食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

La ptisserie Dariole(岐阜県安八郡神戸町) 

2017/07/29 Sat 10:00訪問
ダリオール


またケーキ屋巡りにて岐阜へ行き、今回は9ヶ月ぶり2度目となるこちらからスタート。

モーニングやランチなど幅広くやられており、お店の雰囲気からしても、徐々に質が落ちる(落とす)タイプのお店ではないかとのイメージがあって少し遠のきました。

しかし、公式のFBを見ると食べてみたい物がいっぱい上がっており、今回はこちらを一番の目当てに。

9:30オープンの直後でしたが、商品はだいたい揃っており、半分くらいは一般や子供向けの洋菓子、もう半分くらいがマニア向けなフランス菓子といった感じ。

周囲一帯は田んぼという田舎町にて驚きのラインナップです。



食べたかったもの6品とダックワーズ。

この時はイートインスペースはモーニングのお客さんでほぼ満席な感じでした。



レクレアスィオン:520円


スパイシーな生地ですが、香辛料の"辛"ではなく"香"と言ったスパイス感。
華やかな杏子とピスターシュのムース、フランボワーズの甘酸っぱさ、周りを覆ったメレンゲが甘みを加えます。

食感は軽めながら香りに重厚感があり、複雑な美味しさのあるお菓子です。



プレズィール:500円


ほろ苦いコーヒー味の生地やクリーム、ふわりと抜けるウイスキーの香り。
生地やサイドに散りばめたナッツの香ばしさと、マスカルポーネの酸味のアクセント。

コーヒー、チョコレート、ウイスキーがメインですが重苦しさはなく、まさに嗜好品と言ったお菓子です。



ムース・ノア・ドゥ・ココ:400円


ふんわりした軽さの中に芯のある生地。
そしてムースはとことん軽い口当りで、柔らかなココナッツの香り。

しっかり美味しさはあり、夏にとても良くさっぱりと食べられます。



バジルとミントの小さなたわむれ:480円

初めて食べますが、品名も見た目もインパクト大な一品。


ピスタチオのダックワーズは風味弱めですが、刻んで散りばめられたバジルが生地にまで入ってます。
フルーティなシャンパンムースからもたっぷりのバジル、さらにミント、マンゴー、フランボワーズと。

クセの強いハーブ系をここまで入れて、甘いお菓子として成立するのかと疑問でしたが、完璧に成立しています。
もしハーブがなくても美味しいお菓子と思いますが、なくてはならない物にすら感じられました。



抹茶とオレンジの心穏やかなお菓子:480円

なんとも意外な組み合わせ。


オレンジと抹茶は共にバタームースで、軽くて重いコクと口当たり。
生地はセンターにビスキュイ、底にダックワーズでこちらは共に軽め。

オレンジは爽やかに、抹茶はほんのりとした苦味ですが、そこまで主張は強くなく。
トップのオレンジのジュレにキャラメルの風味があり、全体的にビターに感じました。

相乗効果と言うものは感じませんが、不自然さも全くないです。



不倫の味のひとつ:480円

久しぶりに見ました。


ココナッツのダックワーズ生地、ふわりと八角が香るチョコレート。
コクがありシュッと溶けるパッションのバタームース、ハッとするような酸味のジュレ。

エキゾチックで魅惑的ですが、爽やかな不倫の味なのかなとも思います。


真面目なお店で修行された方のお店だけあり、失礼な心配でした。
どれも美味しく、しかも安く、個人的にはじゃまくさい飾りが乗っているくらいしか欠点がありません (;´∀`)

まだ食べた事のない物もいろいろ出そうで、これでまた岐阜に行く楽しみが増えました。



2017年7月29日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
ニコリス(可児市:ケーキ)
エピ(春日井市:パン)
ポルカ(尾張旭市:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
べべ


スポンサーサイト

category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_ダリオール(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 4   

La ptisserie Dariole(岐阜県安八郡神戸町) 

2016/10/10 Mon 16:15訪問
ダリオール


続いて初訪問となるケーキ屋さんへ。
この後に行く、おなじみのトゥルティエールで働いていた方が、今年の2月にオープンしたお店だそうです。

隣がコンビニで同じ敷地にありますが、かなり大きな建物と広すぎるほどの駐車場。

入り口から通路になっており、右側がケーキ屋の店舗。
左側は別経営と思われますが野菜の販売などを行われており、不思議な感じのお店です。

ケーキはトゥルティエールで見かける物もありますが、一般的な洋菓子が多めの印象でした。



初めてなので4つだけで、他には食べたい感じの物がありませんでした。



洋梨とアールグレイのお菓子:470円

トゥルティエールでおなじみのシャルロットですが、こちらは洋梨と紅茶のダブル構成。


生地はしっかりめの歯応えで、上部のポワールのムースは洋酒がきいてとても香りが良く。
下部のアールグレイのムースも良い香りで、土台の生地は茶葉が入ってほのかな香辛料っぽさもあり。

さらに中央にサンドされた洋梨のジュレが全体を引き締めて、とても豊かな香りを楽しめるお菓子です。



サンマルク:450円

キャラメリゼが上手く割れずにグチャっとなったので断面図なし。

チョコクリーム・ホワイトチョコ入りの生クリームともに、しっかりコクがありつつ重さがなく。
ただ、トゥルティエールもそうでしたが、キャラメリゼが煤煙臭くてちょっと台無し感があります。

こちらは違うかと期待しましたが、その煤煙臭さも含めてほとんど同じ味。
他のお店でも結構この匂いがありますが、わざと煤っぽさを出しているなら何のためなのか謎です。



オペラ・ノワゼット:470円


ビスキュイ生地にバタークリームとガナッシュの層。

それぞれにヘーゼルナッツの風味を感じますが、そこまでナッツ感は強くなく。
ナッツ以上にバターやチョコレートのコクが強く、グイグイ押し寄せてくるような旨みを感じます。

シェフおすすめと書いてあった気がしますが、とても満足度の高いお菓子でした。



パリ・ブレスト:450円

トゥルティエールでは大きく作った物をカットしての販売ですが、こちらはちゃんと車輪の形。


食べたのが夜遅くになってしまいましたが、それでもシュー生地はガシッと固め。
ヘーゼルナッツのプラリネ入りのクリームがとても香ばしく、シンプルながら深みのある美味しさです。


キャラメリゼ以外はとても満足できました。
一方でトゥルティエールと同じ感じなので、これと言った特別感や新鮮味まではなかったです。

ただ、トゥルティエールが閉店になるので、今後はこちらに寄ることも増えるかなと。
良くも悪くも、これから少しずつ変わって行くと思われるので、良い方に期待したいです (´∀`)



2016年10月10日 岐阜お出かけ
雅(池田町:喫茶店)
バード(池田町:喫茶店)
ブルースカフェ(池田町:喫茶店)
星のふる里(揖斐川町:ダムカレー)
さかうち(揖斐川町:ダムカレー)
徳山会館(揖斐川町:ダムカレー)
徳山ダム(揖斐川町:ダムカード)
横山ダム(揖斐川町:ダムカード)
くねくねラーメン(池田町:ラーメン)
ダリオール(神戸町:ケーキ)
トゥルティエール(大垣:ケーキ)
プレリュード(岐阜:ケーキ)


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_ダリオール(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム