食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ORIBE(愛知県豊橋市) 

初訪問以来にこちらへ。


20180204164806996.jpg
この周辺は開拓してみるとお店の選択肢はいくつかあり、豊橋では行きやすい方かなと。

こちらのすぐ近くに1度行ってみたい中華料理屋があるのですが、1人ではちょっと敷居が高そうで。
自分の方は平気なのですが、お店側がそうでない場合があったりして、フラッと入りにくいです。

何だかんだで1人だとラーメン屋が最も行きやすいのですが、逆にカウンターだけのラーメン屋に大人数で来る人たちの感覚はよく分かりません。



鶏白湯:750円

ヴァージョン2みたいなものもラインナップされてましたが、もう1度スタンダードで、選べるチャーシューは豚肩ロース。

焼豚、ロティという調理名も付いてますが、スービットのようなロゼ色の火入れ。
柔らかくしっとりして、周りは焼きの香ばしさもありなかなか良いです。

スープは前回よりも出汁感が強く、香味油がきいてどっしりしたコクに感じました。

調整なのか味ブレなのか、こういった違いも醍醐味になりえるかと。
いつも同じ味が良ければ、インスタント料理的なチェーン店がベストです。



替え玉:150円

今回はバジルにて。

麺だけ食べてみると思ったより全粒粉の風味もあり、混ぜれば分かりやすいパスタ風になり。
この麺をラーメンの器にドボンより、スープを少しずつこちらの器に移しながら食べるのが良いかもしれません。


20180205193226243.jpg
季節のまぜそば:950円

こちらも試しに。

20180205193233942.jpg
具材は羊肉のミンチがメインで、トマト、スクランブルエッグなど。

20180205193241971.jpg
こちらの麺は全粒粉が入らず平たくやや太めで、タレは底に適量。

羊肉はスパイシーな味付けで、そのまま食べるとクセを押さえつけている印象でしたが、混ぜ合わせて全体で食べてみると逆に独特の臭みがフワッと。

トマトは水分飛ばしている感じですが、食べてみるとこちらも逆にと言うか、強烈な酸味がガツンと。
さらにセロリもトッピングされ、クセだらけな食材ですが、なぜかどれも特出せず、わりと自然な感じに。


20180205193248831.jpg
3口ほどの追い飯が付きますが、無駄に?なのか麦入りでバターライス、葉物トッピング。

いやー、いちいち料理してます。


冒頭の話に戻りまして、行きやすい店って、得てして味の予想できるメニューしかないのですよね。

こちらは美味しいとか好みに合うかは別として、何やら予想外の物を食べれるラーメン屋です。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

麺屋 空(愛知県豊橋市) 

10年以上前からある、豊橋でも人気のラーメン店ですが先日初訪問。



1度行ってみた事はあるのですが満車でヤメ。
幹線道路から脇道に入り、すれ違い困難な狭い路地にある面倒な立地なので、なかなか再訪する気にならず。

少し前に自転車で近辺まで行ったので寄ってみました。



基本メニューは塩or醤油で、そのアレンジ版がいくつかみたいな感じ。
ラーメンとの違いは分かりませんが、中華そば:400円なんてのもあります。



らぁめん(塩):700円

最初なので最もスタンダードっぽいものを。


比較的澄んだ感じのスープ。

魚介の風味がジワーッと広がって、塩ダレもキツさはなくあっさりめ。
化調らしさは感じませんが、わりと力強さのある味わいです。



麺はちょっと固いかなと思う仕上がり。
かん水多めで強いコシを感じられますが、個人的に好みではなく、スープとも合っていない感があり。



玉子は濃いめの味が付いており、炙りチャーシューは香ばしく肉自体にも旨味あり。
メンマはもろにタケノコと言った感じで、好みは分かれると思われる独特な食感と味の濃さ。


スープはナチュラルな風味であっさりめ、麺は加工された感が強め、具は調味料多めでジャンクっぽさありと、なにか不思議なバランスに感じました。

それでも、ところどころ惹きつけられる部分があり、自転車で近くに行けばまた寄るかと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

日本晴れ(愛知県豊橋市) 

岡崎の人気のラーメン店が、今年の2月に豊橋に2号店をオープン。



そろそろ落ち着いた頃かと最近初訪問です。



岡崎の方は行ったことがないのでメニューの違いは分かりませんが、豚骨スープがメインのよう。
ただ、純粋な豚骨ではなく、豚骨ベースのいろんなスープと言った印象。


醤油、味噌、鶏白湯、豆乳坦々麺、さらに八丁味噌バターコーンポタージュ仕立てとか謎の物もあり。

要するに何でもアリのファミレス的なラーメン屋のよう。

とりあえず最初は最もノーマルそうな物にしておきました。



セットメニューで餃子3個orたまごかけご飯が+150円。
両方なら250円、餃子+チャーシュー丼は350円と、何となくお得に感じるセットもかなり押している感じ。

ちなみにご飯はおかわり自由とのこと。


タレを入れてしまいましたが、ランニングエッグだそう。
ちゃんとしたエサを食べている鶏だからか、色も味も綺麗でした。



純とん:750円


スタンダードな白濁した豚骨スープ。

いかにも豚と言うようなエグい風味はなく、コクのようなものはあるものの、かなりマイルドな味わい。
たぶん豆乳が入っているのだと思いますが、クリーミーで穏やかな仕上がりの豚骨スープ。

そう言えばお店の内外も豚臭いということがなく、純・豚骨みたいな品名でも全然純粋ではないよう。
無鉄砲のようなガチ豚骨ではなくて、味は違いますが、例えるならスガキヤ的な豚骨"風"かなと。



麺は卵麺のようで、ちょっと色と風味があります。
ゴワゴワッとした口当たりと、グニッとするような弾力。



チャーシューは強めに味が付いており、メンマは量が多め。

紅しょうがはテーブル上に用意されているフリートッピング品ですが、やけに甘み成分が強め。
辛いよりは甘酸っぱいと言う感じで、これはこれで合う気もしますが、量は注意したほうが良いです。


万人受けなのか女性受けなのか、そういう方向性と思われ、マイルドな豚骨風スープらしきものを食べたいなら良いかなと思います。



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

HASE麺 HINCHI(愛知県豊川市) 

姫街道沿い、免許センター近くに昨年末オープンしたラーメン屋さん。



謎の店名で、カフェっぽい雰囲気のあるお店。
普通のラーメン屋をやろうとはしてないのか、なぜか土日は夜営業のみで遅くまでやっているよう。

その夜営業に2度行った知人の話によると、居酒屋風でタバコの煙モクモクだったとの事。
そんなラーメン屋に行くつもりはありませんでしたが、平日昼に仕事の関係で行く事に。



さすがに昼は禁煙のようで、メニューも定食が3種のみ。

オーダーはほとんど同行者任せでよく分からない流れでしたが、具材増量の特製ラーメン(+200円)、ライスを卵かけご飯に変更(+150円)の塩ラーメンセットにて。



鶏塩ラーメン定食+α:1130円

どうやらメニュー表の価格は税別で、1円単位切り捨てのようでした。


メニュー表記はないものの、特製ラーメンという仕様があるらしく、+200円にて具材増量されて豪華です。



いわゆる鶏白湯になると思われ、たっぷりの香味油はキノコ油だそう。
軽めの鶏の風味に強めの塩ダレ、後味にキノコらしき香りを感じますが、ガツンとくるわけではなく。



麺はシンプルな細麺。
加水高めなので滑らかさはありますが、これと言った特徴はなくクセもなく。



肉は増量分なのか2種類で、鶏のほうはササミっぽいですがしっとり柔らかく。
レアな火入れの豚も同様にしっとり感と柔らかさがあり、煮玉子も含め味付けは控えめ。



玉子かけご飯。
こちらにもキノコ油がかかっており、こちらの方が風味が分かりやすく、良くも悪くもわざとらしい旨味です。



同行者の醤油ラーメン。
ブラックラーメンと言うべき凄い色に、チャーシューも焼豚な感じで、塩とはいろいろ違いがあるよう。

2口ほどスープを飲んだだけですが、キノコ油が合うのかちょっと変わった深みを感じました。


麺が好みに合わないので物足りなさもありますが、塩も醤油も気になる部分があり、また食べてみたい気も。

ただ、平日昼となると難しいので、謎の営業形態が変わったらですかね (;´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ORIBE(愛知県豊橋市) 

今年2月にオープンしたラーメン店。



テナントの店舗ですが、知らなければラーメン屋とは思わない外観。

店内もL字と窓沿いのカウンター席のみながら、カフェやバーっぽいオシャレ感があります。



ちょっと見切れましたが、ラーメンは鶏白湯1つと、限定メニューのまぜそばのみ。
サイドメニューも単品自体は少なめで、これでイケるのか?と思わせる食券機の内容です。

あ、一応言っておきますと、「見切れる」が本来そういう意味でないことは知ってます。



ラーメンは1種類ですが、チャーシューが4種類から選択可能。 全種盛りというのも350円であり。

チャーシューは部位だけでなく調理法も違い、フランス料理名がついており。



そしてトッピングのバターも4種類。

バターは50円別売りの形ですが、替え玉の提供時はバターも付いて来るという、ちょっとややこしめ。

と、ここまでは事前情報で知っていたので、ラーメンと替え玉を。
チャーシューも全種いってみようと思いましたが、4種のチャーシュー丼というのがあったのでそちらにて。



1.スープはもちろん、麺も餃子の皮も自家製。
2.なるべく地産地消の国産食材。
3.無化調。

まあ、自家製とか無化調って、プロの料理人なら当然と言うか普通の事ですけどね。
こんな事がアピールになるラーメン業界って、やっぱりちょっと変だなって思います。



鶏白湯:750円

華やかなビジュアル。


鶏白湯なので鶏ガラと、身も使っているか?な印象の白湯出汁。

動物系のコクは強めに感じられますが、出汁感という意味では軽め。
たっぷりの香味油が味と食感に重みを加えているので、パンチはなくても、あっさりとはしておらず。



麺は修行先の小坂井のお店同様で、全粒粉が練りこまれたタイプ。
ラーメンの麺に全粒粉って特に意味ないかなと思いますが、かん水臭い麺よりは良いです。

ちょっと固いかなと感じる仕上がりで、ブツッと気持ちよい歯切れも。
低加水なので滑らかさはなくゴワッとしますが、水増しされた麺より食べ応えがあって好みです。



チャーシューは珍しいホホ肉コンフィにしましたが、んー・・と。
玉子は味付け薄め、野菜は彩りの他に出汁成分も担っていると思いますが、ほぼ見た目重視のトッピングかなと。



4種のチャーシュー丼:350円


チャーシュー全種盛りと同価格なので、半分カットでくるかなと思ったら小間切れで。

これだけ小さい物を食べてもどれが良いとは言えませんが、ホホだけはなかったなという感じでした。



替え玉の提供の間にチャーシュー丼を食べてたのですが、1分くらいでしっかり幕が張りました。

うかつに食べるとヤケドするタイプの油分量です。



替え玉:150円

かなり迷いましたが、初めてなので最も無難と言うか、大きく味が変わりにくそうなキノコで。

麺は気持ち少ないのかなという感じありましたが、替え玉でくると普通の量はありました。
このまま混ぜて食べてみると、かなり香りが立って予想以上にキノコです。



半分ほど残してあったスープに投入するとほんのり味変。
これでもちょっとパスタ風になるので、バジルやチリトマトなんて完全にパスタか?な印象。


ラーメンは1種でも、バターとチャーシューで違う印象になりえるのかなと。
さらに数種類の味を楽しむことも可能かもしれません。

何となく邪道っぽいですが、ラーメンなんて日本人が好き勝手にアレンジしている物なので、「こうあるべき」なんて考えのほうがおかしいとも言えます。

また、個人的にはラーメンはスープを飲みに行っているのではなく麺を食べに行っているので、自家製麺で好みな感じならそれで良いです。

こちらは年に何回か行くお店になると思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム