雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

ベベのテイクアウト分。



パン デピス:431円


生地は見た目ほどパサつかず、モフモフッとした歯応え。
ハチミツの優しい甘みとともにスパイスが広がり、やりすぎないラインで強烈な印象を残します。



ファーブルトン:271円


カリッ・ムチッした生地に、ラム漬けされたプルーン。
生地もプルーンもねっちりしてますが、食べ疲れる事なく、華やかな香りに包まれる感じです。



フィナンシェ:180円

少し前から裸売りで出ているようですが、この時は袋入りで焼き菓子コーナーに置かれてました。
価格は袋とエージレス分がプラス?


フィナンシェとしては見ないようなキメが粗めの生地で、アーモンドの皮もチラホラと。

淡い焼き色ですがカリッとした歯応えがあり、アーモンドは強めのビター香。
粉もバターも良い風味ですが、とにかくアーモンドの香りがとても良く、何個でも食べれそうな美味しさです。

アマンドアメールの香りなのか、初めて食べる味のフィナンシェですが、過去最高のフィナンシェでもありました。


 
テュイル:416円

フランス風のせんべい。

日本式のせんべいとは違い小麦粉で作った薄い仕上がりなので、パリッとはせず軽いサクサク感。
ブワッとアーモンドが香り、ときおりアーモンドそのもののカリッとした歯応え。

穏やかな甘みにバターの風味も良く、1枚食べたらもう止めれません。


 
サブレ ブルトン:504円

シンプルなクッキーで、パサつきは一切なく軽いサックリ感とホロッとした口溶け。
発酵バターがしっかり香り、自然な甘みと強めに塩がきいており、とても美味しいです。

これも止まらない感じで、しかも安すぎるくらいです。



イートインでも食べた物もあり。

至福の時間でした (´∀`)



2017年2月11日
椿ベーカリー(豊田市:パン)
椿ベーカリー
チャタリー(豊田市:モーニング)
三浦家(豊田市:デカ盛り)
ヴィンセントコーヒーハウス(豊田市:コーヒー)
ベベ(東郷町:ケーキ)
ベベ
べべ
万吉(豊田市:デカ盛り)


スポンサーサイト

category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

2017/02/11 Sat 15:15訪問
ベベ


続いてメインイベントへ。

この日は前日に予約をしており、15時以降の受け渡しになるとの事で遅めの訪問。
バレンタインの兼ね合いもあってか、商品はほぼ売り切れてました。

ご厚意により取り置きしてもらった分と、残っていたものをイートイン&テイクアウト。



フレジエ:680円


トップのマジパンがピンクからグリーンになり、よりピスターシュの印象が強くなりました。
アマレットのようなビターで芳醇なピスターシュの香りと、明るく華やかな苺とリキュールの香り。

生地もムースリーヌももちろん良いですが、香りの極まったお菓子に感じます。



タルト・オ・フレーズ:680円


こちらも苺とピスターシュでフレジェ同様に。
色彩学的には赤と緑は対極になりますが、だからこそ鮮やかに美しく映えます。



シュルプリーズ・ドゥ・シュー・オ・フリュイ・セック:540円


岩のようにゴツゴツした生地はガッシリ・ザクザクして、食感だけでなく味の方も力強い香ばしさ。
中はアーモンドとヘーゼルナッツの風味が凄く、どういう構成なのかはっきり分からない複雑さ。

甘さと香ばしさに、ビターな苦みやカリカリしたアクセント。
とことんナッツですが、いろんな仕事がなされ、味も食感もいろいろな変化を楽しめます。



エクレール・カラメル:362円


スペシャリテのようですが、これまで縁がなく初めて見ました。

ふんわり・しっとりとは真逆の、ガシッ・バスッとした力強い生地。
キャラメルはきっちり苦くコクも強く、これも極まったシンプルイズベストな逸品です。



ガトーバスク:431円


サクッ・ホロッとした表面から、クリームは何とも言えない旨味と香り。
アーモンド・バニラ・バター・卵・ラムと、1つ1つが強く感じられながら、それらが当然のように一体化。

とても美味しく、素材や手間を考えれば安くて、言うことなし。

何だかどれも凄いので、県内の他のお店でお金使うのがもったいなくなりつつあります (´∀`)



2017年2月11日
椿ベーカリー(豊田市:パン)
椿ベーカリー
チャタリー(豊田市:モーニング)
三浦家(豊田市:デカ盛り)
ヴィンセントコーヒーハウス(豊田市:コーヒー)
ベベ(東郷町:ケーキ)
ベベ
べべ
万吉(豊田市:デカ盛り)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

バレンタインのチョコレート 

買ってはいけないバレンタインチョコですが、買わずにいられないお店で買いました。

べべさんでは、先々週に5日間お店を休んでチョコを作り、2月4日から販売して売り切れ次第終了だそう。
こういった形であれば品質に問題はないし、儲けようと思ってないところも素敵です。

数年前に、大御所のお店のバレンタインチョコにカビ発生事件がありましたが、何ヵ月前に作ったんだよって話で。
今もむしろ生産量は増えているくらいだと思いますが、カビ防止のために変な物入ってないですかね (;´∀`)

まあ、飲食業界に限らず、消費者が無知な場合、心無い売り手に騙されたりボッタクられるのが世の常です。


で、数品残っていたので購入したチョコレート。
値段は各種3粒で774円。 贈り物用の箱入りだと200円増しでした。



トリュフ

シンプルなトリュフチョコレート。


チョコそのものの質の良さを感じられ、バターも入ったガナッシュはとても滑らかな口溶け。
深い赤みのココアパウダーまでもうっとりするほどの美味しさです。



カルヴァドス

こちらは粉糖をまぶしたカルヴァドス入りのトリュフ。


芳醇なリンゴの香りと味わいがブワッと広がり、口に入れた瞬間から余韻までとても華やかです。



ボンボン 紅茶セット

マリアージュフレール社の紅茶を使用したボンボンショコラ。


(左)マルコポーロ

マリアージュフレールの看板商品で、独特の甘い香りがあります。
紅茶で飲んだ時は少しネガティヴな印象でしたが、お菓子に使われるとフルーティさが際立って良い感じです。

(中)アールグレイ
ベルガモットの柑橘の香りから、少し漢方のような後味もあるアールグレイでした。

(右)エロス
ハイビスカスの香りが広がるガナッシュで、とても華やかな味わいです。


全てドモーリ社のチョコレート100%使用で、1個が大きめなので、お得感・満足感ともに凄いです。

ちなみに、いろんなお店で◯◯使用と書かれているPOPなど見ますが、少しでも入っていれば使用になるので、100%と書かれてなければ逆に疑った方が良いです (;´∀`)

売り切れてた物にピスターシュやシャンパーニュの物もあったようで、かなり惜しく、また来年の楽しみに。

あ、人生で初めてバレンタインが楽しみになって来ました (・∀・)



2017年2月11日
椿ベーカリー(豊田市:パン)
椿ベーカリー
チャタリー(豊田市:モーニング)
三浦家(豊田市:デカ盛り)
ヴィンセントコーヒーハウス(豊田市:コーヒー)
ベベ(東郷町:ケーキ)
ベベ
べべ
万吉(豊田市:デカ盛り)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 6   

クリスマスケーキ:その2 

当然ながらフランス菓子ではチーズケーキと言う英語表記の商品はないですが、フロマージュと名の付いたケーキも見たことがないので、フランス菓子にはクリームチーズ主体のケーキはないのかな?と。

そう思っていたところ、夏にイルプルー関連の新作にてチーズケーキの名のお菓子が発表。
食べてみたいなと思いつつ、どのお店でも見られず、忘れた頃に今回の限定商品がありました。

で、クリスマスケーキ第二弾。


パティスリー ベベ

チーズケーキ オ パンプルムース ローズ:5375円

何やら凄まじいチーズケーキです。


表面はコーティングのようなツヤツヤ感。


しずく型に絞られたクリームはほんのり赤く、ピンクグレープフルーツとピスタチオのトッピング。


半分に切ってみると、土台の生地は凍っているのかと思うほどカッチリ感。
バニラビーンズも見られますが、これだけ見ればごく普通のサブレ生地のベイクドチーズケーキのよう。



メインのチーズケーキ部分は濃厚で、数種類のチーズが絡み合っているような深い味わい。
そこにバニラの風味が加わり、さらにグレープフルーツもほんのり香ります。

絞られたクリームはグレープフルーツの風味で、甘酸っぱさ、さらに特有の苦味もあり。
爽やかな果実感とムースのような口溶けで、チーズケーキの重厚さを見事に緩和します。




サブレ生地はグラデーションがかり、ガリッ・ザクザクッとした歯応えからバターの風味たっぷり。
焼き上げて、砕いて、再加工みたいな工程だと思われ、アパレイユより手間かかっている気がします。

いやー、数年ぶりのチーズケーキは凄いものが食べれました。
他のチーズケーキはもう食べれません (´∀`)



2016年12月23日
ココロカフェ(一宮:モーニング)
アラティ(一宮:モーニング)
138タワーパーク(一宮:ランニング)
プレリュード(岐阜:ケーキ)
ポルカ(尾張旭:パン)
ロノ(日進:ジェラート)
匠(日進市:パン)

べべ(東郷町:ケーキ)
パントリコ(東郷町:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
東京油そば本舗(天白区:ラーメン)


category: 愛知

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ)  ☆☆☆_シニフィアン・シニフィエ(東京:パン) 
TB: 0    CM: 2   

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

2016/12/10 Sat 14:00訪問
ベベ

最後は当然こちらへと。
早々とフレジェやタルトフレーズが出ているとのことで、取り置きをお願いして訪問しました。



珍しく車での訪問だったのと、早く帰らないといけなかったのでテイクアウトで。



フレジエ:680円

昨シーズンとは構成が大幅に変わって、ムースリーヌがピスターシュになり、トップはマジパンの仕上げ。


しっかりした食感のビスキュイ生地はアーモンドが香りながら、ときおりアーモンドダイスがコリッと。
さらにマジパンからのアーモンド風味と程よい甘みもプラス。

マリネされた苺は、これ以上無理ではないかと思うほどの甘みと香り。
さらに滑らかでコクのあるムースリーヌから、ピスターシュのアロマティックな芳香も。

個人的な好みの凝縮で、これはもう驚異的な出来栄えに思えます。



ランペリアル:625円

これはどの時期でもあるのでスペシャリテ的な位置付けですかね。


コクのあるピスターシュのムースリーヌに、ややビターさもあるオレンジ。
2つの特徴ある風味が重なって、とても華やかな香りが口に広がります。

このためだけに作っていると思われる上のチュイルと土台のマカロンも、単体でもとても美味しく。
おそろしく手間がかかっていそうで、いろんな意味ですごいお菓子に思えます。



タルト・オ・フリュイ・セック:431円

こちらは先月に続いて。


口いっぱいに広がるオレンジフラワーウォーターと、ネチッとしたアパレイユとイチジクのプチプチ。
香りや食感がクセとも言えるほど特徴的なのでダメな人も多そうですが、ハマれば違う意味でのクセになります。



タルト・オ・フレーズ:680円

春先に食べたときは千円近い値段でしたが、素材自体の違いもあるのか大幅値下げ。


たっぷりの苺はナパージュかかってますが、甘すぎる事なく適度な酸味も。
サクサクでバターの風味の良いタルト生地に、こちらもたっぷりのピスターシュのダマンド。

口の中いっぱいに広がる芳醇な香りに酔いそうなくらいです。


初夏あたりでは、万人受けする方向にシフトチェンジするのかなというラインナップで、実際にそういう話もされてましたが、冬に入ってますますマニアックになってきた印象です。

お菓子オタクとしては好ましい事で、今後も優先的に行こうと思います (´∀`)



2016年12月10日 名古屋方面
ぱぴぱん(天白区:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
くまくる(天白区:パン)
ベベ(東郷町:ケーキ)


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム