FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

BACKEREI BIOBROT(兵庫県芦屋市) 

ビオブロート:その3


最後はその他の物を。



トーストブレートヒェン:134円

食パン生地を小さく作ったもので、この食パン生地には全粒粉は入らず。


表面はカリッとして香ばしく、中はむっちりして強めの引きがあり。
ちょっと水分量が多すぎる印象ですが、ミルキーな甘みやバターの風味もあり、味としては力強さも感じます。

これはお店のコンセプトから外れている感があり、ひょっとしたら仕方なく作っているのかもしれませんが、全商品でこちらが一番美味しく感じました。



ショコ:190円

チョコチップ入りバージョン。


チョコレートは単体で食べてみるとかなりビター。
美味しくはないですが、甘みのある生地と相まるとわりと良いところに落ち着く感じがあります。



トーストブロート:670円

食パンだけハーフでなく1本買いしてみました。


見た目でもしっとり感に溢れ、あまりないほどの保水量。

耳にあたる部分はとても香ばしく焼かれ、力強いバリッとした歯応え。
そこからはスッとした歯切れで、小さく丸く焼かれたものよりソフトな食感から穏やかな甘みが広がります。

ただ、さすがに水分量が多すぎで、瑞々しいというよりは水水しく、食べていて薄っぺらいような軽さがあります。
この辺りも好みの問題だとは思いますが、個人的には生地より水を食べている感覚。



ラントブロート(1/2):443円

こちらだけイーストではなく、自家製酵母のカンパーニュになるよう。


他のパンと比べるとボソボソした口当たりですが、口溶けが良く気になるほどではなく。
口に入れた時に軽い酸味を感じ、だんだんと酸味が広がり、最終的にかなり酸っぱいと言えるような風味。

サワーのライ麦パンより酸っぱいくらいで、生地の味わいもよく分からず、ちょっとそのまま食べるのは無理なほど。
もちろんそれも好みの話であり、悪い方にブレた物かもしれませんが、これはないな・・という味でした。



フォルコーンバゲット:335円


全粒粉のバゲットで、こちらも軽い酸味あり。
普通に食べれる範囲の酸味ですが、単体でそのまま食べれる感じではなく。



自家製粉された栄養素豊富な全粒粉、副原料はオーガニック。
味もだいたいの物は美味しいと言え、価格も良心的です。

ただ、基本的に引き算の方向性であり、美味しさを最優先されたものではないかなと。
また、現状以上に作れる物もないと思われ、狭い範囲内で縮こまっているような感覚はあり。

とは言え、他にはない一種独特な存在であり、こういった信念のようなこだわりは好ましく感じます。

また2~3年に1度は食べてみたいなと思います。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_ビオブロート(兵庫:パン) 
TB: 0    CM: 0   

BACKEREI BIOBROT(兵庫県芦屋市) 

ビオブロート:その2


いつも購入した物はある程度の数なら商品名と価格を覚えられますが、今回はめったに聞かないドイツ語と数の多さで、記憶するのは不可能。



しかし、品名・価格・原材料まで記入された用紙をいただきまして一安心。

この案内の中で、菓子パンと区分されている5品を。



クロワッサン:206円


一般的なクロワッサンとは違い、カラッと乾いた質感、ザラザラした舌触り、バリバリとした歯応え。
ミルクは入ってないようですが、砂糖由来なのか甘みが強く、バターも意外なほどたっぷり。

美味しいクロワッサンではないですが、独特のパンではあり、面白みはあります。



クノーテン:176円


材料はクロワッサンと同じで、折り込んでないため食感はソフトに、味は甘みがさらに強めに。

子供向けっぽいような分かりやすい甘み、過剰な水分量のしっとり感など無理やり食べやすくした感があり、全粒粉パンである必要性は特にないかなとも感じます。



ライエンベック:176円


こちらは上の物の形が違うだけで、どうしますか?と聞かれましたが一応購入。
味は当然同じで、自然なストレートになるからか、巻いてある物より柔らかく感じました。



シナモンロール:197円

こちらも材料は変わらず、シナモンを巻き込んだ形に。


シナモンはすっきりしたシャープな香りが鼻に抜けるように。
それだけと言えばそれだけ、何しろ追加された材料がシナモンだけなので、特に盛り上がるような部分はなく。



ヌスシュネッケン:248円

シナモンロールにクルミ入り。


クルミは細かくされてますが、味わいは強く、ようやく少し深みが出たかなと。
菓子パンの中では一番良いかなと思いますが、それでも特別感があるわけではなく。


独特ながら食べやすさはあり、パンとしては面白さもありますが、美味しいヴィエノワズリーと感じるのは難しく。
生地自体の風味は強く、特に悪い部分があるわけではないですが、シンプルすぎる材料ゆえにどうしても単調に。

本末転倒な話になってしまいますが、もう少し足し算できればもっと美味しいんだろうな・・の感じが付いて回ります。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_ビオブロート(兵庫:パン) 
TB: 0    CM: 0   

BACKEREI BIOBROT(兵庫県芦屋市) 

2018/05/03 Thu 9:00訪問
ベッカライ・ビオブロート


いったん芦屋に向かい、兵庫寄り道の目的であったパン屋へ3年振りの訪問。

9時オープンの15分前に到着して1番乗り。
その後は続々と来てオープン時には10組以上となり、確か以前もそんな感じでした。

気になった物は全部買う予定でしたが、見慣れない質感のパンと、聞き慣れないドイツ語の品名で、どれを買っていいのか分からず。

さらにオーダー制で、迷っていると説明もしてくれますが、なにぶん後ろに大勢並んでいるため余裕もなく、「全部1つずつください」を発動。

3回に分けて、まずはこちらの代名詞となる全粒粉パンを。



フォルコーンブロートヒェン:124円

こちらのスタンダード品になると思われるプレーンなパンで、全粒粉100%、オーガニックの副原料。

これもそうですが、物によっては大・小の2サイズがあり、その場合は小だけにしておきました。
語尾の「ヒェン」が小さいの意味になるようです。


表面は薄めでカリッとした歯応えがあり、香ばしさも強めに。
中はむっちり・しっとりで、全粒粉の風味も食感も分かりやすい力強さがあり。

最初に軽い酸味を感じるも噛み続けると甘みが出て、イメージほど食べにくい感じはなく。
ただ、そのまま食べて、美味しい!と言えるものではないです。



セザムブロートヒェン:154円

ゴマ付きバージョン。


ゴマが乗ったため味としては食べやすくなります。
それだけですが、やっぱり大きなサイズの方が生地の旨みは強調されるかなという感覚はありました。



ゾンネンブルーメンケルンブロートヒェン:154円

ひまわりの種バージョン。


分かりやすい香ばしさ・風味の良さがさらにアップ。
どのパンもそうなのですが、加水が多いため、イメージよりはパサつき感がありません。



ロジィーネンブロート(1/2):360円

ハーフ売りが可能な物もハーフにて購入。


いわゆるレーズンパンで、甘みが強く出ており、少しシナモンの風味もあり。
やはり種実類よりフルーツ系の方が食べやすくなり、美味しさも感じられます。



ヴァルヌスウントロジィーネンブロート(1/2):463円

レーズン&クルミ入り。


クルミの味わいは強く、生地も赤みがかり、少し粘性もあるような食感に。
とても馴染みが良く、このパンだけ全粒粉生地とフィリングの相乗効果を感じる事ができます。

とても美味しいですが、不味いノアレザンというパンもそんなになく、冷静に食べてみると突き抜けて美味しいと言う事もないかなと。


今回再訪する3年の間にいろいろなパンを食べ、全粒粉100%で本当に美味しいパンって存在しないと確信しましたが、そういった物としては美味しい方ではあります。

もちろん美味しい不味いの感覚は人それぞれの好みの話ですが・・・
こういったものは味を追求して作られてないわけで、「美味しい」の質が違うといった感じです。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_ビオブロート(兵庫:パン) 
TB: 0    CM: 4   

BACKEREI BIOBROT(兵庫県芦屋市) 

2015/05/02 Sat 9:00訪問
ベッカライ・ビオブロート


5日間のGWは久しぶりに西の方へ行き、まずは関西のみならず全国的に有名なドイツパンのお店へ。

ドイツパン=ライ麦パンのイメージですが、こちらはライ麦パンはなく、ほぼ全てのパンを自家製粉された全粒粉100%の小麦で作られているそう。

開店の10分前に到着して一番乗り。その後次々と並び10人ほどの行列ができオープン。

店内は狭く、パンの種類も10種類ほどがショーケースに入り、1人ずつのオーダー制。
5品買って、この後に行った2店舗のケーキとともに公園で食べました。



クロワッサン:195円


全粒粉100%のクロワッサンで、見た目の色艶、カットした時の感覚からも普通のものとは違います。

個別で入れられた紙袋には油がしみてたものの、食べてみると油っぽさは全くなく、サクッ・ハラッとした食感はなくモッチモチな弾力があり。

バターは強く香るものの、生地自体の強い甘みの印象が強め。
個人的な理想のクロワッサンとはかけ離れてますが、食品としては美味しいと思います。



シナモンロール:186円


シナモンや砂糖までオーガニックの素材を使用しているそう。

こちらも生地に弾力があり、しっかりした甘みでシナモンの風味も強く。
重厚感はあるものの嫌らしさがない味で、一気に食べれてしまいます。



トースト ブロートフェン:123円


食パンだけは全粒粉100%ではなく、これはその食パンの生地を使って小さく作ったパン。

クラストは艶良く焼かれ香ばしく、クラムは普通の白い生地でかなりしっとり感が強め。
普通の食パンを丸く小さくしただけのパンですが、そのままでもとても美味しいです。



ヴァルヌス ウント ロジィーネン ブロート:915円


長い品名ですが、クルミとレーズン入りの全粒粉ハードパン。
クラストは薄くてカッチリ、クラムは驚くほどの水分量でしっとり感が凄いです。

生地自体が美味しく、そこにクルミとレーズンがたっぷり入って素晴らしい美味しさ。

半分は翌朝食べたのですが、しっとり感は全く変わらず前日より美味しく感じたくらいで。
ものすごくズッシリとした重さなので、この値段はかなり安いと思います。



バゲット:329円


クラストは固く切りづらかったものの、クラムはフカフカした柔らかさで、やはりしっとり感が強いです。
好みのバゲットではないですが、生地自体が美味しいので食べ飽きない感じはあり。


初めてこういうパンを食べましたが、予想以上の美味しさでした

小麦だけでなく、酵母や、ナッツ・ドライフルーツなどのトッピング類も全てオーガニックだそう。
健康志向がすぎると味気ないのでは?と思ってたものの、全然そんなこともなく。

嗜好品なので好みが分かれるものではあれ、このお店でしか食べられない特別なパンであると思います。

全種類を食べてみたいと思わせるお店でした。



2015年5月2~6日
ビオブロート(芦屋市:パン)
プラン(芦屋市:ケーキ)
ポッシュドゥレーヴ(芦屋市:ケーキ)
クスダ(芦屋市:デリカ)
リオ(芦屋市:コーヒー)
ふなまち(明石市:明石焼き)
淡路島(サイクリング)
チルコロ(淡路市:カフェ)
丸亀市(食べ歩き)
一鶴(丸亀市:骨付き鶏)
トートコーヒー(丸亀市:コーヒー)
スーリィラセーヌ(岡山市:ケーキ)
ザマーケット(岡山市:パン)
野村(岡山市:食堂)
1518(岡山市:コーヒー)
ルシュクレクール(吹田市:パン)
ケモンテベロ(吹田市:ケーキ)
ケンタッキー(箕輪市:ビュッフェ)
万博記念公園(吹田市:ランニング)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_ビオブロート(兵庫:パン) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム