雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

来恩(愛知県豊川市) 

豊川稲荷の表参道にある老舗店。

来る恩と書いての来恩は「らいおん」なのか「ライオン」なのか・・の読みです。



通りでも目立つ古い家屋。
店頭のチャラチャラした案内が残念ですが、趣ある建物です。



元はうどん屋と思いますが、ご当地B級グルメとして豊川いなり寿司がありイートイン&テイクアウト可能。
しあわせ大福はこちらの製造ではないですが、地元のわりと有名な品で、そんなに幸せではないです (;´∀`)

おきつねバーガー同様、観光客向けの商品を地元民が買うのはどうかと思いますが、たまには地元ネタもと。



テイクアウト用のいなり寿司もオーダー後に詰めるようで、店内で待つようにとの案内。

店内はあまりに渋いオーラ満載で、イートインすれば良かったかなと思いました。



開運七福神いなりセット:800円

ちょっと小さめ。
油揚げに味をつけているだけで、全て中身は白い酢飯のみです。



ノーマル
ほんのり甘めでジュワッと。




油揚げは梅の香りがありつつ甘みが勝ちますが、梅干しのペーストのような物が入って酸味を出してます。



柚子
ふわっと柚子の風味。他の味付けはなく、柚子の香るいなり寿司。



抹茶
緑が映らないカメラですが濃い緑色。少し渋みを感じつつ、元の油揚げが甘いので甘さが勝ちます。



黒糖
合わなくはないですが、甘い+甘いになるので、ちょっとしつこいかなと。



一味
油揚げの甘みから入ってピリピリッと、そしてじわーっと辛くなり、後に残る刺激もあります。



竹炭
海苔の佃煮みたいな見た目ですが、風味にこれといった特徴はないです。


どれも変な物ではないので不味いという事はなく、1度くらいは良いのではと思います。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

NBI BAKER'S(愛知県豊橋市) 

豊橋の食パン専門店。



パン屋ではなく食パン製造工場の直売所で、テーブルやラックに食パンが並べられているだけの無骨な売り場。

食パンは10種類以上あり、全て試食も用意されます。



北海道産小麦100%食パン:360円

スタンダード品がどれになるのか分かりませんでしたが、原材料を見たところ最もリーンなパン。
それでもバターとミルクは入っています。


薄めの耳に、しっかり詰まった生地。
そこそこのふんわり感があり、引きの強さともっちりした噛み応えで強めのグルテンを感じます。

小麦の香りとほんのりした甘みもちょうど良く、そのままでも問題なく食べれます。



生クリーム食パン[極み]:400円

看板商品らしい「生クリーム食パン」という商品の、さらに高級バージョン?


生地は握り潰せそうな柔らかさ。
キメは細かく、エアリーでスカスカな柔らかさではないです。

名の通り生クリームが入っているわけですが、凄くミルキーという感じではなく。
ハチミツなども入って甘みが強く、食感も含めて分かりやすい美味しさではあります。



ブリオッシュ食パン:450円


こちらは玉子が入りますが、少量なようで色も風味も控えめ。
味も食感もおおむね生クリーム食パンと同じニュアンスです。


それなりに美味しいですが、直売でも安くはなく、"ちゃんとした"パン屋で食パン買っても同じかなという気もします。

そう言えば、パン屋の食パンが美味しいと聞く事が多いですが、特別そうではなく、スーパー・コンビニで売っている食パンに変な味がするだけかと思います。



これが当たり前で、大手メーカーの食パンの材料・製法が普通ではないだけ。
食パン自体、突き抜けて美味しい物でもないですし、変な物が入ってなければ変な味にはならないかと。

10日間くらい常温放置でカビないパンとか、もう普通じゃないです。

毎日食べるものは普通の物を。
その通りですが、パンに関してはその普通を間違えている人が多いかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

table ogino(東京都品川区) 

2017/05/14 Sun 18:30訪問
ターブルオギノ 品川店


東京旅行のシメの食事は、いつも通り品川駅構内のこちらで買って新幹線内で。



フレッシュ野菜とスモークサーモンのキアヌサラダ:450円

キアヌは以前レストランで出たスープにも入ってましたが、はっきり分かる形で食べるのは初めて。


プチプチした食感に麦のような風味。
どこかリゾット風なものを食べているように錯覚しますが、実は穀物ではないらしいですね。

キアヌそのものが美味しいと言う事はないですが、スーパーアスリート食の可能性が高いです。



春野菜のラタトゥイユ:390円

この旅で3店目のラタトゥイユで、130gでこの値段は他店の半額くらい。


キノコと煮込んだトマトソースとのことで、独特の風味・旨味があります。
野菜自体に力強い主張もあり、嫌らしいこってり感もなくナチュラルな美味しさ。



OGINO特製ハンバーグ: 860円


ミンチは合い挽きのようでシンプルですが、肉肉しさがあり、スパイスがしっかりきかせられ。
そこにお得意の赤ワインソースの旨みで間違いない美味しさに。

付け合せのチーズがきいたジャガイモのピューレは、主役を食うほどの存在感があります。



国産若鶏と彩り野菜のグリーンカレー:720円

3日半の食べ歩き旅でしたが、最後に初めて米を食べました。


青唐辛子やスパイシーな風味で思ったより辛みが強め。
ココナッツミルクの甘みやコクもありますが、刺激的な辛みが食欲を増進させるよう。

しっとり煮込まれたチキンももちろん美味しく、脇役にはとどまりません。


特別ではなく、こういう物が毎日食べれたら良いなーとしみじみ思わせるような料理です。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ターブルオギノ(東京他:カフェ・デリカテッセン) 
TB: 0    CM: 0   

ORANGE COUNTY(東京都世田谷区) 

2017/05/12 Fri 11:30訪問
オレンジカウンティ


続いて祖師ヶ谷大蔵にラン移動し、気まぐれでクレープを食べる事に。
クレープには良い思い出がないのですが、かなり有名らしいのでちょっとだけ期待をして。

訪問した店頭はお店の裏側になるのか、すぐ調理場があってテイクアウトの受け渡しのみ。
そこから奥の方にイートインスペースらしきテーブル席が見えました。



メニューは相当量あるように見えて、生クリーム、カスタード、ダブルクリームのいずれかを決め、そしてトッピングを数パターンから選ぶ感じになり、実際はそれほどでもない感じ。



生クリーム・ピーチ・パイン・みかん:450円

走ってきて暑かったので爽やかそうなフルーツ系にしましたが・・予想以上に大きなサイズ。



トッピングは上部だけかなと思ったら、中までまんべんなく入ってました。


そしてクリームもパンパン。
この量の"生クリーム"をこの価格で出せるのか?と疑うしかないようなボリュームです。

そんなクリームは自家製なのか軽くて希薄な味。
明らかな油脂っぽさはないものの、乳脂肪分もちょっと微妙な印象。

生地はもっちりしているものの風味は弱く、フルーツは缶詰め。
構成のほとんどがクリームに偏ってる感じで、さらにクリーム増量が+50円ごとに3段階あるよう・・・

質より量で、クレープと言うか、クリームをひたすら食べたいのなら良いかと思います (;´∀`)



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

てりかけや(愛知県瀬戸市) 

2017/04/23 Sun 11:45訪問
てりかけや


続いて先のラーメン屋からも近い、たまたま通り道にあったお店へ。
メディアでちょいちょい取り上げられるため存在は知っており、せっかくなので寄ってみました。

「てりかけ」という、何でもこのエリアだけの給食メニューだそうです。



基本はその「てりかけ」という鶏料理のテイクアウトで、サイドメニューもありイートイン可能。
てりかけは基本的に出来合いの販売ですが、希望すればオーダー後に調理もしてくれるよう。



本来が給食メニューなのでテイクアウトして、家であえて温めずに食べてみました。



てりかけ:270円

名前から照り焼きかと思ってましたが、鶏のから揚げにタレを絡めた感じでした。


だいたい食べなくても予想できますが、甘辛な味付け。
分かりやすい美味しさなので、子供のころに給食で出てきたら喜びますかね。



もう大人なのでビールです。

まあ、わざわざ食べるご当地物でもないですが、見かけたらネタとして良いかと思います。



2017年4月22、23日
セリーヌ(一宮市:モーニング)
フルーレタン(一宮市:パン)
アン(稲沢市:ケーキ)
アンテテ(一宮市:パン)
ピクニケ(一宮市:パン)
虎玄(一宮市:ラーメン)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
シェルパコーヒー(岐阜市:コーヒー)
はなさき家(尾張旭市:ラーメン)
てりかけや(瀬戸市:デリカ)
ポルカ(尾張旭市:パン)
ベベ(東郷町:ケーキ)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム