FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

侍麺(愛知県豊川市) 

豊川駅すぐそばにオープンのラーメン屋。



以前もラーメン屋だった店舗の居抜きです。
正式なスタートは年明けからになるようですが、プレオープンという形で12月下旬から営業しており。



店名・メニューから、「ガチ麺道場」の2号店と考えて良いかと。

しかし、せっかくの駅前の立地にて、昼のみの営業で儲かるのか・・別に儲からなくても良いのか。



プレオープン時でメニューは3種、うち1品は10食限定。
食券機が間に合ってないのか、この時は席にてオーダー同時に支払いの形でした。



鶏と魚の醤油らーめん:800円

つけ麺が先頭ポジションですが、まずラーメンを。
本家にも同じメニューがあり、そちらより50円安い設定で、具を少し控えめにした感じ。


湯気も立たないほどの油膜。
強い香味の風味があるわけでなく、ちょっとオイルっぽさが主張しすぎる口当たりに。

味の方は節系の風味、鶏のコク、切れの良い甘みと酸味の醤油ダレ。
それぞれがまとまりあるも、やはり油脂感が過剰な感・・まあ、それがないと蕎麦ツユっぽくなりそうですが。



麺は太めの平麺でなく、細めのストレート。

トゥルン・ムチッとした食感で、いかにもガチな麺だなと。
細めの分、麺自体のインパクトは本家に比べ落ちますが、全体のバランスとしてはこの方が良い印象も。



具には鶏団子という物が。
口に入れるとホロホロ崩れるような柔らかさ、なおかつ部分的に噛み応えの強さあり、単体でもイケる味わい。

数キロ離れた焼き鳥屋で提供されている物のようで、ひょっとしてこちらの店主は夜は焼き鳥屋なのかなと。
あ、ガチ麺店主の息子という噂もききましたが、どちらも定かではないです。


まあ、業務拡大・多展開してクオリティが上がるお店なんてほとんど存在しないと思いますが、ひとまずは、ちゃんとしたラーメンがこの場所で食べれることになりました。

田舎の場合、駐車場のない店は行列になりづらいかなと。待ち時間分の駐車料金かかりますしね。
ちなみに目の前は駅の無料駐輪場があり、自転車最強です。

すでにもう1度行ってますが、年明けの参拝客がいなくなったら、けっこう行くかもしれません。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ORIBE(愛知県豊橋市) 

また新作を。



この日は、入り口横になる窓際カウンターに初めて座りましたが、厨房から離れているため、替え玉オーダーのタイミングを計るのが面倒という結果に。

まあ、たいした問題ではないですが、厨房が見える席でないと退屈ですね。



替え玉に付いてくるバタートッピング、バターのみ単品もあり。
下2つはプラス料金ですが、こちらはバターではないよう。



鶏白湯ver.6~泡きのこ~:900円

今回はキノコ。


「泡きのこ」と言うことで、いつもより泡立っており、いつもよりクリーミー。
1口目は臭みもに感じられる鶏の風味がありますが、それを包み込むようなマイルドなポタージュ。



トッピングの数種のキノコはしっかりローストされ、香ばしく立ち昇る香り。
写ってないですが選べるチャーシューは肩ロースで、焼豚とは思えないような柔らかさとしっとり感。

肉はどれを選んでも火入れの妙を感じられ、料理に対する真摯さが伺えます。



キノコはトッピングだけでなく、ペーストのようなものが中に入れられており。
全粒粉に大麦粉も入った味のある麺に、ポタージュスープとキノコ粒子の絡みが良く。



替え玉(スパイシーミンチ):180+50円

ピリ辛ミンチはタコミート風なジャンク感と、香り良いスパイスとハーブの合わせ技。
細麺はしなやかさの中にハリのある肌、内側の芯の強さが感じられる食感。

太めの麺って分かりやすいパンチを出せるのですが、細麺をそれで出せているところはあまりない気がします。
こちらはスープと具が評価されていると思われますが、個人的に麺が最も優れているのではないかなと。

ちなみに僕はラーメン屋に麺を食べに行っており、スープを飲みに行ってません。

まあ、洋風で量も少なめですし、ラーメンオタクには評価されづらいお店な感もありますが、ラーメンとか関係なく、こだわって作られた美味しい料理を食べたい人には良いのではないかなと。

今年、最も響いたラーメン屋はこちらで、最も響いたメニューは今回のものでした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

らぁ麺 幸跳(愛知県豊橋市) 

また鶏を味わいに。



たまたまタイミングが良いのか、これまでの数回の訪問で、外にまで行列ができているという事はなく。



醤油が基本メニューですが、たまり醤油バージョンもあり、今回はそちらを。



丸鶏たまり醤油らぁ麺:900円

前回のノーマルに比べると濃いめの色に。


そしてノーマルに比べ、1口目の明るさや香り高さはアップ。
味も端的に言えば濃くなってますが、醤油辛さなどは感じず、純粋に深みが増した印象。

鶏の風味も消されることなく、むしろ香りの広がりが良くなった印象があり。



つるんと滑らかでムッチリした弾力、喉ごしも気持ち良く。
食べ応えのある食感ながら、スルスル入ってあっという間になくなってしまいます。



2種類のチャーシュー、味玉、メンマもしっかり仕事されており。

前回のノーマルでは、薬味以上の存在感を出してしまう青ネギは微妙かなーと思いましたが、今回はその存在感がちょうど良いアクセントにも感じられました。

構成としては特別なものは何もないですが、文字通りひと味違う、ほんのひと味だけ違うような感覚を受けます。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ガチ麺道場(愛知県豊川市) 

改装リニューアルされ、店内が綺麗になりました。



某ラーメン誌にて東海地区の頂点に選ばれ、遠方からの来客も多く、訪問のハードルはさらにアップ。
まあ、豊川において連日行列ができる飲食店も初なので、良いことかなと。



メニューは変わりなく。



鶏と魚の塩そば:850円

「おすすめ」のスタンダード品、改めてグランプリの一品を。


透明感はありつつ、底に向かうにつれて茶色がかったスープ。

最初に感じるイリコや節系の風味は上品な出汁つゆを思わせ、その後の動物系のコクや香味油がラーメンスープに引き戻し、ジワッと響く旨みとクリアなキレ味。

鶏と魚介という何の変哲もない出汁ですが、内に秘めた力強さを感じられます。



独特さ溢れるガチな麺はヌメりにも感じるような滑らかさ。
しなやかな歯応え、それと反発するような弾力を併せ持ち、原材料が麦である事が分かる味。

ここの麺を食べて以来、真っ黄色の麺を食べることに少し抵抗を感じるようになりました。



2枚の豚はレアな火入れで甘みがあり、厚めの鶏はしっとりして驚くほどの柔らかさ。
この完成度にワンタンは不要な気もしますが、単純に味の重ねでの満足度は増大。

とても内容の濃い一杯です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

らぁ麺 幸跳(愛知県豊橋市) 

鶏をの旨みを味わいたく。



現在は10:30〜14:30の昼営業のみ。
ランチタイムに微妙に早い時間のオープンはわりと重宝します。


20181103192021454.jpeg
意欲的に期間・数量限定メニューも出しておられますが、今回はスタンダード品を。



丸鶏醤油らぁ麺:850円

出汁成分は丸鶏オンリーという綺麗な清湯醤油。


油分も多めに入り、ふわりと感じられる鶏の香り。
鶏ってこんな甘さなんだーと思うほどの出汁感で、キリリとした醤油でバランスを。

鶏油が明るさを出し、鶏の旨味とコクの深さ、醤油辛さや酸味もありつつ、透明感のあるキレの良さ。



麺は系統で言えば「ガチな麺」になりますかね。

オノマトペ的に言えばテュルンとした口当たり、噛みしめてふわりと感じる麦の風味。
滑らかでしなやか、柔らかさの中に一瞬跳ね返されるような弾力もあり。

豚・鶏2種類のレアチャーシュー、食感の良いメンマなど、具も脇役に収まらず。

スタンダード品としては他店と比べて高めの設定ですが、内容的には安いと言えるくらい。
良いものを食べた感覚になれるラーメンです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム