雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

curnontue(岐阜県高山市) 

2015/07/19 Sun 12:00訪問
キュルノンチュエ


市街地から少し離れて燻製のお店へ。
たまに名前を目にするので有名店だと思いますが、けっこうな山奥にあります。

なお、店名は「美味しいもので貴方を参らせて何故行けないの?」という意味があるそうです。

ショーケースに並ぶ商品は多くないですが、店内は広く、ソーセージがぶら下がってたりと。
テーブル席もあり、買ったものをイートインする人がいるのかと思ったら、試食ができるそう。



で、試食。

全て種類が違うもので、初めに1つずつ説明されましたが、さすがに覚えきれません (;´∀`)

しかし、全てとても美味しかったです。
高山に来て飛騨牛なんて食べてる場合じゃないぞ、と思いました (´∀`)

で、トランブルーのバゲットのお供にリエットを買いに来たのですが、他も少し買いました。



ソオスィソン・フュメ・セック:1098円


薫製熟成の乾燥ソーセージ。

白カビ熟成の乾燥ソーセージが看板商品ですが、試食して最も美味しく感じたこちらを。
芳醇な香りと味。 適度な脂とスパイス。 どれだけでも食べれそうです。



リエット・デュ・マン・スペシャリテ:1050円


豚肉のリエット。


脂っぽさは少なく、クセもない上品なタイプ。 軟骨のかけらのコリコリ感が良いアクセント。
美味しいバゲットがあれば、これ1個でワイン2本イケます。



パテ・ドゥ・カンパーニュ・ア・ラ・メゾン:1296円


これも試食して、ちょっと変わったパテだったのでしっかり食べてみようと。
簡単に言うと、ゼラチン、脂、肉の3層。


リエットと比べると少し内臓系のクセを感じますが、数種のスパイスも細かくきいてます。
見た目ほどクドさもなく、普通の肉料理のように食べれます。

知人に写真見せたら気持ち悪いって言われたけど、そうですかね?
僕は美しいとさえ思ってしまいましたが (;´∀`)


このお店は良かったです。
試食ができるのも良いし、こちらから質問しない限りほっといてくれる接客も個人的に好きです。

ソーセージもパテ系も、ちょっと他のお店とは違う感じで、代用がきかない印象を持ちました。

通販でも買えるので、リエットが切れたら取り寄せ、他にもいろいろ試してみようと思います (´∀`)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_キュルノンチュエ(岐阜:デリカテッセン) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム