雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

AU BON VIEUX TEMPS(東京都中央区) 

2016/09/21 Wed 10:30訪問
オーボンヴュータン 日本橋高島屋店

original_20160922140518066.jpg
続いて高島屋に行き、オーボンヴュータンのデパート内の販売所へ。
本店で作ったものを運んで売られるようですが、この日は本店が定休日なので焼き菓子のみの販売。

焼き菓子は単品で販売していると思って来たのですが、ギフト用のセットばかりでした。



そんな要らないので、小さめのパウンドケーキを1つだけ購入。



ケーク・アングレ(小):1620円


ずっしりした重みのある、ドライフルーツたっぷりのパウンド。
レーズン・オレンジ・レモン・プラム・チェリー・パイナップル・杏子と入っており、どこを切ってもゴロゴロと。

生地はしっとりと言うかジトっとしており、ふんわりとした玉子やバターの風味から、強めのラムが鼻に抜けます。
ドライフルーツはここまで種類多いとゴチャつきますが、総じて酸味が強めの印象。

子供は絶対に食べれず、万人受けする感じでもないですが、ハマれば最高のパウンドかと思われます。

本店は行きにくい場所なので、こちらでケーキを買うのも良さそうです。



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_オーボンヴュータン(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

AU BON VIEUX TEMPS(東京都世田谷区) 

2015/03/22 Sun 9:45訪問 
オーボンヴュータン


続いてフランス菓子の聖地と言われるお店へ。

オーナーシェフの河田勝彦氏は70歳を超えた今も現役で、シェフに影響を受けたと公言するパティシエも多く、このお店で修行した後に独立したパティシエの人気店も多数あります。



そしてオープン20年以上を経て、業務拡大のため4月より移転だそう。
ほぼ最後に来ることができましたが、その準備のためかイートインできないよう。

ケーキは小さめながら税抜きで300円台もある比較的安めの価格設定。
他には焼き菓子・砂糖菓子・チョコレート・アイス・パン・コンフィチュールと何でも売られてます。


 
丁寧にパッケージされるので少し時間がかかりますが、この手のお店では珍しい包装です。



オーボンビュータン:454円


店名を付けられたクリームブリュレ。

表面にカッチリした苦味の強いキャラメリゼで、中はバニラの風味濃厚なブリュレ。
洋ナシがゴロゴロと入って、底には洋酒を浸したビスキュイ。

1つ1つ味が濃いですが、リキュールっぽい味が特に強烈で、これだけで酒気及び反応が出そうなほどです。



オペラ:410円


層はチョコレート、ビスキュイ、ガナッシュの正統派オペラ。

表面のチョコレートは柔らかめで、濃厚ながらキレも良く。
ビスキュイはアーモンド風味で香ばしく、ガナッシュはコーヒーの苦味がしっかりきいてます。

それぞれ主張が強いですが、しっかりと一体感のあるオペラでした。



アリ・ババ:410円


底に溢れんばかりのラム酒が入り、しっかり焼き込まれた生地もジュワジュワに。
生地・カスタード・レーズンと、個別に食べてもラムがガツンと来ます。

今まで食べたケーキの中で最も洋酒のきいたケーキでした。



デリス・オ・フランボワーズ:432円


バタークリームにフランボワーズの酸味がしっかりあり、ビスキュイ生地はアーモンド風味。

生地はふんわりもしっとりもしていなく、パサつき感やボソッとした感じもあり。
意図的にそうしてると思いますが、変わった食感で面白いです。


独自のアレンジを加えずに、伝統的なフランス菓子を作り続けている稀なお店です。

何よりもしっかりと甘さがあり、洋酒やスパイスをきかせるケーキはしっかりきかせ、苦味のある素材はちゃんと苦く、焼くべき生地は焼き込み、焦がす箇所は焦がす。

当たり前ですが、こういうお店はほとんどない気がします。

もっとも僕はフランスで本物のフランス菓子を食べたことはなく、正確な味は知らないので、もしかしたら本物にはほど遠いのかもしれませんが、ちゃんとした形のものを食べれるだけでも貴重です。

このまま変わらずあってほしいお店で、新店舗になったらまた訪問したいです (´∀`)



2015年3月20~22日
二郎(港区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
ブルーボトルコーヒー(港区:コーヒー)
俺のフレンチ/イタリアン(港区:フレンチ)
フグレン(渋谷区:コーヒー)
アステリスク(渋谷区:ケーキ)
エソラ(渋谷区:バー)
コーヒーバレー(豊島区:コーヒー)
エーグルドゥース(新宿区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
あずま(新宿区:洋食)
ポールバセット(新宿区:コーヒー)
ゴリラコーヒー(渋谷区:コーヒー)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
丸山珈琲(世田谷区:コーヒー)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
フィオッキ(世田谷区:イタリアン)
ラヴィエイユフランス(世田谷区:ケーキ)
猿田彦珈琲(渋谷区:コーヒー)
俺の焼き鳥(品川区:居酒屋)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_オーボンヴュータン(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム