FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

タイマーケット 

タイ料理の冷凍品を取り寄せてみました。



通販用として、実店舗で作った物を冷凍されているようで、湯せんで解凍できる仕様。

10種類の料理があり、5品を自由な組み合わせで選択できるシステム。
料金は冷凍便の送料込みで3980円(税込)と、リーズナブルではあるかなと。



ガパオライス

調理しない事に意味があるので、目玉焼き作らずに生卵トッピングで。
ピリ辛さ具合と豚ミンチの細かさで、マーボー食べてる感覚になったりもしますが、バジルの香りもそれなりに。



マッサマンカレー

ジャガイモと鶏肉は煮込み浅め。
ココナッツミルクの風味が強く、マイルドな甘みがジャスミンライスとぴったりハマる感じに。



グリーンカレー

こちらもココナッツミルクの風味が強く、辛さよりは少し甘さ勝ちに。



カオマンガイ

ライスはチキンの風味がしっかり染み込み、タレは生姜ガッツリきかせて辛めに。



トムヤムクン

これだけライスなし。
辛さはそれほど強くなく、痛烈な酸味とハーブの香りで押し込んで。


味の方は全体的にマイルドな印象。
そんなに期待して食べる物ではないですが、便利なので今後も常備しておこうと思います。


スポンサーサイト



category: グルメ

thread: お取り寄せ  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

パネットーネ 

いただき物のパネットーネ。
本場イタリアの物で、日本で手に入れるのはかなり困難だとか。



そんな貴重な物をご好意でいただく分際で、毎週末グダグダ飲んでいるヤツの行きつけのお店まで、日付けが変わるような深夜に届けてもらったという・・本当にすいません&ありがとうございます。

ちなみにパネットーネはいろんな状況で何度か口にした事はあるものの、これといった感想はなく、自分の意思で買おうと思った事もなく。



パンのようなお菓子のようなですが、シュトーレンよりはパン寄り。



ドライフルーツからの華やかな香りが強めに。



ブリオッシュ風の生地はキメが粗めで、サックリした歯切れにワシワシするような噛み応えも。
イメージしてたようなふわふわ食感ではなく、パサつきもなく、表面は香ばしく中はじんわりとした旨み。

リキュール類で香りを増したドライフルーツは華やかで、生地のスッキリしつつリッチな味わいとも良いバランスに。

これまで食べたことのあるパネットーネと名付けられたは物は、ふわふわ甘いブリオッシュにドライフルーツ入りのあざといお菓子なイメージでしたが、スッキリしてしみじみ美味しい感覚。

おーこれが本場の味かと、勉強になるありがたいお土産物でした。


category: 洋菓子

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

タマヤパン 

先日、某スーパーにて食パンの試食販売があり、いわゆるマネキンさんが「保存料不使用、マーガリンやショートニングは含みません」みたいなアピールをされており。

そんな普通の事をアピールされてもなーと苦笑しつつ横を通ったら捕獲されてしまい、仕方なく買ってみました。



なにやら大阪の老舗のよう。
お値打ちと言いつつ300円以上でしたが、いまだ謎のブームが収まらない高級食パンの面々よりはマトモかなーと。

ちなみに高級や超高級を自称するって恥ずかしくないのですかね。

もし高級デパートとか高級レストランとかの看板を出してたら行きたくないし、もし自分で高スペックを猛アピールしてるヤツいたら関わりたくないですよね。

自ら超高級って・・・しかも数百円って・・・ひょっとしてネタなのかな。



で、こちらの原材料は・・
植物油脂入ってるじゃねーか!パーム油か?

いやー白々しいアピールにまんまと騙されちゃったぜー。

あと、国産小麦と自家製天然酵母もこだわりらしいですが、どちらも味にプラスでもなければ別に安全なわけでもなく、個人的にはマイナス気味であるとすら思ってます。



一応少し食べてみましたが、特徴を伝えるのは難しいタイプで、日々の食事用のパンとしては正しい形なのかなと。

まあ、毎日植物油脂の摂取はあり得ないですけどね。

食パンは何が入っているか良く分からないので、近所の信頼できるこじんまりしたパン屋で買うのが一番かなと思われます。


category: グルメ

thread: パン  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

小豆島のオリーブそうめん 

昨年の秋ですが、小豆島のなかぶ庵というお店で買ったものを、ようやく食べました。



オリーブそうめん。

生そうめんが有名なお店で、なかなか美味しかったです。
オリーブそうめんの方も生タイプがありましたが、当然ながら両方とも冷蔵商品で、自転車のため持ち帰れず乾麺を。



手延べによる製造で、自家製のオリーブを練りこんでいるとの事。色は着色のようです。

「オリーブ入りのそうめん」と聞くとキワモノのイメージですが、普通のそうめんは原材料に油が入っているので、オリーブオイルが入っていてもおかしくない、むしろ良い印象です。



グリーン。


ピンク。

風味の方はほとんど分かりませんが、多少コシと言うか、むっちりした弾力がありました。

小豆島も来年くらいにはまた行きたい所です。


category: グルメ

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

台湾土産:その3 

新ジャンル的な台湾土産になるようです。


20180216212654401.jpg
牛軋餅。

「牛軋」は牛乳の事で良いと思いますが、 「牛軋"糖"」が「ヌガー」。
その牛軋糖をクラッカー系の焼き菓子でサンドしたお菓子が「牛軋"餅"」となるようです。


20180216212719545.jpg
保存料は入ってると思いますが、こちらも変な材料は使われておらず。
チョコ味やフルーツ味や抹茶味なんかもありましたが、それらは添加物が入ってました。

スーパーなどでチェックしても、台湾のお菓子は食品添加物少ないなーという印象でしたが、添加物まみれの日本のお菓子もたくさん置かれており、消費者が気にしている事もないよう。

単純にコストの関係で添加物を使わないだけなのかもしれません。


20180216212708857.jpg
見るからに、ヌガーと言うよりは「牛乳糖」って感じの白い飴状のクリーム。
なお、ヌガーはフランス語で、もともとフランス菓子と思ってましたが、ルーツはアラブ→中国→フランスのよう。

そのヌガー部分はガチッと固く、うかつに噛むと歯を痛めそうなほど。
口の中で溶けていくとソフトキャンディっぽくなりますが、前もってちょっと温めた方が良さそうなくらい。

味はかなりの濃厚ミルクで、乳臭いと言っていいほどのミルキーさ。
ナッツは目に見える状態で入ってはいませんが、ほんのりとナッツの風味はあり。

クラッカー部分は塩味きいたしょっぱい系で、写真からは分かりにくいですが、なんと刻みネギが入ってます。
ネギはどのメーカーの物でも入っていたので、ネギ入りクラッカーが正しい牛軋餅になるよう。

ヌガーが容赦なく甘いので、塩味クラッカーとの相性は悪くないですが、ネギが必要なのかは分からない、と言うか個人的にはいらないだろうと。

ただ、なかなか面白く、台湾土産はパイナップルケーキよりこちらがオススメです。


category: 洋菓子

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム