FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Noisette(愛知県豊川市) 

ある土曜日、ちょっと近くで用事があったのでついでに。



開店少し前に通ってみたら、なんと数人の行列ができており。
先に用事を済ませて40分後くらいに戻ってみると、早々と売り切れ近くになっており、凄いことになってきたなと。



木苺とノワゼット:400円


たっぷり乗せて焼き込まれたヘーゼルナッツ、フランボワーズのコンフィチュール入りのタルト。

ヘーゼルナッツは香ばしさと特有のエグミがあり、フランボワーズは華やかで酸味が強めな仕上がりに。
そんな組み合わせでも全体像はなぜか穏やかな印象で、どこか勢いなく終わってしまう感じに。

まあ、これはこれで一体感とも言える素朴な美味しさです。



八朔とホワイトチョコ:400円


こちらは中に大きなホワイトチョコがドスンと鎮座。

八朔はサクサクした歯応えから爽やかな甘みと嫌みのないビター感。
ホワイトチョコはコリッとした歯切れで、まったりした甘みとクリーミーな口溶け。

ともに後に引くような味の強さがありますが、こちらも上手くまとまっている印象。



抹茶のガトーショコラ:432円


噛んだ瞬間は羊羹のような歯触りに感じ、それからしっとりした口当たりとともにスッと口溶け良く。
抹茶はこのバランスでも風味は強くなく、トップのビターなチョコレートに押され気味に。

抹茶のチョコケーキと言う物が何なのか良く分からなかったのですが、食べても何なのか良く分からず。


気取らず構えず、気軽に食べれるお菓子屋さんが近くにできて良かったなーと思いましたが、気軽に買えない状態になるとは予想外だったなと。

開業がクラウドファンディングという形で、若い女性が1人で頑張っておられるのでサポーター感覚のファンが多いのかなという印象ですが、ちゃんとした材料で真面目に作られた物が売れるのは良い事です。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

LA PETITE MAISON(愛知県豊川市) 

東三河にて唯一のパティスリーっぽいお店かなと。



季節感のある商品ラインナップという感じではないですが、そこそこ入れ替わりはあるようです。



パッションフルーツのシブースト:410円


シブーストクリームは少しゴワッとした口当たりからシュワシュワ蕩けるように。
パッションの鋭角的な酸味はあるも、全体の印象としては爽やかな香りがとても良い感じに。

土台は香ばしさのあるパイ生地、たっぷりダマンドにフランボワーズ入りのタルト。
キャラメリゼ的なトップはジュレ状で、見た目のわりに特に風味もなく良く分からない感じ。

全体の一体感はないですが、それぞれしっかりしており、価格を考えると秀逸です。



シュクラン:367円


トップは甘みのないチョコレートで、グラニテ風のカリカリ食感も。
その下にほんのりナッツ香るミルクチョコムース、チョコレート生地、ミルキーなホワイトチョコムースの層。

マルジョレーヌみたいな感じかなと思ったら完全にチョコレートでしたが、そんなに重みを感じず、最後まで美味しく食べれました。



モワールショコラ:388円


チョコレート生地はホロッと歯切れして、柔らかすぎず固すぎず、しっとり感なくパサつき感もなく。
中に何も入りませんが、コクのある生クリームをたっぷりトッピングされ、シンプルさが好印象な部分はあり。


たまに食べる嗜好品なので、個人的にはもっと美味しくなるなら倍の値段でも良いのですが、普段に気軽に食べようと考えるなら、こういうお店も良いなと最近になって思い始めました。

今後は月に1度くらいは行こうと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Noisette(愛知県豊川市) 

焼き菓子屋へ。



近くの店での食事前に、袋入りの焼き菓子でも買おうかと閉店間際に寄ってみたところ、珍しくタルトが売れ残っている状況だったので購入。



洋梨とキャラメルミルク:400円


ナパージュがけで甘くクニッと仕上げられたポワール、ミルクキャラメルを混ぜ込まれたダマンド。
甘み押しになるので、個人的にはキャラメルはほろ苦さがあった方が良いですが、万人受け仕様なイメージ。



バナナとミルクチョコとアーモンド:410円


ねっとりしたバナナ、ダマンドにはミルクチョコも入れられ、キャラメリゼされたナッツも乗って。
甘ったるそうなイメージですが、タルト生地のコーヒー風味が良い感じのビター感を出しており。

1口食べた時は後半キツいかなと思ったものの、食べ終わったら1個では物足りないまでありました。



金柑とクリームチーズ:410円


じっくりと甘く煮込まれた金柑とクリームチーズを乗せての焼き込み。
ダマンドにも少し金柑らしき風味があり、もう少し別の香りが欲しい気もしますが、素朴な感じの方が良いのかなと。


インスタ映えとは真逆の地味なお菓子ばかりで、この地域では安くない価格ですが、こういった真面目に丁寧に作られたものが評価されているのは、地元民としてホッとしたりします。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

LA PETITE MAISON(愛知県豊川市) 

なんと4年ぶりくらいになる地元のケーキ屋。
たまたま付近を通って、ふと思い出したので寄ってみました。



種類は多くないものの、生菓子、焼きっぱなし菓子、袋入りの焼き菓子など変わらないラインナップ。
そして相変わらず東三河の標準をも下回りそうな価格設定で、原材料に不安を感じるくらいの安さ。

珍しく車で持ち帰れる状況だったので、今回は生菓子を3つ。



サンンマルク:345円


キャラメリゼはやや煤臭く、ほんのりア-モンドを感じられる軽いビスキュイ。
軽やかなシャンティ、味に重みのあるショコラクリーム、それぞれくっきりした味の構成。

以前も感じましたがチョコレートが駄菓子っぽく、その手の物によくありそうな濃厚ベルギーチョコみたいなクドさやしつこさで、後味にかなりの重苦しさが残ります。



アーモンドのブランマンジェ:388円


プルプル揺れる表面のカスタードを抜けて、ブランマンジェにアマンドアメール香はなく。
かと言ってスイートアーモンドな感じでもなく、ブランマンジェと言うか美味しいミルクプリンかなと。

味と関係ない話ですが、この価格でコスト的に陶器の器は余分に感じるのと、サンマルクもそうですが手が汚れる覚悟で取るしかないベタッと乗ったケーキピックは余分どころか悪かなと。



シュ シュ:226円


軽い歯応えのクッキー生地で、香ばしさと気持ち良い食感。
みっちり詰まったディプロマットクリームはミルクと玉子の風味強めで、軽さを出してすっきりと食べやすく。

万人受けする良いところに着地した感じで、小さめですが満足感あるシュークリームです。


以前と変わらずな感想で、サンマルクあたりがせめて500円くらいに設定できたら、かなり良さそうなんだけどなーと。

それでもちゃんと純生クリームなど、この価格でも変な材料が使われている気配はないので、そういう意味では良識あるお店だと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

バレンタインチョコ2019 

事の成り立ちを考えると、買ったら負けなバレンタインチョコですが、ニーズにお応えして真面目に作っているお店なら買っても良いかなと。



Chocolate Box(6ヶ入):1512円

地元のお店にて。
まあ、今回はバレンタイン後に売れ残ってたので、ここは出番かなと思って買ってみた次第です。



トリュフ

シュッと蕩けるような口溶け。
上品なアールグレイの風味に、明るさのある柑橘リキュールの香り。



ハート型

少しザラリとしたペースト感のあるフランボワーズのガナッシュ。
ややビターなチョコレートにキュッとした甘酸っぱさで鉄板の組み合わせ。



四角

こちらはガナッシュではなく、ねちっとしたキャラメル入り。
甘み強めで後味にほろ苦さ、細かなナッツのアクセント。



花柄

中はキルシュ香るガナッシュ、果実はチェリーではなくエレールですかね。
ホワイトチョコのまろやかな甘みに、2種類のフルーティな香りが引き立ちます。



葉っぱ模様

ミルクチョコにトロリと流れるキャラメルソース、鼻に抜ける香りはオードヴィポワールか。
甘ったるくなりそうなところを、爽やかな果実味でとても良い感じに。



四ツ葉のクローバー

キレの良い甘みのハチミツガナッシュ。
ほろ苦さにも感じられるビターなチョコレートと良く合ってます。


チョコレートを判別できるほど知識も興味も経験もないですが、味や価格からカカオバリーかそのあたりかなと。
決して使いたい材料で作っているわけではないと思いますが、ちゃんと美味しく食べられました。

また来年もあれば、贈り物用も含めて数人分買おうかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム