FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ミートレストランとんきい(浜松市北区) 

養豚&肉屋直営のレストラン。



自転車では行きやすい場所である事と、スタンド設置されているのでたまに行きます。



基本メニューは揚げor焼きで種類は少なめ。



千円以上の定食オーダーでキャベツ、ウインナー、ドリンクがフリーに。

ウインナーは化調や不自然な風味がないですが、純粋に味が濃く、豚の旨味がパワフルに。
脂っぽさも強くボイルながらヘビーなタイプで、10本ほどにしておいた方が無難です。



とんテキ定食(特大):2200円

ご飯と豚汁もおかわり無料。


味付けは3種類の選択から生姜ダレ風なもので、肉は220gなので一般的には特大ではなく。
肉そのものの質は良いですが、調理が家庭料理で、火が入りすぎてたり下処理が甘かったりで。

一通りのメニューを食べてみましたが、価格的に生姜焼き定食オーダーでキャベツ&ウインナーをたくさん食べるのが最も無難と思われます。


スポンサーサイト



category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

月乃屋ゆるり(愛知県豊川市) 

不定期開催の焼肉を食べさせた上に、ムダに食べさせられる日。



この田舎にも焼肉屋はたくさんありますが、不思議と潰れないですね。
東三河全域で、古くからの喫茶店、大衆食堂系うどん屋、焼肉屋の3つは根強い印象です。



タン塩

個人的には焼肉はこれが最初という不文律が狂っている気も。
レモンとかで食べるのなら、むしろ最後の方が良いのでは?と。

なお、いつもこのスタンダードなタン塩は個人的には全然美味しくなく、少し腐敗臭に似たものすら感じます。



赤身ロース

アメリカと思われますが、国産より安心して食べられます。



和牛ロース

同行者用ですが、不本意ながらこちらの方が味が良いのは確か。



ハラミ

この部位もかなり店によって味の違いが大きい印象ですが、こちらで美味しかった事はなくいつも状態が悪いです。



和牛ハラミ

不本意ながら(略)、これくらい厚いと肉食っている気がします。



カイノミ

たぶん全メニューで一番良いですが、この量で3千円以上です。



ユッケ

これは生ハム扱いの物になりますかね。今回はかなりフルーティな仕上がりでした。



3回転目くらいの和牛ロース

最終的にここに落ち付くイメージのいろんな意味で無難なタイプ。



ひそかにマイナーチェンジされたプレモル。

缶はパッとしませんが、ちゃんと手入れされたフレッシュな状態の樽生であればモルト甘みが前面に出て、大手ビールではなかなか良いです。

ムダに凍らされた容器と、嵩ましのための必要以上の泡は難点ですが、おそらくこのお店で最も仕事されており、何なら最も美味しいです。



少し温めるべくピッチャー2杯目は早めオーダー。
タブレットオーダーなので、必要なくてもムダに凍ったグラスが必ず1つ以上付いてくる事に。

キンキンに冷えたビールが美味しいって、もう味は関係ない話であり、少し温くなったら不味いと感じるなら、それは純粋に本来の味がダメという事で良いかと。


何度か行っての個人的な結論としては、こちらは値段高めの和牛と樽生ビール以外は終わってます。
ただ、チェーン店ではなくこの辺ではお高めの焼肉屋なので、それで正解とも言えます。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

とんかつ やまと(愛知県田原市) 

どんぶり街道にてとんかつ屋へ。



ファミレス風のお店で、いつも賑やかな印象です。



メニューも創作系がいろいろ豊富でファミレスチック。
全メニューでキャベツはセルフにて食べ放題、田原にはキャベツが無限にありそうです。



honey みそカツ丼:1015円

こちらもファミレスチックに。


ご飯の上にキャベツを敷いて味噌カツ。
付け合わせにもキャベツのサラダが付いており、兼業でキャベツ農家もやってそうな勢い。



以前と変わりないなら宮崎産のブランド豚で、柔らかくジューシーではあり。
タレは当然甘く、おそらく元々甘いであろう味噌ダレに、なぜハチミツを加えてしまったのか疑問なほど。

これくらいの肉ならカツ丼ではなく、トンカツ定食で食べた方が良い気もします。



コンプリートする気がなくなりつつあり、今後は食べたい物から順番に行こうと決めての7店目でした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 6   

月乃屋ゆるり(愛知県豊川市) 

年2回ほどの恒例行事。



個人的にはあまり興味のない焼肉という食事を。



タブレットでのオーダーになりました。



1人ピッチャー。
キンキンに冷えてないと美味しくないビールなら、炭酸水でも良いかなという気がしてきます。



タン塩。
この日は全然美味しくなく。



赤身肉。
これでも少し脂多いかなと。



ロース。
このくらいのサシならバランス良く。



厚切りタン塩。
赤いペラペラの物はダメでしたが、これだけ厚くて白いのもやりすぎている感が。



カイノミ。
これはいつも美味しく食べれます。



リブキャップ。
体脂肪率50%くらい?美味い脂なら良いですが、ちょっと重苦しいかなと。



マキロース。
体脂肪率80%までいっており、何食ったらそんな身体になるんだと。



不味いビールやめてライス食べましたがお腹いっぱいにならなず・・にも関わらず2人で3万超え。

コスパ悪いし身体作りにも悪そうですが、この田舎でごちそう系の食事は焼肉オンリーらしいので、ノリで年2回くらい行くかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

本厚木ホルモンセンター(神奈川県厚木市) 

2018/12/23 Sun 15:15訪問
本厚木ホルモンセンター


沼津から厚木に移動し、ご当地グルメを食べようと、その名の通りホルモン焼きのお店へ。

酒屋みたいな外観で、中央に広い厨房、それを囲むようなカウンター席、奥にテーブル席。
若い女性スタッフが元気対応され、雰囲気のわりにスッキリして綺麗な感じの店内。



「厚木シロコロホルモン」なる物がB級グルメで名をはせてますが、こちらはシロコロはサブポジションで、「名物ペラペラ焼」なるものが看板商品になるよう。

よく分からないので、とりあえずメニューの上にある「ペラペラ焼」と「MIX焼」を。



1人用の焼き台が用意され、煙を吸う機器も完備。



お通しポジションに山盛りキャベツ、チャージ料は302円

「このキャベツは肉と一緒に食べるものである」「キャベツおかわりは自由にできる」などの案内あり。



ハイボール:54円

なんと19時まではハイボールが50円(税抜き)だそう。
どんな怪しいものだろうと1杯飲んでみるも、どうも普通にサントリー角っぽく、氷いっぱいでちょっと薄いくらい。

一応ビールも飲んでみたところプレモル確定で、アルコール類はちゃんとしているよう。



名物ペラペラ焼:421円

辛み成分がたっぷり備え付けられたニラがセット。
ペラペラ焼きはこのニラと一緒に食べるとのことで、追加オーダーしなくてもニラのおかわりは自由だそう。



MIX焼:1382円

当日のオススメ数種類で、こちらはタレに漬けてキャベツと一緒にとの事。



ペラペラ焼きのホルモンはペラペラしてます。



1つ1つ元気に説明してくれる店員さんによると、このキャベツで食べるのを「川崎喰い」と言うと。

「川崎喰い」の文字はメニュー表にも書いてありますが、川崎が地名なのか人名なのかは、興味ないし面倒なので聞きませんでした。

で、肉の質は良く分かりませんが、これはもう破壊力抜群のパンチで食わせるもので、食後はニンニクの風味しか口の中に残りません。

総合的に高いのか安いのかよく分からないお店でしたが、たまにはこういうのも良いなーと言う感じでした。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム