食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

豊市パン(愛知県豊橋市) 

こちらもジェラート店と同じく「ココラアベニュー」内にあるパン屋さん。

近くにある「ホテルアークリッシュ豊橋」の運営にて、今年の6月にオープンだそうです。



わりと広くスペースが取られており、こういった施設内のパン屋としては珍しくリーン系のパンが多め。
隣のエリアに飲食スペースがあり、そちらでイートインも可能のようです。

いろいろ買ってみたかったのですが、この後の予定もあり、小さめのパンだけいくつか。



クロワッサン:238円


カッチリ巻かれているので表面はザクザクッと、中は大きな空洞もあったりでスカスカ感あり。
発酵バターがたっぷりで、強く焼かれているので、個人的には少し臭みを感じるくらい。

表面のしっかりした食感と味の濃さで、食べ始めの瞬間に美味しい要素ありますが、よく味わうと軽いです。
決して悪くはないですが、これくらいのサイズ/価格のクロワッサンなら、もっと良いお店はたくさんあります。



クロワッサン・オ・ダマンド:346円


カリカリに焼きこまれながら、表面のダマンドは緩くてクリーミーさもあり。
生地はシロップが打たれしっとりしており、ふんわりとラムが香ります。

甘さは強めでアーモンドの香ばしさもあり、ラムの香りも良いですが、こちらも内容からは割高感あります。



プティブリオッシュ:86円


1口サイズのブリオッシュで、卵の臭みはそれほどなく、発酵バターのコクとミルキーな甘み。
表面はカリッと香ばしく、中はふんわりとし、パサつき感はややあるものの口溶けは良いです。



パン・コンプレ:86円


石臼挽きの全粒粉を使っているとのことで、ときおり粒子を感じられる食感。
香りもなかなか良く、そのままでも問題なく食べられる味です。



豊市の塩パン:130円

パンドミ生地で作ったクロワッサン型のものだったかなと。


ソフトな歯応えですが、ムニムニした感じの軽いもっちり感があり。
中心部に発酵バターがたっぷりすぎるほど入り、チーズのような味わいに。

塩も良い感じのアクセントで、分かりやすい美味しさがあります。



麦の香り:194円

バタールを丸く小さめに作った物とのこと。


国産小麦と思われ、品名にするほどの麦の香りはなく、味わいも希薄な印象。
カリッとしたクラスト、バリッとするクープの入った部分、もっちり感のあるクラムで食感は良いです。


東三河では高級になるホテルの運営なので、材料はそれなりにちゃんとしているようで。
今回は都合により買えませんでしたが、バゲットやパンドミは1度食べてみたいかなと。

ちなみに1階の中華レストランで食事したことはあるものの、この店舗のある2階に入ったのはこの時が初めて。
アンティークがあると記憶してましたが、閉店したようで、代わりにこちらのパン屋がオープンという事ですかね。

アンティークより悪いことは絶対にありえないと保証できます (・∀・)


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Natural country cake chacha(愛知県新城市) 

先日の軽トラ市で購入したお菓子。



実店舗は新城の山奥で、1本道は違いますが「阿寺の七滝」近辺にあり。
過去にサイクリングで2度寄ってみたものの、ともに臨時休業、そのうち1度はこの軽トラ市に出店中でした。

で、今度はたまたま通った軽トラ市にて購入の機会。



ラズベリー&アーモンド:120円


表面はガッシリした感じの歯切れで、全体的な食感は軽め。
ジワーッと優しい甘みが続き、ベリーやアーモンドは穏やかなアクセント程度です。



オーガニックアールグレイ:120円


こちらは少しモフッとした歯応えで、この手のお菓子にありがちな、まとわりつく感じはない口当たり。
上の物と同様にきび砂糖の甘み、小麦・バター・玉子など素材の風味で押し、アールグレイは軽く香る程度に。



和栗と珈琲:250円


粗めな生地は全粒粉が強めに香り、ボソッとするようでしっとり感もあり。
染み込ませていると思われるコーヒーははっきりした味はなく、言われてみればコーヒーかなという程度。

中には細かな栗が入りますが、こちらも主張は弱めで、ちょっと捉えどころがないです。



南瓜とクリームチーズ:380円


やや粗めなタルト生地はホロホロした食感で、ガワの方はカリカリッと。
バターは入ってないようで小麦粉と全粒粉の素朴な味わい。

カボチャとチーズも中央に少量入っているだけで主張は弱く、穏やかなダマンドの風味主体のタルトです。



有機ダークチェリータルト:380円


こちらも同様ですが、シナモンが香るため分かりやすさはあり。
グリオットは中央奥の方に1粒で、ほんのりキルシュ香りますが、驚くほど優しい味でした。


有機など自然な材料へのこだわりが第一のようなので、素朴といった言葉がぴったりなイメージ。
味だけを求めると物足りなさはありますが、そう言う物だと考えて食べれば良いです。

変な物は身体に入れたくないサイクリング途中には良く、機会があればまた寄ってみようと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

madame GARETTE(愛知県豊橋市) 

前日に続きマダムガレット。

20150510124609942.jpg
今回はパンとベーグル編です。



クロワッサン:178円


日によりますが、パンは3種前後あるよう。
クロワッサンは大きめのサイズで層も細かいですが、サクサク感は少なくバターの風味も控えめ。

バターが少ない感じで、無難に美味しいですが専門的に比べると少し劣る印象です。


 
バジルオリーブチーズ:248円

食べた瞬間バジルとオリーブオイルの風味がふわっと香り、その後に生地の甘みがジワジワと。
チーズはモッツァレラらしき風味ですが、主張は控えめです。


 
マロンクリームチーズ:238円

栗は粒を少し残したペーストで、クリームチーズを添えている感じ。
ほのかな渋みとチーズのまろやかさを上手く合わせてます。


 
クルミのコーヒーヌガー:248円

食感のいいクルミに、ほろ苦いコーヒー味のキャラメルを絡ませたもの。


 
チョコオレンジ:238円

チョコ生地にオレンジピールを散りばめたもの。


ベーグルはちゃんとした包丁を使わないと切れないくらい固いですが、中はそこまででもなくもっちり。
噛めば噛むほど味が出るので、いろんな意味で食べ応えがあります。

また、バターを使ってないので、ヘルシー志向の方にも良いかと思います。

ここだわりも感じ、素材もちゃんとして安心で、値段も高くはなく、このエリアではオススメです (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

madame GARETTE(愛知県豊橋市) 

豊橋市西羽田町のケーキ屋さん。


純粋なケーキ屋の感じではなく、タルト・焼き菓子・ベーグルなどを販売するお店で、お綺麗なマダムがオーナーシェフの、シックで品のある店内で 何度か訪問してますが、客の年齢層は高めの印象。

タルトとベーグルを買いましたが、まずはタルト・ケーキ系。



タルト オ フリュイ:508円


フルーツタルトは数種類あり、これは一番華やかなミックスフルーツ。
タルト・ダマンド・カスタードクリーム・フルーツ数種類の豪華な作り。

タルトは固すぎず柔らかすぎずでサクサク感もほどほど、バターの風味が強く香ばしいです。

ダマンドもカスタードも美味しく、フルーツ各種もみずみずしく。
万人受けしそうな王道的フルーツタルトです。



アナナス:443円


パイナップルのタルト。
こちらは常温のタルトで、個人的にこのお店で一番好きな商品です。

タルト・ダマンドの香ばしさにココナッツ香るパイナップルの甘酸っぱさで、一体感がすごく良いです。



リュバーブラウン:432円


品名がうろ覚えで違ってるかもしれませんが、ルバーブのタルト。

ルバーブは赤みの強いタイプのもので、シャキシャキして甘酸っぱさあり。
玉子の味が強いフィリングやルバーブの繊維質で、スイーツ系と食事系の間くらいの印象。

伝統的なフランス菓子ですが、これを売っているお店はあまり見たことがないです。



タルト オ ショコラ:454円


ガナッシュだけの正統派チョコタルト。

濃厚なビターチョコで、かなりの量ながらクドさや嫌らしさはなく。
生地は微妙な固さで、もう少し焼きが強い方が良いと思いますが、その辺は好みの問題ですね。



サバラン:454円


ケーキも日替わりのように出ますが、この日はサバラン。

ブリオッシュ生地に生クリームをサンドし、たっぷりのラム酒で浸されてます。
アルコールはガツンと来る感じではなく、ジワジワ来るような感じで、大きな特徴はないですが美味しいです。


タルトは冷蔵・常温合わせて15種ほどありますが、物によって生地の焼きが違う感じ。
商品によって焼き込み方を変えているのだと思いますが、カリカリのものはなく、全体的にはやや浅めかと。

時期によって商品が変わるのはもちろん、暖かくなると常温のものは減らし、管理の難しくなる真夏は、1ヶ月以上休業するという徹底ぶりで、少し前にバターが品薄だったときも休業してます。

常温のタルトが主力な印象ですが、生ケーキも正統派のフランス菓子を作られる東三河では貴重なお店。
個人的には、パティスリーを名乗るお店では東三河で一番だと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

LA PETITE MAISON(愛知県豊川市) 

ちょっと近くまで行ったので寄ってみました。


個人的には地元近辺で安心してケーキを買えるのはここだけです。


生ケーキ3品だけ。


サンマルク:345円


2種のクリームを生地でサンドし、表面はキャラメリゼ。

上の白いクリームは軽く滑らかで、ほのかにバニラの香り。
下のチョコクリームは甘めで、液体レベルの滑らかさで生クリームも混ぜているよう。

ビスキュイ生地はバターの風味が強く、キャラメルのほろ苦さが負けるほどで、ちょっと口に残ります。
普通にカットするのが不可能なほどトロトロして、よく保形してるなという印象です。



ショコラムース:260円


ほぼガナッシュだけで、ビターながら甘みがあり、濃厚ながらクドさなく。
ムースという感じでなく、ひょっとしたら品名を覚え間違えたかもしれません。



エクレアカフェ:345円


コーヒーのエクレア。
エクレアはここの1番人気らしいですが、チョコばかりになるのでこちらにしてみました。

生地は見た目ほど固くなく、しっとりめで香ばしさあり。
チョココーティングとクリームがミルクコーヒー味で、美味しいけどちょっと好みの味とは違いました。


ここのケーキはもう少し大きいともっと美味しく感じる気がするのですが、どうなのかな。
エクレアがコンビニサイズより小さめですが、他2品はもっと小さいです。

個人的には高くても大きいほうが良いですが、まあ、それも好みの問題で。

ちなみにこのお店、朝の8時半からオープンしてるそうで、もし朝食にケーキの気分なら使えます。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム