FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

らーめんハウス 大将(愛知県豊橋市) 

豊橋のはずれの方に。



昔ながらのラーメン食堂で、10年以上ぶりに行ってみました。



自称豊橋2位です。



ラーメンは醤油・塩・味噌2タイプの計4種に、各種トッピング別。
いかにも大衆食堂系のメニューですが、実はかなり素材にこだわっているお店。

厳選した水・小麦粉・調味料を使用し、自家製麺に無化調スープと、昨今のチャラいラーメン屋が得意げにアピールしている事を、ずいぶん昔から当然のようにやられているそう。



しょうゆチャーシューめん(手もみ麺):810+50円

どんぶりがデカい!
そして、無意識にワカメトッピング・ネギ増しオーダーでもしちゃったかなーと思うビジュアル。



スープは動物系と魚介系がバランス良く感じられ、すっきりした和風出汁といったイメージ。
あっさりした中に徐々に響いてくる奥深さもあり、ゴマ油の風味が勢いをつけるように。

麺にはほうれん草が練り込まれ、手もみ特有の不規則感は弱めでシンプルな食感。



チャーシューは見た目のイメージに反して、しっとりして醤油味もしっかり染み込んでおり。
歯応えの良いメンマにケミカルな匂いはなく、全体を落ち着かせるワカメの存在も際立って。

ホッとするような懐かしさがありつつ、グッと響くような味わいもあります。



渥美半島3周とか良く分からない事をした身体に、良質なたっぷりのスープが染みわたりました。

ちなみに、どんぶりが大きいって事は、その分スープをたっぷり入れる必要があるわけで、当然ながらラーメン屋はスープに最もコストをかけているはずです。

しかし昨今のチャラいラーメン屋はどんぶりもチャラく、おそらくスープを少なくしようと考えたデザイン。
店によってはこちらの半分以下の量しか入っておらず、1杯のコストもだいぶ違うだろうなと。

個人的にラーメンの器が大きいお店は、店主の器が大きいと考えてます。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

すいか(愛知県豊橋市) 

豊橋駅すぐそばにある、汁なし担々麺専門店。



カウンター6席の小さな店舗で、いろいろお店が入れ替わってますが、こちらはオープンから2年くらい経つよう。



メニューは汁なし担々麺or油そばの2種類のみで、他にサイドメニューがいくつか。



汁なし担々麺:700円

辛さは4段階で、スタンダードと思われる2辛にて。


もろにラー油な朱色のタレに、肉味噌、白髪ネギ、山椒が振りかけられ。

混ぜ合わせて食べるとラー油の刺激的な辛みとともに、ゴマ味噌系の風味が加わって甘辛い仕上がりに。
ジャキジャキしたネギのアクセント、山椒の痺れは弱く、全体的にマイルドな中にほんのり辛さが後を引くイメージ。

多加水の麺は玉子の風味があり、飲み帰りの客を想定しているのか少ない量で、大盛りとライスをオーダーしないと普通の食事としては成り立たい印象。

まあ、飲み帰りにパンチのきいたものでシメたいなら良いかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

侍麺(愛知県豊川市) 

年末のプレオープンに続き、本オープン後の訪問。



本家は「ガチ麺」を「がちそば」と読ませ、こちらは「侍麺」を「さむらいぬーどる」と読ませるよう。
まあ、両方ともそう呼ばれてないと思いますが・・


img_12_m_(2)_convert_20190120083046.jpg
メニュー表はちゃんとした物になりましたが、内容は変わらず、席にてオーダー&支払いのまま。

今回は10食限定のメニューを。



鶏と野菜のベジポタつけ麺:950円


ツヤツヤ艶やかで、茶色系の平麺。
トゥルンとした口当たり、ムッチリした歯応え、粘りをともなう歯切れはお馴染み感もあるガチな麺。



つけ汁は鶏白湯ベースに野菜数種類かなと。
あっさりした野菜の旨みとジワリとくる動物系のコク、トマトのキュッと引きしめるような酸味。

バランス良く美味しいですが、それほどベジタブルでなく、それほどポタージュでもないかなと。



鶏団子は美味しいですが、価格からすると具の量は寂しい感じ。
まあ、田舎と言えども一応は駅の隣という立地なので、家賃分はちょい高めか。

とりあえずいろんな意味でリスクがなさそうなので、混まない限りちょいちょい行くかと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ガチ麺道場(愛知県豊川市) 

タイミング合っての訪問。



母体が居酒屋なので店内もそれっぽい雰囲気。

真っ白な割烹着を着た店主さんは職人オーラ溢れますが、それ以上に商人オーラを感じさせる部分もあったり。
と言っても、利益重視という商人ぽさでなく、個人的には悪くない印象の商人っぽさです。



食券機の上に写真付きのメニュー表があるのは親切かなと。



鶏白湯の泡そば:880円

まだ食べてなかった鶏白湯を。


提供前に泡立て、ふわふわした泡はまろやかでクリーミー。
泡の下は白湯としてはサラリとしており、油っぽさも全くなく優しく穏やかな印象。

味の方は最初の2口ほど鶏の臭みを感じるも、その後は凝縮された鶏の旨みがじんわりと広がる感じに。



こちらとしては細麺仕様。
水分量はやや抑えられた感じで、独特の粘り気はなくなるも、力強い弾力性は増した感じに。



具は清湯でのワンタンがなくなり、焼きでの火入れが入ったトマト。
かなり酸味が強く、急激な味変で一気に洋風の方向性へ行くので、タイミングは慎重さが必要な感も。

昨今良くありそうな鶏白湯ですが、ちゃんと美味しかったです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

侍麺(愛知県豊川市) 

豊川駅すぐそばにオープンのラーメン屋。



以前もラーメン屋だった店舗の居抜きです。
正式なスタートは年明けからになるようですが、プレオープンという形で12月下旬から営業しており。



店名・メニューから、「ガチ麺道場」の2号店と考えて良いかと。

しかし、せっかくの駅前の立地にて、昼のみの営業で儲かるのか・・別に儲からなくても良いのか。



プレオープン時でメニューは3種、うち1品は10食限定。
食券機が間に合ってないのか、この時は席にてオーダー同時に支払いの形でした。



鶏と魚の醤油らーめん:800円

つけ麺が先頭ポジションですが、まずラーメンを。
本家にも同じメニューがあり、そちらより50円安い設定で、具を少し控えめにした感じ。


湯気も立たないほどの油膜。
強い香味の風味があるわけでなく、ちょっとオイルっぽさが主張しすぎる口当たりに。

味の方は節系の風味、鶏のコク、切れの良い甘みと酸味の醤油ダレ。
それぞれがまとまりあるも、やはり油脂感が過剰な感・・まあ、それがないと蕎麦ツユっぽくなりそうですが。



麺は太めの平麺でなく、細めのストレート。

トゥルン・ムチッとした食感で、いかにもガチな麺だなと。
細めの分、麺自体のインパクトは本家に比べ落ちますが、全体のバランスとしてはこの方が良い印象も。



具には鶏団子という物が。
口に入れるとホロホロ崩れるような柔らかさ、なおかつ部分的に噛み応えの強さあり、単体でもイケる味わい。

数キロ離れた焼き鳥屋で提供されている物のようで、ひょっとしてこちらの店主は夜は焼き鳥屋なのかなと。
あ、ガチ麺店主の息子という噂もききましたが、どちらも定かではないです。


まあ、業務拡大・多展開してクオリティが上がるお店なんてほとんど存在しないと思いますが、ひとまずは、ちゃんとしたラーメンがこの場所で食べれることになりました。

田舎の場合、駐車場のない店は行列になりづらいかなと。待ち時間分の駐車料金かかりますしね。
ちなみに目の前は駅の無料駐輪場があり、自転車最強です。

すでにもう1度行ってますが、年明けの参拝客がいなくなったら、けっこう行くかもしれません。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム