食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

うなぎ 桜家(静岡県三島市) 

2017/06/11 Sun 18:15訪問
桜家


自転車旅の最後は三島のうなぎでシメ。

老舗の有名店で、店頭には2人の警備・案内係りがおり、ボードに名前を買いて、無線で店内と連絡を取り合って準備が出来次第入店みたいなシステム。

お昼時には行列が当たり前らしいですが、この時はすんなり入れて半分くらいの埋まり方でした。



うなぎだけでなく天ぷらなどもあり、単価は比較的高め。



うなぎ重箱(4枚):6000円

丼と重は容れ物の違いだけと思いますが、4枚のある重の方を。


2枚2枚で重なってビシッと決まった感じ。
うなぎ自体は大きく、何となくキレイな味がしそうだなというタレと焼き色。



箸ですんなり切れるような柔らかさで、いわゆるふわとろ系。
臭みや脂分のクドさなどのネガティヴな要素が一切ないクリアな味。

固めに炊かれたご飯も美味しく、タレは甘み辛味ともに控えめであっさりと。
自家製なのか山椒の香りがとても良かったです。

かなり優等生なタイプで、また食べたくなる感じではないですが、安全策なら間違いないイメージです。



2017年6月10,11日
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ターブルオギノ(藤沢市:カフェ)
イルブリガンテ(鎌倉市:ジェラート)
桜家(三島市:うなぎ)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

すみの坊(静岡県三島市) 

2017/05/06 Sat 14:00訪問
すみの坊 本町店


三島に戻ってうなぎを。
うなぎの有名な地域なため、老舗の名店と言われるお店も多々あり、その1つのこちらへ。

いくつか支店を出しているようですが、本店のこちらは小さな店舗。
2階にテーブルと座敷が10卓ほどあり、すれ違い困難な狭い階段での順番待ちでした。



基本メニューは丼or定食。

単価は比較的高めで、並でも3千円超え。
上、特上となるにつれ約1.5倍、約2倍と、比例して値上がりしていく感じ。

心理学的に「松竹梅の法則」「極端回避の法則」とかありまして、多くの人は三段階の真ん中を選ぶ傾向。
これくらいの価格差で、最初で最後の可能性が高い旅行客は、なおさら真ん中のグレードを選びやすいかと。

逆にお店側は、一番売りたい形を真ん中に設定しているかなと思われます。

なんて振りをしておきながら、うなぎはいつも迷わず一番上をオーダーです。



特上うな丼:6048円

おおー、はみ出てます。
しかし、この丼の大きさは? 吸い物の器との比較でも明らかにおかしいぞと。



蓋を開け。
うなぎ自体は大きくて、2切れで1匹といったサイズ。そしてご飯が2合レベル。

オーダー時に「特上はご飯も多くなりますが・・」との案内がありましたが、案内ではなく忠告だったとは (;´∀`)



大きいもののちょっと薄め。 炭火焼きではないようで、ムラの少ない綺麗な焼き色。
10分弱で提供されたので、蒸しまで入れておき、オーダー後に仕上げの蒲焼きなのかと予想。

表面はカリッとした歯応え、中は少しむっちりしたような口当たりで、一瞬カヌレを思い浮かべてしまいました。

富士山の湧水によるものかクリアな感じで、さらに力強い肉感が印象的。



ご飯は米自体も美味しく、固めに炊かれて良い感じ。

タレは甘めで少量しかかかってないですが、別に用意されておりお好み調整可能。



中にも1切れ入って2匹分。
おそらく並を1人前として、上が1.5人前、特上が2人前と、うなぎもご飯も同様に増えていく感じのよう。

うなぎ屋の客層は年齢高めなので、並でも多すぎな感じで、特上を食べきれる人は少ないのではと思います。 
僕も最初から知っていれば、並&白焼き単品にしてました。

まあ、量を考えても比較的高い価格設定ですが、味の方はかなり良かったです。

やはり水は重要なんだなと、そう思わせるうなぎとご飯でした。



2017年5月2~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6
三浦半島(サイクリング)
あさくさ食堂(鎌倉市:食堂)
しぶき亭(三浦市:食堂)
イルブリガンテ(鎌倉市:ジェラート)
肉丼の店(大田区:食堂)
駒沢公園(世田谷区:ランニング)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ニューオータニ(千代田区:ビュッフェ)
ターブルオギノ(藤沢市:カフェ)
香香飯店(三島市:中華)
小椿(沼津市:とんかつ)
すみの坊(三島市:うなぎ)
小川港食堂(焼津市:食堂)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_すみの坊(静岡:うなぎ) 
TB: 0    CM: 0   

高はし(東京都中央区) 

2016/09/21 Wed 9:00訪問
高はし


続いては焼き魚も食べておこうと。

生魚が食べれないだけで、火が入っていれば問題ないのですが、お店で魚を好んで食べることはなく。
なので、魚に関してはど素人で、美味しい・普通・不味いの3つでしか判断できません (;´∀`)



生・煮・焼き魚となんでもあるようですが、サンマ塩焼き定食2500円?

少し並んでおり、待ちの間に食べるべきか悩もうと思ってたら、わりとすんなり入れる流れに。



新さんま塩焼き:2000円

で、仕方なくオーダー。単品価格は500円引きのよう。

大きいと言えば大きいですが、細長い魚なので知れた大きさではあります。



意図的だと思われますが中心部は焦がし気味に。
身の方は素人からしても脂がしっかり乗っていることが分かり美味しいです。



全体的にはそれほど塩が強い感じはないですが、尾は塩まみれで、ここは食べるのか?



禁断の内臓の部分ですが、なんか緑色のゼラチンみたいなものが・・
が、特に違和感はなく、肝の部分もプルンとして苦味も少なく美味しく食べれます。

いつもこの内臓部分を食べると気分悪くなりますが、ほとんどクセを感じず。
これは鮮度とかそういう問題なのでしょうか (;´∀`)



ひょっとして頭も食べれる?

今まで食べてきたサンマと比べれば段違いの美味しさでしたが、魚好きではない僕にとっては、金額ほどの価値は感じれず、また食べたいと思えるほどではなく。

もっとも、どんな魚料理でもそう思わないのかもしれませんが (;´∀`)

素人には難しいメニューでしたが、常連っぽい方も食べてたので良い物なのかも知れません。



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

曽我の軒(愛知県豊川市) 

豊川稲荷の表参道。
観光客しかいないこの近辺を開拓してみようと、フラフラと散策。



今回はうなぎ屋さん。
こちらに決めていたのではないですが、呼び込まれたので入ってみました (・∀・)



一色産のうなぎを毎朝仕入れてこちらに移すそう。
せっかくの見せるための設備ですが、潜っていて全く見えません (;´∀`)



うなぎ料理のみの専門店ではなく、菜飯田楽など郷土料理もあり。
さらにご当地物として、うなぎのいなり寿司なんかもあります。

田楽とのセットメニューをオーダーしてみました。



でんがく付きうな丼:2150円


うなぎは3切れで、ご飯の量も控えめ。


田楽は2本で、うな丼単品との差額だと250円。


捌き置かれていたと思われますが、開店直後だったので特に違和感はなく。

火入れは焼き1発でしっかり仕上がって、皮はパリパリして香ばしく、中はふっくら感もあり。
タレは甘さ・辛さ控えめでバランスが取れており、量も少なく、全体的にあっさりした味です。



こちらはカラシが多めですが、味噌の甘みと絶妙のバランスで美味しいです。
ただの豆腐ですが、なかなかバカにできない料理だと思います。


黙っててもそこそこ客は来る立地なので危険覚悟でしたが、思ってたよりはるかに良かったです。
値段も高くなく、接客も丁寧で気持ち良く食事できました。

次回はうなぎのいなり寿司をテイクアウトしてみようと思います (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

川安(愛知県豊田市) 

2016/05/21 Sat 10:00,11:00訪問
川安


うなぎを食べに足助まで。
愛知県でも有名店なうなぎ屋で、毎日行列のできるお店のようです。

ただ、店頭に並ばなくても順番待ち用紙に記名し、頃合いを見計らってお店に行けば良いシステム。
開店前に行って前半の順番であれば、開店時間までどこかで時間を潰せます。

で、1番乗りだったので他で時間を潰し、5分前にお店へ行き、開店時間ぴったりに名前を呼ばれ店内へ。

古い一軒家のお店なので、大衆食堂っぽい雰囲気です。



メニューは極めてシンプル。



うな丼(特上):2900円

うなぎは上にドカッと乗り、中に小さめな2切れが入っているので1匹+αくらい。



開店前から明らかに焼かれている匂いがしており、出来合いを乗せて出すだけと思ってました。
が、提供まで10分ちょっとかかり、出てきたものは焼きたてのよう。

どうやら白焼きをしておき、オーダー後に本焼きかと。
関東風だと白焼きまでやっておく、蒸しまでやっておくなどあるようですが、関西風では珍しいです。

それもあってか、皮はパリパリしてなく控えめな固さ。
中はふっくらして脂も適度に落とされ、少し蒸されたような感覚を受けます。

まあ、この2度焼きは早く提供して回転率を上げるためかもしれません。
大行列のできるうなぎ屋さんは、オーダー後に捌くのはムリかなと。



タレは黒みが強く、凄い味がしそうでしたがそうでもなく。
味は濃いというか、力強さはあるもののキレも良く、一朝一夕ではできないだろう深みも感じます。



元々パリパリ感がないので、間蒸しの入った中のうなぎは中途半端な食感に感じました。



肝吸いの肝は軽く焼かれており、個人的にはこの方が好みです。


期待していたほどではなかったものの、美味しいうなぎでした。
ボリュームがあって値段も安いので、満足感はあります。

並んでまで食べるほどではないですが、自転車で行きやすい場所なので、気が向いたらまた行こうと思います (´∀`)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム