雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

とん唐てん(浜松市中区) 

2017/01/28 Sat 11:30訪問
とん唐てん


続いてラーメン屋からほど近いお店へハシゴ。
メディアにも良く取り上げられる人気店で、親子丼も有名なトンカツ屋さんです。

それほど席数は多くないですが、カウンター席もあり1人でも気軽です。



湖西の豚肉を使ったカツと、御前崎の軍鶏を使った親子丼ということで、地産地消にもこだわっているよう。

そんなに来れないのでトンカツと親子丼のダブルオーダーは必須ですが、ラーメン食べた直後でもあるので、ともに安い方にして、さらにトンカツは単品にてオーダー。



調理はわりと時間がかかり、先に親子丼に付くサラダの提供。
全てワゴンでの配膳のようで、厨房から一番近い席でのサラダのみでもワゴンで運ばれて来ました。



一黒軍鶏匠み炙り親子丼:1512円

しばらくして登場の親子丼。卵とじはフワトロ系で、卵黄のトッピングも。


とんかつ(竹・単品):1674円

さらに遅れてのトンカツは白っぽい色の衣。
メニューに記載はなかったのですが、単品は150円引きだったので、定食にしておけば良かったなと。



親子丼の方は、卵とじと生卵だけではなく、最初からご飯にも卵が絡められ卵づくし。

これで卵が不味かったら悲惨ですが、さすがにそれはなく、地鶏らしい旨味のある味わい。
調味料はごく少量しか使ってないようで、とにかく卵の味で押してきます。

軍鶏の肉自体は小間切れで、小さな肉を美味しいと感じられる価値観は僕にはないです。



珍しい黒七味もあり、ちょっと入れて食べるとまた良い感じですが、これだと入れすぎでした。



トンカツは、最初に最もバランスの良い右から2切れ目を塩で食べてみるよう勧められます。
この他にも、親子丼・トンカツともに食べ方のススメがあり、配膳時に説明の要/不要を聞かれました。



低温長時間での揚げにより、真空調理のようなしっとり感があり。
脂身は多くないですが、スッと入る歯切れからジュワッとした肉汁が広がります。

長時間揚げのため衣はカラッとはしておらず、油が切れてないのとは違うものの少しベチャッとした感じあり。
衣自体は薄く淡い色あいで、油の鮮度も良いと思われますが、あっさりとはしてないです。



塩はガツンと強い味でしたが、ソースはあまり特徴なく。
専門店は自家製ソースも1つのポイントと思いますが、何も付けなくても食べられる肉の旨みはあります。



親子丼では、ひつまぶし的な食べ方の用意もあり。
ちなみに、お新香が不自然な味が無くて良かったです。



薬味を乗せて鶏の出汁つゆかれば、また違った味も楽しめます。


個人的にはトンカツも親子丼も高級食ではなく大衆食堂で食べるのが好きですが、これくらいの値段でこのくらいの物が食べれるなら、たまには良いかなと思います。



2017年1月28日
杢屋(西区:うどん)
ランプ(中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
カセル(中区:パン)
麻や(中区:パン)
アボンドンス(中区:ケーキ)
浜田山(中区:ラーメン)
とん唐てん(中区:とんかつ)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

キッチンひろ (愛知県豊明市) 

2016/04/02 Sat 11:00訪問
キッチンひろ


たい焼きに続いて昼食その1。

「キッチン〇〇」の名のお店は街の洋食屋さんのイメージですが、こちらはトンカツ専門店。
同名のお店は地元の豊川にもあり、旅先のどこかでも見ましたが、語呂が良くて付けやすいのかな?



メニューはヒレカツ・トンカツ・ポークステーキの3種類に、味付けやサイズ違いだけ。
お店の雰囲気からは少し高めの価格設定にも感じます。

豚肉はロース派ですが、ヒレはあってもロースの表記はなく。
ノーマルのトンカツは当然ロースであると思いますが、ヒレと50円しか値段が変わらない?

ヒレをオーダーしてしまいました (・∀・)



特大みそひれかつ定食:1900円

大きな塊が8切れ。キャベツも山盛りで、盛り付けもキレイです。



ご飯も普通盛りでも1合ほどあり。 みそ汁は赤だし。



薄い衣に、分厚い肉。味噌ダレがまんべんなくかけられて。

衣は味噌でしっとりしサクサク感はなく。 それでも味噌ダレがなければサクサクだろうと感じる食感。
肉は柔らかく、中心部はほのかなロゼ色をした火入れ。 豚の旨みがあり、肉質の良さも伝わります。

味噌ダレはサラサラしたタイプのもので、気持ち甘めも、甘ったるさはなく。



なお、トンカツの場合は、キャベツ・ご飯・みそ汁とのセットだと思われます。

キャベツはオーダーごとに切って出すようで、水にさらさないものですが、個人的にはこのほうが好み。
ご飯は普通ですが、みそ汁は出汁がきっちり引けており、すっきりしつつコクがあり美味しいです。


味噌に関しては好みがあると思いますが、美味しいトンカツでした。
トンカツ定食としてはそれなりの単価ですが、高いとは感じさせない味とボリュームです。

また機会があれば、味噌ではないロースカツを食べたいと思います (´∀`)



2016年4月2日 東郷サイクリング
日記
むらさきや(豊明:たい焼き)
キッチンひろ(豊明:食堂)
華壱(豊明:ラーメン)
ベベ(東郷町:ケーキ)
ハラペコパン(みよし:パン)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

美はる(愛知県尾張旭市) 

2015/10/03 Sat 17:30訪問
美はる


森林公園からわりと近いところに、有名なとんかつ屋さんがあったので行ってみました。

世間にとんかつ専門店自体あまり多くないですが、よりによって隣がチェーン店の「かつや」です (;´∀`)



メニューはとんかつだけでなく、いろいろと。
とんかつはじっくり揚げ、さらに蒸しが入るので時間がかかるとのこと。



ロースとヒレは違う産地の肉のよう。
単品で両方頼もうかと思ったものの、盛り合わせ定食があったのでそちらを。

カウンター席ですが、敷居が高くて残念ながら調理風景は見えず。
一番乗りでのオーダーでしたが提供まで25分ほど。 満員だと1時間くらいの覚悟が必要になりそうです。



ロース・ヒレ盛り合わせ定食:2210円



食べなくても美味しいことが分かってしまうほど、キレイな黄金色。



ロース。

極限まで薄く、キメ細やかな衣。
蒸しが入っているせいかサクサク感はないものの、代わりに油っぽさも全くありません。

肉の中心部はほのかにピンク色。
肉は箸で軽くつかむだけで変形するほどの柔らかさで、力を加えればジュワっと肉汁が溢れます。

少なめの脂身は甘みがあり、肉自体の旨味と素晴らしい火入れを実感できます。



ヒレ。

脂身はないもののパサツキ感は皆無で、衝撃的な柔らかさは、もしかして箸で切れるのでは・・と、



切れました。

ロースはちょっと小細工しましたが、ヒレはこの厚みでも普通に切れます。
こんなとんかつは初体験で、とても良いものを食べれました。


今まで、個人的にカツは質より量の食べ物であり、カツ丼にいたってはフードファイトの物でした (・∀・)

しかし、このお店により、とんかつの概念が変わることに。

さすがに、全ての専門店がこのレベルではないと思いますが、これくらいの物が食べれるなら、評判のとんかつ屋さんのある地域に旅に行ってみようかとも思えます (´∀`)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_美はる(愛知:とんかつ) 
TB: 0    CM: 0   

METZGEREI TOKIWA(岐阜県関市) 

2015/07/20 mon 12:30訪問
メツゲライ・トキワ


ペイザンでパンを買ったあと、すぐそばにある燻製のお店へ。

バゲットのお供を買うつもりでしたが、ドイツ系のデリカテッセンなのでリエットもパテもなく。
テリーヌはあるようですが、残念ながら売り切れだそう。

で、ソーセージは火入れが面倒なので、生ハムを買ってサンドイッチにすることに。
そして会計時に少し質問してたら、生ハムだけは輸入品で、こちらで作られたものではないそうです。

・・だったら意味なかったかな (;´∀`)



パルマ・プロシュット:1792円


100グラム1800円の生ハム。2年以上熟成された最高級品だそうです。

濃厚な味と香り。 ねっとりした食感から溶けるような口当たりが凄く良い。
このままだとしょっぱいのですが、噛んでいると甘みも感じます。

これは真空パックされているブロックをスライスしての計り売りですが、
必ず当日中に食べるようにと、3度にわたって言われました。

腐るわけではないから、空気に触れた瞬間から酸化が始まって劣化していくとか、そんなレベルなのかな?
1枚だけでも店を出て即食べてみれば良かった。



ハモンセラーノ:960円


こちらは6枚入りで、少し値引きされていたので単価はプロシュートと変わらないくらい。
真空パック入りで、1枚ずつフィルムで分けられてます。

プロシュートとそれほど味は変わらず、少ししっとりした印象でした。



ザワークラウト:310円

何となく買ってみましたが、このままで食べてもピンとこなかった。



ペイザンのバゲットで生ハムサンドイッチ。

シンプルながら最高です。


ペイザンはドイツパンも売ってたので、次回はドイツパンとソーセージを合わせてみようと思います (´∀`)



category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

curnontue(岐阜県高山市) 

2015/07/19 Sun 12:00訪問
キュルノンチュエ


市街地から少し離れて燻製のお店へ。
たまに名前を目にするので有名店だと思いますが、けっこうな山奥にあります。

なお、店名は「美味しいもので貴方を参らせて何故行けないの?」という意味があるそうです。

ショーケースに並ぶ商品は多くないですが、店内は広く、ソーセージがぶら下がってたりと。
テーブル席もあり、買ったものをイートインする人がいるのかと思ったら、試食ができるそう。



で、試食。

全て種類が違うもので、初めに1つずつ説明されましたが、さすがに覚えきれません (;´∀`)

しかし、全てとても美味しかったです。
高山に来て飛騨牛なんて食べてる場合じゃないぞ、と思いました (´∀`)

で、トランブルーのバゲットのお供にリエットを買いに来たのですが、他も少し買いました。



ソオスィソン・フュメ・セック:1098円


薫製熟成の乾燥ソーセージ。

白カビ熟成の乾燥ソーセージが看板商品ですが、試食して最も美味しく感じたこちらを。
芳醇な香りと味。 適度な脂とスパイス。 どれだけでも食べれそうです。



リエット・デュ・マン・スペシャリテ:1050円


豚肉のリエット。


脂っぽさは少なく、クセもない上品なタイプ。 軟骨のかけらのコリコリ感が良いアクセント。
美味しいバゲットがあれば、これ1個でワイン2本イケます。



パテ・ドゥ・カンパーニュ・ア・ラ・メゾン:1296円


これも試食して、ちょっと変わったパテだったのでしっかり食べてみようと。
簡単に言うと、ゼラチン、脂、肉の3層。


リエットと比べると少し内臓系のクセを感じますが、数種のスパイスも細かくきいてます。
見た目ほどクドさもなく、普通の肉料理のように食べれます。

知人に写真見せたら気持ち悪いって言われたけど、そうですかね?
僕は美しいとさえ思ってしまいましたが (;´∀`)


このお店は良かったです。
試食ができるのも良いし、こちらから質問しない限りほっといてくれる接客も個人的に好きです。

ソーセージもパテ系も、ちょっと他のお店とは違う感じで、代用がきかない印象を持ちました。

通販でも買えるので、リエットが切れたら取り寄せ、他にもいろいろ試してみようと思います (´∀`)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_キュルノンチュエ(岐阜:デリカテッセン) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム