食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

岩正 手打うどん店(名古屋東区) 

2017/12/23 Sat 13:00訪問
岩正(いわしょう)

20171224201000046.jpg
続いて和菓子屋のすぐ近くのうどん屋へ。

この日は祝日で近辺のうどん屋はほとんどお休み。
2軒隣もうどん屋ですが、そちらも含めて5店巡った中で唯一営業されていたお店です。


20171224201016927.jpg
創業100年を超えるそう。

店内も昔ながらの渋い雰囲気で、家族2世代でやられている感じ。
お客さんもひっきりなしで、僕も含め観光客らしきもいましたが、ほぼ近所の常連さんな印象でした。

メニューは麺類・丼物とありますが、暖簾にも書かれているように味噌煮込みが看板メニューのよう。


20171223135421310.jpg
名古屋めしトリプルにしてみました。


20171224201041480.jpg
きしころ:400円

まずはこちらが即出てきました。

20171224201112008.jpg
けっこう幅がある麺で、コシらしきものはあまり感じず。
カツオがビシッと効いた出汁にキリリとした醤油味で、ナヨナヨした感じはありません。


20171224201205103.jpg
味噌カツ丼:600円

こちらは常連らしき人がみんなオーダーしてたので急遽追加しましたが、あまりに予想外のビジュアル。
卵とじのスタンダードなカツ煮とともに、赤味噌も一緒に煮込んでいる感じ。

味の方は甘く濃く、そして重く。
味噌おでん系の味噌のイメージですが、それにさらにパンチをきかせた感じ。

あまり好みではないですが、中毒性はあるのかもしれません。


20171224201222549.jpg
味噌煮込みうどん:600円

トッピング違いでいろいろありましたが、ノーマルのもので。

こちらは白味噌もブレンドしているのか、色も味わいもややマイルド。
麺は味噌煮込み特有の、生煮えにも似たアルデンテの力強さがあって好みでした。


とてもリーズナブルで雰囲気も良く、地元住民に愛されるのが良く分かるお店でした。



2017年12月23日
芳光(名古屋市東区:和菓子)
テーラテール(東区:パン)
テトラコンタ(東区:パン)
松月(東区:和菓子)
岩正(東区:うどん)
べべ:クリスマスケーキ


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

定吉(愛知県豊川市) 

国府・八幡エリアのうどん屋さん。



国道1号:追分の交差点から姫街道に入って、少し行ったくらいの所にあります。

この辺は自転車でフラッと食事に行くには遠すぎて、練習の意図も含めて行くにはあまりに近すぎて、なかなか行くことのないエリアですが、車で通る機会があったので初訪問。

いつオープンなのか分かりませんが、そんなに新しくもなければ、古いお店ではないと思います。



メニューはわりと何でもありな大衆食堂系。
「つるつるうどん」という肩書きを出してますが、そばもあります。



味噌煮込みうどん:850円

グツグツ煮立って登場。

麺は普通か固めか選べるとのことで、初めてなので普通に。
少ししてから、あ・・この料理の場合は・・と気づきましたが、そのままで。


主な具は玉子、三角形の油揚げ、細かな鶏肉など。


味噌煮込みの場合、「固め」は生麺をそのまま土鍋で煮込み、「普通」は茹でてから土鍋へ移して仕上げるのかなと気づいたのですが、やはりそのようでした。

そんなわけで、三河式?な感じの味噌煮込みに。

コシや粘りも感じられ、ちゃんと美味しい麺ですが、ミスったな・・という思いがつきまとってしまう事に。
美味しいかは別として、やはり味噌煮込みは生煮えっぽいゴワッとした麺がしっくりきます。

味噌の味付けの方もマイルドで、こちらも三河式というか、穏やかな味噌煮込みです。



香露うどん:500円

ダブルオーダーの場合、だいたいどちらを先に?と聞かれ、どちらでもと返答します。
温・冷ダブルではわりと冷製が後に来ますが、煮込みよりこちらが後に来るのは予想外でした。

冷製の場合は当然ながら"締まった"感じにはなるのですが、これはまた予想以上。
ツルツルの口当たりに柔らかいとも感じられる歯触りから、中心部はググッと跳ね返されるような弾力。

出汁もカツオがしっかりきいており、甘すぎず辛すぎずな塩梅で好みなうどんでした。


なかなか好印象でいろいろ食べてみたい感じがあり、冬の間はランニングで通ってみようかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

なかぶ庵(香川県小豆郡小豆島町) 

2017/10/08 Sun 11:00訪問
なかぶ庵


小豆島の名産であるそうめんの専門店へ。
メインはそうめんの製造・販売と思われますが、食事もでき、体験教室みたいなものもありました。

観光客ばかりのお店ですが、食事メニューは生そうめん1品という潔さで、提供も回転も早いです。



生そうめん:500円

ありそうでない生の素麺。


水には浸かっておらず、大きな氷がボコッと1つ。

つるつるツヤツヤな見た目の通り、スルッと入ってくるような滑らかな口当たり。
噛み応えはモチモチのプリプリで、ナチュラルな小麦の香りや甘みを感じられます。

ただのそうめんですが、オッ!と思わせるほど新鮮さがあり、つゆなしでも食べれるほど良いです。



お土産用の生そうめんも売ってましたが、要冷蔵のため自転車では持ち帰れないので、乾麺を持ち帰り。
これが正しい観光客かなと、あえてオリーブ入りの物を。

生そうめんは通販で買えるようなので、気が向いたら買ってみようと思います。



2017年10月7~10日
日記1 日記2 日記3 日記4
タカ(岡山市:パン)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)
ドウマエ(岡山市:パン)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
スーリィ・ラ・セーヌ
ムギ(倉敷市:パン)
小豆島(サイクリング)
吉田ダム(小豆島:ダムカード)
なかぶ庵(小豆島:そうめん)
瀬戸よ志(小豆島:食堂)
ミノリジェラート(小豆島:ジェラート)
おっつぁん(笠岡市:ラーメン)
しまなみ海道(サイクリング)
白楽天(今治市:中華)
さんわ(伯方島:ラーメン)
ドルチェ(生口島:ジェラート)
はっさく屋(因島:和菓子)
雑兵(尾道市:ラーメン)
101ブリオ(広島市:パン)
ヒロ(広島市:パン)
キング軒(広島市:ラーメン)
くにまつ(広島市:ラーメン)
みよしの(広島市:和菓子)
ポリポ(広島市:ジェラート)


category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

一久(愛知県豊橋市) 

石巻エリアのうどん屋さん。



うどん専門店ではなく、昔ながらの大衆食堂的なお店です。



「めん処」の看板のとおり、メニューはなんでもありで、温製・冷製、そばにラーメンまで。
丼物もカツ丼・天丼など一般的な物の他に、うな丼、カルビ丼、中華丼などあり。

さらに丼物は全てミニうどんが付くなど、セットメニューが基本なお店です。



うどん定食:680円

最もシンプルなセットで、いつも即出しレベルの早さで提供されます。


うどんは冷やしにかけ、いわゆる「ころ」で。
最も安い単品価格500円のもので、差額分プラスで他のものも選べるのかと思います。



定食分はご飯、惣菜1品、生卵、漬物。
これが180円分と考えれば、定食にせざるを得ません。



シンプルな麺で気持ち固め。
コシとは違う感じの固さで、少し塩気も残るので、あえて不足気味の茹で加減なのかなと。

つゆはしょっぱめで、この辺も専門店ではなく大衆食堂的な味付けという感じ。
味よりも、安さやボリュームなどお得感の方、気軽に入ってサクッと食べて帰るお店かと思います。


昔ながらの一軒家での住居兼店舗、家族経営の大衆食堂はどんどん減ってますが、東三河ではうどん屋の多くがその系統のお店になる事に気付きました。

うどん屋はそんなにハズレないし、チェーン店嫌いで、個人経営の食堂に残って欲しいと願っている身として、地元ではこの手のお店になるべく行っておこうと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

讃岐うどん十四明(愛知県豊明市) 

2017/08/27 Sun 12:30訪問
十四明(とよあけ)


時間を潰すために軽食を取ろうと、名古屋から豊明に入って人気のうどんさん屋へ。

幹線道路沿いですが、テナントのこじんまりした店舗で、人の良さそうなご夫婦でやられていました。



讃岐うどんの看板を掲げてますが、きしめんも可で、丼物なんかもあり。


さらに味噌煮込み、鍋焼きもあったり。

讃岐うどんと言えるのか?の感もありますが、うどんオタクではないので気にしません (;´∀`)



ころ:600円

きしめんにしようか迷いましたが、これはこれで珍しい讃岐ころうどんを。

トゥルンとした口当たりからムッチムチな噛み応え、一歩間違えるとグミっぽくなりそうなイメージです。
それでも柔らかめな仕上げではあるので、しなやかな弾力であり、食べ疲れる感覚はありません。

麺の量はけっこう多めで、出汁つゆは昆布もきいて穏やかに。
麺が良いので、冷ならぶっかけかなとも思いますが、讃岐ころもなかなかイケます。



みそ煮込み:750円

さらにめったにないと思われる讃岐味噌煮込みも。

こちらは麺が少なめ、下茹でなしの煮込みのようで、名古屋の味噌煮込み特有のゴワッとした固い仕上がり。
味噌は赤白ミックスな感じで、しょっぱさはなく、どちらかと言えば甘め。

麺はころと同じものと思いますが、煮込みではコシがなくなり、ちょっともったいない感じもありました。


噛み応えのある麺ですが、ただ固いわけでなく、柔らかさの中に芯のある好みな食感。

近辺には良く行くので、また寄って他の物も食べてみたいと感じさせるうどんでした。



2017年8月27日
ぱん兄弟(天白区:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
アヴァロン
十四明(豊明市:うどん)
べべ(東郷町:ケーキ)


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム