FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

味庄(香川県高松市) 

2019/04/30 Tue 6:30訪問
味庄(あじしょう)


GW旅行4日目は、高知に移動する前に、高松でもう1度モーニングうどんを。
高松駅前で早朝営業される老舗店で、いかにも地元民に長く愛されているような和やかな雰囲気。

この日は連休中と言うことで、自分も含めて旅行客らしき人ばかり。
セルフ式のシステムが良く分からず悪い流れでしたが、面倒くさがらず対応されてました。



ぶっかけうどん(冷)と天ぷら2品を。
計450円で、たしかうどん単品は300円だったかなと。



かしわと玉子の親子天。
天ぷらは作り置きを棚から取っていく形式で、玉子は半熟ではなくしっかり茹でられて。



かけは自分でつゆを注ぎますが、ぶっかけは厨房で注がれての提供。
出汁感はそこそこにキリリとした醤油の味わい。

麺はそれほど特徴ないですが、わざとらしいムチムチ感はなく、スッと馴染むような綺麗な風味と食感。
外から見える打ち場に加えて踏み場まであり、時間をかけて丁寧に作られている感があります。

変に飾る部分なく、ごく自然に日常的に食べるような、本場の讃岐うどんのイメージのお店でした。


スポンサーサイト

category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

連絡船うどん(香川県高松市) 

2019/04/29 Mon 7:15訪問
連絡船うどん


GW3日目は高松にて、まずはうどんモーニングから。
立派な店構えですが駅構内の立ち食い店で、改札でこちらに行きたい旨を伝え、通行券をもらいます。



メニューは温or冷、量とトッピング別で、実質かけうどん1メニュー。
写真で見る限り、温製がうどん、冷製がぶっかけという区分のよう。

女性のワンオペで、食券を出してカウンターでそのまま出来上がりを待つ感じ。
基本はそのまま横に流れての立ち食いですが、外に簡易テーブル席もあり。



かきあげぶっかけ(冷・並):500円

冷にはノーマルがなく、1つは売り切れで、かきあげor肉の2択でした。


とりあえずの第一印象は、麺がパンパンに入っており、大盛りと間違えたのではという量。
その麺はツルムチで、いかにも讃岐だなーと感じさせる食感。

ツユもイリコがしっかり効いた讃岐らしさで、ちょっと甘めの仕上がり。
大根おろしとネギもまたたっぷりで、それらと合わせて成立する味かなと。


ちなみに駅前に「めりけんや」と言うお店があり、店員さんのTシャツやお店で使われている物にそちらの名が入っていたので、運営はそちらになるのかなと。

駅の立ち食いとしてはなかなか良く、本場ならではの本気度合いを感じられました。


category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

めん処 はないち(愛知県田原市) 

シラスがシーズンに入ったらしいので、赤羽根エリアでのどんぶり街道。



国道沿いの大きな店舗で、客層は地元のファミリー層が多い印象。



大衆食堂系のめん処で、うどん・そばの他に、定食系のメニューが豊富に。



赤羽根しらす丼:980円

5分ほどでの提供。
しらす丼に加えて、ハーフサイズのうどんorそば(温or冷)が付いてきます。



甘じょっぱいカツオ出汁に、カツオ節たっぷり。
業務用っぽい柔麺のうどんですが、付け合わせの汁物と考えれば豪華にも。



釜揚げのシラスがたっぷり、卵は何ですかね・・とびこ?

塩茹でされておりそのままでも食べれますが、ちょっとむせる感じがあるので醤油かけた方が良いかなと。
海草と青じそは良いアクセントで、食べ飽きることなく一気にいけます。


まあ、いつどこで食べてもシラスの美味しさは分かりませんが、リーズナブルで良い感じの食堂でした。



ちょっとペースダウンして、スタンプラリー3つ目です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

うどん処 しのじま屋(愛知県豊橋市) 

東三河で、最も名古屋のきしめん・味噌煮込みに近い印象だった「篠島屋」が作年の夏に突如閉店してしまい、暖簾分けの方へ初訪問。



一日一麺のキャッチコピー。
いかにも町の大衆食堂系うどん屋といった感じで、賑やかな雰囲気です。



「うどん処」なので蕎麦はないとの案内があるも、きしめんや丼物はあり、うどん専門店という事ではなく。
ちなみに、隣の席から聞こえた話で確かではないですが、店主が蕎麦アレルギーのため蕎麦を作れないとか。



親子入り味噌煮込み:1000円


味噌煮込みの盛り付けとしてはキレイです。


豆味噌仕立てのビシッとした濃い味に、適量のブレンド味噌によるまろやかな豆ポタージュ。
おそらく塩を使ってない麺は、染み込まれた味噌風味を感じさせ、絶妙なゴワッとした食感。

暖簾分けのこちらも、東三河で食べれる正統派な味噌煮込みでした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

そば 風太 

2019/03/02 Sat 13:00訪問
風太


沖縄そばの後は日本蕎麦もと、帰る方向でもう1軒。

山間部の額田エリアで、サイクリスト御用達エリアでもあるので近辺には良く来てますが、お店は看板もなく特に宣伝もしておらず、あまりに隠れ家すぎる状態。

知っていなければ絶対に気付かない、知っていても気付きにくい場所にある普通の家で、木金土の昼のみの営業になるそう。



場所が場所なので、特に違和感なく古民家。
室内にはいろいろと変わったものが置いてあったり飾ってあったりします。



メニューはシンプルに、そば専門店としてはリーズナブル。



期間限定と思われるメニューにはなぜかタルトタタンが。



もりそば(大盛):600+200円

2段重ねにて。


白くクリアにも思わせる色あいの中に、黒い粒々が荒々しく点在。
しっかりした歯応えの中からふわりと鼻に抜ける蕎麦の香り、穀物の匂い。

つゆは果実味のある酸味が印象的で、イメージとしては赤ワイン。
キリッとした醤油や出汁もきいますが、赤ワインをイメージしたら赤ワインにしか感じられなくなったり。



天ぷら:400円

飾り気なく堂々と。



タルトタタン:400円

紅玉は砂糖たっぷりで甘く煮込まれており。
生地の方によろしくない風味がありましたが、まあ覚悟の上でのオーダー。



珈琲:200円

自家焙煎までしているそうで、スッキリとクリアな味わい。



ちなみに店主さんの本業は絵描きさんのようですが、気難しい感じは全くなく、とても気さくな方。
この時は他のお客さんとのやり取りで、なぜか笛を吹いてました。

趣味が乗じての営業なようですが、蕎麦も自家栽培しているとかの徹底ぶりで、いろいろと心に響く要素満載のお店です。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム