FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

aconabakery(愛知県豊川市) 

昨年11月オープンのベーカリーで、木・金・土の週3日間だけの営業。



住宅街にひっそりとあり、女性1人で国産小麦と自家製酵母にこだわってやられているよう。



塩バタ:140円


適度にムッチリした生地に、塩もバターも過剰さはなくクリーンに。



シナモンロール:200円


ねじったタイプで表面はカリッと、中も力強さあり。
こちらもシナモンの香りに過剰さはなく、糖衣も必要最小限なイメージの仕上がり。



ミニ食パン ショコラオレンジ:260円


密に詰まった生地で食感はしっかりと。
チョコレートもオレンジピールもまんべんなく入って食べ応えあり。



ドライフルーツのカンパーニュ:380円


生地はセミハードくらいでライ麦の香りは強めに。
赤く染まったフィグから濃厚なカシスの酸味、レーズンにはワインの風味をまとわせて。

生地の風味も良く、ドライよりジューシーなフリュイセックが華やかで、気持ち良く食べれます。


特別な部分はなくシンプルで上品なイメージで、今後も内容や方向性が変化していくタイプのお店ではないと思われますが、日常的に食べるなら安心できるパン屋さんです。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

こもぱん(愛知県田原市) 

ある日の田原パン屋。



細い路地にある住宅街に溶け込んだ、良い感じの佇まいです。



クロワッサン:173円


キチッと整った成形で、表面はサクサクとして中は適度な弾力。
バターの風味も強く全体的にしっかりした味で、価格的にはかなり良いです。



クロワッサンショコラオザマンド:205円


シロップなどは打たず、ダマンドをかけてカリカリに焼き込んだタイプ。
ザクザクした食感と香ばしさだけ印象的になりますが、ちゃんと美味しく食べれて、こちらも良心的な価格。



ぶどうパン:97円


余分な風味のない生地と、レーズンもそのままの状態でシンプルに。



チョコクッペ:151円


バゲット生地はムチムチと。
チョコレートにはプラリネも入っており、単調にならず重厚感のある味わいに。



ロデブいちじくとクルミ:238円


表面はガリガリと、中も少しゴワッとするような食感。
中盤以降からは口溶け良く、生地からの酸味、クルミの香ばしさ、イチジクの甘酸っぱさが馴染むように。


こちらもリーズナブルな価格ながら、丁寧で真っ当な材料で作られている良いお店です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ohaco(愛知県田原市) 

こちらのパン屋にも。



オシャレな感じの広めの店舗で、パンだけでなくアパレル系の販売もある、そっち系のお店。



広々として暖かそうな飲食ルーム。

この他にも店内に少し、店内とこの部屋の間のスペースにも飲食用のテーブルが数卓用意されており、ちょっとしたカフェよりも席数は多いくらい。

パンの方は変に飾らずシンプルな物が多く、種類はそこそこあるも系統が同じものが多く、数個選ぶのに苦労する感じ。



シュガーバター:88円


いわゆるミルクパンに、シャリシャリした砂糖とミルククリーム。
思ったより甘ったるくなく、サイズが小さいのもあってか食べ心地はスムーズに。



クリームパン:162円


コッペパンにスライスアーモンドトッピング。
クリームは固めの質感で、味も含めて玉子プリンのような感じで、これも1つのパンプディングかなと。



チョコフランス:162円


生地は少しモサモサと、チョコレートはいわゆる濃厚と例えられるような味の濃さ。



ノアレザン:216円


レーズンはシロップ漬けされており、みずみずしく甘みだけ強めに。
クルミとの安定の組み合わせで、ともに量がたっぷりなので食べやすくはあり。


パン自体の価格や内容からでは近辺の2店より落ちると思いますが、カフェとしての利用であれば良さそうなお店です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

boulangerie GARBO(愛知県豊川市) 

初訪問の地元パン屋。



3年以上前のオープンですが、大きな敷地に広い店舗&駐車場、「石釜パンのお店」の看板など、個人的にスベる要素満載だったのでこれまでスルーでしたが、たまたま自転車で横を通ったので寄ってみることに。

商品は種類豊富でイートインスペースもあり、モーニングもやっているよう。



クロワッサン・パリジェンヌ:194円


パッと見は大きめでも握れば潰れそうな軽さで、食感の方は少しコシがあるような噛み応え。
ワシワシ噛んでいくと発酵バターが滲み出てくるも、おおざっぱに言ってしまうとあまり味がない感じ。



ブリオッシュ:151円


サックリ軽い歯切れで、こちらも発酵バターが少し滲み出るような感覚。
特有のパサツキ感や玉子臭みは少しあるも、気になるほどでもなくスムーズに食べれる方ではあり。



パンオノア:194円


クルミの香ばしさで押す感じで、可もなく不可もなく。
このタイプのものは町のベーカリーならどこでもだいたい同じかなと。



チーズタルト:248円


タルトと言うかフカフカしたパン生地。
ソースはフランボワーズっぽい風味で、クリームチーズとの相性は良く。



バゲット:248円


かなり大きなサイズで、歯切れや口溶け悪くモサモサし、風味もほとんどない印象。
逆に言えばクリーンでもあり、エネルギー源であったりお腹を膨らますための物であれば理にかなった部分もあり。


ちょっと不安だったネガティブな風味はありませんでしたが、同価格帯で近辺にもう少し良いお店もあるので、また行くとしたらイートインなど味以外の要素を求めてかなという感じです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Les Pains Chansonnette(愛知県田原市) 

田原のはなうたパン屋。



家族連れメインにいつも賑やかイメージのお店。



クロワッサン:130円


食感も風味もネガティヴな部分なく、特に印象的な味でもないものの一通りの風味は揃っており。
コンビニ並みの価格ながら、丁寧な成形で変な材料も使っておらず、お店の良心を感じられるクロワッサンです。



チャバタ:110円

なんとオリーブオイル付き。


代わりに生地の方にはオイルは入っておらず、一般的なリュスティックのイメージ。
表面はパリッと中はむっちりして、ごく自然な風味と口溶け。



リンゴとお芋のクーロンヌ:160円


これもクーロンヌというかクグロフの感じで、風味も食感も軽めのブリオッシュ生地。
シャリシャリした砂糖、シャキッとしたりんご、ホクホクしたサツマイモと、いろんな甘み成分がプラスされ。



フィグ・エ・ノワ:150円


がっしりしてクルミの風味が染み渡った生地。
コリコリ香ばしいクルミと、プチプチ甘酸っぱいイチジクで、王道的な組み合わせと味わい。



洋梨とヨーグルトのブリオッシュ:220円

デニッシュ生地とブリオッシュ生地がありました。


ポワールは大きめにカットされており、ザクッとした歯切れから爽やかな甘み。
玉子クリームのようなカスタード、スッキリしたヨーグルトと、分かりやすく食べやすく。


なかなか食べられないような美味しいパンではないですが、価格比からではあまり存在しないくらいの優良店だと思われます。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム