食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Prelude(岐阜県岐阜市) 

プレリュードのテイクアウト分。



ほぼ何度も食べている物ばかりですが6個。



ゴッホのバナナ:437円

ただでさえ安いのに10%引きで、昨年からずっと割引されてます。


夏になったらバナナと、フレジェのバナナVer.のようなお菓子。

手を加えられたバナナにも、生地にもムースリーヌにもふわりと柑橘系の香り。
この香りによって甘ったるさや重さがなく、上品に全体が馴染んでいるような一体感があります。



ベルギービールのお菓子:464円


前回にも増してビールの風味が弱く感じ、ホワイトチョコも穏やかに。
その軽い味わいの後から黒糖のコクがズンズンと押し寄せてきます。

もう少しビール感が欲しいですが、段階的な風味の変化がはっきりとして面白みも感じます。



シブストポワール:486円


以前夏にオレンジのシブーストが素晴らしかったですが、オレンジはやめられましたかね。
それでもシブーストクリームの味と食感がずば抜けて良く、このお店でシブーストを食べない選択はありません。



ムース・ココナッツ:421円

珍しくケーキピック・・あったのですね。


生地とココナッツムースだけで、珍しく小さくシンプルなお菓子。
軽い食感で香りもとても良く、サイズもあってスッキリ食べられます。



ガトーバスク:367円


"いつもの"ですが、いつでも美味しく。
ハッとしつつ、ほっこりしつつ、しみじみと来ます。



タルト・サンチャゴ:367円

こちらはいつもなく、ホールでも出てたり、カットでも出てなかったり。


代官山の本家にて「ふつふつと心に宿る静かなおいしさ」と紹介がありますが、まさにそんな感じ。
旨みの凝縮のようなアーモンドがじんわりと染み渡ってきます。

数年前に本家で初めて食べた時は、美味しいけど、また食べたい感じでもないかなと。
その時はまだ、ビターアーモンドも松の実もよく理解できていませんでした。

それからいろいろな知識や経験を得て、このお菓子の深みや凄みが分かりました。


何度も食べながら、その度に改めて気づく事があったりで、とても奥深い味わいです。



2017年7月29日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
ニコリス(可児市:ケーキ)
エピ(春日井市:パン)
ポルカ(尾張旭市:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
べべ


スポンサーサイト

category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 8   

Prelude(岐阜県岐阜市) 

2017/07/29 Sat 10:45訪問
プレリュード


続いて鉄板の定番へ。



商品はガラリと変わったりしませんが、季節ものもチラホラと。
こんなボードもどこか昭和っぽくて和みます。

こちらではイートイン&テイクアウト。



店内も昭和の喫茶店っぽくて良いです。



ミルフィーユ:416円

作るのは簡単ではないと思いますが、見た目としては極めてシンプル。


ビター感もある香ばしさ×しっかりした甘み。
ザクザクした歯応え×ねっとりした口当たり。

パイ×クリームの対極にある風味や食感が、絡み合いながらズンズンとやってきます。

味だけでなく、量や価格との兼ね合いも含めてずば抜けて良いです。



ブランマンジェ:378円

こちらでは初めて食べるアーモンドのババロア。


表面はプルンとしつつ、とても滑らかな口当たり。
優しいミルキーな味とビターなアーモンドの風味、ふわりとキルシュの香り、コクのあるカスタードソース。

こちらも作るのは難しそうですが、見た目はシンプルで、しっかり深みのある美味しさです。



マカロンアイス・バニラ:302円

夏の定番メニューのようですが初めて食べました。
とりあえずの第一印象はけっこうデカいなと。そして、これはマカロンなのか?と。

数分置いて少し溶けたくらいが良いとの事ですが、ほとんど溶けなかったのでカッチリしたままで。

生地はサクリとした歯切れから香ばしさが広がり、一般的なマカロンではなくナンシーのマカロンの系統。
アイスはミルクと卵黄のコクからブワッとバニラの香りが抜けます。

生地の美味しさとアイスとの相性まで含めてかなりの完成度を感じられ、これは予想を超えてました。



マカロンアイス・レモン:302円

ラインナップは、グラス(アイスクリーム)系がバニラ、チョコ、キャラメルの3種。
ソルベ(シャーベット)系がレモン、パッション、フランボワーズの3種。

ソルベは出来上がっているのがレモンだけとの表記があり、どういう意味か分かりませんが今回はレモンで。

こちらはシャリッとした口当たりから鮮烈なレモンの甘酸っぱさ。
思いっきりレモン果汁といった感じで、ズバッとくる香りや酸味が爽快です。



午前中にイートインすると焼き菓子のサービスがあり、飲み物がタダ同然のようなものです。

欠点が何もなく、普段使いとして近所に欲しいお店ではNo.1です (´∀`)



2017年7月29日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
ニコリス(可児市:ケーキ)
エピ(春日井市:パン)
ポルカ(尾張旭市:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
べべ


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Prelude(岐阜県岐阜市) 

2017/06/24 Sat 10:30訪問
プレリュード


またケーキ屋巡りでこちらから。



フレーズィエ:486円

この時は6月下旬ながらまだ出てました。

さすがに苺そのものに弱さを感じましたが、しっかり仕事され足らない分をカバー。
素材をそのまま使うのは素人、素材の味を引き立たせて使うのがプロの仕事だと感じさせます。



シブストポワール:486円

時期がわりのシブーストはオレンジかなと期待してましたが、代官山同様に初夏は洋ナシのよう。


シブーストクリームは滑らかな口当たりからシュワッとした口溶け。
洋梨は香りが少し弱いのでインパクトとしては不足ですが、代官山より2割ほど良いイメージです。



ベルギービールのお菓子:464円

こちらは父の日シーズンのお菓子。 ビールのタルトの方はこの日はありませんでした。


ガッシリとした歯応えの黒糖生地は強烈とも言えるコクがあり。
ビールのムースは解凍できていたものの、まだかなり冷たかったせいか風味が弱く感じました。

テイクアウトして食べた物は麦芽の風味を感じられましたが、やはり昨年より少し物足らない印象。
どちらかと言うと黒糖のお菓子のイメージになりましたが、それでもかなり美味しいお菓子です。



ル・フェドラ:421円


コクがあり香ばしさも感じるチョコレートの生地とムース。
メインのキャラメルムースは深みのある香りと絶妙なほろ苦さ。

サイドの生地は細かな仕事でしっかりした旨味があり、カルヴァドスのジュレが全体をビシッと引き締めます。

このお菓子はこれまで優先順位は低めでしたが、毎回食べるべきと思わせるような深みがありました。



フランボワーズとリバーブのタルトゥ:432円

こちらは初めて見ました。


トップはクランブルとフランボワーズソースで、中にリュバーブのコンポートとチョコレート。
リュバーブその物が少し弱いのもあり、この構成だとショコラフランボワーズみたいな印象になります。

それでもタルトというお菓子としては文句なく美味しいものです。



ガトーバスク:367円

こちらは毎度おなじみで。
バランスとして多少の味ブレがあっても下ブレはなく、いつでも美味しいです。



次のお店もあるのでテイクアウト分は控えめに。

お店自体が昔ながらの喫茶店みたいな感じなので、どこかホッとするような安心感がありますが、それでいて奥行きや深みのある数々の逸品。

熟練の職人による自信と余裕のようなものさえ感じられる味です。



2017年6月24日
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
ベベ(東郷町:ケーキ)


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Prelude(岐阜県岐阜市) 

2017/04/22 Sat 13:30訪問
プレリュード


続いて岐阜に入りまして、メインとなるこちらへ今年の初訪問。

もとは母の日限定だったらしいフレジェですが、知る限りではその前後にずっと出ており、今年は1月から出していたよう。

慌てなくて良いなと思ってたらなかなか時間が取れず、やっと食べに来れました。

イートインとテイクアウトで。



フレーズィエ:486円

ビスキュイ生地もムースリーヌも見るからに美味しそうな黄色をしてます。


しっかり歯応えのある生地からはアーモンドの風味。
ムースリーヌは卵黄やバターのコクがしっかり感じられ、スッと心地よい口溶け。
苺はキルシュの香りもまとって、口の中に華やかな風味が広がっていきます。

そして、その全てが一体化して、思わずうなるような感激が味わえます。



ミルフィーユ:416円

相変わらずデカくて安いなと。


キャラメリゼするほどしっかり焼きこまれ、苦みもあるような香ばしい生地。
クリームはねっとりとして甘く、グッとコクのあるカスタード。

2つだけのシンプルな構成ですが、味も食感もコントラストがあり。
調和というよりは対立になるはずなのですが、なぜか不思議と調和します。



シブスト・ポンム:518円


相変わらず絶妙な滑らかさのクリームで、コクもしっかり。

パリッとして香ばしさやほろ苦さのあるキャラメリゼ、ザクザクの折りパイ生地、しっかり仕事されたリンゴ。
全てが重要な意味を持って、グイグイと押し寄せてくる感じの美味しさです。



ジンジャーエール:324円

ちょろりと乗っている生姜まで食べます。



テイクアウト分もおなじみな物ばかりですが7品。



ガトー・シャンプノワーズ:486円

クリスマスケーキの物よりもシャンパンとマール酒がグッときいてました。
チョコレートやバタークリームで何度見ても重そうなのですが、とてもフルーティで爽やかさがあります。



じゃが芋のお菓子:410円


こちらの定番で、久しぶりに食べましたが安心できる美味しさ。
品名通り、ちゃんとジャガイモの味がしつつ、そして何よりもちゃんとお菓子です。



ガトー・バスク:367円


アーモンドの風味やバターのコク、バニラやラムの香りが湧き上がるように。
パッと見の素朴で大人しそうなイメージから、良い意味で裏切られるように存在感を主張してきます。



ポロネーズ:464円


たしかサバランもキルシュでしたが、こちらも同様に。
ラムだと少し辛すぎる場合があるので、こちらの方が食べやすいです。



イートインもしたフレジェとシブーストも。

今回の物は何度も食べてますが、改めてこのお店の凄みを感じました。 

どっしり悠然と構え、そして威厳に満ち溢れる。そんなイメージのお店です (´∀`)



2017年4月22、23日
セリーヌ(一宮市:モーニング)
フルーレタン(一宮市:パン)
アン(稲沢市:ケーキ)
アンテテ(一宮市:パン)
ピクニケ(一宮市:パン)
虎玄(一宮市:ラーメン)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
シェルパコーヒー(岐阜市:コーヒー)
はなさき家(尾張旭市:ラーメン)
てりかけや(瀬戸市:デリカ)
ポルカ(尾張旭市:パン)
ベベ(東郷町:ケーキ)


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

クリスマスケーキ:その3 

クリスマスケーキ第三弾。


プレリュード

ビッシュ・ド・ノエル シャンプノワーズ:3996円

イルプルー関係のお店では定番のシャンパンムースのケーキ。
こちらのお店には何度も行きながらなかなか巡り会えず、今回が初となります。


チョコレート、バタークリーム、生地、ムースに桃とフランボワーズ入り、ダックワーズ生地の土台。


パッと見の印象よりも細かな構成と仕上がりです。


クリスマス仕様なのでいろいろ乗ってますが、ロールケーキは何かを意味したものなのか不明。


たっぷりのシャンパンムースはアルコール感は少なめでフルーティな風味。
桃とフランボワーズの果肉の甘酸っぱさが爽やかさを引き立てます。

上のバタークリームの方にマール酒が入っており、こちらは食道から胃にかけて一瞬熱くなるようなアルコール感。
全体的に香りが良く、コクのあるチョコレートやバタークリームも重く感じさせません。



土台のダックワーズはガシッとし、層の方はスポンジですがスカスカな物ではなく。
チョコレート、バター、玉子、ナッツ、フルーツ、アルコールとそれぞれしっかり感じられます。

見た目からは重そうに感じますが、食後はむしろスッキリした余韻です。



なお、他の2店舗は予約ケーキの引き渡しだけでしたが、こちらは通常商品も売られていたので4品購入。

これにて今年のケーキは食べ納め。来年も東奔西走なんのそのです (´∀`)



2016年12月23日
ココロカフェ(一宮:モーニング)
アラティ(一宮:モーニング)
138タワーパーク(一宮:ランニング)
プレリュード(岐阜:ケーキ)
ポルカ(尾張旭:パン)
ロノ(日進:ジェラート)
匠(日進市:パン)

べべ(東郷町:ケーキ)
パントリコ(東郷町:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
東京油そば本舗(天白区:ラーメン)


category: 岐阜

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム