がり、なおかつ引き締まった身も感じれる歯切れ。
プリッとして、ネチョッとして、トロリとして、しかし全く重さやクドさがなく。

ゆっくり味わずに一気に食べてしまいました。



プーレキューリー:450円

肉はあべどり、カレー風味。


ほんのりとピンク色を残す鶏ムネ肉はしっとり、やや淡白とも言えそうなあっさりした味。
外周部にのみカレーがまとわれ、主張しすぎない適度なスパイス感。

マヨネーズの旨み、パンオレ生地の甘みとも合って素晴らしいバランス感です。



アブラカレイのポワレ:850円

はみ出すほどの大きさは毎度ですが、さらにかなり肉厚な魚。


綺麗な白身ながらジュワッとしそうなほどの脂肪分、さらに揚げ焼いたような油分も。
こんなにしっかりした味の白身魚が、そしてこんなぴったりな調理があったのかと感心してしまいました。


 
ポールロティ・ア・ラ・プロヴァンサル:750円

食べなくても分かる絶対美味しい物。


柔らかくジューシーで、赤身部分の豚の旨み、サラッとした脂身。
食欲をそそるニンニクの風味とスパイス感、ハーブの香りのアクセント。

やっぱりではなく、予想以上の美味しさでした。



和歌山県産天然ブリのサンドイッチ:850円

唯一はみ出さない物ですが、はち切れそうです。


火はしっかり通って味も付いてますが、けっこう魚そのものを食べている感じ。
引き締まった肉っぽい弾力、適度な脂肪分、パンにもとても自然に合います。



豚フィレスービット:650円

最後は定番品で。


見た目で分かるしっとり感、しっとりの極み。
さらに、このパンオレ生地と自家製マヨネーズとも、シンプルさが極まった組み合わせに感じます。


サンドイッチではなく一品料理、逸品料理と言っていいかと思います。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 2   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2017/05/11 Thu 18:30訪問(16:30並び)
ブランジュリー パリの空の下

cIMG_5804.jpg
この回の旅行は、木曜午後から新幹線で東京に向かって夕方着、そしてこちらからのスタート。

いつもより遅い並びで6番目と、思ったより先客は少なかったなという感じ。
順番が来てもサンドイッチが1種売り切れただけで、普通に選んで買えました。



クロワッサン:400円


地元でも旅先でも、見かけたパン屋でよくクロワッサン1個だけ買って食べてますが、匹敵どころか比較対象になりえるクロワッサンに出会った事がありません。

よく大人と子供くらいの差などの例えがありますが、そんな程度でもないです。



クロワッサン・ブール:450円


今までの人生で、自分で買って食べたクロワッサンで、最も安いと感じさせるものです。
味はもちろん、物理的にも感覚的にも重く、1個食べれば量の方でも満足できます。

大きさや値段など、外見の印象だけで判断せず、ちゃんと中身を見なければ分からない事があります。



クイニーアマン:350円


カリッと薄めのキャラメリゼを突き破って、ふんわり感もある生地の美味しさ、シュッとした口溶け。
油分も糖分もありますが、控え目なのか本来の形なのか、他店のようにベタベタ感や甘ったるさがないです。

クイニーアマン自体が久しぶりでしたが、こんなに美味しい物だったかと。
駄菓子っぽいイメージのあるヴィエノワズリーですが、こちらはちゃんとパンでした。



ブリオッシュフイユテ ポモドーロ:550円


ポモドーロはフルーツトマトかなと思いきや、開封した瞬間スパイシーな香り。
生地の甘みと香辛料の風味、ドライトマト自体の旨味も感じられて奥深い味わいです。



ヴィエノワーズショコラ・パンプルムース:400円


半生グレープフルーツは華やかな香りがブワッと。
シンプルな生地とチョコレートの相性も抜群で、全てがビシッと決まっている感じです。



パンオレザン・ア・ラ・バニーユ:350円

定番系と思いますが、僕自身はこちらでは初めて見ました。


いわゆるエスカルゴ的に巻かれたロール。
一般的にはデニッシュ系生地が多いですが、こちらはほんのりミルキーなパンオレ生地。

気持ち良くスッと入る歯切れに、これまたスッとした口溶け。
ブワッとバニラの香り、たっぷりの甘みの強いレーズンで、心地よいバランスといった感じです。


食べれば食べるほどに、他店のパンも食べるほどに、改めてこちらの凄さが分かります。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編



だいたいタルトは1種類につき8個前後しか出ないので、前回は4番目でも売り切れる物もありましたが、今回は先頭なので5種類で計9個買えました。



タルトシトロンアンシエンヌ:750円

調べたところ、アンシエンヌは古風みたいな意味のようで、かなり古いタイプのタルトシトロンなのかと。


クリームにはレモンピールや皮も入っているようで、やや粗くボソッとした食感。
苦みや渋みもありますがネガティブなものではなく、程よい甘みや酸味も加わっての複雑さがあります。

初めて味わうタルトシトロンで、他では決して食べられない味だと思われます。



タルトオランジェ:750円

シトロンは良く見るものの、なかなか珍しいオランジェ。
オレンジの果肉が乗っているタイプはたまにありますが、こういった形は記憶にないです。


表面は艶やかで薄いキャラメリゼがなされ、柔らかめなオレンジクリーム。
香りからして濃厚で、さらに強い甘み・苦味・酸味が一体となって押し寄せます。

味も食感も思っていた感じとは違いましたが、この味も貴重な体験でした。



タルトタタン:850円

同じ紅玉でも、ションソンオポンムとは違って鮮やかな赤。


甘みと酸味が高い位置でのバランスで共存し、ふわりとしたバニラの香りも良く。
そしてフィユタージュ生地に覆われた独特の形ですが、生地がもっと欲しいくらい美味しいです。



タルトポワールパンプルムース:750円


これは定番系になるようで、時期によって果実の産地は違うようですが、いつも安定の美味しさ。
生地のサックリ感、洋梨とグレープフルーツのみずみずしさに、ピスターシュのダマンドがまた良いです。



タルトフレーズ:950円

これぞ「苺」のお菓子と言う強烈なインパクト。


ザクッとしてバターたっぷりのタルト生地、アロマティックなピスターシュ、濃厚なたっぷりのナパージュ。
さらに苺はあまおう使用と、もうこれ以上の贅沢はない構成で、なおかつ破格の安さ。

苺も時期により種類が変わるようですが、訪問時はいつもあまおうなので他も食べてみたいですね。


今回もパンからサンドイッチからお菓子まで最高でした。

また、時期を変えて年に何回か行こうと思います (´∀`)



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編



放牧牛ステーキサンドイッチ:950円

完全にはみ出していると言うか、そもそも挟める厚みや量ではないステーキ。


外周部は香ばしい焼き加減で、レアな中心部は肉汁が閉じ込められてしっとり。
これだけ厚い赤身肉ですが、とても柔らかく、なおかつググッと肉を噛みちぎる歯応えも楽しめます。

牛はやはり赤身、そしてできれば放牧牛が良いです。



タンドールパリジャン:750円

チキンではなく豚の肩ロースのよう。


綺麗なロゼ色で、脂身は多めですがベタつきなくさらりとした甘み。

周りに黄色いスパイスがまとわれてますが、刺激は少なくふんわりと柔らかな風味。
品名の通り、インドの物でなくパリでのエピスだそうで、パンチはなくバランスの良い味付けな印象です。



飛び魚のサンドイッチ:850円

春なのでトビウオとの事でしたが、旬なのか、それとも何か違う意味があるのかと買ってしまいました。


トビウオは初めて食べたと思いますが、脂っぽさはなくさっぱりした感じ、言い換えればやや淡白な印象。
ただ、これも言うならば筋肉質なのか、しっかりした歯応えがあります。



低温長時間焼きローストビーフサンドイッチ:950円


とても綺麗な焼き色で、柔らかさの中にしっかりした噛み応え。
少しマリネされているのかスパイシーな風味があり、食欲を増大させます。



豚エシンヌ生ハム:850円

エシンヌは肩ロースの首に近い部位らしく、肩ロースの中でも美味しいとされる部分だそう。


柔らかくしっとり。真っ赤な生ハム仕立てですが、完全に豚肉を食べている実感があります。
肉の旨味と甘みのある脂身。適度な塩気とスパイス感。肉だけ食べ続けていたい美味しさです。



トン・アルバコール:850円

いわゆるツナサンドですが、もちろん既製品ではなく自家製のツナとマヨネーズ。


しっかりとマグロの味が感じられ、まろやかでクリーミーながら油っぽさはなくさっぱりと。
コショウの適度なスパイス感もバランス良く、ツナサンドがここまで美味いのかと驚きです。


どうしても肉に行ってしまいますが、魚介系のサンドイッチもとても満足できます。

それにしても、毎回"パン"屋で食べた事のない肉料理や魚を食べれるとは・・・素敵です (´∀`)



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム