雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

歌志軒の油そば 

少し興味を持ちまして、油そば・ませそばのジャンルを研究してみようかと。

ラーメンはスープの味が最重要であり、汁無しラーメンの存在理由が分かりませんでした。
さらに、スープ作りにコストがかかるのに、それが無いのに店によっては普通のラーメンより高いという謎。

しかし、もしかしたら僕は思い違いをしているのかもしれません。


で、まずは油そばの専門店があるようなので、そちらから。

IMG_4665.jpg
歌志軒(かじけん):豊橋店
このお店は名古屋方面で2店見かけましたが、愛知を中心に40店舗以上展開しているチェーン店のようです。



メニューは油そばの量違いのみ。 他にトッピングが多種あります。

まぜそば・つけ麺は、多くのお店で麺の大盛り無料ですが、これは原価が低い証拠ですよね。
常識的に考えれば、大盛りがサービスではなく、並盛りがボッタクリ設定なのかと。

で、大盛りにしましたが、良く見たら、並盛り:630円、倍盛り:750円。
麺の量が2倍でも価格は1.2倍とは、適正価格がまったく分かりません (;´∀`)



有料のトッピング。

具はともかく、カレー粉や魚粉は、ちゃんとした味で作られていれば、絶対に入ってはいけないものだと思います。



そして卓上にある無料トッピング。

やたらと違和感のある大きさの、酢とラー油。



そして、この2つは必ず一定量入れないといけないらしい。

さすがにそれは、「だったら最初から入れて出せよ!」な話だと思うのですが (;´∀`)



油そば(大盛り):630円

とりあえずノーマルの物を。
パッと見の印象は、大盛りでも量は少ないですね。 具もあってないようなレベルで。



混ぜる前に底を見ると、テカテカした油と、黒っぽいタレが。

そのまま液体に浸かってた麺を少し食べてみると、思ったよりヌルヌルしておらず。
タレは醤油ベースのようで妙な旨味があり、味の素をそのまま舐めたような凝縮感も。



メンドくさいけど、酢とラー油を入れて混ぜました。
このテカり具合はいいですね。 個人的にはこれで食欲増進します (´∀`)

酢はそれほど酸っぱくなく、ラー油はそれほど辛くなく、味と食感をマイルドにして食べやすくする方向性のよう。
少ししか入れなくても、たっぷり入れすぎても、水分量が変わるだけで、味はそんなに変わらないかなという印象。

縮れた麺はタレが良く絡み、持ち上げると飛び散るほど。
もっちり感はあるものの、ねっちょりしたような独特の食感もあり、コシというものはなく。

「油そば」というネーミングが、人によっては食べることを敬遠させるようですが、
そんなに油っぽさはなく、こってりスープのラーメンに比べれば、塩分・脂肪分・カロリーは低いと思われます。



茹でたてで熱かった麺は、スープがないためにすぐに冷めます。

冷めたらすごく不味くなるタイプの物ではないですが、コショウ、ゴマ、ドライガーリックで補強。
入れた方が美味しくなる感じはあります。



さらに一味と生ニンニク。
これは明らかに美味しくなりますが、あれ?これは味をごまかしている感じですかね (;´∀`)


感想としては、量での満足感はないし、この価格でも高いと思います。

酢とラー油を自分で入れる件に加え、有料・無料トッピングなど、悪く言えば味付けは客任せなこだわりのなさ。
まあ、これは狙いがあって意図的にそうしていると思いますが、僕はこの形式は好きではありません。

しかし、悔しいですが、けっこう好きな味でした (;´∀`)

ちなみに開店15分前に着いて誰もいませんでしたが、食べ終わって店を出たら行列 Σ(゚д゚lll)

ちょっと調べたら、こちらはわずか5年ほどの間に40店舗以上のチェーン展開をしているようです。
業務用とは言えスープ作らないし、それこそ学生のバイトでも作れるので、店舗さえあれば開店するのは簡単?

そしてこれだけ客が来れば・・、いやー、儲かってそうです (・∀・)

こちらは1度食べて基準にすればいいかなという感じですが、今後はいろんな所で食べてみようと思います。


スポンサーサイト

category: チェーン店

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天下一品のこってり 

地元近辺にはないものの、旅先でたまに見かけ、気になっていた天下一品。

先日、初めて食べる機会がありました。



「こってり」という商品が看板メニューという不思議さ。




他にもいろいろあるものの、トッピングが違うだけのよう。



こってり(並):700円

パッと見は普通の味噌ラーメンぽく。


豚トロ2倍盛りチャーシューメン(大):1220円

せっかくなので、一番高いメニューをオーダーしました。


噂に聞いていたドロドロの粘度のスープ。麺にもよく絡み、持ち上げた箸が重いほど。

ゆで玉子の黄身のような臭みが鼻につき、ニンニクの風味もあり。
よく分からない味ですが、複雑だからではなく、ボンヤリしすぎて味が分かりづらい印象。

美味しいかは別として、思っていたものと全然違って「こってり」とは言いがたい感じ。
僕の概念の「こってり」は、クドいほど濃厚な味のことですが、このスープは濃厚とは言えません。

脂っぽさやジャンク感もなく、コクの足らない薄さで、むしろ物足りない感じ。
出汁をとらず乾麺で作った竹岡式ラーメンを思い出したほど、平面的な味で深みを感じません。

まさか「こってり」とはドロッとした粘度の事なのだろうか?
でも、粘度の事をこってりと言うなら、トロミのあるお粥もこってりした料理になってしまいます。

麺は細いストレート麺で、いたって普通。
最も万人受けしそうな無難な麺ですが、この独特のスープにこの麺はアンバランスすぎるとも言えます。

事前情報や実際に見た印象と、味とのイメージが違いすぎて違和感が凄いです。



からし味噌というものを足し、ようやく食べれる味に。
さらに食べ終わるまで気付きませんでしたが、ラーメンタレなる液体もありました。

これらを好みで加えて完成させる味?

しかしこれは、例えるならコショウを入れて味を誤魔化さないと食べられないラーメンと同じかと。
もっと悪く言えば、中途半端な料理を出して客に味付けを任せているわけで、ちょっと理解できません。

と、思ったけど、ここはチェーン店でしたね。
作っているのは職人ではなく会社員。そう考えると多少の違和感は解消されます。

まあ、味の違和感は解消されませんが (・∀・)



こういうのもあり、


実際に誰でも作れました。


再び食べる事はないかな、あるなら「あっさり」かなという感じです。
同行者も同じ意見だったので、そう感じるのが一般的かと思っていたのですが・・

その後の調査によると、周りではものすごく評価が高く、食べたことがある人は、おおむね好印象を持っているようです。

もっとも、そうじゃないとチェーン展開できないのですが (;´∀`)

しかし、僕の味覚・食の価値観は、周りと違いすぎるだろうか・・
美味しいと思ったものを人に勧めるのは控えようかなと、少し考えさせられる事になりました。


category: チェーン店

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

スガキヤのプレミアムラーメン 

愛知県民なら誰もが食べたことがあると言われる、スガキヤのラーメン。


プレミアムラーメンが1月に販売されてましたが、このたび再販。

前回食べそこなったので、行ってみました。



プレミアムでも390円。
「この"価格"は最後」との事なので、今後も値上げして定期的に販売する可能性ありです (・∀・)



スタンダードメニュー。
子供のころからはかなり値上がりしましたが、まだ普通のラーメンが300円という素敵な価格設定。

で、今回は味の比較のため「プレミアムラーメン」と「特製ラーメン」の2つを食べてみました。



左・特製ラーメン:430円
右・プレミアムラーメン:390円


 
ちょっと光の加減で色が変わってしまいましかたが、スープの色はパッと見では一緒です。

プレミアムラ-メンは、スープ・チャーシュー・メンマの3つが特別仕様だそう。

スープは飲み比べれば明らかな違いがあり、プレミアムの方がコクや旨みがあり。
ただ、全くの別物ということではなく、あくまで同じベースの味であり、スガキヤの味です。

メンマは厚みがあり、少し食べ応えがある程度。



チャーシューは見た目から違います。
通常のチャーシューは茹でただけみたいな肉ですが、プレミアムは味もついて少し焼いてある感じ。

これも美味しくはなってますが、特別に美味しいチャーシューではないです。

そんな感じで、プレミアムだから凄く美味しいことはないですが、390円は破格。
個人的にはラーメンは高級食ではあり得ないので、このくらいの味と値段はホッとします。



セットのご飯もの。

これもチープな味の美味しさで安心 (・∀・)



これの使い方やメリットは分かりません (;´∀`)

プレミアムじゃなくても、スガキヤの味と値段はホッとするので、今後も年に1回くらいは食べたいです (´∀`)


category: チェーン店

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム