FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie MORI(愛知県豊橋市) 

数年前の開店時から「フランス産最高峰ヴァローナ社ショコラ使用」等を謳っていた洋菓子店。

ヴァローナの是非は置いておき、これまで東三河の洋菓子店で素材をアピールするお店は皆無だったので、ちょっと期待してたのですが、田舎町の洋菓子店らしく徐々に子供向けにシフトしていった印象。

また、最近では食用花の飾り付けにもこだわっているようで、それは理屈として、見た目の華やかさだけを追求していると言い切って良いかなと。

最初の1回限りで再訪はないと思ってましたが、ちょっと気になる話を聞いて公式情報を調べてみたら、もう1つ気になる物があったので行ってみました。



幻のショコラテリーヌ:2400円

普段はヴァローナで、なぜかこの時はドモーリを使用。現在はどうなっているのか分かりません。

ちなみにPOPにはヴァローナ使用と書かれており、「ドモーリの物はないのですか?」と聞いたところ「表示はヴァローナですが、ドモーリです」と、要するに素材を気にする客はいないのかなと。



原材料はチョコレート、バター、卵、古式原糖。
エアリーさが全くなく濃密でねっとりした口当たりから、上品なカカオの香りがふわりと。

粉が入らないのでダイレクトなチョコレートの旨みが味わえますが、このお菓子はチョコレートの質は関係なく、個人的には中途半端なシンプルさに感じるかなと。



少し温めて、軽めの生クリームなどあれば手軽なデザートとしては良さそうなイメージ。

せっかくなのでヴァローナとの食べ比べもしたかったのですが、この時はドモーリしかなくてちょっと残念。

あ、ヴァローナに関しては巴シェフや弓田氏が思い切り否定的なので、専門家や美食家さんにはあり得えないのだと思われますが、僕のような素人の庶民は普通に食べれます。

それでも過去に食べ比べた時は明らかにドモーリの方が良かったので、こちらのオーナーシェフがどういった考えで使い分けているのか聞いてみたい部分はあり。


続いてマカロン。


バニラ:250円

なんとタヒチ産バニラ使用。しかもたっぷりと。
このご時世に三河でタヒチ産という言葉を見聞きするとは思わなかったなと。

当然ながら香りの良いバニラに、アーモンドはマルコナの可能性が高く、これはかなりのお得感です。



フランボワーズ:250円

フランボワーズのガナッシュ。
マカロンのショコラはヴァローナと思われますが、フランボワーズの綺麗な酸味で重さはなく。



ピスタチオ:250円

しっかりローストされたピスタチオの風味の甘ったるいガナッシュで、こちらはちょっと重苦しく。

マカロンは全体的に着色キツめでしたが、ショーケースの煌びやかな生菓子よりマシな感じです。


率直な感想を言えば、垢抜けないビジュアル系の洋菓子店という印象。
ただ方向性は別として、いろいろ試したり取り入れて、現状より良くしたいという前向きさは伝わるお店です。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 1   

Patisserie MORI(愛知県豊橋市) 

ちょっと気になる話をいくつか聞いて、数年ぶりの訪問。



気になったのはマカロンとチョコレートで、ケーキの方ではないのですが、せっかくなので3つほど。



フレジェ:570円


生地は少しキルシュの風味もありしっとりと、はっきりとアーモンドは判別できず。
ムースリーヌはほぼバタークリームのコクと口当たりで、少しだけバニラなどのカスタード風味も。

苺は丸い形だけ綺麗な地元産とちおとめで、トップのジュレと底のチョコレートが甘み成分をプラス。
美味しく食べれますが、いろいろと惜しい気分での食べ心地になります。



ピスタチオ:520円


生地はほとんどピスタチオの風味なく、ムースの方は少しローストナッツの風味。
赤い方はチョコレート甘みのある苺ミルクムースに、チープな苺ジャムを重ねてより甘み押しに。

少し期待しましたが、ピスターシュではなく、ピスタチオを使った子供向けの洋菓子のイメージ。



いちごプリンセス:600円

イスパハン的な物かと思ったら、元ネタはトゥンカロンなる物だそう。
恥ずかしくて買いたくない、口に出してオーダーしたくない品名ですが、魔が差しました。


苺とクリームをマカロンでサンドした、ただそれだけの物。
生クリームは少しヨーグルトっぽく感じる味で、ソースは酸味強めのフランボワーズ。

これも1%ほど奥行きを期待をしてましたが、見た目の華やかさだけに振り切った物という事で良いのかなと。


子供向けに寄せているとは思いますが、どうしても駄菓子っぽく感じてしまうかなと。
もっとも美味しい駄菓子ではあるので、小さな子供がいる場への手土産には最適な印象です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Noisette(愛知県豊川市) 

少し前の焼きっぱなし菓子・その2



巨峰のタルト:405円


ダマンドにピスタチオを使用し、ローストは浅めな方で豆っぽさもしっかりと。
多くの洋菓子店のピスタチオは何か添加したような風味ですが、こちらはジワッとナチュラルに響きます。

中に入った巨峰は見た目も含めて存在感を失いがちでも、トップのフランボワーズジュレで味わいは補強され、たっぷりのアーモンドスライスも加わって立体感もあります。



バナナとラズベリーとチョコ:410円


甘く仕上げられたバナナに、シャリシャリとココナッツが加わって南国風味。
それだけでは甘ったるくなりそうなところを、フランボワーズジュレが酸味のバランスを加えて。

チョコレートは無くても良いように感じましたが、バナナチョコでフランボワーズショコラでもあるので、不協和音ではなく。



安納芋と黒ごま:410円


ホクホクと糖度の高いサツマイモに、黒ごまダマンド。
黒ごまは思ったほど主張しませんが、極端な甘みの方に偏らせないように鎮座して、とても良いバランスに。



秋姫プラムとホワイトチョコ:405円


この数日前に別で秋姫のタルトを食べており、そのイメージで食べたら酸っぱくてビックリ。
ただ、不快なものではなくナチュラルな果実味で、ホワイトチョコの甘みで良いバランスに。


見た目としては「映え」要素が一切ない地味さで、こういった物が人気なのは良い事です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Noisette(愛知県豊川市) 

少し前の焼きっぱなし菓子・その1



洋梨とカシス:410円


しっかり仕事されたポワールはみずみずしく、カシスはダマンドにて使用。
ポワールの爽やかな甘みと香り、カシスを蓄えたダマンドは優しい甘酸っぱさで、思ったより穏やかなバランスに。



渋皮栗とチョコとナッツ:432円


栗がゴロッと入り、渋皮煮は軽い仕上がりながらエグミも含めてダイレクトな風味。
チョコレート生地やナッツの風味は穏やかに、素朴でほっこりした全体像に。



いちじくと紅茶とくるみのタルト:410円


イチジクは味わい弱め、紅茶のダマンドも主張弱く。
イメージと違ってパッとせずボンヤリした感じでしたが、悪い部分も何もなく、美味しく食べれます。



パイナップルとネクタリン:410円


トップに甘くジューシーなパイン、ピスタチオダイスを散りばめて、爽やかな甘酸っぱさのネクタリン。
こちらは地味な見た目に反してパッとした明るさがあり、華やかな香りもあって良い感じです。


いろいろ賑やかな構成でも、素朴な味わいにまとまった焼き菓子です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Noisette(愛知県豊川市) 

お久しぶりの焼き菓子屋。



たまたま平日のオープン直前に寄れるタイミングがあり、もし開店前行列があれば遠慮しておこうと思いましたが、他には誰もおらずでオープン。

久しぶりにお見かけした店主さんは雰囲気が変わったように感じ、ポジティブオーラとでも言うか、ある方も言ってましたがキラキラ輝いて見えました。



タルト モンブラン:464円

焼き菓子屋での生菓子。


構成は下からで、チョコレートのタルト生地、みっしり詰まったダマンドの中にはマロンダイス&チョコチップ、たっぷりのシャンティ、太めに絞られたマロンクリームにアーモンドトッピングと、豪華絢爛。

マロンクリームは渋皮煮というかマロングラッセに近く、濃厚な風味に洋酒の香りの突き上げも。
風味や口当たりは和栗ではあるのですが、和風にならないようシフトチェンジした印象に。

シャンティはコクがあり、ダマンドは水気少なくジェノワーズのよう、チョコ生地はビターで、全体的に味わいと食感に重みや深みが感じられる部分はあり。

もし栗を食べさせたい物であるならチョコレートは蛇足に思いますが、不協和音という事もなく。
もっともモンブランは栗のお菓子の意味ではないので、こういう形の洋菓子と考えれば楽しく食べれます。



ティラミス:486円

カップに入ったティラミスは多いですが、コンフィチュール用の瓶できました。


こちらも底側から、ミルクコーヒーのムース、コーヒーゼリー、ゴロゴロと大きめのクランブルを挟んで、マスカルポーネクリームにココアパウダー。

コーヒーはムースもゼリーも綺麗な味で、どこかハーブのような爽快な風味も感じたり。
マスカルポーネも穏やかで、甘みもほろ苦さも控えめでスッキリした全体像に。



カヌレ:292円

前はボテッと大きなタイプでしたが、現在はコンパクトでカッチリ、蜜蝋も塗られテカテカした質感にリニューアル。


中も以前にいただいた物はダラッとしてましたが、ギュッと詰まってたっぷりな保水感。
大胆に焼かれた表面はガリッと、焦げる手前のようなビター感に、蜜蝋そのものと思われる風味も。

中は程よいムチムチ感、玉子のコクが強い味わいにフワリと鼻を抜けるラムの香り。
バニラは原価的に使えないのでしょうが、天然香料も使わない潔さで、それでも特に物足りなさは感じず。



他にもいろいろと。
各種、上に乗っている物がそれぞれ違うのは当然ですが、中のダマンドも違う仕様になってます。

眩しいほどのモチベーションを感じさせていただきました。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム