FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

OGINO(東京都世田谷区) 

2018/09/16 Sun 19:00訪問
オギノ レッドアンドグリーンレストラン


今回は通常営業日にて。



アミューズからスタート。



とりあえずでもなくビール。

特殊な製法のためか毎回微妙に味ブレのあるビールですが、今回はかなりライトな方向。
それが上ブレか下ブレになるかは好みによると思いますが、個人的には物足りない感。

普段はこれを2〜3本スタートですが、今回は1本だけで。



その後はこちらで最後まで。
柑橘類の入る白ビールですが、ニュアンスとしては桃っぽい風味があります。

フランス料理店でビールだけ飲み続けるのもどうかと思いますが、ワインに興味ないビールオタクなもので。



お好きなだけパテ・ド・カンパーニュ・クラシック

一品目は初心に帰って定番品をチョイス。
ワイルドな粗さのある食感で、ターブルの物と違って豚の風味で押してきます。

なお、品名の通り好きなだけ量を指定できますが、1日中食べ過ぎていたので控えめに。
ほんのステーキ1枚分くらい、他店のメイン料理くらいの量です。



サンマのベニエ 内臓と茄子のソース


揚げたサンマを食べる機会はあまりないですが、ダメな事もあり得ない。
サンマの内臓とナスのソースはグロい見た目ですが、ガーリックもきいて良い感じの旨みが出ており。



長野県産 イノシシのソテー 黒コショウ風味


1頭を解体したばかりの物で、チョロッと骨が付いてます。

ほぼ赤身で、厚みも凄いためミシリとした噛み応えですが、固いという感じではなく。
一方で少しある脂身はサラリと溶け、骨との接点はコリコリし、いろいろと面白みのある食感。

味の方は凝縮された肉の味わいがドンと。
豚や牛とは違い、獣を思わせるような匂いはあるも臭いわけでなく、ただただ肉肉しいと言った感じです。



焼き立てマロンパイ 塩キャラメルバター

焼き立てパイにアイスクリーム乗せは、これ以上ないレストランデザートかなと。

今回は追加オーダーなしの基本コースでしたが、いつものように質も量も大満足でした。


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆_オギノ(東京:フレンチ) 
TB: 0    CM: 0   

OGINO(東京都世田谷区) 

2018/08/05 Sun 18:00訪問
オギノ レッドアンドグリーンレストラン


今回もイベントデー。



「レッドデイ」と銘打たれた、スペシャル肉料理オンリーのコース。
これまでも何度か開催されてますが、主に平日のため行けず、今回が初になりました。



オリーブポークの自家製ハム

アミューズもレアな豚のハムにて。
オリーブの香りは感じませんでしたが、味に力強さのある肉質でした。



馬肉と夏牡蠣のタルタルステーキ

馬肉はほぼ生で、牡蠣は少し火が入っているよう。
少し淡白になる赤身の馬肉を、牡蠣の濃密なミネラル感が味わいを深めるように。

ジャキジャキッとした薬味の野菜のアクセント、香辛料の風味も良いです。



博多地鶏のローストチキン レバー添え トランペット茸のムースリーヌ

噛み応え良くジワジワと旨みの広がる鶏で、ムネとモモの部位の違いも楽しめて。
臭みの少ないレバーはパサつきが一切なく肉感を残した仕上がりに。

バターや玉子のコクが濃厚なソースにキノコ風味が加わり旨み倍増、鶏との一体感も抜群です。



鴨胸肉のステック・アッシェ ハチミツと胡椒のソース

簡単に言ってハンバーグかなと思ってましたが・・


ひき肉よりは肉感があり、パリパリの表面の反面、中身はほぼ生の状態。
そして完全な赤身肉で、つなぎも一切ないので、これ以上ないほど肉の味がダイレクトにきます。

濃厚な旨みに、これまで経験した事のない例えようのない食感という未知の領域。
甘みとスパイス感のあるソース、ラタトゥイユとの相性も完璧でした。



タルト・シトロン仕立てのパフェ シャルトリューズ風味のインカベリー添え

デザートはさすがに肉料理ではなく。


焼き色を付けたメレンゲ、ねっとり濃厚な甘酸っぱさのレモンクリーム、ほおずきがコロコロッと。
鮮烈な酸味がどっしりした肉料理の余韻を引き締めます。


かなり重厚な感じになるのかなと思ったら、高たんぱく低脂肪のスーパーアスリートフードばかりで、なおかつ珍しい料理が美味しいと、非の打ち所がありません。

今回は運動してない上に、朝から飲み続けてお腹が張り気味なため通常量でしたが、落ち着いてじっくり味わうならこれくらいで良いかなとも思いました。



2018年8月4~6日
日記1 日記2 日記3
ソラノイロ(千代田区:ラーメン)
みはし(台東区:甘味)
谷中ビアホール(台東区:バー)
チキンマン(台東区:デリカ)
ジャンボドネルケバブ(台東区:デリカ)
うさぎや(台東区:和菓子)
マンマミア(文京区:ジェラート)
常陸野ブルーイング(千代田区:バー)
じゃんがら(千代田区:ラーメン)
フェブラリーカフェ(台東区:カフェ)
ふなわかふぇ(台東区:カフェ)
浅草メンチ(台東区:デリカ)
豊福(台東区:デリカ)
隅田川ブルーイング(台東区:バー)
亀十(台東区:和菓子)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
スプリングバレー(渋谷区:バー)
ファーイースト(渋谷区:バー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
しゅういち(渋谷区:ラーメン)
よなよな(渋谷区:バー)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆_オギノ(東京:フレンチ) 
TB: 0    CM: 0   

giocare(愛知県豊川市) 

一宮町、金沢交差点のところにあるイタリア料理店。



けっこう昔からあり、自転車では良く通る道沿いで気になってましたが、ジャージ姿で入って良いお店なのか分からず、これまで機会なく。

ド田舎と言ってよい所なので、イタリア料理店と言いつつ喫茶店みたいな感じだろうと思ってましたが、ちゃんとレストランしてました。

ご夫婦2人でやられているようで固さはないですが、自転車ジャージはないし1人もないかなという雰囲気で、思い切って入らなくて良かったです。



メニューは昼夜同じのようで、価格控えめなコース料理が1種。


セットメニューが2種類。
他に単品でパスタや一品料理が豊富にあり、サラダやデザートなどをセットにする事もできるよう。

ゆっくりコースを食べている時間もなかったので、セットの2種類と単品を少し。



単品オーダー。キノコたくさんにデミグラスソース。



単品オーダー。ジャガイモとチーズでハズレようがない物。



同行者がチーズ好きなもので、こちらも単品オーダーのチーズのリゾット。
薄くスライスされているのもチーズで、ボリュームあります。



パンも自家製との事で単品オーダー。
黒糖・クルミ・レーズンと3種で、それらが邪魔にならない程度にちゃんと食事パンです。



ジョカーレ1プレート。

パニーニがかなり大きく、パスタもハーフ以上、キッシュまで付き、他も量は少なめながらどっしりした料理のため、少食の方だと多すぎる量。



チキンプレート。

こちらもチキンがドカッとあり、リゾット、ポテト、玉子にサラダと、ボリューム自慢の定食屋よりキテます。

てっきり少量がチマチマ乗ってる1プレートメニューと思って、いくつか単品オーダーしたのですが、こんなにどうするんだ?みたいになってしまいました。



ローストビーフのパニーニ。
軽めのバゲットで焼き目は内側に。具だくさんで、かぶりつけないサイズです。



シンプルなトマトソースのスパゲッティで、パスタは全て自家製だそう。

単品メニューではパスタの種類とソース別で20種類ほどあり、単品で1つ何頼もうか迷いすぎて後回しにしたのですが、危険すぎる量になるところでした。



ハーブがしっかりきいたチキンが2枚。



トマトリゾットも茶碗1杯分くらい、ポテトもMサイズほどで。

種類を選べないセットメニューだけに、誰にでも馴染みのある料理にしていると思われ、さすがにオッと思わせるものはないですが、どれも安心できる美味しさでした。



ティラミス。

最初に全オーダーした時も少し心配そうな顔をされた気がしましたが、デザートを運んでくる際には「別腹大丈夫ですか?」と聞かれてしまいました。


この日のデザートは2種類で、もう1つのベークドチーズ。
ケーキは自家製ですが、アイスも自家製のようで、素朴さがあり無添加の質感。

ちなみにデザートはセットメニューの別料金ですが、たったの200円。ついでにドリンクも多めでした。


同行者が少食なので1人でかなり食べましたが、珍しくお腹いっぱいになりました。
いろいろと良い意味で期待を裏切られた、近場では貴重なお店で、今後は機会を作ってなるべく行こうと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

OGINO(東京都世田谷区) 

2018/06/16 Sat 18:30訪問
オギノ レッドアンドグリーンレストラン


夕食はハンバーグを。



この日はシェフ不在のイベントデーで、メインに和牛ハンバーグのコース。
アミューズ、前菜2品、ハンバーグ食べ放題、デザート、ドリンクといったメニュー。



オランダ産 極太ホワイトアスパラガスの温製 オランデーズソース

こんなアスパラあるんだ・・と思うほどの極太。
そのホワイトアスパラにたっぷりのソースを合わせただけのシンプル極まりない1皿。

アスパラはジャクッとした歯切れから強めの香りと甘み。
レモンの爽やかさとバターのコクがしっかりのソースとも抜群の相性で、味わいはシンプルにしてディープ。

魅力的なラインナップの前菜から、アスパラ1本を選択するのはもったいない気持ちもありましたが、食べてみると未練が断ち切れました。

ついでに言えば、オランデーズソースだけでもバゲット1本分食べれます。



バスク産 ナチュラルフォアグラのコンフィ ブリオッシュ添え

かなり昔に初めて食べたフォアグラは、あまりの臭さで吐き出すほどでトラウマでしたが、すっかり好物へと。


自然に飼育された鴨の肝臓だそう。

無理やり肥大させられてないからなのか、ガチョウでなく鴨だからなのか、調理の問題なのか分かりませんが、臭みと感じる要素が全くなく。

ねっとりして、口の中でバターのようにジワリと蕩けながら脂っぽさがなく、何かのマリネなのか華やかな果実味も。
蜂蜜の甘み、レーズンのアクセント、そしてブリオッシュもとても美味しく、全てがマッチします。



秋田県産黒毛和牛ハンバーグと自家製デミグラスソース


いつものステーキ同様に綺麗な火入れ。
カットした瞬間に怪しげな脂が溢れる・・なんてことはなく、赤身肉しか詰まってません。

ミシミシッとするような食感とハンバーグらしき柔らかみ、牛肉の旨みは言うまでもなく。
デミグラにも肉の旨みと香ばしさがあり、美味しさ2倍の勢いに。



おかわりは重ねバージョンで。



愛知県産オーガニックアプリコットのタルト ラベンダー風味

甘く煮込まれた杏子に、ラベンダーよりアニスっぽい風味が強めに。


人生最高のハンバーグで、今回も大満足のイベントデーでした。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆_オギノ(東京:フレンチ) 
TB: 0    CM: 0   

OGINO(東京都世田谷区) 

2018/05/26 Sat 18:00訪問
オギノ レッドアンドグリーンレストラン


2ヶ月ぶりで。

いつもは別オーダーでの肉攻めコースですが、今回は魚料理を目当てに。
さらに、シェフ自信作のデザートがいくつかあるとの事で、そちらを攻めてみようと訪問。



アミューズ。
豚のリエットは美味しいですが、パンは料理のソースを拭うのに精一杯。



イワシとジャガイモのクレープ トリュフ風味 ベーコンのソース

今回の一番の目当てはスペシャリテのこちら。


ジャガイモをクレープにしてイワシに包み、泡立てたベーコン風味のスープにはトリュフまで香らせて。

ジャガイモ大好きで、ベーコンもまあ好き、トリュフは言わずもがな、・・ですが、イワシは好きでない。
しかし、この形になると脂の乗ったイワシが・・・イワシ旨っ!とつぶやくほど。

この1皿だけでも、遠くからわざわざ食べに行く価値があります。



仔ウサギのポルケッタ ハワイ産パパイヤ添え

何でも野ウサギはかなり臭いらしいですが、こちらは食用の飼育なのか全く臭みなく。


相当な手間のかかっている料理だそうですが、味わいの方は鶏ハムっぽいようなシンプルさ。
内臓系も入ってコクがありつつクセはなく、強めの塩気とパパイヤの甘みが絶妙のバランス。

なお、本来は豚で作る料理で、ウサギではまず食べられないようです。



ホタテのムースを添えたスズキのパイ包み焼き ショロンソース

こちらも今回の目当てのスペシャリテ。


パイ生地の中にホワッとしたスズキ、さらにホタテのムース。

サクサク香ばしいパイを抜けると魚介の風味が溢れ、個人的に苦手な部類の匂いですが、純粋な旨みが勝ちます。
卵黄やバターのコクに、トマトやレモンの酸味、ハーブの香りなど加わったソースも絶妙のアシスト。



フォアグラとセップ茸、豚コラーゲンの網脂包み焼き

イメージのできないメニューですが、ソーセージの中身になる部分をそのまま焼いたものだとか。


ブチュブチュッとコラーゲンスープを溢れさせながらカットし、見た目はほぼハンバーグ。
フォアグラがねっとりしたコクを出し、ポルチーニの芳醇な香りがふわりとする恐るべきハンバーグです。

トリュフ香るマデラソースがさらなる贅沢感を出し、見た目や実量以上に満足できる料理でした。



パフェ・ピニャコラーダ

飲んだことはないですが、ピニャ・コラーダというカクテルがあり、それをパフェ風に。

たっぷりのパイナップルはラムをきかせつつミントの清涼感も。
ココナッツ風味のパンナコッタがトロピカルさを増長させ、さらにガツンとラムのきいたラムレーズンアイス。

カクテル以上にアルコールきいてるんじゃないかなーと思うほどパンチがありました。



フランス産赤桃のコンポート 厚焼きクレープ ベルベンヌのアイス

赤色の桃を赤ワインでコンポートされ、紫がかった真紅に。
わりとしっかりめの食感があり、酸味も強めで、日本の一般的な桃ではなくスモモに近いかなと。

ボリュームのある熱々の焼きたてクレープ、ハーブ系の香りのある冷たいソルベとのコントラストも面白く。



キイチゴのピュイダムール


パイ生地の器にたっぷりのクリーム、中にはアイス状になったフランボワーズ。

パイはサクサク香ばしく、甘くねっとりしたクリームはリキュールやアニスの香り、甘酸っぱいフランボワーズ。
食後のデザートとしてはボリューミーでいろいろ詰まっており、これ1品でも満足度高いです。



長野産リュバーブとイエローフランボワーズのタルト

初めて食べる黄色いフランボワーズは、原型ではないのではっきり分かりませんが、甘酸っぱさは控えめかなと。
リュバーブも入るので酸味強めと思ったら、ホワイトチョコがトッピングされており良いバランスに。



僕のトロトロプリン

こちらは定番品。
狙ったのか失敗なのか分かりませんが、レアバージョンとの事で、崩れたのもあってかサービスで。

普通の状態でも品名どおりトロトロですが、こちらは限りなく液体に近い状態で、とてもリッチな味わい。

豪華なデザートメニューからプリンは選びにくいですが、プリンという食べ物としてはかなりの美味しさ。
料理もですが、デザート1品でもかなりのボリュームで、少食な方はプリンにしておいた方が良いと思います。

そんなこんなで、今回も質・量ともに最高の食事でした。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆_オギノ(東京:フレンチ) 
TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム