食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

MOTO's KITCHEN(東京都渋谷区) 

2018/06/15 Fri 13:00訪問
モトズ キッチン


続いてキッチンカーの販売店に。

最初の洋食店の斜め向かいでやられており、開店前に並んでいる間、店を出た時、それと別に2度通った時も常に行列ができており、何か珍しい店が来ているのかなーと。

で、少し調べたところ、火・金の週2回、この場所で営業しているそう。
そんなに頻繁に来てるのに、雨の中でも並ぶほど良いのか?と、ちょっと買ってみることにしました。



メニューはタコライスとグリーンカレーの2種類のみ。



タコライス:700円

オーダー時に「パクチーは大丈夫ですか?」と「辛さはどうされますか?」の2つの質問があり、全てスタンダードな状態にてお願いしました。


下からライス、ミンチ、チーズ、キャベツ、トマトと、オーソドックスな構成で全体量は多め。

何か特別仕様なのかと期待するも、やはりそんなに味がどうこうって物ではなく。
沖縄の本家で食べたものよりは洗練された印象でしたが、個人的にはジャンクフードの部類です。

まあ、たまに食べたくなる味でもありました。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

玉木商店(広島県尾道市) 

2018/05/06 Sun 9:00訪問
玉木商店


続いても商店街にある名物店へ。
こちらは「ローストチキンの店」とのことで、調理したチキンを販売するだけのお店になるようです。



手羽と足の2種類だけで、サイクリスト立ち寄り店(たぶん)。
なかなか人気のようで、2日前の昼過ぎに来た時は売り切れてました。



機械で回転させながら、1時間くらい焼くそうです。



足:390円


タレは甘辛で、しょっぱさの方がやや強め。
味は濃いですが粘性は少なく、この手の物としてはあっさりとも感じられ。

表面だけ塗られているだけで染みこんではおらず、中は肉そのものの味がしっかりと。
脂はけっこう落ちているようで、全体的にしつこさが少なく、おかわり4本いけました。



手羽:390円

すぐ食べると言ったら切ってくれました。


こちらは片割れで、両方あわせるとかなりボリュームあり。
ちょっとパサつきがあり、淡白な味わいで、どちらか食べるなら断然足です。

こちらもサイクリング中なら観光要素込みで良いと思います。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

岡哲商店(広島県尾道市) 

2018/05/06 Sun 8:45訪問
岡哲商店


しまなみ3日目は瀬戸田エリアを観光することにして、まず最初に2日前にも行ったこちらへ。
商店街にある個人経営の精肉店で、店頭で惣菜のコロッケを販売する昔ながらのお店です。

コロッケ1種類しかないようですが、観光地の名物店みたいな感じでお客さんはひっきりなしのよう。



なかなかうっとうしい感じです (・∀・)



コロッケ:90円


ビーフコロッケとのことですが、ほぼジャガイモオンリーで、衣はサクッと、中はじわりと広がる甘み。
調味料、あるいは甘味料でも入っているのかと思わせるような、不自然にも感じるほどの甘みがあります。

内容的にはちょっと高いですが、当たり外れない分かりやすい味で、観光要素込みでなら良いです。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

table ogino(東京都港区) 

2017/10/15 Sun 16:00訪問
ターブルオギノ 品川店


今回は早い帰宅となりましたが、最後は品川駅構内のこちらへ。
この時まで知らなかったのですが・・品川駅って品川区ではなく、港区にあるのですね (;´∀`)

新幹線での東京旅行は数ヶ月前ぶりでしたが、3月の訪問時に少し話をした店員さんが覚えてくれていて、またサービス品をいただいたりしました。

別に何もなくても、半年以上も前の1度を覚えてもらえているのは嬉しいものです。

今回は早い時間だったので、新幹線内ではなく帰宅後の晩酌用にて。



シャキシャキ野菜と自然栽培春菊 マンゴーアプリコット:450円

たっぷりのパワー溢れる根菜系が小気味よい歯応え。
全体的にフルーティな香りをまとって、春菊の軽いクセもアクセントに感じられます。

お馴染みのビネガーとオリーブオイルベースのドレッシングもとても良く、いつも安定な美味しさの野菜サラダです。



北海道産無農薬とうもろこし ひよこ豆のフムス:390円

滑らかな口当たりで、ナチュラルにコーンとひよこ豆の風味がジンワリと広がります。

これさえあれば、イマイチなパンを買ってしまっても何とか消費できそう。
次回も販売があれば、数パック買って冷凍保存を試みようと思います。



パテカツ:680円

オギノの誇るパテカンをカツに。
たまにあると聞いており、やっと巡り合えましたが、食べなくても分かる絶対に旨いヤツ。


パテは良く見ると細かなタマネギやパセリなど入っており、どうやらカツ用に加工された物のよう。
そんなミンチカツ風に仕上げられたパテで、少し火も通るので、いつもとはまた違う旨みがあり。

衣は食欲をそそりすぎる素晴らしい香ばしさで、自家製のマスタードとの相性も抜群。
もう2パックほど買えば良かったな、あるいは今度自分で揚げてみるか・・と思わせるようなヤミツキ感があります。


旅行では、最後にどう終わるかは重要ですが、東京新幹線ならこちらで完璧です。



2017年10月14,15日
ファンゴー(世田谷区:ハンバーガー)
ベーカーバウンズ(世田谷区:ハンバーガー)
モトゾー(目黒区:ケーキ)
ボネダンヌ(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_ターブルオギノ(東京他:カフェ・デリカテッセン) 
TB: 0    CM: 0   

ブルーベリーガーデン・とよかわ(愛知県豊川市) 

豊川青果市場(丸と市場)の道を挟んで隣、以前は釣具店だった店舗。

5年前からブルーベリーのお店になり、気になりつつも、シーズンが短い上に土日は営業しておらず。
なかなか行く機会がありませんでしたが、ちょっと前に初訪問できました。



自宅からは近所ですが、釣具店の時も含めての初訪問。
ブルーベリーの果実、ジャム等の加工品の他に、園芸用の雑貨みたいな物も売られてます。

ブルーベリーは自家農園にて無農薬で栽培しているそうです。



フレッシュブルーベリー(100g):390円

旬の時期が極めて短い事もあり、そのまま食べる機会の少ないフルーツです。


完熟で果皮は柔らかく、プチュッと弾けての果汁から品のある穏やかな甘み、それから爽やかな酸味の余韻。
バランスとしては少し甘みが勝って食べやすいです。

アントシアニン、食物繊維、クエン酸がしっかりで身体に良さそうです。



フレッシュブルーベリー(ジャム用・250g):600円

こちらはいわゆる規格外とかアウトレットな物。
形はそんなに不揃いということもないですが、キュッとした酸味がある物が多かったです。



ブルーベリーはちみつジャム:900円


ブルーベリージャムは、砂糖、てんさい糖、はちみつの3種類で作られた物が売られており。
はちみつも自家製のようなので、こちらにしてみました。


粒は残ってますが、しっかり煮込まれてやや緩め。
ブルーベリーの甘酸っぱい風味から、エグミもある蜂蜜の甘みへと。

加工品ながら素材そのものなので、本来のブルーベリーと蜂蜜の味を感じられます。



普通のグラニュー糖で作られた物も、サービスで少しいただきました。

毎年時期がきたら連絡を貰えるそうなので、今後は年に1度の恒例行事にしようと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム