雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Dari-K(京都市中京区) 

2016/01/10 Sun 10:00訪問
ダリケー


チョコレート店にも1軒。
以前こちらのトリュフを知人に頂いたことがあり、とても好印象で、京都に行ったら寄ろうと思っていたお店です。

こちらの全商品は、インドネシアの契約農家で作られたカカオ豆を自家焙煎したチョコレートだそう。

テイクアウトのみの狭い店内で、トリュフはショーケースに並んでなく。
何でもトリュフは止める方向で、今後は生チョコレートだけでやっていかれるようです。



生チョコレート(6個入り):2700円

1粒400円で、木箱が300円くらい?
すぐに食べきってしまうので、立派なケースは要らないのですが、他の物はないようです。


 
プレーン

口に入れる直前から強くカカオが香ります。
滑らかな口当たりから、洋酒でも入っているかのような華やかな香りと酸味。

濃厚ながらキレも良く、いやらしさが後に残らない、とても美味しい生チョコです。


 
オレンジ

小さく刻まれたオレンジピールが入り、気持ちの良いアクセント。
ほろ苦いカカオと、爽やかな甘酸っぱさのオレンジがとても合っています。


 
シナモン&グローブ

これはかなり独特のスパイス感。
香りからは生八つ橋っぽいかなと思ったものの少し違い、表現するのはちょっと難しいです。


 
ラムレーズン

ラムをしっかりきかせた小さめのレーズンが入り、香り・食感ともに余韻が良く。


 
柚子抹茶

かなり柚子の味が強めのバランス。
渋みのある抹茶と、酸味・苦味のある柚子が、カカオとしっかり調和しています。


個人的には、コーヒーでもチョコでも専門店なら自家焙煎はやるべき事かと。

自家焙煎なら美味しいわけではないですが、そのお店のこだわりの物は好ましく思えるし、
既成品の製菓用チョコを溶かして固めるだけなら、田舎町の洋菓子店でもできるし、なんなら僕でもできます。

手打ちそば等でもそうですが、僕は専門店の職人の手作りの仕事に惹かれます。 


で、味は正直、生チョコよりトリュフの方が良かった気がしますが、どうなのかな。

この価格帯のチョコレートは本当に好きな人しか買わないので、今後どうなるのか楽しみです (´∀`)



2016年1月9,10,11日 京都旅行
日記
塩芳軒(上京区:和菓子)
嘯月(北区:和菓子)
松屋藤兵衛(北区:和菓子)
クロア(北区:パン)
加茂みたらし茶屋 (左京区:和菓子)
ナカガワ小麦店(左京区:パン)
甘泉堂(東山区:和菓子)
彩席ちもと(下京区:和食)
末富(下京区:和菓子)
エス(下京区:ケーキ)
古川町商店街(東山区:食べ歩き)
出町ふたば (上京区:和菓子)
エズブルー(上京区:パン)
アルチザナル(上京区:パン)
Dari-K(中京区:チョコ)
松屋常盤(中京区:和菓子)
グランヴァニーユ(中京区:ケーキ)
末廣(中京区:寿司)
一保堂(中京区:お茶)
月餅屋 直正(中京区:和菓子)
タンドレス(左京区:ケーキ)
マルシン飯店(東山区:中華)
エレファント ファクトリー(中京区:コーヒー)
第一旭(下京区:ラーメン)
新福菜館(下京区:ラーメン)
懐古庵(中京区:宿)
京都の地酒


スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

CHOCOLATIER PALET D'OR(大阪市北区) 

2014/12/13 Sat 14:15訪問
ショコラティエ パレ ド オール


ケーキを食べ、さらにチョコレートを食べに行くことに。



ハービスエントというビル内にあるチョコレート店にあるお店で、4階の店内は大阪駅が一望できるロケーション。

大阪駅・梅田駅周辺は人だらけで騒然としてますが、このビル内は別世界のような落ち着きでした。


 

 
メニューはこんな感じで、ケーキやドリンクも数種類あり。

「ショコラネスパ?!」というドリンクを飲んでみたくて来たので、そのセットと、ボンボンショコラの単品を少々。

チョコレートは「ドリンクに合うものをおまかせで」と言いながら、細かく好みを伝え、結局リストを持ってきてもらい、最終的にほぼ自分で選ぶという何とも面倒な客になりながらも、とても丁寧に対応してくれました (;´∀`)



ショコラネスパ?!:886円

誤字でも文字化けでもなく「?!」がついているのですが、世界初らしい透明なチョコレートドリンク。
普通のソーダのようですが、飲むとなぜかチョコの味がして「?!」な感じです。

赤いソルベが乗っており、こちらはカカオ、ベリー、シャンパーニュの3つから選択可。
これはシャンパーニュで、溶けていくにつれ味に変化が出てさらに不思議な感覚でした。



チョコレート4種。


パレドオール(ノワール)
店名でもある「金の円盤」の意味のチョコレートで、ノワール(ブラック)、ラクテ(ミルク)の2種あり。
センターにガナッシュの正統派。滑らかでカカオの味が濃く。

ピスターシュ
センターにピスタチオのガナッシュ。風味はそこそこ。

クラクラン
ラムレーズンのガナッシュにアーモンド。チョコはビターでラムの風味が強め。

マール・ライチ
ガナッシュに砂糖を使わないマールという商品が数種類。
これはライチの蜂蜜とライチピューレ。甘さはそこそこでライチの香りが強め。


ボンボンショコラは1個300円前後で比較的リーズナブル。
チョコレートをふんだんに使ったケーキも美味しそうでしたが、食べる余裕なく残念。

和テイストの物や日本酒を使った物もあり興味深く、機会があればまた行ってみたいと思います (´∀`)



2014年12月13,14日
天神橋筋商店街(北区:食べ歩き)
ラヴィルリエ(北区:ケーキ)
パレドオール(北区:チョコ)
豚々亭(北区:デカ盛り)
はなだこ(北区:たこ焼き)
ヨネヤ(北区:串カツ)
ゆかり(北区:お好み焼き)
大阪城公園(中央区:マラソン)
道頓堀(中央区:食べ歩き)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム