FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie mugi(岡山県倉敷市) 

2018/05/07 Mon 10:15訪問
ムギ


続いてパン屋へ。
昨年も行き、可もなく不可もなくでしたが、せっかく近くまで来たのでもう1度と。

雨の平日、7時半オープン・10時過ぎの訪問にて、商品は出揃っているようで売り切れらしきもチラホラ。

HPによるとクロワッサンが「クワソン・イズニー・トラディション」との品名で、どんな物か食べてみたかったのですが、売り切れたようで来た意味なかったかなと。

他は1度で分かる感じの物ですが、せっかくなのでいくつか購入。



フィセル・トラディショナル:194円

バゲットやバタールがかなり大きいので、バタールのハーフになるこちらを。
と言っても、これもフィセルという品名は間違ってるくらいボテッと大きいです。


バゲット系は全てフランス産小麦粉100%、フランス産天然水、ゲランドの塩を使用とのこと。
外はカリッと中はソフトに、小麦の香り良く、ときおり鋭角的な刺激の塩気で、そのままで充分に味わえます。



ポルチーニ:248円

店に入った瞬間、ポルチーニみたいな香りがするなーと思ったら、まんまでした。


少しねじりを加えた生地は食感の力強さが増して。
噛むたびに練りこまれたポルチーニの香りが広がり、シンプルながらとても良い感じです。



アールグレイ バナナとくるみ:248円


こちらはライ麦が入るようですが、香りが少しあるだけでクセはなく。
スパイシーに香るアールグレイ、甘みのあるドライバナナ、香ばしいクルミが良いバランスです。



パン・コンプレ100 レーズン:248円

全粒粉100%生地のレーズンパン。


食感にゴワッとしたところはありますが、風味良く、全粒粉のネガティブな部分は少なめに。
生地にも負けない量のレーズンも安っぽい味ではなく、甘みがジワッと広がって良いところに落ち着きます。

方向性は違いますが、ビオブロートのレーズンパンより主張が強く、なおかつ食べやすいイメージでした。



オーガニックシリアルバー(フルーツ・シード):194円

通常410円が、特別価格で半額以下になっていたので試しに。


ボロッとした歯切れにパサ付き感のある歯応え、口溶けも悪く、食感としては最悪級。
怪しげな添加物が入ってないせいか、ソイジョイとかあの手の市販の物よりさらに悪い印象にはなります。

食感は悪いですが、ドライフルーツや種実類により味の方は食べやすさもあり。
美味しくはないですが、添加物まみれの市販のシリアルバーとは違い、正しい健康食品を食べている感覚です。


前回よりは好印象でしたが、全体的に味よりも健康志向に片寄る部分があるのかなと言うイメージ。

ちなみに、「安全のため」だと国産小麦使用をアピールするパン屋が多いですが、こちらは安全のため国産は使用しないとの事です。

その辺は価値観の問題ですが、個人的には同意できます。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

BOULANGERIE HIRO(広島市中区) 

2017/10/10 Tue 10:30訪問
ブランジェリー ヒロ


続いてもう1軒パン屋へ。

いかにもオシャレboulangerieという外観や店内で、対面式のオーダー製。
ただ、接客は気さくなおば様、商品は菓子パン・惣菜パンが多めで、街のパン屋さんな雰囲気でした。



クロワッサン:180円

この旅でパン屋5店目にして、初めてノーマルのクロワッサンを見ました。


落ち葉がたくさんの公園で食べましたが、その落ち葉を踏んだ時のようなクシャクシャッとした軽い食感。
バターはジュワッと感じるほどしっかり入っており、風味の方は力強さもあります。

軽さを追求した物という区分をするなら、かなり完成度が高いなと感じられました。



クロワッサン・オザマンド:230円


カリカリに焼き込まれ、軽いクロワッサンにワンクッション。
表面と中にたっぷりのダマンド、軽くシロップは打っているかもしれませんが、香りがないのでやや単調。



オラシジェ:145円


デニッシュではない普通の生地にカスタード、シロップ漬けされたスライスオレンジ。
これと言ったところはないですがシンプルに美味しく、値段を考えれば良いです。



モンサン・クレール:180円

POPに商品説明がないので何なのか分かりませんでしたが、とりあえず買ってみました。


生地は上のパンと同じもので、そのザマンド系なのかなと。
目に見える柑橘類はないですが、オレンジの香りがあり、レーズンが3粒くらい。

これも特別なところはないですが、味や量を考えればけっこう安いかなと。



グラハム・ノア:350円

ちょっとした武器のような成形。


カリカリパキパキと口の中が傷だらけになりそうなクラストで、クラムはしっとり感もあり。
全粒粉の風味とクルミの香ばしさが良く合い、安心の美味しさといった感じです。


物によっては好みに合いそうな商品もありそうですが、基本的には価格を抑えての万人受け方向なのかなと。

このくらいの値段でこれくらいの物が食べれれば、日常使いには良いかなという感じでした。



2017年10月7~10日
日記1 日記2 日記3 日記4
タカ(岡山市:パン)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)
ドウマエ(岡山市:パン)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
スーリィ・ラ・セーヌ
ムギ(倉敷市:パン)
小豆島(サイクリング)
吉田ダム(小豆島:ダムカード)
なかぶ庵(小豆島:そうめん)
瀬戸よ志(小豆島:食堂)
ミノリジェラート(小豆島:ジェラート)
おっつぁん(笠岡市:ラーメン)
しまなみ海道(サイクリング)
白楽天(今治市:中華)
さんわ(伯方島:ラーメン)
ドルチェ(生口島:ジェラート)
はっさく屋(因島:和菓子)
雑兵(尾道市:ラーメン)
101ブリオ(広島市:パン)
ヒロ(広島市:パン)
キング軒(広島市:ラーメン)
くにまつ(広島市:ラーメン)
みよしの(広島市:和菓子)
ポリポ(広島市:ジェラート)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie101BRIO(広島市中区) 

2017/10/10 Tue 9:30訪問
ブランジェリー 101ブリオ


最終日は広島市中心部に移動して、まずはパン屋からのスタート。

7時オープンで2時間半後の訪問でしたが、商品は半分も出てないような感じ。
そして入店してもしばらく気付かれなかったほどで、どこか活気がないような雰囲気。

商品は全体的に大きく、そのわりに安く、ちょっと嫌な予感でしたがせっかくなのでいくつか。



パン オ ショコラ:220円

クロワッサンがなかったのもありますが、ココアパウダーがふんだんにかかっており、どんな感じかと。


ナイフを入れても食べてもサクサク感がなく、シナッとしているわけでもなく、折り生地とは思えない食感。
バターは入ってますが少量で主張なく、生地の風味やチョコレートの旨みも感じられず。

必要のないパウダーをかけているので、何かを誤魔化してるのかなと穿ったのですが・・
単純にそのままではあまり美味しくないから補強しただけかもしれません。



オザマンド:230円


表面と中にたっぷりのカスタード。
ねっとりした口当たりでコクがあり、カスタードとしてはそこそこ美味しい印象。

全体的にはカスタードとたっぷりな粉糖で、ダラッとした甘みが続いてかなり単調。
全然クロワッサン・オ・ザマンドではないですが、クリームパンという食べ物であればマトモな物です。



カフェラテ:190円


こちらもねっとりとしたカスタード系のコーヒークリームがたっぷり。
コーヒーは苦味もありますが、ベースのクリームやチョコを巻き込んだパンが甘いため、やはり単調な味わいです。



アナナス:230円


デニッシュの生地はサクサク感が少しあるものの風味は弱く。
パインは甘みを引き立たせられ、ナパージュもかかり、カスタードもコクがあって良いです。



ソフト バゲット:300円

普通のバゲットはないのか、まだ出てないのかで、リーンな物がこちらしかなく。


ソフトなので表面は抵抗なくスッと、中は適度な弾力がありふわふわな感じではなく。
全粒粉の香りもありますが、ミルキーな甘みがダラッと続いて、おおむね食パンかなと。


本格的ではなく、あえて子供にも受けそうな方向性で作っているのかなと。
仕事は丁寧さも感じられ、サイズ比では価格も安く、親しみやすい街のパン屋さんな印象でした。



2017年10月7~10日
日記1 日記2 日記3 日記4
タカ(岡山市:パン)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)
ドウマエ(岡山市:パン)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
スーリィ・ラ・セーヌ
ムギ(倉敷市:パン)
小豆島(サイクリング)
吉田ダム(小豆島:ダムカード)
なかぶ庵(小豆島:そうめん)
瀬戸よ志(小豆島:食堂)
ミノリジェラート(小豆島:ジェラート)
おっつぁん(笠岡市:ラーメン)
しまなみ海道(サイクリング)
白楽天(今治市:中華)
さんわ(伯方島:ラーメン)
ドルチェ(生口島:ジェラート)
はっさく屋(因島:和菓子)
雑兵(尾道市:ラーメン)
101ブリオ(広島市:パン)
ヒロ(広島市:パン)
キング軒(広島市:ラーメン)
くにまつ(広島市:ラーメン)
みよしの(広島市:和菓子)
ポリポ(広島市:ジェラート)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie mugi(岡山県倉敷市) 

2017/10/07 Sat 12:45訪問
ムギ


続いて倉敷に移動して人気のパン屋さん。

美観地区という観光スポットでもあるエリアにある有名店で、ちょっと懐疑的でしたが、店内に入って一安心。
地味で大きな食事パンがメインで、客に媚びるような物はほぼありません。

そのため、立地的に客の入りはとても多いものの、商品や値段を見て即出ていく人が大半な印象でした。



パン・ドゥ・エポートル:324円

スペルト小麦で作られたパン。


表面はカリッと、中は柔らかくモチモチとしてグルテンも感じられ。
保水量がやや高めですが、もっちりしながらネチャッとはならず、シュッと溶けていくような食感。

スペルト小麦のパンは2度目でしたが、風味は強くないものの、味気ないということもなく。
みずみずしさや自然な甘みを感じられ、身体に良さそうな感覚があります。



パン・コンプレ100:324円

全粒粉100%のパン。


濃い焼き色でガリッとしたクラストは、香ばしさを通り越して苦味も感じられるほど。
少しクセもある全粒粉の香りがふわっとして、その後は甘みに変わっていくような味わいです。



くるみ:281円

ハード系のブールにクルミ入りのシンプルなパン。


表面はパリッとし、リュスティックっぽい保水量でむっちり感もあり。
粉もクルミも風味が良く、安定の美味しさといった感じです。



バタール・トラディショナル:378円

バゲットもありましたが、大きすぎたのでこちらを。
フランスの小麦粉、天然水、塩を使っているそう。


とても香りが良いですが、水分量が多くベチャッとした感覚があり。
塩加減は控えめで、穏やかにジワーッと広がる小麦の風味が心地良いものの、水っぽさが気になります。



ライ麦フルーツとナッツのパン:824円

4種類のドライフルーツと2種類のナッツがぎっしり詰まったライ麦パン。


コリッと香ばしい風味と、クチュッと爽やかな甘酸っぱさが、シナモンの香りを加えて華やかに。
ここまでいくと主役はフィリングですが、ちゃんとパンである事を主張する風味と食感がしっかりあります。


ちょっと独特な部分もありますが、代用がきかないと感じられるほどの特別感はなく。
ちゃんと美味しいですが値段もそれなりで、相応の物と言えばそうかなと。

この近辺に用があるなら良いですが、わざわざ行くほどではないのかなという印象です。



2017年10月7~10日
日記1 日記2 日記3 日記4
タカ(岡山市:パン)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)
ドウマエ(岡山市:パン)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
スーリィ・ラ・セーヌ
ムギ(倉敷市:パン)
小豆島(サイクリング)
吉田ダム(小豆島:ダムカード)
なかぶ庵(小豆島:そうめん)
瀬戸よ志(小豆島:食堂)
ミノリジェラート(小豆島:ジェラート)
おっつぁん(笠岡市:ラーメン)
しまなみ海道(サイクリング)
白楽天(今治市:中華)
さんわ(伯方島:ラーメン)
ドルチェ(生口島:ジェラート)
はっさく屋(因島:和菓子)
雑兵(尾道市:ラーメン)
101ブリオ(広島市:パン)
ヒロ(広島市:パン)
キング軒(広島市:ラーメン)
くにまつ(広島市:ラーメン)
みよしの(広島市:和菓子)
ポリポ(広島市:ジェラート)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie Doumae(岡山市北区) 

2017/10/07 Sat 11:00訪問
ドウマエ


続いて岡山市中心部のパン屋に。

市内では最も有名店になると思われ、約2年半前にも来てますが臨時休業。
その分期待も大きくなっての再訪でしたが、入店して一通り商品を見た感じではハズレなお店でした。

特に買いたい物はなかったですが、一応めぼしい物は全て購入。



ソフトフランス:120円

何がフランスなのか不明ですが、リーンぽい物がこれしかなく。


中心部に少量のバターで、中まで染みてはないですが、全体的にバターの風味があり。
何の変哲もない生地で少しパサつくものの、帳消しにするようなリッチな風味があります。

特別に美味しいわけではないものの、もう1つ食べてみたい気になりました。



パン オ フリュイ230円

天然酵母使用とのこと。


赤みがかった生地で、目に見える状態で入ってはないですが何種類かのフリュイルージュの風味。
細かなレーズン、イチジク、大きなナッツなどの定番物も入っておりアクセントを加えます。

なかなか美味しく、小さめながら安いなと感じさせます。



ココアナナス:200円

こちらも天然酵母。


湿気たクッキーのような歯切れからモサモサした噛み応え、そのネガティブさは気持ち良い口溶けで相殺。
ココナッツオイルの香りがふんわりと持続し、ジャキッとしたパイナップルの甘みにマカダミアナッツの旨み。

ちょっと不思議な食感で面白く、そして純粋に美味しいです。



栗とオレンジのブリオッシュ:250円


ブリオッシュ生地は特別な部分はないものの普通に美味しく、オレンジピールの爽やかさ、洋栗の独特の風味。
値段のわりに豪華すぎて怪しいと思ったのですが、こちらもなかなか良いです。



マダガスカル産バニラのシフォンケーキ:200円

あまり好まない物ですが、バニラが本物なのか確かめるために購入。


バニラは軽くふんわりと香るので天然香料なのかなと。
生地も完全に空気というほど軽さはなく、シフォンケーキとしては美味しい印象でした。



クルミパン:380円

でっかいマフィンのような謎の形状。


紙にべっとり張り付いてしまうわけで、なぜこうしたのかと。


ふわふわで全く抵抗のないような噛み心地と、かなりの口溶けの悪さ。
咀嚼していても残り続ける感がありますが、離れが良くまとわりつかないせいかネガティブさはあまりなく。

生地に旨みがあってクルミは香ばしく、パン食べている感じはないのですが、美味しいのは確かです。


何か悔しさも感じるほど、良い意味で予想外というかなり珍しい結果になりました。
マイナスイメージから入っているギャップもあると思いますが、全てハズレなかったのは驚き。

興味本位な意味もありますが、ちょっと全種類食べてみたい感があります。



2017年10月7~10日
日記1 日記2 日記3 日記4
タカ(岡山市:パン)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)
ドウマエ(岡山市:パン)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
スーリィ・ラ・セーヌ
ムギ(倉敷市:パン)
小豆島(サイクリング)
吉田ダム(小豆島:ダムカード)
なかぶ庵(小豆島:そうめん)
瀬戸よ志(小豆島:食堂)
ミノリジェラート(小豆島:ジェラート)
おっつぁん(笠岡市:ラーメン)
しまなみ海道(サイクリング)
白楽天(今治市:中華)
さんわ(伯方島:ラーメン)
ドルチェ(生口島:ジェラート)
はっさく屋(因島:和菓子)
雑兵(尾道市:ラーメン)
101ブリオ(広島市:パン)
ヒロ(広島市:パン)
キング軒(広島市:ラーメン)
くにまつ(広島市:ラーメン)
みよしの(広島市:和菓子)
ポリポ(広島市:ジェラート)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム