食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

浜キャベツ(和歌山県日高郡美浜町) 

2016/03/19 Sat 17:00訪問
浜キャベツ


この日の夕食は3人で、珍しく旅先で人と食事をしました。

民家も少ない海岸沿いのお好み焼き店ですが、予想に反してわりとキレイなお店です。



メニューはかなりの豊富さ。
年配のご夫婦でやられているようで、常にこの数を対応できるなら凄いことです。

5品オーダーしましたが、さすがに提供には少し時間がかかりました。



牛すじコン玉:950円


生地の部分は玉子焼きで、スジ肉とコンニャクのネギ焼き。



明太マヨ焼きうどん:800円


名前の通りそのままです。



イタリアン玉:800円


表面にピザソースがかかって、具はピーマン・玉ねぎなど、ピザトーストの感じ。



ぶたもやしロール:400円


ちょっと思っていた形と違いましたが、 無難に美味しく。


20160321113018786.jpg
はまキャベツスペシャル:1000円

店名をあしらったこちらのスペシャリテ?で、自家製タルタルソースにキウイのトッピング。


お好み焼きはイカやエビなど入ったシーフード玉なので、タルタルソースはよく合います。

キウイは酸味を加えるためと思いますが、確かに酸味があった方が味のバランスは良く。
適当にキウイを乗せたのでなく、試行錯誤してこうなったと考えられるので、これで良いのだと思います。

いや、知らんけど (・∀・)

まあ、男同士の食事での選択でしたが、たまにはこんなお店も良いかなと思います。



3月19,20,21日 和歌山・奈良旅行
日記
大宇陀アナンダ(宇陀:ケーキ)
ラ・ペッシュ(大淀町:ケーキ)
はしたま(橋本:食堂)
ソラ(橋本:パン)
キミノーカ(紀美野町)
浜キャベツ(美浜町:食堂)
白崎海岸(由良町:レース)
ルパンサクレ(大和郡山:パン)
無鉄砲(大和郡山:ラーメン)
ハンナ(生駒:パン)
とんまさ(大和郡山:デカ盛り)

スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

卵庵 はしたま(和歌山県橋本市) 

2016/03/19 Sat 12:30訪問
卵庵(らんあん) はしたま


ケーキをハシゴした後、塩分補給の食事を。

養鶏家による玉子の直売所で、その玉子を使った食堂やスイーツ店が併設されています。



食堂は潔いメニューでリーズナブル。

レジにてオーダーと会計をして、そこからはセルフのシステムです。



玉子かけごはん(大盛り):486円

これだけ受け取り席へ。席は壁沿いのカウンターと長テーブルみたいな感じです。



そして玉子が食べ放題。



薬味や調味料もあります。



まずは1個溶いてそのまま飲んでみましたが、特に味が濃いとかは感じず。



3個ブッ込んで、



ご飯が浮かびそうです (・∀・)

ひとまず調味料などは無しで、半分くらいご飯を飲みました。



残り半分はネギ、海苔、醤油にわさびを少し。

いや~贅沢です (´∀`)



最後にそのままの形で1個。



計7個食べました。


そう言えば、昔は玉子は1日1個までとの定説があったので、未だにたくさん食べると罪悪感が (;´∀`)

この日はケーキやパン、お好み焼きからも玉子を摂取しているので、軽く10個超えたかと。

さすがに毎日10個食べてたら危ないと思いますが、たまになら良いかと思います (´∀`)



3月19,20,21日 和歌山・奈良旅行
日記
大宇陀アナンダ(宇陀:ケーキ)
ラ・ペッシュ(大淀町:ケーキ)
はしたま(橋本:食堂)
ソラ(橋本:パン)
キミノーカ(紀美野町)
浜キャベツ(美浜町:食堂)
白崎海岸(由良町:レース)
ルパンサクレ(大和郡山:パン)
無鉄砲(大和郡山:ラーメン)
ハンナ(生駒:パン)
とんまさ(大和郡山:デカ盛り)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ふなまち(兵庫県明石市) 

2015/05/02 Sat 16:00訪問(15:00並び)
ふなまち


芦屋市を後にして、明石焼きを食べに明石市に寄り道。

地元だけに専門店はたくさんあるようですが、最も有名な老舗のこちらへ行くと・・


ざっと30人近く並んでました。

並んでまで食べたいわけではないですが、このためだけに明石市に来てるので引き下がれない。
まあ、並んでいる間にやれる事もあるので、実は行列はそんなに苦にならないです。

回転は早く、1時間ほどで店内へ。



普段はお好み焼きなどのメニューもあるようですが、休日は明石焼きのみでアルコールなどの提供もなし。
長テーブルで相席の小さなお店ですが、2人がかりで作り続けており、席に着いたら即提供される感じです。

自動提供なのでオーダーの必要もなく、希望があれば2人前などのオーダーをするようです。



玉子焼:550円

地元では「明石焼き」ではなく「たまご焼き」と呼ぶそう。
しかし、1人前が20個とは凄い基準です (;´∀`)



まずはそのままで。
外はカリッと、中はトロトロで、一気に食べると確実にヤケドする熱さです。

味は自然な玉子の味で、具もタコだけのシンプルさ。そのままでも食べれますが、少し味気ない印象。


出汁ツユにつけて。
このツユが冷たく、ちょうどいい温度に調整可。

出汁そのものの味は薄めで、昆布や鰹など普通のものだと思います。



青のりトッピングで、これはあった方が良いです。


ソースも甘口・辛口とあり、いろいろ好みで食べれます。

と、いろいろ楽しめ、20個では少ないくらいでした。
たまたま相席が女性グループでしたが、みんな完食してたので、けっこう軽い感じなのだと思います。


明石焼きは、かなり昔にお土産の冷凍品を食べて全く美味しくなかったのですが、昨年大阪で食べて印象が変わり、今回本場で食べてまた良くなりました。

やはり、どんな食べ物でも専門店で本物を食べずして、分かった気になってはいけないと。

またどこかで食べる機会があるか分かりませんが、正確な基準値ができて良かったです (´∀`)



2015年5月2~6日
ビオブロート(芦屋市:パン)
プラン(芦屋市:ケーキ)
ポッシュドゥレーヴ(芦屋市:ケーキ)
クスダ(芦屋市:デリカ)
リオ(芦屋市:コーヒー)
ふなまち(明石市:明石焼き)
淡路島(サイクリング)
チルコロ(淡路市:カフェ)
丸亀市(食べ歩き)
一鶴(丸亀市:骨付き鶏)
トートコーヒー(丸亀市:コーヒー)
スーリィラセーヌ(岡山市:ケーキ)
ザマーケット(岡山市:パン)
野村(岡山市:食堂)
1518(岡山市:コーヒー)
ルシュクレクール(吹田市:パン)
ケモンテベロ(吹田市:ケーキ)
ケンタッキー(箕輪市:ビュッフェ)
万博記念公園(吹田市:ランニング)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ゆかりのお好み焼き 

満腹状態から、たこ焼き12個と串揚げ8本で限界突破へ。
くいだおれの地に来て、食い倒れないのは失礼な話です (・∀・)

お好み焼き屋を探そうと、串カツ店から少し歩くと、「ゆかり」というお店を発見。
待ちはなく、リサーチしてから入ろうと思うも、タイムサービス「生ビールセット:980円」という張り紙。

安さにつられ入店しましたが、よく見たら張り紙はきっちり固定されていて、常時タイムサービス中だと思われます。



お好み焼きのメニュー。 焼きそばも数種類あり。

「御堂スジ焼き」という、いろんな意味で大阪っぽいものもあり (;´∀`)

さて、お好み焼き屋さんにて自分で焼くお店は、個人的にはありえません。
面倒なのもありますが、焼き加減も含めて最高の状態で提供するのがプロの仕事だと思います。

で、入店して最初にその確認をしたところ、このお店は焼くのは店側でも自分でもどちらでも可でした。
大阪のお好み焼き屋はこだわりが強いので、店側が焼くのが普通のようです。



が、焼き上げるまでやることないので、2杯飲んでしまうというワナが・・

 
ひっくり返して数分、さらにひっくり返して数分。
ソース・マヨネーズ・からしの好みを聞かれ、ここまでやってくれました。



さて、たこ焼き同様、お好み焼きも違うのか?といったところですが、味自体には大きな特徴はないものの、柔らかくフワフワした食感がありなかなか美味しく。


いろいろ味を調整しながらで。

これはセットメニューで豚玉しか選べませんでしたが、隣の席の豪華な具材入りのは美味しそうでした。

追加オーダーを考えるも、いよいよ胃腸に限界が・・
まだ食べれないことはないものの、もう何食べても美味しいと感じれないんじゃなかというレベルに。

セットメニューとか、中途半端なケチり方をしてしまったと後悔。
翌日に別のお店で食べようと思ったもののタイミングがなく、お好み焼きの評価は次回以降の持ち越しで。



2014年12月13,14日
天神橋筋商店街(北区:食べ歩き)
ラヴィルリエ(北区:ケーキ)
パレドオール(北区:チョコ)
豚々亭(北区:デカ盛り)
はなだこ(北区:たこ焼き)
ヨネヤ(北区:串カツ)
ゆかり(北区:お好み焼き)
大阪城公園(中央区:マラソン)
道頓堀(中央区:食べ歩き)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ヨネヤの串カツ 

たこ焼きを食べ、アルコールを注入して食欲増進したので、次は串カツ屋さんを目指すことに。

串カツの元祖を謳う、駅ビルにある「だるま」というお店に行ったのですが、ものすごい行列で回転も悪そうなので、やめて別のお店へ。

関係ない話ですが、東京2回・名古屋・大阪と立て続けに遊びに行ってますが、駅・デパートなどのエスカレーターで、東京・名古屋では左側に立って右側を空ますが、大阪は逆。

有名な話なので知ってはいたものの、実際に短期間で体感すると違和感が凄いです。
右側に立つのは大阪だけみたいですが、こんな小さな国で、この文化の違いは何なんだ (;´∀`)

で、少し移動し、ホワイティ梅田という地下街にある「ヨネヤ」というお店に。

地下街の飲食店エリアですが、立ち飲みのカウンター席と、小さなテーブル席だけで回転が早そう。
数組並んでたものの、立ち飲みカウンターでOKと伝えると即入れました。


 
メニュー。
アルコールは立ち飲みのわりに高い印象ですが、観光客相手の価格設定?


ここは牛カツが売りのよう。
大きさの違いもあるかもしれませんが、牛と豚は140円と同額で、鳥は180円?

とりあえず5本の盛り合わせをオーダー。



出来上がるまでキャベツで1杯。

ソースはとんかつソースみたいなものかと思ったら、サラサラでかなり粘度が低く、ちょっと酸味が強い感じです。
なお「ソース2度漬け禁止!」みたいな張り紙はなく、ちょっと残念。



盛り合わせ:720円
青唐辛子、キス、海老、牛カツ、レンコン

まあ、これは不味くなりようのない料理であり、逆に凄く美味しくするのも難しいかと。
衣が少なめで油っぽさもなく、ソースもさっぱりしてるので何個でも食べれそうな危うさがあります。


うずら卵、豚カツ。


安納芋。

いろいろお店がありますが、大きく違うのはソースだけなのかな?
それほど安くもないし、予想できる味の食べ物なのですが、ちょっと寄るにはいいかもです。



2014年12月13,14日
天神橋筋商店街(北区:食べ歩き)
ラヴィルリエ(北区:ケーキ)
パレドオール(北区:チョコ)
豚々亭(北区:デカ盛り)
はなだこ(北区:たこ焼き)
ヨネヤ(北区:串カツ)
ゆかり(北区:お好み焼き)
大阪城公園(中央区:マラソン)
道頓堀(中央区:食べ歩き)


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム