FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

平野パン(兵庫県洲本市) 

2019/04/28 Sun 7:30訪問
平野パン


GW旅行2日目は早朝から営業しているパン屋へ。

淡路島で最も人気のお店のようで、観光客も地元民も合わせて続々と客が押し寄せるほど。
朝も早い開店直後の到着ながら、すでに商品は種類も数もかなりの量が出てました。

個人的には食べれる物ではなく、記事にもなりませんが、同じような嗜好の方が淡路島旅行でうっかり行かないようサラッと記録を。



発酵バターのクロワッサン:178円

POPには良質の発酵バターを使用~とか書いてあった記憶です。


焼きが強すぎるだけでもダメかなという感じでしたが・・発酵バターだけでなくマーガリン混ざってます。



クロワッサン ダマンド:205円


食べてないですが、上に薄くダマンドかけて、中はカスタードですかね。



ブリオッシュ ナンテール:178円


思い切りマーガリンという匂いはなかったですが、食べるのはやめておきました。



ダノワーズ ソレイユ:259円

デニッシュがダノワーズと言う品名で、種類はかなり豊富にあり。


パイナップル、マンゴー、オレンジピールが乗っており、それだけ食べました。



クロック ムッシュ:259円


生地が油脂の入らないカンパーニュだったので食べてみましたが、ベシャメルでやられました。


まあ、お店の方は何か大きなアピールをしているわけでなく、ごく普通の町のパン屋さんだと思うので悪い事はなく、発酵バターもマーガリンも同じの考えの人であれば問題ないと思われます。


スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

La Baguette de Paris YOSHIKAWA(兵庫県西宮市) 

2018/05/03 Thu 11:00訪問
ラ バゲット ド パリ ヨシカワ


続いてもパン屋へ。
7時半オープンとのことで、8時ちょっと前に1度行ったのですが、商品は2割ほどしかなく再訪にて。

店名に「パリ」「バゲット」とあり、オーナーシェフはフランスでのバゲットの大会で入賞したとか。

どんな規模の大会か分からないのでどうでも良いのですが、せっかく来たので一応は食べておこうかと思い、焼き上がり時間を聞いての出直しに。

11時になると売り切れも出ていたようですが、全体的には菓子パン・惣菜パン多めの町のパン屋さん風でした。



クロワッサン:194円

焼き色も形も綺麗でしたが、潰れてしました。


サクサク感がありつつ適度な弾力もあり、ミルキーな甘みが強めでバターの風味はそこそこ。
比較的穏やかですが、見た目同様に綺麗な味わいです。



ドゥーブル・ショコラ:216円


ヴィエノワにチョコチップを散りばめて、中にもバトンショコラ1本。
風味が薄い上にパサつく生地ですが、どこを食べても甘いチョコがコリッとするので誤魔化しがきく感じに。

良くも悪くも、誰もが見た目からイメージする通りの味といった感じ。



ブリオッシュ・オランジュ:178円

クグロフのカットした物になるのかなと。


生地はふわふわ軽くて多少のしっとり感もあり。

こちらも生地に良い部分は感じませんが、オレンジピールとレーズンが華やかさを出し、たっぷりの砂糖が甘みを加え、力技的に分かりやすい味で食べさせるイメージです。



いちじく:259円


表面1枚カリッとして中は強めのムチムチ感。
生地もいちじくも味わい薄いですが、クルミも入っているので食べやすくはあります。



バゲット トラディショネル:248円


香りが強めにあり、薄めのクラストはパキッと、クラムはムチムチと。
分かりやすい香ばしさの入りから、噛んでいると甘みも広がり、なかなか良い感じです。



バゲット:281円

かなり大きく、折れてしまいました。


上の物と比べるとクラムの色も白くなり、こちらも香りは良いですが味や食感は力強さに欠け。
逆に言えば料理に合わせやすいという事にもなり、そういう物であれば悪い部分はないです。


クロワッサンとバゲットは価格的には良いかなーというところですが、他は特に・・という感じでした。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

torico.(兵庫県西宮市) 

2018/05/03 Thu 10:45訪問
トリコ


続いても近くのパン屋へ。
ビルの地下にあり、夫婦2人でやられている落ち着いた雰囲気のお店。

ル・シュクレ・クール出身とのことですが、店内も商品も気取ったようなところはなく。
パンは全体的に小さめで、あえて親しみやすい感じに作っているのかなといった印象でした。



ショコラ:210円

クロワッサンが売り切れのようで、こちらを試しに。


サクサクの生地と濃厚さのあるチョコレートが2本。
構成も味もオーソドックスで可もなく不可もなくですが、丁寧な仕事が分かる感じのものでした。



パン・オ・シトロン:90円

クロワッサン生地にレモンクリームを挟んで巻いたもの。


小気味良いサクサク食感で、バターの風味と爽やかなレモンの香りがふわりと。
レモンピールも入っていながら酸味はなく甘さに寄りますが、後味はスッキリして嫌らしさはなく食べれます。



ヴィエノワくるみ:190円


生地にリッチ感はないですが、じわりと広がる甘みが良く、パサつきも少なく口溶けも良く。
たっぷり入ったクルミの香ばしさも生地と良い感じに馴染んでおり。

ヴィエノワは甘い系のフィリングが多い印象で、ナッツはあまり見ませんが、わりと良い感じでした。



シュシュ:200円


カチカチの生地に、クルミとフルーツ4種類が詰め込まれており。
酸味の強いドライフルーツが多いため、ちょっと酢っぱさが前面に出すぎて力強さのある生地も負けるほどに。

華やかではありますが、バランスとしてはあまり良くないかなと。



クッペ:140円

バゲットも売り切れていたのでこちらを。
小さいバタールな感じですが、修行先へのオマージュか微妙に先が尖っており。


ビシッとクープが入った部分はバリバリ力強く、他の部分は軽めの食感。
少しライ麦っぽい風味もあり、いろいろ混ざり合ったような粉の風味も感じます。


良くも悪くも修行先をイメージさせるものはほとんどなく、真面目な町のパン屋さんといった感じでした。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

CONCENT MARKET(兵庫県西宮市) 

2018/05/03 Thu 10:30訪問
コンセントマーケット


再び西宮に戻ってパン屋巡りを。

オシャレ系のお店で、売り場はこじんまりしてますが、調理スペースの方は広いようで製造スタッフもたくさんおり。
商品は菓子パン・惣菜パン多めで、カフェで出したら人気になりそうな見た目のパンが多いなとの印象。

さらに店内には「食べログ・パン100名店」のステッカーも貼られており、購買意欲が沸かない要素だらけでしたが、価格も安めなのでひと通り。



クロワッサン:151円

写真ほど黒々とはしてませんが焼きは強め。


表面はパリッとし、中は固いと感じるほどみっちりした歯応え。
そしてなぜか水っぽさがあり、噛んだ瞬間からジュワッとほんのり甘い水が染み出てくるような感覚。

バターの風味も水に消され、味がないと感じるほどの水っぽさでした。



全粒粉のクロワッサン:194円

こちらは全粒粉を40%ブレンドだそう。


食感はさらにパキパキと固い感じになり、全粒粉のおかげで粉の風味は強くなり。
しかし、同じく甘みのある水のような味が溢れて、あらゆるものがスポイルされる感じに。



クロワッサン アマンディーヌ:238円


こちらはシロップ打たれているので水っぽさは分からず。
ダマンドにカスタード、酸味のないアプリコットジャムも加わって甘み押しに。

甘みは強いものの味わいは弱めで香りがなく、単調にただ甘ったるい感じです。



ブリオッシュシュクレ:151円


ふんわり軽い歯切れで、こちらはミルクだけで水は入ってないと思われますが、その分パサつき感あり。
玉子の風味は弱いですがバターは多めに入っており、砂糖の甘みと油分で食べる菓子パンと言ったイメージ。



木の実マロン:194円


コロコロ入ったナッツ類と、ときおり栗の甘い風味。
そんなに不味くなりようがないパンですが、味わいは薄く、やはり水っぽいです。



バゲット:248円


ボテッとした形で、内も外も風味の強そうな色合い。
薄めの外皮1枚はカリッと香ばしく、中は・・不安と期待を裏切らずやはり水っぽく、小麦の風味も良くないです。


率直な感想では「何?この甘い水の入ったパン・・」と。

甘み成分は小麦からきている感じもしますが、加水が多すぎることは間違いなく、ひょっとして新たなジャンルの物なのかなーと。

まあ、べチャべチャしているわけではなく、甘みがあるので必ずしもネガティブ要素ばかりではなく、水分量も言いようではしっとりして食べやすいとなるかもしれません。

が、個人的な基準ではあり得ない感じでした。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

BACKEREI BIOBROT(兵庫県芦屋市) 

ビオブロート:その3


最後はその他の物を。



トーストブレートヒェン:134円

食パン生地を小さく作ったもので、この食パン生地には全粒粉は入らず。


表面はカリッとして香ばしく、中はむっちりして強めの引きがあり。
ちょっと水分量が多すぎる印象ですが、ミルキーな甘みやバターの風味もあり、味としては力強さも感じます。

これはお店のコンセプトから外れている感があり、ひょっとしたら仕方なく作っているのかもしれませんが、全商品でこちらが一番美味しく感じました。



ショコ:190円

チョコチップ入りバージョン。


チョコレートは単体で食べてみるとかなりビター。
美味しくはないですが、甘みのある生地と相まるとわりと良いところに落ち着く感じがあります。



トーストブロート:670円

食パンだけハーフでなく1本買いしてみました。


見た目でもしっとり感に溢れ、あまりないほどの保水量。

耳にあたる部分はとても香ばしく焼かれ、力強いバリッとした歯応え。
そこからはスッとした歯切れで、小さく丸く焼かれたものよりソフトな食感から穏やかな甘みが広がります。

ただ、さすがに水分量が多すぎで、瑞々しいというよりは水水しく、食べていて薄っぺらいような軽さがあります。
この辺りも好みの問題だとは思いますが、個人的には生地より水を食べている感覚。



ラントブロート(1/2):443円

こちらだけイーストではなく、自家製酵母のカンパーニュになるよう。


他のパンと比べるとボソボソした口当たりですが、口溶けが良く気になるほどではなく。
口に入れた時に軽い酸味を感じ、だんだんと酸味が広がり、最終的にかなり酸っぱいと言えるような風味。

サワーのライ麦パンより酸っぱいくらいで、生地の味わいもよく分からず、ちょっとそのまま食べるのは無理なほど。
もちろんそれも好みの話であり、悪い方にブレた物かもしれませんが、これはないな・・という味でした。



フォルコーンバゲット:335円


全粒粉のバゲットで、こちらも軽い酸味あり。
普通に食べれる範囲の酸味ですが、単体でそのまま食べれる感じではなく。



自家製粉された栄養素豊富な全粒粉、副原料はオーガニック。
味もだいたいの物は美味しいと言え、価格も良心的です。

ただ、基本的に引き算の方向性であり、美味しさを最優先されたものではないかなと。
また、現状以上に作れる物もないと思われ、狭い範囲内で縮こまっているような感覚はあり。

とは言え、他にはない一種独特な存在であり、こういった信念のようなこだわりは好ましく感じます。

また2~3年に1度は食べてみたいなと思います。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム