FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Prelude(岐阜県岐阜市) 

2018/04/07 Sat 11:15訪問
プレリュード


4月になっての今年初訪問に。



1種ずついろいろ買っても良かったのですが、新商品もないので、その時に食べたいものを重点的に。



フレーズィエ:486円


バスッとした歯応えの生地からはアーモンドのアクセント。
コクがあり滑らかな口当たりのムースリーヌに、香りを引き立てられた苺で安定の味ではあり。

ただ、苺自体が特に好きでないのでこれまで気になりませんでしたが、他で美味しい苺を知ってしまい、ちょっと頼りない印象になりました。



シブスト・ポンム:518円


いつ食べても美味しいシブーストクリーム。
その他のパーツもとても力強く、引き立てあうような一体感があります。

とても味わい深いお菓子ですが、一瞬懐かしいプリンのような感覚もあったりで、食べていて楽しさがあります。



ショコラ・グリゼットゥ:486円


とにかくチョコレートの美味しさを堪能できるお菓子。
見た目から感じられる重苦しさは全くなく、軽い歯切れと口溶けの良さは驚きを感じるほど。

ただ、構成がシンプルなため、ちょっと違う角度から捉えれば凡庸に感じる部分はあります。



ガトー・バスク:367円


ブレの多い印象の物ですが、この日は部分的にラムがほんのり香ったり、全く香らなかったりで。
味わいが強いので美味しいですが、1個食べ切るには少し単調に。



ランバダ:410円


浅めに焼かれた生地はしっとりしてホロホロッと。
少し柑橘の風味をまとったバナナ、しっかりラムのきいたレーズン、シャリシャリしたココナッツの風味。

とても華やかな香りで、季節を先取りしたトロピカルさでした。



モンベル:497円


素朴な旨みがジワジワ染み渡り、ほっこりするような味わい
オリジナルの栗のタルトになると思いますが、このお店らしさのある1品に感じられます。



タルト・サンチャゴ:1782円


こう見ると、ほとんどアーモンドみたいな構成。

地味で控えめな佇まいから力強い風格、慎み深さの中に秘めた艶やかさ。
我ながら何言ってるか分からないですが、そんなイメージのお菓子です。


季節変わりの物がいくつかあるものの、基本的に商品はあまり変わらずリピ品ばかりになり、食べ慣れてきたこともあってか以前より響くものが少なくなりましたが、やはり良いお店です。



2018年4月7日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
アルティザン(北方町:パン)
カノン(岐阜市:パン)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
ノリタケ(岐阜市:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 4   

Prelude(岐阜県岐阜市) 

プレリュード:後編



ショコラ・グリゼットゥ:486円

こちらは初めてお目にかかるお菓子。


ボソボソゴワゴワしそうな生地ですが、ホロリと崩れる軽さ、自然なしっとり感、気持ちの良い口溶け。
力強くても重くないチョコレート、キャラメル風味のガナッシュ、ザクザクたっぷりのアーモンド。

見た目のイメージとは大違いで、重苦しくさは全くなく、単調な感じもなく、奥深い味わいです。



ガトー・ポティロン:410円

カボチャづくしの4層。


滑らかで優しい甘みに加えネチッとコクがあったりと、あらゆるカボチャの風味が楽しめます。
じゃがいものお菓子同様に、ナッツの存在感の強い生地が際立って美味しいです。



洋なしと紅茶のお菓子:464円

シャルロットポワールにアールグレイ。


爽やかな香りの洋梨に、さらに華やかに香るアールグレイ。
フワッと軽い口当たりからパッと明るい香りが広がり、スッキリした後味。

香りの立ち方が素晴らしく、暑い時期向けのイメージでしたが、寒い時期にゆっくり味わうのもまた良いです。



りんごとオレンジとレーズンのタルト:410円


ジャクッとした食感のソテーされたリンゴをメインに、大きめなオレンジピールとレーズンがところどころに。
それぞれとても香りが良く、意味のある組み合わせでした。



タルト・サンチャゴ:1782円

ホールで買いたいと思いながらなかなか出会えず、今回ようやく。


今回はまた特にアーモンドの香りと旨みがズンズンと。
8等分して少しずつ食べようと思ってましたが、食べるのを止めることがませんでした。


久しぶりの訪問でしたが、改めて「正気か?」と思うほど安く、そして絶対的に美味しいです (´∀`)



2017年11月23日
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
パンシノン(岐阜市:パン)
弁天堂(岐阜市:和菓子)
ツバメヤ(岐阜市:和菓子)
ピクニケ(一宮市:パン)
ピクニケ:シュトーレン


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 8   

Prelude(岐阜県岐阜市) 

2017/11/23 Thu 10:45訪問
プレリュード


11月、祝日の木曜日に4ヶ月ぶりとなる岐阜方面へ。



1割引き券がありまして、テイクアウトのみ有効との事で、今回はテイクアウトでいろいろと。


 
シブスト・マロン:518円

他店では食べましたが、こちらでは今季初となる栗のシブースト。


滑らかでコクのあるクリーム、香ばしいキャラメリゼ、じんわりと旨みの広がるアパレイユと栗。

洋梨やリンゴの方がパッとした香りの広がりがありますが、どっしり深みを感じられる栗もまた格別。
今は3種類だけみたいですが、どのバージョンでも絶品のシブーストです。



じゃがいものお菓子:410円


このお菓子も他でも食べてますが、こちらの物はクリームがとても滑らか。
じゃが芋ペーストのザラリとした感じ、生地のザクリとした歯応えが際立ちます。

ホワイトチョコのくっきりした味、芋の素朴な旨み、香ばしいナッツ風味の三位一体。
誰が食べても美味しいと感じる分かりやすいタイプの物と思いますが、深みもあります。



アリアンス:486円


コーヒーとヘーゼルナッツのお菓子で、イメージほど重さはなく。
オッと感じる部分はないのですが、それぞれのパーツにそれぞれの味わいがあり。

何より、素人目にもずいぶん手間がかかる物のある事が分かり、何も感じずに食べるわけにいきません。



さつまいもとバナナのタルト:410円

庶民的な素材ながら、なおかつ珍しい組み合わせ。


素朴な風味押しかと思いきや、パッとするような明るさやジワリとした奥深さがある味わい。
しっとりホクホク自然な甘みのサツマイモに、スパイス感をまとったバナナがズバッと。

トップのザクザククランブル、味わいあるタルト生地、全てが引き立てあう美味しさです。


後編へ続きます。



2017年11月23日
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
パンシノン(岐阜市:パン)
弁天堂(岐阜市:和菓子)
ツバメヤ(岐阜市:和菓子)
ピクニケ(一宮市:パン)
ピクニケ:シュトーレン


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

2017シュトーレン:その1 

2018年に入りましたが、2017年のシュトーレンです。

日本語表記は「シュトーレン」or「シュトレン」まちまちで、ややシュトーレンの方が多いかなと。
Wikipediaによると発音はシュトレンが正しいみたいですが、僕自身がシュトーレンで覚えているのでそちらで。

これまで特別に興味ないと言うか、禁断のお菓子みたいなイメージで、ものすごく美味しいわけでもないのにこんなの食ってたらデブや糖尿になるだけだと警戒してました (;´∀`)

しかし、昨シーズンにプレリュードで買って食べてみたらこれまでのイメージと違う。
あれ?シュトーレンって美味しいのか? これまで美味しいお店の物を食べてなかっただけなのか?と。

今期は試しにいろいろ食べ比べてみようと思い、ひと月くらいで11本購入。
どのお店とかは決めず、行動範囲内で買ったり、買ってきてもらったりで。

で、違いは予想以上に大きく、味や構成がそのお店自体のイメージにもリンクする部分があったりで面白いです。

入手した時系列順に上げる予定ですが、最初はきっかけであり、個人的な基準値であり、おそらく毎年買うであろうプレリュードの物から。


20171216191925627.jpg
シュトーレン:2592円?

買ってきていただいた物で金額は確かでないですが、何かの案内の紙に2400円(税抜き)と書いてあった気がします。

パン屋ケーキ屋で売られるシュトーレンは、このくらいのサイズで2000円~3000円が一般的で、何でも安すぎるプレリュードとしては特別に安い価格ではなく。


20171216191934021.jpg
三段になった山型ではなく、長方形に近い形。
実測重量は約470gで、おそらく平均的からやや重めかなといったところ。


20171216191948180.jpg
センターに丸いマジパンが入って、レーズンたっぷりオレンジピール少々といった構成。

たしかマジパンが赤子のキリストで、周りを固められた白い砂糖がおくるみの意味でしたかね。
マジパンは入れない店も多いようですが、伝統菓子に対する作り手の意識が出ている気がします。

生地は軽いサックリ感のあるしっかりめな質感で気持ちパン寄り。
バターの風味はちゃんとありますが、べチャッと漬け込まれたようなタイプではなくスッキリした感もあり。

全体像はシナモンなどのスパイス感はほぼなく、ミルキーで柔らかな甘み。
そこに洋酒のきいたドライフルーツが主張して、マジパンのアクセントも良い感じ。

しっかり甘いですがクドさを感じることがなく、安心感のあるような味。
クセもパンチもなく、ひょっとしたらいずれ物足りなく感じるかもしれませんが、最終的に戻ってきそうなイメージ。

しみじみと美味しいタイプのシュトーレンでした。


category: シュトーレン

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Prelude(岐阜県岐阜市) 

プレリュードのテイクアウト分。



ほぼ何度も食べている物ばかりですが6個。



ゴッホのバナナ:437円

ただでさえ安いのに10%引きで、昨年からずっと割引されてます。


夏になったらバナナと、フレジェのバナナVer.のようなお菓子。

手を加えられたバナナにも、生地にもムースリーヌにもふわりと柑橘系の香り。
この香りによって甘ったるさや重さがなく、上品に全体が馴染んでいるような一体感があります。



ベルギービールのお菓子:464円


前回にも増してビールの風味が弱く感じ、ホワイトチョコも穏やかに。
その軽い味わいの後から黒糖のコクがズンズンと押し寄せてきます。

もう少しビール感が欲しいですが、段階的な風味の変化がはっきりとして面白みも感じます。



シブストポワール:486円


以前夏にオレンジのシブーストが素晴らしかったですが、オレンジはやめられましたかね。
それでもシブーストクリームの味と食感がずば抜けて良く、このお店でシブーストを食べない選択はありません。



ムース・ココナッツ:421円

珍しくケーキピック・・あったのですね。


生地とココナッツムースだけで、珍しく小さくシンプルなお菓子。
軽い食感で香りもとても良く、サイズもあってスッキリ食べられます。



ガトーバスク:367円


"いつもの"ですが、いつでも美味しく。
ハッとしつつ、ほっこりしつつ、しみじみと来ます。



タルト・サンチャゴ:367円

こちらはいつもなく、ホールでも出てたり、カットでも出てなかったり。


代官山の本家にて「ふつふつと心に宿る静かなおいしさ」と紹介がありますが、まさにそんな感じ。
旨みの凝縮のようなアーモンドがじんわりと染み渡ってきます。

数年前に本家で初めて食べた時は、美味しいけど、また食べたい感じでもないかなと。
その時はまだ、ビターアーモンドも松の実もよく理解できていませんでした。

それからいろいろな知識や経験を得て、このお菓子の深みや凄みが分かりました。


何度も食べながら、その度に改めて気づく事があったりで、とても奥深い味わいです。



2017年7月29日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
ニコリス(可児市:ケーキ)
エピ(春日井市:パン)
ポルカ(尾張旭市:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
べべ


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 8   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム