FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

極メンチ(静岡県沼津市) 

2019/10/20 Sun 16:45訪問
極メンチ


スープカレーを食べ、ついでに部屋飲み用にメンチカツのテイクアウトも。
元は「極メンチ」の屋号で、メンチカツのテイクアウト専門店だったようです。



牛or豚、そのチーズ入りと4種類あったので1つずつ。
テイクアウトなので消費税は8%でした。



超肉粗挽き牛肉100%メンチカツ:227円

丸い形で拳よりやや小さいくらい。


カリッ・ザクリとした歯応えで香ばしく、中はジューシーに。
粗挽きの牛肉に玉ねぎ少々、少し黒胡椒のスパイス感で、肉の旨みはかなり強めに主張。

メンチで100%って珍しいイメージですが、思った以上に肉肉しく、かなり美味しいです。



キャベツ包み豚肉100%メンチカツ:227円


こちらはキャベツがゴロンと入り、ロゼ色での火入れ。
ダイレクトな豚の旨みにキャベツの甘みが重なって、ソースなど一切必要ないほどの完成度。



牛チーズ:281円


牛メンチにチェダーチーズがたっぷりと入って、さらにリッチに。



豚チーズ:281円


こちらはモッツァレラで、しっかりとバランス良いです。


パン粉も油も良さげな印象で、さすがに極めようとしているだけある美味しいメンチカツでした。


スポンサーサイト



category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

もり家(香川県高松市) 

2019/04/28 Sun 17:00訪問
もり家


香川県に入って有名なうどん屋へ。
高松でも中心部から離れた場所にあり、夕方なら混んでない事を期待するも、全く甘い考えで。

20人以上並んでおり、回転良くても2時間近く待ちそうで、うどん屋なんてそこら中にあるのに並んでいられず。



せっかく来たので横にあるこちらへ。
まあ、こういう店舗がある時点で、ありがたがって並んで食べるようなものでもないかなと。



いろんなタイプがありましたが、半生うどんの2人前と醤油つゆを。

ちなみにつゆは小袋の物を2つ買おうとしたら、店員さんに「それ2つなら、こっちを1つの方が良いですよ、値段は少し上がりますが、こっちはお店で出している物と全く同じです」と。

少しでも高いものを買わせたいのは分かりますが、店と違う味の物を普通に売っているのか・・と。



で、原材料に食べ物ではない物質が入ってます。

常温保存の土産物なので、いろんな薬品入れないと成り立たないとは思いますが、名店が加工デンプン添加とはね。
どう考えても打ち粉としての使用ではないので、チェーン店とか冷凍うどんと変わらないレベルですかね。

つゆは化学調味料入っていますが、表記上では食べ物でした。

しかし、もしかしたら美味しい可能性もゼロではなく。
多少のリスクより美味しさが優先されるので食べてみることに.。



案内通り15分茹で、軽く冷水で締めた状態にて。

15分茹でても固さはあり、コシではなくグニグニした歯応えで、粘りではなくヌメりみたいな口当たり。
さらに香りがひどく、香りと言うか変な匂いがして、1口でもうムリでした。

まあ、美味しく感じるうどんの麺って、直感的には風味より食感と思われ、そもそも小麦粉・塩・水だけで作られていれば味はそんなにおかしくなることはないかなと。

そこに変なもの入れたら、それは変な匂いしますよね。
1度食べたことのある丸亀製麵も微かに匂いありましたが、その100倍くらいひどい匂いでした。

うどんに限りませんが、まっとうな讃岐うどん食べたいなら、観光客を対象にしているお店はダメですね。


category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

WOOD BERRY FARM(浜松市浜北区) 

2018/08/19 Sun 11:30訪問
ウッドベリーファーム


うどん屋からの帰り道、ソフトクリームの看板がある謎の施設を発見して寄ってみる事に。

農園の敷地内にある建物にて、雑貨の販売とともにソフトクリームも売っているよう。
メインの事業はブルーベリーの生産とガーデニングになるようです。



郊外の交通量の少ない通りだけに、シンプルに適正価格でと言った感じ。



ブルーベリーソース×ワッフルコーン:400円

ソフトクリームは謳い文句の濃厚さはないですが、変な味もしないと言う意味で普通。
自家製ブルーベリーソースは素材の味がしっかりして美味しいです。

ソフトクリームって、観光地で適当な材料の物をぼったくり価格で売っている物のイメージで、基本的に食べませんが、そうでない所ならけっこう良いかなと思いました。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

table ogino(東京都港区) 

2018/08/06 Mon 19:00訪問
ターブルオギノ 品川店


最後はこちらで買い物を。
新幹線内での軽食と、自宅用のなかなかお目にかかれないデリを。



燻製鶏むねと五穀米のリゾット:680円

鶏肉はしっとりした仕上がりでスモーキーな香ばしさ。
夏野菜が彩りを加え、大麦や玄米など栄養価の高いリゾット。

ヘルシー寄りながら味は強くて深みもあり、今回は運動してませんがスーパーアスリート食は補給できました。



ウサギとドライトマトのテリーヌ:760円

こんなところにまでウサギ肉。


軽いゼラチン質を感じるも柔らかさがあり、クセのない味でほんのりした香ばしさ。
ドライトマトの酸味、ハーブの香り、白ワインの風味などありますが、肉の旨みで食べれるテリーヌです。



砂肝のコンフィ:670円


そのままでも食べれる状態ですが、少しだけ火を入れて。

一般的な焼き鳥でのゴリゴリは全くなく、スッとした歯切れからしっとりした口当たり。
味の方はピリピリしたスパイスとガーリックの風味で、完全なる酒肴メニュー。


これで旅が締まりました。



2018年8月4~6日
日記1 日記2 日記3
ソラノイロ(千代田区:ラーメン)
みはし(台東区:甘味)
谷中ビアホール(台東区:バー)
チキンマン(台東区:デリカ)
ジャンボドネルケバブ(台東区:デリカ)
うさぎや(台東区:和菓子)
マンマミア(文京区:ジェラート)
常陸野ブルーイング(千代田区:バー)
じゃんがら(千代田区:ラーメン)
フェブラリーカフェ(台東区:カフェ)
ふなわかふぇ(台東区:カフェ)
浅草メンチ(台東区:デリカ)
豊福(台東区:デリカ)
隅田川ブルーイング(台東区:バー)
亀十(台東区:和菓子)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
スプリングバレー(渋谷区:バー)
ファーイースト(渋谷区:バー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
しゅういち(渋谷区:ラーメン)
よなよな(渋谷区:バー)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

豊福(東京都台東区) 

2018/08/05 Sun 11:00訪問
豊福


メンチカツを食べた後は隣のお店にも。
こちらは和牛使用のカレーパン専門店との事です。



カレーパン2種とソフトクリームのみ。
食べ歩き禁止のため、店頭には丸パイプ椅子が3つほど置かれていました。

ちなみに、浅草ミンチのイートイン店舗は他店の商品は持ち込み禁止で、係員の目が光ってます。



オリジナルカレーパン:290円

揚げたてで、気泡のナチュラルトッピング。


こだわりの1品との自負。


この手のパンはメインの中身が見えず、量が分からない罠がありますが、しっかりカレーたっぷり。

衣・・ではなくパン生地の方は予想外のモチモチ感。
いったい何が入ってるのか謎ですが、このサイズ全て生地なら確実に食べ疲れるほどモチモチと。

8時間以上煮込まれたというカレーは旨みがしっかり出ており、スパイスの香りはありつつ、味の方は甘口に。
和牛は出汁成分といった感じで、カレールーよりはビーフシチュー、あるいはデミグラスソースみたいなイメージも。

300円程度なら安く感じられるくらいには美味しく、メンチカツよりはだいぶ良いかなと思います。



2018年8月4~6日
日記1 日記2 日記3
ソラノイロ(千代田区:ラーメン)
みはし(台東区:甘味)
谷中ビアホール(台東区:バー)
チキンマン(台東区:デリカ)
ジャンボドネルケバブ(台東区:デリカ)
うさぎや(台東区:和菓子)
マンマミア(文京区:ジェラート)
常陸野ブルーイング(千代田区:バー)
じゃんがら(千代田区:ラーメン)
フェブラリーカフェ(台東区:カフェ)
ふなわかふぇ(台東区:カフェ)
浅草メンチ(台東区:デリカ)
豊福(台東区:デリカ)
隅田川ブルーイング(台東区:バー)
亀十(台東区:和菓子)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
スプリングバレー(渋谷区:バー)
ファーイースト(渋谷区:バー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
しゅういち(渋谷区:ラーメン)
よなよな(渋谷区:バー)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム