FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ミッソーニ(名古屋市緑区) 

2018/08/13 Mon 12:30訪問
ミッソーニ


この日は名古屋方面に出かけ、猛暑日にあえて味噌煮込みを食べようと専門店へ。
店名といい外観といい良く分からない怪しさのお店ですが、この時は終始ほぼ満席状態でした。



基本メニューは味噌煮込み1品でトッピング別に。
他に冷製の季節限定品もありましたが、見えた限りでは全員煮込みをハフハフ食べている様子。



親子味噌煮込:870円

怪しげな感じできました。


グツグツ煮たっており。
玉子は直前投入のようで、見えないですが鶏肉は大きめのモモ肉がころころと。


提供時に案内がありましたが、蓋を取り皿にして食べるのがスタンダードらしいので、郷に従って。

麺は比較的細い平打ちタイプで、煮込み独特のゴワゴワした固さはなく、少し芯を残したような固さ。
八丁味噌もガツンと濃い味ではなく、マイルドで食べやすくしたような感じ。

美味しいですが、どちらかと言えば三河タイプで、あまり意味なかったかなーという結果でした。


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

てつ家(愛知県豊橋市) 

すっかり有名店ですが、2ヶ月に1度くらいの頻度で2年ちょっと通っており。



開店前~閉店間際まで、いろんな時間に訪問してますが、待たずに入れる事はない繁盛ぶり。



通常メニューをひと通り食べたので、ここらで季節限定ものを。

まあ、メインがうどんの麺そのものである以上、何食べてもハズレません。



すだち冷かけ・かし玉セット:1050円


鶏ムネ2枚+半熟玉子1個で、親子天ぷら。
訪問は主にジムでの筋トレ後なので、いつもこの2品オーダーでたんぱく質補給です。



すだちたっぷりで、見るからに涼しげでさっぱりと。
お店いわくガチイリコな出汁の旨みに、フレッシュで爽やかな柑橘の香り、後味をキリリと引き締める酸味。

打ち立て出来立てのツヤツヤの太麺は、気を入れてググッと噛み締めないと跳ね返されそうな弾力。
カウンター奥の席ではたびたび麺打ちも見られ、その姿を見ながら食べると力強い男気の麺にも感じられます。

うどんもいろいろ食べてみましたが、こちらの食感に近いお店は今のところなく。
讃岐うどんを謳ってますが、本場にもこれほどインパクトのある麺はないだろうなと思うほど。

うどんはどこでも食べれますが、一種独特の領域を感じさせます。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

そば処 桔梗(長野県塩尻市) 

2018/07/16 Mon 9:15訪問
桔梗(ききょう)


最終日は塩尻市に寄り道。

何となく食べログを見てたら、駅構内の立ち食いそば屋の評価がやたらと高く、駅前の物販店で買い物する予定だったので、ついでに興味本位で行ってみました。

改札の内外両方から利用できるようになっており、この時はパートさんと思われる女性がワンオペでの営業。



メニューは多め。
最安値はかけそば:290円ですが、500円を超えるメニューもいくつかあり。

調理なども含めどんな感じなのかと、あえて最も高いメニューにて。



信州鹿肉そば:680円

業務用な袋入りの麺を1食分茹で、具もレトルトパックの物を乗せただけ。
ほんの2分ほどでの提供で、正しい立ち食いそばでした。



不揃いの麺は、手打ちで作られた物の冷凍かもしれませんが、コシというものはなく。
逆二八な感じの風味の麺に、つゆは塩気が強め、具にも特別なところはなく。

電車に乗る事が少ない人生なので、よく考えたら駅の立ち食いそばは初めてで、その手の物としては美味しいのかもしれませんが、だいたいイメージ通りのインスタントぽい感じ。

食べログの点数調整って、何の基準でやっているんですかね? (;´∀`)



2018年7月14~16日
日記1 日記2 日記3
古畑(諏訪市:うなぎ)
ぺぱん(茅野市:ジェラート)
けろっく(茅野市:パン)
六花(下諏訪町:ジェラート)
丸一(下諏訪町:とんかつ)
力亭(上田市:とんかつ)
ナガイファーム(東御市:カフェ)
のんのん(長和町:食堂)
桔梗(塩尻市:そば)
ムゥ(塩尻市:ケーキ)
ムゥ
奈良井ダム
味噌川ダム


category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ぶっかけ亭本舗 ふるいち(岡山県倉敷市) 

2018/05/07 Mon 9:30訪問
ふるいち 仲店


雨の最終日は遅めのスタートで、倉敷駅近くにある朝7時から営業のうどん屋から。
倉敷うどんとも呼ばれる、ぶっかけうどん発祥のお店だそう。

倉敷市を中心に10店舗以上チェーン展開しているようで、牛丼屋などの外食チェーン風の店舗です。



メニューもそんな感じで、看板のぶっかけ以外にもいろいろあり。



駅そばのこちらの店舗は7時オープンで、モーニングセットもあったのでオーダー。



ぶっかけ朝食セット:550円

ミニ&ミニセットになるようですが、うどんもご飯も普通に1人前の量と言っていいほど。



ネギ・天かす・刻み海苔がぐるっと回り、中央にうずら卵、ふちに多めの練りわさびがべっとりと。



麦とろご飯にもうずら卵。



おかずポジションはなぜかハッシュドポテトで、こちらも一般的なものより少し大きめ。



麺は柔らかな口当たりで・・ソフト麺?

ナヨナヨしているわけではないですが、コシというものは感じられず、ずいぶん柔らかめ。
また、こだわり抜いた小麦粉みたいなことが書かれてますが、どう考えても加工デンプン入ってます。

つゆはカツオや昆布なんかは感じられますが、妙な甘さがあり。
ちょっとケミカルさのある甘みで、大量のワサビを混ぜてもまだ甘さが勝つほどに。


食べれる範囲の味ですが、なかなか完食キツく。

まあ、美味しいかどうかは好みの問題ですが、大手うどんチェーン同様に添加物たっぷりな味でした。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

さぬきうどん 野の香(浜松市浜北区) 

2018/04/22 Sun 11:00訪問
野の香(ののか)


この日は浜北エリアに行って、人気のうどん屋さんから。

開店30分前に到着して1番乗りでしたが、その直後から続々と来て、常に待ち時間が必要なお店のようです。



メニューはうどん数種、天ぷらとのセット、サイドメニューが少しでシンプル。

このメニュー表は外に置いてあり、並んでいる間にオーダーを取り、1番手だと入店直後に料理が提供されます。

並び時間だけではなく、お店に着いてから料理の提供までを「待ち時間」と考えた場合、この形のお店だと開店前の早すぎるくらいに行った方が、結果的に最も待たない事になる可能性が高いです。



とり天セット:990円


ツヤツヤ艶やかなうどんは4種類から選べ、暑かったのでざるにて。

滑らかでふんわりした口当たりから適度な粘りとコシ。
絶妙な歯応えとともに広がる小麦の風味が良く、そのままでも食べられます。

つゆはイリコや節系がジンワリきいて、全体的にとても綺麗な味といった感じです。



柔らかな鶏肉3つ、舞茸、さつまいも、ピーマンと。
メニュー表も「まず天ぷらをお選びください」とありますが、こちらがメインと言っていいようなボリューム。


うどんは並みだと少なめですが、セットなら食べ応えもあり、良いものが食べれたなという気になれました。



2018年4月22日
野の香(浜松市:うどん)
天日地鶏(浜松市:ラーメン)
ラポネット(浜松市:ケーキ)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム