食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

トピークのBACKLODER 

より良い自転車旅へ、新たに大容量のサドルバッグを。

調べてみるとブルベ御用達みたいな物がたくさんありましたが、今年トピークから新たに発売された物を。



トピーク:バックローダー 10L

安心のメーカーと言う事もありますが、他と比べても同サイズでは最も安く、定価で7700円(税抜)。
6Lと10Lがあり、公式によると15Lもラインナップされてますが、多分まだ出てないです。



袋は二重構造になっており、インナーの方はかなり防水性も高そう。



先日、東京の1泊2日旅でデビューしまして、その時の荷物がこちら。

左からバッテリー等、輪行袋、着替え、工具、その他小物。



これらをインナーバッグに。
かなり密封性が高く、左下に見えるバルブから空気を抜いてギリギリの大きさに。



そしてアウターに。
上部のゴムネット部にもボトルなど入れたりして使えそうです。



ちなみに先日はU字ロックを乗せて走ってみました。



下部も工夫次第で使えそうな加工がされており、ここにテールライトを。



中身の量に合わせてストラップで長さを調整して締めるので、このバッグの大きさはその時の荷物の量によって変化する事になります。



そしてシートポスト、サドルレールに巻き付けて完成。

後輪とサドルの幅がある程度開いている必要がありますが、脚が短いくせにホリゾンタルフレームの僕でも余裕なので、たいてい大丈夫かと思います。



ただ、大容量のためベルトやストラップもゴツいので、レールに余裕がないとハマらないかもしれません。


で、往復で400kmほど走った印象は、場面によってバランスが崩れる感覚があります。
ダンシング時などは後ろから振られるような感じがあり、下りの急カーブなどは神経質になります。

単純な重みも感じますが、リュックよりは良いですね。
リュックは暑いし、荷物が多いと肩や腰への負担がかかり、サドルバッグ比較でのメリットはないと思います。

そして、これなら荷物によってサイズを変えれるし、途中で荷物が増えても減っても安心。

これはなかなか良いと思います。
大は小を兼ねるので6Lより10L、15Lが出たらそちらでも良いかと。

輪行に加えて新たな可能性が広がり、自転車も人生も、まだまだ楽しみがいっぱいです (´∀`)


スポンサーサイト

category: 機材・用品

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

モンベルの輪行袋 

できれば避けたい輪行ですが、やむを得ずでやってみると、そんなに憂鬱さはないもので。

まあ、空いてる状態の電車しか乗ってないですが、不自然なデカい袋持って電車乗るヤツがいても、駅構内も車内でも、駅員さんも含めて皆さま無関心なようで、なかなか平和です (・∀・)

で、輪行袋はミニベロ専用でしたが、ミニベロで300km以上の距離はキツいので、新たにロードバイク用を。



モンベル:コンパクトリンコウバッグ



名の通りとてもコンパクトで、500mlのスクイズボトルくらい。
ちょっと厚みありますが、柔らかいのでボトルケージにもねじ込めます。



袋と中身は一体型になっており合理的。
ナイロン系の軽い生地で、他にはベルトが大1、小3。



取扱説明書が本体にもプリントされて便利。



車体をひっくり返して、外した車輪とベルトで固定して。



袋を上から被せて、下から巾着的に絞って完成。
ちなみにこの状態は裏表を間違えまして、表はmont-bellのロゴがドンときます。

とても簡易的な輪行袋で、自立がちょっと不安定ですが、電車では袋の横に立ってガードするし、そんなに頑丈である必要もなく、このくらいで良いかなと。

とりあえずのマイナス面は、ボトル等を抜く必要があるのと、運ぶ時に掴む場所が限られるくらい。



この手の物は1度取り出すと再収納困難だったりしますが、適当に畳んで詰め込んでも入りました。
元よりちょっと膨らんでますが、ここからジッパーも普通に閉まります。



ちなみに、ミニベロ用は後輪を外さないタイプでこちらの方がラクではありますが、この状態でデカく、もちろん使用してもデカくなるので、ちょっと神経使う場面が多かったです。


また、ミニベロでの宿泊時は、宿の敷地内に置かせてもらうか有料の駐輪場でしたが、100万以上のロードバイクとなると、強固な鍵でもブッ壊して盗む専門家に狙われる可能性があるので、宿にも持ち込む予定。

輪行以外でも使うので、容易かつコンパクトであればあるほど良いです。

最初からモンベルの物にしておけば良かったなと、自転車用品で100回目くらいの後悔をしたのでした (;´∀`)


category: 機材・用品

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

kongのライト 

夜とか真っ暗な時間に、ガチで自転車に乗るというリスキーな事をする気はさらさらないですが、今後は自転車旅をする上で、そうせざるを得ないこともあるかなと。

自転車ライトは視界確保はもちろん、存在をアピールして自分を守るためにも眩しすぎるくらいが良いですが、いろいろ調べたところ、なんだかんだでCAT EYEが最も好評な感じ。



僕も通勤用にVOLT400ってのを使ってますが、明るさとしては必要十分で、サイズとしても小さめ、USBでの充電方式も理想的。

つまり、これで何の問題もないのですが・・・


これからサイクリングに使う予定の自転車のドロップハンドルが、丸ではないこんな形ばかりで、ライトを固定するブラケットが付かないのですよねー (;´∀`)

メーターマウントの方には携帯ホルダーを付けるので、ライトを付ける場所がないと。



さらに、駐輪場でライトだけ外して、付けたままのブラケットを盗まれたという苦い思い出も (;´Д`)

で、明るさはひとまず置いておき、取り付け部品が一体型で、何にでも容易に脱着できる物を優先。
そうなると、シリコン式のライト一択になります。



で、knog(ノグ)のライトを買ってみました。

フロント用:Blinder MOB EYEBALLER
リア用:Blinder MINI NINER



knogはもともとスタイリッシュさが好印象で、発売当初の小さな物をいくつか持ってます。
この小さなLED1つでは明るさは足りないですが、補助や予備としては良いかと思います。



シリコン製LEDライトの元祖みたいな感じで、これなら取り付け部分の形状は不問。



USB充電ですが、なんとプラグまで一体化されそのまま突っ込むのみ。
破損とか防水性とか少し気になりますが、もう合理性の極み。



そしてコンパクトで軽い!なんと35gと15g。
今後は輪行という手段も増えそうですが、これなら煩わしさが少し減ります。



どこにでも簡単装着でき、自転車そのものに目立つ突起物がなくなるのも良いのではと。


そして、かなり明るいという口コミも見て買いましたが、予想以上に明るいです。


明るいというか、まさに眩しいという感じ。
ルメーンとか数値上の明るさはVOLT400の方が上ですが、印象としてはより明るく感じます。

使用時間もメーカー公式で、ハイモード2.7時間・ローモード8時間で、VOLT400と同等レベル。

おお・・・これカンペキではないですか?

まあ、実際に長期で使ってみるとマイナス面が見つかるかもしれませんが、僕は究極の理想形な気がします。


category: 機材・用品

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

パッド付きインナーパンツいろいろ 

サイクリングではいろんなお店に入るので、さすがにレーパンではなく、ズボン+パッド付きインナーという格好。

やはりレーパンと比べると、ペダリング動作にかかる抵抗、さらに空気抵抗も増えます。
遅くなったり負荷が増すのは構わないのですが、長時間乗っているとお尻にダメージがきます (ヽ'ω`)

ロードバイクを普通に乗るだけなら多分大丈夫ですが、フラットハンドルのミニベロでリュック背負って乗っているので、どうしても重心がサドル部分に偏ってしまい、けっこう痛いです。



このモンベルのサイクリング用ズボンは取り外し可能なパッド付きで、理想系かと思いましたが、やはり一体型ではない物は一体感がないわけで、ゴソゴソ動いて気持ち悪くてダメでした。

ズボン自体は肌触りや動きやすさなど、夏用冬用ともに良い感じですが、パッドの質は良くないので、もし買うのならパッドなしモデルの方が良いかなと思います。


で、インナーパンツ。


おなじみか分かりませんが、パールイズミのインナーパンツ。

自転車を始めたころに買ったので、10年くらい前の物になるかと。
ただ、ほとんど使ってないので、さほど劣化はしてないはずです。


メッシュ素材ですが、肌触りがかなり悪いです。
そして、パッドは布が1枚あてがわれているだけの感じで、ないよりはマシな程度。

もう、初心者の時から合わない事が分かりました。

現行のものはだいぶ変わったようで、レーパン並みの3Dパッドモデルもあるようですが、定価が7千円くらいで、やはり合わなかったというリスクを考えると簡単に買えません。


で、同じようなもので安いのはないかと探してみたらAmazonにたくさんあり、聞いたことのないメーカーばかりですが、お試し程度に4種類買ってみました。

全て2千円前後。 中国製で、ひょっとしたら製造工場も同じ所なのかもしれません。



パラディニア


パッドのクッション性はかなり高く、後ろの方は反発するような弾力。
そんな厚みや質感がある分、履いた時のフィット感は悪くゴワゴワした装着感。

メッシュタイプの生地部分は伸縮性はあるものの、ちょっと固めでザラザラとした肌触り。
また、前面が短い作りでヘソのかなり下までしか生地がなく、下腹部への圧迫感も少し感じます。



ダバダ


こちらも大きめ・厚めのパッドですが、上記の物よりも反発力は弱め。
やはり厚い分、地肌とパッドの間に少し空間ができてしまいフィット感は悪いです。

パッドの前の部分が薄く短いので、お尻は良くても、尿道部分に圧迫感があり。
生地はライクラ系で、シルキーな肌触りで良い感じです。



FENYI


こちらは生地もパッドも伸縮性が高く、肌触りもフィット感も悪くなく。
ただ、ゲルと書かれたパッドにゲル素材は感じず、厚めですが柔らかいです。

ボクサーブリーフ型ですが、腿の部分が短いため、だんだんと付け根に食い込んでくる感じがあります。



サンティック


こちらは他と比べてやや薄いパッドでクッション性も弱め。
また、中央部から前は細くなっているため、パッドが薄い事と含めて履いた時の異物感は少なめです。

厚さとしてはこれくらいで良いのですが、これも丈が短いので食い込んできます。


どれも帯にも襷にも短い感じですが、値段を考えればこんなものかなと。
とりあえずお尻自体の痛みは軽減され、乗り続けてれば異物感も解消されていきます。

この先も永遠のテーマになりそうなので、ひっそりと研究を続けていこうと思います (;´∀`)


category: 機材・用品

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

サロモンのトレランシューズ 

趣味と言うか、気分転換の運動として登山も取り入れようかと思いまして、専用シューズを買う事に。

本格的にやるわけではないので、ガチ登山靴ではなくトレランシューズが良いかなと。
近くの山ならランで自走往復できるし、旅先でもランorサイクリングからの登山というプランも可能です。

で、最初なので有名どころでと、フランスのサロモンというメーカーより。


SENSE PRO 2


片方280グラムほどでわりと軽く、クッション性が高いので、履いて歩いた印象はもっと軽く感じます。

まだ登山はしてませんが、ロードでのランニングは300㎞ほど試しました。


ランシューズに比べてソールが固いのと、どうもフォアフット走法寄りの形状な感じで、僕の走り方にはあまり合いません。


しかし、ソールがしなりにくいのでサイクリングには良いです。
また、独特の接地感があり、舗装路を普通に歩くだけなら何だか気持ち良く、疲れにくい印象があります。


いわゆる靴紐でなく、引っ張って全体を締めるタイプ。
メリットは分かりませんが、毎回紐をほどいたり結んだりするよりはラクです。

色は3種類あり、明るすぎるラインナップなのが難点ですが、人間が地味なので靴くらい華やかでも良いかなと。

と言う事で、この靴は普段使い、主に旅行で使うのに適していると思われ、良い買い物でした (・∀・)


category: 機材・用品

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム