FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

穂香(愛知県豊川市) 

3年ぶりくらいの訪問になる駅近くのパン屋。



現在は木・土・日の3日間、11時半~という営業形態。
全商品一発出し・売り切れ終了のようで、開店直後からはしばらく行列も。

コンビニチックな菓子パン・総菜パンはなく、フィリング入りのライ麦パンが多めという変わったラインナップ。



クロワッサン:140円


物理的には軽いものの、表面は力強さのあるサクサク感、中も適度な弾力。
塩気が強めにきいており、発酵バターの風味と相まって何となく味が濃く感じられる部分あり。

ネガティブな要素は特になく分かりやすい美味しさで、価格的にはけっこう良いです。



クロワッサンダマンド:200円


上部にダマンドとスライスアーモンドたっぷりで、中はキャラメルクリーム。
甘ったるさを抑えるためのキャラメルと思われますが、控えめなビター感で微妙な着地点に。

と言っても、これも価格比であれば満足できる内容ではあり。



3種の湯ごねレーズンパン:150円

レーズン食パンもありましたがミニサイズの方にて。


湯種のわざとらしいモチモチ感はなく、優しい柔らかさと適度な弾力。
たっぷり入った3種のレーズンは総じて甘く、やや単調ではあるも、誰が食べても大丈夫なイメージ。



フルーツたくさんライ麦パン:400円

いろいろあるライ麦パンで最も高値だったものを。


ドライフルーツは品名通りたくさんで、クルミもゴロゴロ入っており。
ここまでいくと生地がどうこうと言う事でもなくなりますが、クセのないライ麦パンな感じです。



イチゴのクルミ入りデニッシュ:300円

なんとイチゴにチェダーチーズがかかっており、これいけるのか?と買ってみました。


ココア風味のデニッシュ生地はバリバリに近いようなザックリ感。
中のカスタードには細かなクルミを散らせて、リュバーブっぽい物も入って酸味もプラス。

生地とクリーム部の組み合わせもゴチャゴチャして良く分からないところに、全く分からない組合わせのイチゴとチーズで、摩訶不思議な全体像のデニッシュでした。


こちらはPOPに商品説明ではなく原材料が書かれており、それ自体は好感持てるのですが、さらっと見たところほぼ全てにビタミンC入り。

酸化防止剤の事なのか、違う用途の別の何かなのか分からず、どうも腑に落ちないところがありますが、正直で真面目なお店ではあると思います。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

LA PETITE MAISON(愛知県豊川市) 

今回は常温のいわゆる焼きっぱなし菓子で、こちらの方が力を入れている感があります。



キャラメル ポワール:270円


生地はみっちり詰まっていながらも、スッと気持ち良い歯切れ。
特にしっとり感はないものの、パサつき感も一切なく、何となくちょうど良い食感が持続。

キャラメリゼされた洋梨の甘みとほろ苦さも良い塩梅で、心地よく食べれます。


20190210140839155.jpg
バニーユ ショコラ:270円

20190210140850334.jpg
食感は柔らかくしっとり、サイドのアーモンドダイスがカリカリと。

香ばしいアーモンド、ジトッとした中央の生地には天然のバニラ香もありますが、やはりチョコレート生地の味わいの重苦しさが目立ってしまうかなと。


20190210140904063.jpg
パスティス:248円


生地はホクホクッとした印象で、アブサンの魅惑的な香りを期待しましたが、何とも綺麗なまとまり方。
洋酒感が控えめなせいかコーティングのチョコレートが主張強く、ちょっと重みの残る後味に。



ケーク・エピス:270円


生地はやや軽さのある食感、表面はグラスアローでシャリシャリと。
数種類が混ぜりあったような風味のスパイス感は穏やかに。

ガツンとスパイスきかせたパンデピスのような感じではなく、優しい甘み主体で香りのアクセントあるお菓子なイメージ。


どうしてもチョコレートの駄菓子っぽい味が気になりますが、普段気軽に食べる物としては充分かなと。

費用対満足度という意味では、現状では東三河で最も良いお店です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

パンビュセス(愛知県蒲郡市) 

2年ほど前にオープンのパン屋。



美容院と併設の変わった建物にあり、ワンオペでやられているよう。
「メガネのパン屋さん」とありますが、オーナーはこの時はメガネはかけておらず。

菓子パン・惣菜パンは少なくハード系が多めなラインナップで、東三河標準な価格設定。



クロワッサン:151円


物理的にも食感も軽く、シャリッとした入りからハラハラと散らばっていくような薄い層。
表面はカラッと乾いた質感ながら、全体的に発酵バターの風味はそこそこにあり。

苦みのようなネガティブに感じる風味もありますが、価格からであれば悪くはない感じです。



あんバターフランス:173円

普段あまり買わないものですが、白いバターが気になって。


バゲット生地にそれほど風味なく、餡も甘みを極力控えたような仕上がり、バターは中央バターの無塩かなと。
全体的にイメージよりも味気ない感覚にはなりますが、これはこれでバランスが良い印象です。



くるみとオレンジ:194円


クルミは大きいのがゴロゴロ入って香ばしく。
オレンジピールにはコアントローっぽい風味があり、みずみずしさと華やかさも感じられ。



クランベリーとホワイトチョコ:216円


水分量少なめなリュスティックで、表面はカリッと中はソフトに。
クランベリーはシロップ漬けされて甘く、さらにチョコレートも加わりますが、甘ったるさは感じず食べれます。



もちもち食パン(1/2):216円


ふんわり柔らかく、噛んでいくとモッチリし、しっとり感やみずみずしいと言うよりは水っぽい質感。
グルテン強めで軽さを補いつつ、甘みは強めで、一般的に食べやすく感じるよう上手く作られている印象。


リーズナブルでちゃんとしたものが食べれそうな町のベーカリーでした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ブーランジェリーあめみ(愛知県豊橋市) 

天然酵母を前面にアピールされたお店。



店舗は大きめでイートインエリアも広くとられており。

地味な見た目のパンがメインですが、菓子パン・惣菜パンも少しは用意されており、酵素ジュースなんてのもあったりします。



バターロール:110円


酸っぱそうな香りのわりにそれほど酸味なく、表面はカリッとし、中は加水低くてモッサリと。
バターロールと言うほど油脂感はなく、粉の風味も希薄で、単体で食べきるのは難しいかなと。



シナモン:160円


こちらは表面はガシッと固く、中はエアリーな軽さ。
シナモンシュガーの風味で食べれますが、菓子パンとしては水分量少なすぎて重苦しさあり。



ブルーベリーヘーゼルナッツ(1/2):280円


生地はそれほどハードでなく、ライ麦や酵母由来のクセなども特に感じず、食べやすいカンパーニュではあり。
ブルーベリーはなぜか酸味なく甘めで、ヘーゼルナッツの渋いような風味をやわらげるように。



クランベリークルミ(1/2):280円


こちらも酸味より甘みの方を感じるクランベリー。
生地はクルミの風味も染み込んで食べやすい仕上がりになっており。



3種のナッツ(1/2):280円


ヘーゼルナッツのエグいような風味が強めに。
ドライフルーツ入りに比べるとパサつくも、たっぷりのナッツの香ばしさで押しきれます。



プレミアム食パン:600円

品種名忘れましたが北海道産小麦とカルピスバター使用だそう。
共にありがたがる物でもないですが、全商品の中でこれだけ高く感じたので、原価はかかっているのかなと。


詰まった感じの生地ですが、柔らかいのもあってか食感は軽さがあり。
全粒紛パン特有の落ち着かない感覚の噛み心地、歯に付きそうで付かない程度のねちっとした感じも。

香りは酸味系を感じるも、クリアな入りから甘みがジワジワと広がるような味わい。


この手のお店は美味しさを最優先に作っているのではないと思われ、こだわりや安心感が萌えポイントなのですかね。

パンオタクや健康志向の方には受けるのかなーと・・まあそんな感じです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Boulangerie La Moisson(愛知県豊橋市) 

豊橋駅からまずまず近い松葉の方にあるパン屋。



ラ・ムワソンという店名。
こじんまりした店舗にごく普通のラインナップ、オーナーシェフお一人でずっと昔からやられています。



クロアソン・オ・ブール:180円

クロアソンという表記だったのでそのままで。


表面は薄くシャリシャリサクサクした軽い歯応え、中の方は適度な弾力も。
ブールの名が付いているだけありバター感はそこそこあり。



クロワッサン・アマンド:200円

こちらはクロワッサン表記。


上部の焼き込まれたダマンドは水気が完全に飛んで、粉っぽさのあるザクザク感。
ダマンドの甘みに粉糖も多めで、甘み要素しかなく単調な味わいではあり。



パン・オ・レザン:200円


こちらもデニッシュ生地はシャリシャリするような軽い歯応え。
ラムはけっこう効いてますが、ラムなのかレーズンの質なのか、ちょっとエグミに感じるようなクセのある味に。



ブル:200円


表面はパリパリッとして臭みない香ばしさ、中はムッチリ
味気はほとんどないですが、良い意味でクリアで、何にでも合わせれそうです。



パン・オ・レ・リース:280円


しっかり詰まった生地で、水が入らない事でのパサつき感はあるも、食べにくい感じもなく。
スライスアーモンドに穏やかなミルクの風味だけですが、スッキリした味わいで美味しく食べられます。


特別なところは目指してないと思われますが、真面目で丁寧な感じが伝わるお店です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム