食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

L'atelier de Plaisir(東京都世田谷区) 

2017/05/12 Fri 12:00訪問
ラトリエ ドゥ プレジール


続いてもう1軒パン屋へ。
ハード系なら最も好印象なお店ですが、こちらもなかなか行く機会なく久しぶりに。

開店10分ほど前に行って2番目。開店時には7組ほどの並びでした。



復刻パヴェ:400円


クラストは極めて薄く、クラムは凄い加水量でベチャべチャしないギリギリな感じ。
食感は焼いてない状態の餅をかじったような歯切れと弾力のイメージ。

小麦の香りは強く、甘みと酸味が交互にやってくるような感じで、シンプルながら深みのある味わいです。



ミューズリー エ フィグ:360円


ミューズリーは見た目の印象は薄いものの、食べてみると独特の歯応えと風味。
全体量の半分近くを占めそうなイチジクの主張ももちろん強烈。

まさに穀物と果実を食べていると実感させる物です。



アミティエ(1/2):1264円

1g:4円で、好きな量にカットしてもらっての量り売り。
その都度内容が変わる商品だと思いますが、この時は母の日イベントでラベンダーのパン。


その中身はドライフルーツぎっしりで、パンなのかフルーツ盛り合わせなのかというレベル。

固すぎないハード系で、中は果汁分もあってしっとり、少しモサッと。
生地の全体にラベンダーが香り、フルーツと重なって相乗効果もありますが、パンとしてはややしつこさも感じます。



パン オ フリュイ ルージュ2017(1/2):1148円

こちらは1g:3.5円。
ずっと2014という品名だったように記憶してますが、ついに変わったようです。


水を使わずぶどうの果汁のみで作られた生地に、こちらもナッツやドライフルーツがぎっしりと。
以前は入ってなかったカカオニブが蛇足な気もしますが、ここでしか食べれない美味しさの物です。



ラベンダーのクグロフ(小):690円

生地自体にラベンダーが香り、スポイトにはラベンダーの蜂蜜入り。


表面の揚げたような香ばしさから、中はたっぷりのバターでしっとり、シュッと消えるような口溶け。

コク深く風味豊かな生地に、ブワッと香りの広がるラムレーズン、爽やかなオレンジピールの華やかさ。
強烈な主張を放つそれらの中に、ホッと一息つけそうな優しく穏やかなラベンダーの芳香。

パンがなくてもケーキがなくても、これ1つあれば良いのではと思わせるほど美味しかったです。


何となくですが、こちらのシェフが本気で作るお菓子を食べてみたいなーと感じました。

どれをとってもかなり独特で、唯一無二の存在感のあるお店です。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_ラトリエ・ドゥ・プレジール(東京:パン) 
TB: 0    CM: 0   

L'atelier de Plaisir(東京都世田谷区) 

2015/06/06 Sat 12:00訪問(11:30並び)
ラトリエ ドゥ プレジール


この日も夜食用のパンを買いに。
行列ができるお店なので30分前に到着したら、余裕の一番乗りでした。

前回衝撃を受けたアミティエという日替わりパンを楽しみにしてたのですが、ボードに予約で終了の案内が。
失意のまま並び、適当に食べたいものを買って帰りました (;´∀`)



バトン:450円


クランベリーとカシューナッツの入ったお酒のお供のパン。

ベリーとナッツのよくある組み合わせですが、数種類ブレンドされた胡椒のスパイシーさが強め。
食べ出したら止まらない的な美味しさで、あっという間に食べ終わりました。



ショコラ・エ・オランジュ:480円


チョコレート、オレンジピール、アーモンドの入ったパン。
チョコは甘さ控え目でオレンジとアーモンドのとのバランス良く、安定の美味しさですが、期待したほどではなく。



パン・オ・ノワ・エ・レザン・オ・フロマージュ:360円


クルミ&レーズンの定番系に、クリームチーズを加えたパン。

パンはライ麦も入っているらしいですが、それほど風味は感じず。
こちらもフィリングのバランスが絶妙で、黒蜜もかかってたりしますが、不思議とまとまりがあります。



パン・オ・フリュイ・ルージュ2014(1/2):947円


水を使わず山ブドウで作られた生地のパン。

これは前回食べてますが、その時より美味しく感じました。
しかも、この手の込んだ生地にたっぷりのフィリングで、この値段だとかなり安いです。



季節のパン:570円


生地はコーヒー味で、数種類のベリーとナッツがゴロゴロと。

コーヒーの生地ですが、全体的にやや甘めでパンよりは焼き菓子の印象。
初夏の季節を感じさせる部分はない気もしますが、とても美味しかったです。


ここのパンも前日に食べたシニフィアン・シニフィエ同様、僕にとってパンではなく料理。
レストランで一品ずつオーダーして、ゆっくり味わうようなイメージで食べたいです。

しかし、世田谷にこれだけ行きたいお店が多いと、今後は他のエリアに行かなくなりそうです (;´∀`)



2015年6月4~7日
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ルルソール(目黒区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
かんな(世田谷区:カフェ)
ボブスリブジシロ(世田谷区:バー)
スドウ(世田谷区:パン)
プレジール(世田谷区:ケーキ)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
堀口珈琲(世田谷区:コーヒー)
袖ヶ浦フォレスト(袖ヶ浦市:レース)
いずみ食堂(木更津市:食堂)


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_ラトリエ・ドゥ・プレジール(東京:パン) 
TB: 0    CM: 0   

L'atelier de Plaisir(東京都世田谷区) 

2015/03/22 Sun 12:00訪問
ラトリエ・ドゥ・プレジール

o0400029910976495616.jpg
3日目も有名パン店への訪問。

全商品を自家製の天然酵母で作られるパンのお店だそうで、パン屋としては遅めの昼12時からの開店ながら、数時間で品切れ閉店するらしいです。

で、30分前に到着して2番目。15分前くらいから一気に行列が伸び、開店時には20人以上でした。

店内は広くなくパンは20種類弱で、日によって作るパンは違うよう。
そのうち5種類ほどの大きく作られたパンは量り売りでの販売で、希望の量をカットしてもらえます。

5品だけ買いましたが、この直後にランチの予約があったので、食べたのは帰りの新幹線にて。



プレジール(小):490円


5種類のオーガニックの小麦をブレンドしたパン。

クラストは薄くカッチリして、クラムはふわふわでしっとり。
フィリングもなく何の味もついてないパンながら、なぜか深みのある味わいです。

こういうパンが美味しいお店は、もう何でも美味しいに決まってます。



アミティエ:1g/4円、約500円


日替わりパン。
この日はオーガニックコーヒーの生地に、4種のナッツ・苺・ホワイトチョコ・カカオの組み合わせ。

予想以上にコーヒーの香りがしっかりして苦味もある生地。
ナッツは巨大なものがゴロゴロ入って食べ応えありすぎなほどで、苺やチョコとの相性も抜群に良く。

これは最高に美味しかったです。
ちょっと迷って1/4サイズにしてもらったのですが、せめてハーフで買えばよかったなと。



スペシャルローズ:1g/4円、約500円


食用のバラから起こした酵母で作られたパンで、そのパンの生地にバラ自体も練り込まれているそう。

食べる前からバラが香りますが、食べてみるとそこまで強くなく。
芳香剤のような嫌味のある香りではなく、自然な風味です。

フィリングはベリーが数種類ですが、ローズと合わせてもしつこくなく生地との一体感がありました。


 
パン・オ・フリュイ・ルージュ2014:1g/4円、約500円


水を一切使わず山ブドウで作られた生地に、ナッツとドライフルーツがぎっしり。

これはただ一言、とんでもなく美味しかったです。
前日のシニフィアン・シニフィエのパン・オ・ヴァンを食べた時と同じ衝撃を受けました。

もうパンじゃなくて、こういう料理と言っていいと思います。



バゲット(1/2):230円


表面も断面も美しさを感じるバゲット。

クラストは薄めでカリカリ。クラムは弾力があってしっとり。
食べ初めはパッとしない味の印象も、噛めば噛むほど甘みが出て余韻の良い食後感。


このお店のパンも凄かったです。

大きく作られたパンを希望のサイズにカットしてもらえるのは良いシステムで、薄めにスライスしてもらえばたくさんの種類が食べれるし、元を大きく作ったほうが美味しいと思います。

しかし今回の東京3店舗のパンで、大幅に自分の基準値が上がり、美味しいと感じられるパンが少なくなりそうで、美味しすぎる食事も、いろいろと考えものです。



2015年3月20~22日
二郎(港区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
ブルーボトルコーヒー(港区:コーヒー)
俺のフレンチ/イタリアン(港区:フレンチ)
フグレン(渋谷区:コーヒー)
アステリスク(渋谷区:ケーキ)
エソラ(渋谷区:バー)
コーヒーバレー(豊島区:コーヒー)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
あずま(新宿区:洋食)
ポールバセット(新宿区:コーヒー)
ゴリラコーヒー(渋谷区:コーヒー)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
丸山珈琲(世田谷区:コーヒー)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
フィオッキ(世田谷区:イタリアン)
ラヴィエイユフランス(世田谷区:ケーキ)
猿田彦珈琲(渋谷区:コーヒー)
俺の焼き鳥(品川区:居酒屋)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_ラトリエ・ドゥ・プレジール(東京:パン) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム