FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

本厚木ホルモンセンター(神奈川県厚木市) 

2018/12/23 Sun 15:15訪問
本厚木ホルモンセンター


沼津から厚木に移動し、ご当地グルメを食べようと、その名の通りホルモン焼きのお店へ。

酒屋みたいな外観で、中央に広い厨房、それを囲むようなカウンター席、奥にテーブル席。
若い女性スタッフが元気対応され、雰囲気のわりにスッキリして綺麗な感じの店内。



「厚木シロコロホルモン」なる物がB級グルメで名をはせてますが、こちらはシロコロはサブポジションで、「名物ペラペラ焼」なるものが看板商品になるよう。

よく分からないので、とりあえずメニューの上にある「ペラペラ焼」と「MIX焼」を。



1人用の焼き台が用意され、煙を吸う機器も完備。



お通しポジションに山盛りキャベツ、チャージ料は302円

「このキャベツは肉と一緒に食べるものである」「キャベツおかわりは自由にできる」などの案内あり。



ハイボール:54円

なんと19時まではハイボールが50円(税抜き)だそう。
どんな怪しいものだろうと1杯飲んでみるも、どうも普通にサントリー角っぽく、氷いっぱいでちょっと薄いくらい。

一応ビールも飲んでみたところプレモル確定で、アルコール類はちゃんとしているよう。



名物ペラペラ焼:421円

辛み成分がたっぷり備え付けられたニラがセット。
ペラペラ焼きはこのニラと一緒に食べるとのことで、追加オーダーしなくてもニラのおかわりは自由だそう。



MIX焼:1382円

当日のオススメ数種類で、こちらはタレに漬けてキャベツと一緒にとの事。



ペラペラ焼きのホルモンはペラペラしてます。



1つ1つ元気に説明してくれる店員さんによると、このキャベツで食べるのを「川崎喰い」と言うと。

「川崎喰い」の文字はメニュー表にも書いてありますが、川崎が地名なのか人名なのかは、興味ないし面倒なので聞きませんでした。

で、肉の質は良く分かりませんが、これはもう破壊力抜群のパンチで食わせるもので、食後はニンニクの風味しか口の中に残りません。

総合的に高いのか安いのかよく分からないお店でしたが、たまにはこういうのも良いなーと言う感じでした。


スポンサーサイト



category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

とんかつ ひなた(東京都新宿区) 

2018/09/17 Mon 11:00訪問
ひなた


トンカツを食べに激戦区の高田馬場へ。
超有名どころの1店は開店40分から大行列、もう1店は休日で、今回は第3候補のこちらにしてみました。

昨年1月に開店されたまだ新しいお店ながら、ミシュランガイドにも載ったそう。
オープンキッチンを囲むカウンターだけの小さな店舗で、開店前から中が丸見えなくらい、壁はほぼ窓という造り。



「とんかつは、ご馳走だ」がキャッチコピーのようですが、わりと控えめな価格設定。
さらにランチタイムは300円も値引きされるメニューがあり。



粘性の違うソースが2種、塩が2種、オリーブオイルも用意されており。



ランチ 上ロースカツ定食:1500円

1枚だけ断面を上にしての提供。


ご飯とキャベツは1度だけおかわり無料。
汁物はチャーシューが入ったお吸い物、プラス料金で豚汁に変更可。

なお、単品だと500円引きになるとの事。
普通はせいぜい200円程度で、500円とはかなり珍しい設定。



とても綺麗だなという第一印象で、赤身部分はスッと柔らかく、脂身はまさに蕩けるような食感。

下味らしきものは感じられず、甘みのある肉の味だけで充分に食べさせれる旨みがあり。
ピタリと張り付いて全く剥がれそうもない薄めの衣も、個人的には好印象。

何も付けなくても美味しく食べれますが、2種類の塩とソースも捨てがたい相性。
オリーブオイルは油と油になってしまい重さが出ますが、肉の部位によっては良いのかもしれません。

ランチタイムのサービス価格とは言え、この内容なら文句の付けようがなく。
いずれこのエリアの人気店は一通り行くつもりですが、またこちらに足が向いてしまうかもしれません。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

とんかつ桂(東京都小平市) 

2018/09/16 Sun 11:45訪問(11:15並び)



続いて国分寺まで移動して、駅から少し歩いてとんかつ屋へ。
常に行列のお店のようで、30分ほど外待ちでの入店となりました。

こじんまりして清潔感のある店内で、年配のご夫婦2人でやられており。
柔らかな物腰の店主と、気さくで明るい奥様で、 和やかな空気に満ちた雰囲気です。



メニューもシンプルに。



まずはお茶と一緒にお新香も出されますが、お新香はあまり見ない量の多さ。
味も綺麗でエグミがなく、これだけでビール数本飲んでいられそうなほど良いです。



とんかつが揚がる少し前にご飯と味噌汁。
ご飯も多めですが、味噌汁はさらに多く、具はたっぷりのナメコとネギに加え、大きな豆腐がドスンと入っており。



上ロースカツ定食:1600円


とんかつも負けじのボリューム感で、キャベツは山盛り。


肉はしっとり柔らかいですが、下味の黒胡椒の風味が強く出ており。
サクサクした衣も厚いため、食べていて肉より衣の方が印象的になってしまう部分あり。

肉の質で勝負しているわけではないと思われ、その分しっかり仕事されているのは伝わります。

これだけボリュームがあり、さらにご飯とキャベツは一度だけおかわりOKと、値段からは充分すぎる内容。

住宅街だけあって常連さんがほとんどの感じでしたが、雰囲気も含めて、もし近所なら並んでも通いたくなるようなお店でした。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

the 肉丼の店(東京都大田区) 

2017/05/03 Wed 19:00訪問
the 肉丼の店 蒲田店


三浦半島サイクリング後は、東京へ行っての2泊。
初となる蒲田は神奈川方面からだと川崎の次の駅で、大田区自体も初めて来たエリアです。

夕食は前もっての候補が3軒ありましたが、たまたま通って気になったこちらにしました。



肉丼だけなら興味ないですが、店頭に何やらインパクトのあるメニュー写真。
しかもけっこう安く、真偽を確かめるために入ってみることに。

店内はかなり狭く、目一杯に詰めて7席ほどのカウンターのみ。
後から調べたら都内で4店舗のチェーン店で、こちらは若い男性2人で営業されてました。

一押しはメガというボリュームのローストビーフ丼のようですが、ローストビーフは肉の質が悪いとキツいので、無難そうなチキンステーキの食券を購入。

が、食券を出すとチキンは売り切れとのこと。
仕方ないので同価格のポークステーキに変更しましたが、これは確信的ですかね (;´∀`)



絶品ポークステーキ丼(メガ):1450円

ポークステーキ3枚分ほどが並べられ中央に生卵と、ちゃんと写真通りの物がきました。



少量のキャベツが敷かれ、タレはご飯にはかかっておらず。

肉は柔らかく脂身少なめで、わりと手間をかけて下ごしらえしているのかなというような印象も。
塩ダレは市販の物と同じような感じで、軽いスパイス感やニンニクの風味で分かりやすい味。

器は広く浅く、ご飯は1合程度なので肉が主役の肉丼です。



このくらいの値段なら充分アリかなという感じでした。
ひょっとしたら、ローストビーフもわりと大丈夫かもしれません。

東京での食事はハズレも多いので、突発的にお店選びをするのなら、質よりも、量や安さを狙ったほうがリスク少ないかなと思ったりします。



2017年5月2~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6
三浦半島(サイクリング)
あさくさ食堂(鎌倉市:食堂)
しぶき亭(三浦市:食堂)
イルブリガンテ(鎌倉市:ジェラート)
肉丼の店(大田区:食堂)
駒沢公園(世田谷区:ランニング)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ニューオータニ(千代田区:ビュッフェ)
ターブルオギノ(藤沢市:カフェ)
香香飯店(三島市:中華)
小椿(沼津市:とんかつ)
すみの坊(三島市:うなぎ)
小川港食堂(焼津市:食堂)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

bob's ribs-SIRO-(東京都世田谷区) 

2015/06/05 Fri 18:15訪問
ボブズ リブズ シロ


夜食のパンを食べる前にどこかで軽く1杯と、三軒茶屋駅周辺をフラフラ散策し、骨付き肉の絵に惹かれてこちらのお店にしました。



リブなどの肉料理がメインのBAR。いわゆる肉バルです。



生ビール:540円、アミューズ代:432円。

生ビールはエビスでしたがジョッキ小さめ。
お通しは豚バラ肉をカリカリに揚げた感じで、いきなりの油・脂なヘビーさに思わずニンマリ。



枝豆のガーリックバター炒め:518円

メニューを見たとき、どういう形で来るんだ?と思いましたが、そのまま炒めるとは!
さっぱりしたツマミの枝豆を、重く高カロリーな食べ物にする発想が素敵です。



樽入りスパークリングワイン:518円

さすがにシャンパーニュとは味が違います。


オリジナル スペアリブ(コーラ煮込み):810円

お店の看板商品とのことで、BBQソースとコーラ煮込みの2種の味付けがあり。


箸で簡単に分解できるほどの柔らかい肉で、コーラがほのかに香ります。
脂身もしっかりあり、良く煮込まれた角煮のような口当たり。

肉を柔らかくするためのコーラ煮込みと思いますが、ジャンク感がたまらなく良いです。



ラムコーク:540円

カロリー追加。


バックリブ(はちみつ赤ワイン):421円

こちらもスパイシーとハチミツ赤ワインという2種の味付けがあり。


脂身がほとんどなく、噛みちぎるように食べる固さの肉。
そして、ハチミツ赤ワインは味も良いですが、余分なカロリー摂ってる罪悪感がたまりません。

骨を持って肉を喰らう感が良いです。


骨付きはちょっと違った肉の美味しさがあって好きですが、それ以上にお店の方向性がピッタリで良かったです。
僕は、健康を損なうために肉バルに行きたいのです。

三軒茶屋周辺で宿泊のときには、また背徳感を楽しみに行きたいと思います (´∀`)



2015年6月4~7日
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ルルソール(目黒区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
シニフィアンシニフィエ(世田谷区:パン)
かんな(世田谷区:カフェ)
ボブスリブジシロ(世田谷区:バー)
スドウ(世田谷区:パン)
プレジール(世田谷区:ケーキ)
ラトリエドゥプレジール(世田谷区:パン)
堀口珈琲(世田谷区:コーヒー)
袖ヶ浦フォレスト(袖ヶ浦市:レース)
いずみ食堂(木更津市:食堂)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム