食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Kon-Tiki(愛知県豊橋市) 

こちらも豊橋の運動公園近くのパン屋さん。


20180217104255537.jpg
凄い形に造ったなーと言う建物ですが、チャラチャラしたパン屋ではなく、商品はわりと正統派でした。


20180217142500535.jpg
クロワッサン:140円

20180217142515165.jpg
綺麗で密な層。
シャリシャリと軽いタイプですが、スカスカ感はなく、バターよりもミルキーな甘みで押す感じ。

特徴は薄くパッとしませんが、価格的にはマイナスな印象はなく。


20180217142525885.jpg
クロワッサンアマンド:173円

20180217142539885.jpg
表面は焼きこんだダマンドがカリカリし、下の方はシロップがベチャッとし、2層になったような食感があり。
少しきかせたラムがアーモンドより主張するので、全体の味わいとしては弱いですが、こちらも価格相応ではあり。


20180217142549999.jpg
ショソン・オ・ポム:216円

20180217142557983.jpg
厚みのある生地に、軽くシナモンのきいたリンゴのコンポート。
リンゴも生地も食感・風味ともに物足りさはありますが、軽いアップルパイと考えれば良い感じではあります。


20180217142607179.jpg
甘夏:194円

20180217142622107.jpg
冬が旬の甘夏なのか、しっかり手も加えられて、かなりのみずみずしさ。
ジュワッと弾けるようなジューシーさで、華やかな甘みと引き締めるような酸味。

カスタードは甘いだけですが、こちらの生地はサクサク感や風味もしっかりしてました。


20180217142628663.jpg
ブール:475円

20180217142636368.jpg
保水量が多く、ネチャッと感じる一歩手前のような口当たり。
水道水の臭みはないですが、粉の風味も潰している感じはあり。

表面にはところどころ香ばしさがあるものの、ちょっとボンヤリした味わいに感じます。


20180217142643390.jpg
角・山食パン:524円

淡めの焼き色で、かなりの重量感。

20180217142653592.jpg
耳も極めて薄めながら、なかなか噛み切れないようなグッとした弾力があり。
詰まりきった中の生地からはグルテンきいたムチムチ感、どっしりした重厚感があり。

シンプルな味わいで、そのまま食べるタイプの物ではないですが、エネルギー源の食としてはかなり良さそうです。


材料に変なものが入っている感じはなく、手間もかけられており、もし2割ほど単価を上げれたら良いものが食べれそうな、東三河に何軒かある、個人的にちょっと惜しく感じるパン屋さんでした。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Peche(愛知県豊橋市) 

ちょいと定期観測に。

お店よりは、自分の嗜好や価値観の変化をチェックしておこう的な意味合いです。


20180217104227693.jpg
何の店か分からない外観ですが、内外ともに良い雰囲気。
この時は開店直後で商品はまだ出揃っていませんでしたが、他店と比較できるものを一通り。


20180217141636490.jpg
天然酵母 クロワッサン:194円

20180217141647108.jpg
表面は厚めでパキッとし、剥がれた部分だけ食べるとポテチっぽい歯応えがあるほど。
中は適度な軽さ、相反するような弾力もあり、ミルキーな甘みやバターの風味も同じく適度に。

天然酵母でもクセはなく、バランスの取れたクロワッサンです。


20180217141656800.jpg
クロワッサン アマンド:227円

20180217141705271.jpg
単体で作っているのか、加工して縮んだのか分かりませんが、クロワッサンよりちょっと小さめ。
食感からはシロップ打ってある感じではなくサクサクしてます。

ダマンドがかなり甘みの強いタイプで、粉糖もかかるので、相変わらず甘み押しにはなりますが、今回は甘ったるさや単調さはそれほど感じず、細かなダイス状のアーモンドも良いなと思いました。


20180217141740949.jpg
焼き苺とカスタードのペイストリ:270円

個別の紙袋に貼り付いてベチャッとなりましたが、元は綺麗でした。

20180217141751854.jpg
焼きイチゴと書いてあったので煮詰めてはなく、生地と焼き込んだだけと思いますがトロンとした感じ。
クリームと相まったのもあってが、風味は飛んだのかなと思うほど特徴なく。

しかしカスタードは濃厚で、どこかからアーモンドも香り、生地にも力強さがあり。
イチゴではなくても良さそうで、今度はデニッシュ制覇してみようかと思うほど興味深い味でした。


20180217141818705.jpg
胡桃とブルーチーズのリュスティック:348円

20180217141825202.jpg
何がどうなったのか薄い紫色の生地。
表面にも固さはなく、もっちりしてムニムニ噛みほぐしていくような食感。

ブルーチーズは取り出して単体で食べてもクセが弱く、パンで食べると全く臭みはなく。
クルミも生地は濃く色付くほどですが、少量なのもあってか存在感は薄く。

ところどころキャラメリゼっぽくなるほど砂糖がきいており、全体的には甘いパンな印象。
それでもクセのないブルーチーズや、クルミの香ばしさが時おり主張して、不思議と美味しいです。


20180217141834342.jpg
レトロ・バゲット:313円

20180217141844905.jpg
見た目や手に取ったイメージでは加水多そうですが、食べてみるとそうでもなく。
柔らかめの薄いクラスト、中はムチムチで、グニグニ噛みながらジワジワ広がる香りと旨味。

単体で美味しいと思える感じではないですが、味も食感もクセのない食事パンな印象です。


20180217141853876.jpg
?:756円

食パンですが、バゲットとこちらはレジ裏の棚に置かれているため、正式名称は読めませんでした。
漢字がゴチャゴチャしてたので、国産小麦とか天然酵母とかの食パンと思われます。

20180217141901976.jpg
上や横は普通に食パンの耳ですが、底側はハード系と言って良いくらいバキバキな仕上がり。
中はキメ細かくむっちりして、ほんのりミルキーな甘みで、安心できる美味しさがあります。


オッと思わせたり、特に印象に残る物はないですが、それでも三河エリアでは1~2枚抜けて良いです。

今後は2ヶ月に1回くらいは行こうかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

galette(愛知県豊橋市) 

豊橋市民球場のある運動公園近くにあるパン屋。


20180204164814658.jpg
お店の存在は知らず、たまたま横を通って見かけ、佇まいが良い感じだったので引き返し寄ってみました。

小さな店舗で商品の種類も少なめですが、このエリアでは珍しく、菓子パン・惣菜パンより食事パンが多め。
食パンだけでも数種類あり、マニアックなドイツパンも売っており。

とりあえず今回は個人的な比較用のパン数種類にて。


20180204164833084.jpg
クロワッサン:140円

本場パリの味みたいなことが書かれてました。

20180204164841783.jpg
表面は厚みがありカチカチで、ちょっと苦味を感じるほどの強い焼き。
中はカラッとした感じでバターは少なく、ややモサモサした食感です。


20180204164948655.jpg
オランジュ:237円

20180204164954209.jpg
こちらの生地は軽いクッキー系のようなサクサクした歯切れで、シュッとした口溶けも。
オレンジはみずみずしさを加えてますが風味は弱く、玉子クリームのようなカスタードともに単調に。


20180204164849370.jpg
パン・オ・ノワ:432円

半額で小さな物もありましたが、あえて大きいほうで。

20180204164902376.jpg
分厚くガチガチなクラストで、ノコギリを引くようにカットして、破片がバリバリ出る感じ。
そのわりに重量的には軽く、食感もやはり軽く、クルミも少なめで主張は弱め。


20180204164912710.jpg
バタール:302円

こちらではバゲットはなく、バタールだけになるよう。

20180204164922400.jpg
こちらもせんべいを思わすようなバリバリしたクラスト。

香ばしさはあるものの粉の風味は弱く、塩は強めにきいており。
加水も少なめでもっさりしますが、皮ではなく中を食べるものと考えれば、たっぷりで食べ応えはあります。


20180204164930511.jpg
?:680円

何種類かあった食パンの1つで、グルテンを加えてないみたいな表記があり、どんなものかなと。
品名をメモし忘れて完全に失念しましたが、小麦粉の名前なのか、聞いた事のない品名の食パンでした。

20180204164938103.jpg
みっちり詰まった生地で、グルテンのモチモチ感はなく、ググッとした固さのある食感。
少しモッサリして口に残り続ける感覚もありますが、クセと言うほどでもなく。

風味は粉だけでシンプルに、塩は強めにきいて、いかにもな食事パンでした。


全体的に焼きが強めで、外皮が厚くて固いのが特徴的でした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

boulangerie Le Sucre(愛知県豊橋市) 

豊橋の新栄町のパン屋。



国道23号の1本横の道にあるテナントの店舗。

狭い店内で商品は少ないながらも、センス良く並べられており。
年配のご夫婦が接客されており違和感ありましたが、息子さんらしき方が奥に見える厨房で仕込みをされてました。

パッと見の印象は単価安め、食パンだけ予約完売という状態で、三河標準なパン屋の感じでした。



クロワッサン:130円

小ぶりですが、見た目のイメージよりは少し重め。


カッチリ巻かれ、層も少なめで厚みを持たせているので食感に力強さはあり。
バターもそこそこの量が入りミルキーさも強いため、風味の方もどっしりした感じに。

コンビニパンと変わらない値段なので、そういう比較であればとても良いです。



ショコラ:173円


こちらも少なめで厚みのある層ですが、緩く巻かれてふんわり・サックリ。
バトンショコラ2本はパンオショコラの標準的な物で、重さがあり生地が負けてしまう印象に。

また、他の物から移ったのか、素材と関係ないちょっと気になる匂いがありました。



北海道バターロール:70円


軽いロールパンですが、表面はカリッと中はモチモチで引きも強く。
口溶けは悪いと言うか、溶けない感じでモサモサしますが、小麦の風味も強く出ており食べ応えはあります。



和栗のデニッシュ:200円


パッと見はデニッシュ然してませんでしたが、カットしてみると少量の折り込み生地。
しかし、ほとんどはペーストが占めており、食べている感覚では栗のペースト。

ペーストは味も香りも弱く、表面にココナッツのような香りもありますが、プラス要素はなく。
決して悪くはないのですが、ここまでやったのに何かもったいない・・と感じてしまう仕上がりでした。



バゲット:215円


内も外も整った見た目で、味も食感もクセがなくすっきりと。
逆に言えば主張する部分は何もなく、全体的にボンヤリとした印象。

食事パンとして狙って作られているとも思われ、サイズ/価格からであればマイナスな部分はないです。



バゲット・アンシェンヌ:230円

バゲットは2種類あり、アンシェンヌは古風の意味ですが、違いはあえて聞きませんでした。


ひょっとして形が違うだけかなとも思ったのですが、明らかに香りも違えば、色や質感にも違いあり。
表面のパリッとした歯応え、中のむっちりした噛み応え、風味も含めて全てが力強くなっており。

ポーリッシュなのか違いは製法だけと思われますが、ずいぶん差が出るなという印象です。


丁寧にしっかり作られている事が見受けられ、もう少し高い価格設定にできればかなり美味しい物が作れるのではないかなというイメージ。

さすがにちょっと安すぎると思いますが、需要がこうである以上仕方ないのかなと。

この価格帯の物であれば、かなり良いと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ベッケライ ミンデン(愛知県北設楽郡豊根村) 

愛知でも最も山奥にあるパン屋。

そして、おそらく愛知県で最もマニアックなパン屋です。



元々は名古屋でやっていたのを移転して来たらしいですが、ずいぶんと辺鄙なところへ。
さらに一般受けしないドイツパンを、コンビニすら1軒もない村で売ろうという勇気。

少し危険なイメージありましたが、だいぶ前に軽いサイクリングがてら行ってみました。

手作り感あるこじんまりした店内と夫婦での経営。
パンの種類はそこそこあり、さすがにドイツパンだけでなくアンぱんやクリームパン、クロワッサンなんかもあり。

ただ、クロワッサンは一応買ってみようと思って近づいたところ、マーガリンの匂いを感じました。
そんな事もあり、なるべく油脂の入らない大きめのパンだけ購入。



バイスブロート:310円

かなり大きいですが、小さく握り潰せそうなエアリーな軽さ。


小麦粉のみのようで、表面は不思議なほどの香ばしい香り。
極めて薄いクラストながらパリッとした歯応えがあり、クラムは引きが強くもっちりと。

粉の風味と強めの塩気だけで、とてもシンプルながら美味しいです。



バルヌスブロート:590円

こちらはずっしりで、決して握り潰せない密度。


半分以上がライ麦と思われ、黒々とした生地にクルミとヒマワリの種がポツポツと。
思ったより歯切れは良く、ワシワシした噛み応えになりますが口溶けは悪くなく。

ライ麦独特の風味ともっさり感、やや後に引く酸味があり、正しいライ麦パンと言った感じです。



バイエリッシュブロート:490円

ラムレーズン入りのライ麦パン。


こちらはライ麦の量も半分以下くらいの印象で、クセも少なく口溶けもまずまず。
ラムもそこそこ染みているので、香りの分なおさら食べやすくなっています。



メアコーンブロート:700円

凄い見た目。


小麦・ライ麦の生地に、オートミール、ひまわりの種、ゴマ、アマニ、他にも何か乗ってそうな感じ。
ボリボリゴリゴリとしますが、それでもうるさい感じはなく、食べているのはパンであるという認識。

全体的に穀物の香りが強烈で、何だか良質なエネルギーを摂れている感覚になれます。



カテン:440円

いわゆるパンドミ。


薄めの耳に、詰まった中の生地はもっちりと。
バターやミルクも入ってますが、ナチュラルに感じられる甘みで、焼かなくても何も付けなくてもいけます。



レーズン食パン:770円

こちらはいろいろ入った軽い食パンで、買ったものでは唯一の日本語表記の商品。


かなりのふんわりした柔らかさで、トーストするとサクサク感も出ます。
さらにバター、ミルク、玉子と旨味成分があり、ラムレーズンとオレンジピールまでも入る豪華さ。

どうも風味や食感からショートニングが入ってる感じがして、個人的に受け付けず。
味も原材料も気にしない知人の元に行きましたが、激ウマだそうで、そう言った分かりやすい物だと思います。


ドイツパンはあまり食べた事ないですが、これまで食べた物との比較ではかなり良かったです。

ただドイツパン以外は見た目からもだいぶ怪しく、リスク覚悟で買ってみたレーズン食パンも予想通り。
おそらくそれらのパンは、ニーズに合わせて仕方なく作っているのかなと。

あくまでドイツパン職人であり、決して悪い意味ではなく、ドイツパン以外はあまりやる気もこだわりもないのだろうと感じました。

ダムカレー食べるよりは良く、ごくたまに山岳サイクリングに行く理由付けにはなりそうです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム