FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

うなぎ處 吉辰(愛知県豊川市) 

たまには近所以外でうなぎを食べてみようと。



こちらも近所と言えば近所で、3kmほどの距離をママチャリで行ってみました。



この形はどう見ても「辰吉」で、何度か横を通った時には店主のお名前が辰吉なのか、それとも辰吉の大ファンなのかなーと思ってましたが、吉辰(きっしん)でした。

お店はとても綺麗で、ご夫婦2人でやられているよう。
調理場は見えませんがカウンター席があり、1人でも行きやすくて好印象。



メニューは重、丼、御膳、一品料理、ひつまぶしまで何でもあり、価格は東三河標準の控えめな設定。

ひつまぶしはいつものお店にはないので、ちょっと食べてみようとオーダー。



ひつまぶし(並):2580円

上/並とありましたが、いつでも来れる所なので並で様子見。


刻み海苔・わさび・刻みネギの薬味3種と出汁つゆ、香の物と肝吸いが付きます。


そんなに小さくないですが厚みはなく、ご飯が思い切り見えてしまうとやはり寂しいなと。
ただ、他店と比較すれば値段相応よりは少し安いかなと思えるくらい。

とりあえず最初はそのまま食べてみましたが、細かくなっているとうなぎの質感は分かりづらく。
地焼きで見た目からもパリッとしていると思いますが、ある程度の大きさでないと伝わりにくいようで。

タレは少量ですが別に用意されており、単体だと強烈に濃く、甘辛さに加えて酸味も感じられます。

分かりづらいながらも、食べさせる力を強く感じられ、近いうちに上うな丼を食べに来ようと思える味でした。



後はお馴染みの通りに。

ひつまぶしってネガティブな理由からできた物かなと思ってますが・・・
要は、そのままではイマイチな味を誤魔化すための味変みたいなイメージで。

実際に、美味しいうな丼でも、シンプルゆえに量が多かったり味が濃すぎると、単調で食べ飽きるときがあるのですよね。

数年ぶりに食べましたが、これはこれで魅力を感じられ、ひつまぶしも重点的に食べ歩いてみようかなと思いました。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

古畑(長野県諏訪市) 

2018/07/14 Sat 11:30訪問(11:00並び)
古畑


この3連休の週は長野県へ。
まずは諏訪湖1周ウォーキングをして、さらに近くの有名なうなぎ屋までウォーキング。

30分前に到着して一番乗りでしたが、開店時には大人数になり、店を出る時には10組以上の待ち状態でした。

店内は食堂系の雰囲気で、座敷の6人卓がメインのため相席もあり。



シンプルなメニューですが、パッと見でなにか違和感・・・

オーダーしてやっと気付いたのですが、松竹梅が通常とは逆設定でした。



特梅:5100円

一番乗りオーダーにて10分ほどでの提供。
重箱2段で、上段はかば焼き3枚。肝吸いと野沢菜付き。


下段はうなぎが中に入っており、タレはご飯にはかかっておらず、かば焼き定食のような感じに。



諏訪湖エリアは関東風・関西風入り乱れているらしいですが、こちらは蒸しの入った関東風。
開店前から焼かれる匂いを放出しており、蒸しまでスタンバイされ、オーダー後にもう1度焼いて提供と思われます。

蒸しは浅めなのかふわふわまでいきませんが、溶けるような柔らかさはあり。
タレは甘めの濃い目で、サラッとして付きまとうような感覚はなく、濃さのわりに後味にしつこさもなく。



中のまむし3枚は食感としてはそれほど変わらず。
この形で6枚なら、3枚のうな重と白焼き3枚のダブルオーダーの方が良かったかなと。

ちなみに、白焼き&ライスというオーダーも何人かいました。
関西風のお店では見たことがないですが、関東風ではたまに見るイメージがあります。

全体的には、いろんな好みの人に対してマイナス要素が少ないような、優等生タイプのうなぎでした。



2018年7月14~16日
日記1 日記2 日記3
古畑(諏訪市:うなぎ)
ぺぱん(茅野市:ジェラート)
けろっく(茅野市:パン)
六花(下諏訪町:ジェラート)
丸一(下諏訪町:とんかつ)
力亭(上田市:とんかつ)
ナガイファーム(東御市:カフェ)
のんのん(長和町:食堂)
桔梗(塩尻市:そば)
ムゥ(塩尻市:ケーキ)
ムゥ
奈良井ダム
味噌川ダム


category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

海鮮料理 みはる(静岡県御前崎市) 

2018/06/17 Sun 13:45訪問
みはる


清水から御前崎まで進み、せっかくなのでもう1食。

人気店のようで、14時閉店前のギリギリセーフで入店するも前に3組の待ちがある状態でしたが、さすがに一気に数組が出て行くところでひと安心。



ほぼ魚介のメニューですが、トンカツや焼肉なんかもあり。
ここでそんな物を頼む人いるのかなーと思ったら、近くでサイクリスト集団の数名が食べてました。



この日のオススメ的なメニュー。
せっかくなので、こちらの御前崎産のものからオーダーしてみました。



地魚カマ焼き:300円

何の魚か聞くの忘れまして、素人なので分かりません。


ホクホクッとした口当たりで、脂も乗っており、強めにきいた塩だけで美味しいです。
食べても何か分かりませんでしたが、知っている味からならブリに似ているかなと。



くえカマ焼き:1000円

分かりにくいですが、かなりの大きさ。


厚みもあって、もしあまり美味しくなかったら完食できないな・・と思ったほどのサイズ。


皮と身の間はプルプルしたゼラチン質で、どこかコラーゲンの塊のように。
味の方は、全体的に脂乗りよりは水っぽさに感じられ、かなり淡白な印象。

そのまま食べても美味しいとは感じず、レモン絞って、大根おろしと醤油ぶっかけで何とか食べきれました。

それにしても、珍しいため安くはない魚だと思いますが、たまたま大きな部分を出してくれたのか、値段を付け間違えたのではと思うほどのサイズ。


海鮮料理店と言っても、調理の方は家庭料理くらいの物で、大衆食堂になると思われますが、かえって良い感じでした。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

キッチンたうち(静岡市駿河区) 

2018/03/21 Wed 13:30訪問
たうち


少し時間があったので、何となくの気分でとんかつ屋に行ってみることに。
サラッと調べて、駅から徒歩圏内にあるこちらになりました。



昔ながらの大衆食堂の雰囲気で、メニュー表も年季が入って少しペタペタと。
とんかつの他にトンテキや生姜焼きもあって、キッチンの屋号通り洋食屋チックなラインナップ。

専門店ではない大衆食堂系のイメージからだと、全体的に高めの価格設定。



メニュー表の記述によると、店主さんは帝国ホテルで働いていたようで、期待できるのかできないのか・・

とんかつの並と上では600円の差があり、外した時のショックが大きいタイプのお店なので並の方を。



とんかつ定食:1530円


ロース肉は大きく厚さもあり。
静岡西部のこだわりの豚とか表記があったので、「とんきい」の浜名湖そだちですかね。

衣はサクサクと、肉は柔らかく脂が多めでジュワッとし、軽いスパイスの風味も。
肉が良いので塩で食べても美味しいトンカツではあります。

しかしトンカツ以外はあまりやる気ないのか、キャベツは弱々しく、付け合せのマカロニに味はなく、みそ汁はほんだしで、水もカルキ臭いと。

良い肉を使っている大衆食堂といった印象で、これはこれで新鮮でした。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

うなみ(愛知県西尾市) 

2018/03/04 Sun 12:00訪問(11:30並び)
うなみ


この日はうなぎを食べに一色方面へ。

開店30分後の訪問で2回転目に入れ替わりといったところでしたが、まだ7組ほどの待ち。
20席ほどの小さなキャパですが、うなぎ屋としては回転は良く、思ったより早く順番が来ました。

ちなみに、店内に入って名前を記帳して順番待ちのシステムです。



人気の秘密は、三河一色産のうなぎが破格の安さ。
並:1500円、上:1900円、特:2400円と、このご時勢に信じられない設定です。



鰻丼(特):2400円

こちらは特で1尾になりますが、大きな1尾でかなりのボリューム感があり、肝吸い付き。
ご飯はこしひかり使用で、炊き立てを提供するとの記載があります。



うなぎがはみ出しているとニンマリしちゃいますねー。



厚みもしっかりと。

焼き一発の関西風で、表面はパリッと香ばしく、中は脂も乗ってほどほどなふっくら感。
それほど特徴的な部分はないですが、炭火焼きでもムラが少なくしっかりした火の入り方。



タレは濃い目の甘辛さですが、全体量が少なめでしつこさは全くなく。
ご飯は熱々で固め、米自体に旨みが感じられ、うなぎよりも絶妙な仕上がりに感じられるほどでした。


これくらいの値段と量なら、有り難がらずガツガツとうなぎを食べれる喜びがあります。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム