FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

自然派パン工房 Jimocy(愛知県豊橋市) 

下地の豊川堤防エリアの住宅密集地にあるパン屋。



店名の「じもしぃ」は下地の逆読み?

商品は町のパン屋さん風ですが、天然酵母や無添加などこだわりがあるようで、対面販売のオーダーシステム。
専門店なら無添加なんて当たり前であって欲しいですが、全然そうでもないのが現実です。



クロワッサン:150円

小ぶりでも重みはそこそこあり。


カッチリ巻かれておりサクサクはせず、ギュッとした歯応えからややもっさりと。
バターはそれなりに入るも甘みがやけに強く、ちょっと砂糖が多いかなと。



クロワッサンダマンド:240円


ダマンドを上にだけたっぷりかけて焼き込んだタイプで、もっさり感はさらに上がってワシワシ噛む感覚に。
味もさらに甘み押しになって単調ですが、変な味もしないので問題なく食べ切れます。



でか塩バター:140円


詰まった生地でムッチリと。
バターは意外なほどたっぷりでパサつかず、シンプルに美味しいタイプ。



天然酵母りんご:150円


むっちりして詰まった生地で、クセもなく味わいも弱く。
ドライアップルは甘いだけで、全体的に単調な感じに。



天然酵母くるみ&ぶどう:160円


ほんのりクルミの風味が染みた生地に、安定のノアレザン。
これといった特徴はないですが、スムーズに食べられます。


良心的な価格で、ちゃんとしたものが食べれる町のパン屋さんでした。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

BOULANGERIE Yoshioka(愛知県豊川市) 

地元のヨシオカパン。



外観は日本の色名では曙色や東雲色の系統ですが、わりと珍しい色です。



クロワッサン:150円


今回は3×3なのか、2ヵ月ほど前と折り込みが変わってます。
食感は軽くなったものの味は特に変わった感はなく、冷凍品っぽくはないので、日によって何か調整しているのか。



アナココのクイニーアマン:220円


表面は軽いキャラメリゼにたっぷりのココナッツロング。
パイナップルは仕事されて味わいも強く、少しダマンドも入っている感じ。

いろいろと賑やかで華やかですが、それぞれ穏やかな風味で、クイニーアマンにしては爽やかに食べれます。



マンゴー:200円


ブリオッシュ生地にココナッツトッピング、クリームはマンゴー風味のカスタード。

パサつき気味の生地と、ねっとりしたクリームで食感はやや重め。
バランスを取ってか味の方は良くも悪くも軽さがあり、合わせ技的に美味しく食べれます。



スモークチキンの野菜サンド:260円


軽く燻製入った鶏ムネ、大きめジューシートマト、パルメザン、シーザードレッシングの構成。
ベーグルはムチムチしているものの、全体的にクセのない風味でスッキリと食べれます。



パン屋さんのシュークリーム:160円


生地はデニッシュ風ですが、さすがに水分吸ってサクサクはせず。
クリームはディプロマットで適度な粘性とコクに仕上がっており、食べやすいシュークリームです。



パン・ド・ロデヴ:400円


ロデヴにしては水分量はそれほどでもなく、外はパリッと、中はムッチリと。
このパンってどこで食べてもだいたい同じ印象ですが、ルヴァンなのかキツめの酸味が気になります。

パンオタクが好みそうなものですが、このパンがそのお店のバゲットより美味しい可能性はないかなと。


季節に合わせたものもあるようで、時期ごとには行っておこうと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ohaco(愛知県田原市) 

パンと雑貨のお店。
以前は渥美半島の中央辺りの国道沿い&海沿いにありましたが、少し前に田原市街地に移転。



入ってすぐに雑貨やアパレル系が売られるエリア、奥の方にパンが種類少なめで販売。
カフェ風な店内でイートインもでき、テラス席も広めに造られており。



クロワッサン:238円

かなり大きめで不恰好な形、焦げに近いような焼きの強さ。


表面はバリッとし、中は水気が飛んでしまったようなパサ付きで、全体的にモサモサと。
味も焦げからくる臭みと苦みに終始して、いつもこんな焼きなのか分かりませんが、良いところはなく。



あんバターフランス:162円 


バゲット生地はフカフカしたタイプで、塩気が強めにきいており。
バターは中央バターの無塩っぽく、餡はスッキリした甘みで、イメージよりスムーズに食べれます。



レーズンバター:162円


こちらはソフトで甘めなコッペパン風の生地。
たっぷりの無塩バター、レーズンは甘めに仕上げられており、わりとパンチがきいた味に。



クランベリーチーズ:216円


生地は水分量多くムチムチと。
たっぷりのクリームチーズ、甘みを引き出されたクランベリーと、力技で美味しく食べれます。



食パン:324円


ふんわりしつつ、しっとりしつつ、グルテンのわざとらしいムチムチ感もありつつ。
バターやミルクの風味などわりとリッチですが、水っぽさがマスキングしている感もあり。


思っていたよりは美味しく食べれましたが、価格的に近辺の2店に比べると・・というところで、パンそのものよりカフェとしての利用なら良いのかなと言うイメージです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Les Pains Chansonnette(愛知県田原市) 

田原市街地のパン屋。

店名は「レ・パン・シャンソネット」と「はなうたパン屋」の2つあり、HPなどお店公式の情報がないため、どちらがメインか分からず。



テナントの店舗ですが、売り場もオープンキッチンもけっこう広く、この時は製造4人・接客2人の店員さんがおり。

子供向けの駄菓子っぽいパンが多いのかなとのイメージでしたが、意外と本格的な物が多く商品も種類豊富に。



クロワッサン:130円

綺麗な形で綺麗な焼き色。


表面1枚はパリッと、それからミシッと沈みこむようなサクサク感。
発酵バターもそこそこ入り、ミルキーな甘みもあり、バランスが整った味わい。

やや小さめですが、価格的には特にマイナス要素のないクロワッサンです。



ブリオッシュアテート:80円


黄色が濃い生地ですが、卵黄よりもバター感が強めに出て、濃いと感じるような味。
特有のパサつき感はあるも、軽い歯切れと口溶けの良さで気になるほどでもなく。



ヴィエノワミルク:140円


表面はガシッとした噛み応えで、中はふんわり軽く。
甘みある濃厚なミルククリームが入りますが、重苦しさは感じず食べ切れます。



レーズンオレンジくるみ:160円


セミハードなバゲット生地に、クルミの風味が染み込んで。
オレンジの爽やかさ、レーズンの甘酸っぱさも加わって、安定感あるバランスに。



クランベリーカンパーニュ:200円


カンパーニュとありましたが、小麦粉のみのシンプルなハード系。
クランベリーはやけに甘く、ちょっと単調かなと。



合鴨とキャベツのキッシュ:240円


キャベツが甘みとともに水分を出して、味も食感も軽さのある全体像に。
合鴨はレアな火入れで小さいながら肉質を感じられ、焦げ気味なガワの部分が気になるも価格的には充分。


イメージとは違って、低価格のわりにしっかりした物が食べれました。
朝7時半からの営業らしく、今後は田原中心部での朝食はこちらで良いなという感じです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

BOULANGERIE Yoshioka(愛知県豊川市) 

久しぶりに行ってみました。



経験からの良いパン屋の雰囲気はあります。



クロワッサン:150円


表面1枚分シャリシャリと、折り込み少なめでサクサクではなくムチッとしたタイプ。
発酵バターのコク、ミルキーな甘み、粉の風味も良く、後半にかけて伸びるような旨みあり。

数年前はひょっとして冷凍品かなと思うような物でしたが、完全に変わってました。



クロワッサン オ ザマンド:200円


上にカリカリに焼き込まれたダマンド、中に卵クリームのようなカスタード。
味におかしな部分はないですが、バランスとしては甘ったるく単調になり、何か別の香りが欲しいかなと。



塩バターブール:130円

キタノカオリ100%だそう。


表面はカチッと、中はみずみずしくもあり、ネチャッとしない程度に水っぽくもあり、ムチムチとした食感。
バターは強くなく、水分量が多くて味気ない感じですが、ゲランドの塩の力強さでフォローできます。



長時間発酵のバゲット:280円


外皮は適度にバキバキと、中は適度にムチムチと、風味は良くある感じで国産のブレンド小麦かなと。
クセが出ないよう作っていると思われますが、クロワッサンの粉で作れば美味しくなりそうなイメージはあります。



パイナップルとクリームチーズのカンパーニュ:250円


甘みを引き出されたドライパイナップルがたっぷりで、中央にクリームチーズ、クルミも少量入って賑やかに。
ここまでいくと生地の味は良く分かりませんが、バキバキの表面から口溶け良く、見た目よりは食べやすいです。



トン:320円

ヴィエノワ生地のツナサンド。


生地は特に風味は強くなくシンプルに、ツナはマヨ和えで、細かな玉ネギ・パセリ・ピクルスなど。
タルタルソースっぽいかなと思いましたがさすがにツナの主張は強く、美味しいツナサンドです。



カヌレ:160円


表面カリッと、中はちょっと水っぽく、ラムはほんのり、バニラはほぼなく。
美味しいカヌレではないですが、価格相応の味で、ちゃんとした材料のお菓子です。


特別なところはないですが、悪い部分も何もなく、田舎価格とは言え値段以上の物が食べれるイメージ。
地元でパンを買うならここ一択になるので、今後はちょいちょい行ってみようと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 6   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム