雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

野麦(愛知県新城市) 

新東名:新城IC近くのうどん屋さん。



うどん屋で店名に「麦」を出すのは珍しい気がしますが、さらに洋風な民家っぽい外観のお店。



犬がお出迎えしてくれます。



メニューは温製のかけうどん、冷製のぶっかけがメイン。
いろいろなトッピング別で、ご飯などが付く定食セットにもできるようです。



こだわりの食材は46億年の塩?

他に、2度の熟成を置いた麺にはイカ刺しのような粘りがあるとか。
出汁はかけの方は瀬戸内海のいりこ、ぶっかけの方はワインの表記があり、なかなか期待が高まります。



山いもぶっかけ(大盛り):930円

プラス150円の大盛りは2玉くらいあります。


うどんはごく普通の太さで、讃岐らしく加水多め感のあるツルテカな仕上がり。
小麦は愛知県産きぬあかりだそうで、香りは弱いものの小麦の旨味は感じられます。

それよりも一口食べてビックリしましたが、かなり固いです。
とは言っても茹で不足ではないので、コシと言えるものであり、グルテンもきいてます。

出汁成分にワイン使用なるぶっかけのツユは甘め。
嫌らしい甘さではなく、フルーティでキレの良い爽やかさもある甘み。

しかし、けっこう量も多い事もあり、食べ疲れるくらいうどんが固いです。
自家製手打ちで2度熟成との事なので、多少のブレはあると思いますが、他では食べたことのないくらい独特です。

好みとは違いますが、きっとまた食べたくなってしまうだろう魅力を感じるうどんでした。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

さぬき路(愛知県豊川市) 

三河エリアはうどん屋が多いですが、一時のブームもあってか讃岐うどんのお店も多く見るようになりました。

豊橋の某店や、浜松になりますが某人気店では開店前から行列ができたりしてますが、個人的にうどんは、待ち望んで食べる物でもありがたがる物でもなく、手軽なファーストフードです。

特に讃岐うどんは本場がそういったスタンスですし、他の有名どころと比較して特に優れた麺ではない印象です。



で、豊川の牛久保エリアの、ブーム以前からある讃岐うどんのお店。
こちらは本場さながらのセルフ式があり、普通にオーダー式もある、2種類の提供形態を取る珍しいお店。

セルフでは入店して棚に置かれた器(麺)を取り、量は並・大・ジャンボとあり、並でもかなり多いです。



そして自分で茹でるガチセルフです。
と言ってもすでに出来上がっているので20秒との指示があり、この辺は麺の状態を見極め・・・まあ、好みで調整。

必要なら、棚に置かれたトッピングの天ぷら等を取り、レジで精算。
最後に大きなサーバーのような機械から出汁ツユを注いで完成。



大盛り:460円は推定500gあり、天ぷら2種の単価忘れましたが、これで総額720円でした。



本場でも3店でしか食べてないので知ったような口は利けませんが、讃岐らしさあります。
感覚的にはツルッ・ググッ・プツッです。

出汁ツユはサーバー入れられっぱなしで味ブレ大きい感じですが、昆布が強くてわりと穏やかな方向性です。



今年で40年目になるようです。
通し営業なので、中途半端な時間に行って10分足らずで店を出るのが良い利用の仕方かなと。

近くにチェーンの丸亀があるので、安定した味・分かりやすい味が良い方は、会社員がマニュアル通りに作った既製の麺と化学調味料メインの味付けの物が間違いないかと思います。

僕は味ブレあってもハズレがあっても、職人の手作業での料理を好みます。

その道一筋の職人に対して多大なるリスペクトがあります。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

長生うどん(愛知県新城市) 

新城高校前にあるうどん屋さん。

読みは長生(ちょうせい)ですが、長生きしたいと思い始めまして、食べに行ってみました (・∀・)



いろんなところに大きな看板があるので、お店は知っていたものの初訪問。

名古屋エリアに「長命うどん」という数店舗の系列店がありますが、関係ないみたいです。



本当に高校の正門真ん前みたいな所にあります。



ご飯物はないものの、うどんだけでなく、そば、そうめん、ラーメンまであり。

ただ、麺は全て自家製手打ちとの事で、個人的には自家製麺ではないラーメン屋より食べる価値を感じます。



そしてカレーうどんが一押しのよう。
店頭にはのぼり旗、最初に水を出されたときにも「カレーうどんがよく出ます」と言われました。

うーん、カレーうどんか・・・ 



ころうどん(中盛):480円、カレーうどんⅠ(中盛):750円

仕方なくダブルオーダー。



冷たいのを食べるなら「ぶっかけ」か「つけ」で良いですが、この地方では「ころ」を食べるべきですかね。


麺はやや細め。 ツルツルむっちりして適度なコシと粘りがあり、なかなか美味しいです。

出汁つゆは鰹節が強くきいてますが、醤油も強く、ややしょっぱいかなと。
大根おろしや生卵トッピングでちょうど良さそうな印象。



もしかしたら凄く美味しいのかと思ってオーダーしましたが、見た目で味の予想がつきそうな感じ。

まあ、基本的には邪道だと思います。
カレーパンもそうですが、カレーの味が全てであって、麺や生地の味なんか関係ないですよね (;´∀`)

なので、関係ない話ですが、カレーパンやあんパンが美味しいと評判のパン屋には僕は行きません。



麺は温製になると少しダラッとした感じになります。
つけ麺タイプにもできるとのことで、そちらの方が良かったかなという感じ。

そして、カレーの方はルーで作られたものなので分かりやすい味。

まあ、美味しいカレーが食べたいなら、カレー屋に行くべきかと。
うどん・蕎麦はもちろん、ラーメンでもそうですが、僕は麺料理のお店には、スープではなく麺を食べに行ってます。

とは言え、こちらの麺はなかなか良かったです。 価格も安く、中盛でも充分な量だと思います。

冷製のおろしうどんか、とろろ+生卵がイケそうなイメージなので、また試してみようと思います (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

てつ家(愛知県豊橋市) 

たまにはうどん屋さんへ。


豊橋のコナミジムの近くで、良さそうなお店はないかと自転車でウロウロしてたら見つけました。

ジムでのハードな運動前に、消化の良いうどんは最適。
あ、豊川から豊橋に行くのに浜名湖を経由しているので、数時間のサイクリングでの運動後でもあります (・∀・)

 

メニューは、ちょっと見にくくなってしまいましたが、ぶっかけ(熱or冷)がトッピング別で数種。


かけうどん(温)、カレーうどん(温)、釜玉(熱)がトッピング別で数種。


ざるうどん(冷)、かまあげうどん(熱)、他に単品の天ぷら等が数種。

うどん数種だけで、ご飯物は一切ナシ。 こだわりの専門店はこれで良いと思います (´∀`)



無料の中盛り:1.5玉で、2品オーダーしてみました。



ぶっかけおろし(冷・中盛り):570円

大きな器に入り、トッピングの大根おろしと薬味にネギ入り。出汁つゆは別。



かなり太めで、讃岐うどんらしく加水が多くてツヤツヤした麺。
滑らかでふわっとするような口当たりがありつつ、もっちり感と芯の強さを感じます。

小麦は愛知県産の「きぬあかり」を使用だそうですが、他に強力粉も混ぜているのかな?

個人的には国産小麦は美味しいと思わないし、香川のうどんもオーストラリア産が多いと聞いた事があります。
この小麦がベストと思えないですが、地産地消の文字も見られたし、一つのこだわりでしょうか。

小麦粉オタクなので気になってしまいますが、粉はどうあれ美味しいと感じられるうどんです。

現在量は小麦・塩・水だけなのでバゲットと同じで、何か不思議です (;´∀`)



出汁つゆはイリコの風味が凄く、ちょっと煮干だけで食べてみたいと思うほど。
つゆ自体はしょっぱいですが、大根おろしが辛味なく水っぽいので、ぶっかけおろしではあっさりしすぎでした。

麺が良いなら、つけorぶっかけだと思いますが、この出汁つゆならば、かけでも食べてみたいです。



釜玉うどん(中盛り):550円

オーダー時にどちらから出しましょう?と聞かれ、どちらでもと答えましたが、
ぶっかけおろしを食べ終えた直後に測ったように提供されました。



テーブルに備えられた醤油を少しだけ垂らしましたが出汁醤油ですかね。醤油も美味しいです。


カウンター席からずっと調理を見てましたが、手打ちうどんは作りおきではなく、作りながらの営業。
店主さんは茹でながら・作りながらで、茹で上がりもタイマー使わず見極めて、職人のオーラを感じます。

東三河はうどん屋が多いですが、専門店ではなく食堂ばかりなのですよね。
丼物とのセット前提だったり、カレーうどんや味噌煮込みなど、直球ではなく変化球がメインだったりで。

豊橋にもこんな専門店があったとは知りませんでした。

中盛り2杯で、筋トレ2時間・水泳2時間いけたので、今後はジムトレ前にはうどん1択です (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

寿庵(愛知県豊川市) 

国道151沿いにあるうどん・そばのお店「寿庵(じゅわん)」


自宅から徒歩圏内で、そこそこ前からあるお店ですが、初めて行ってみました。



ファミレスっぽい雰囲気の広いお店ですが、すぐ近くにある「山科」の系列店でした。

だったら別に来なくても良かったかなと言う感じで (;´∀`)


 

 
メニューはうどん、そば、丼物、セットなど豊富で値段も安め。

山科のそばの味は何となく分かっているので、うどん2種類を食べてみました。



大海老天おろし:1000円

大きな海老の天ぷら、野菜の天ぷら数種、大根おろしと冷たいうどん(そばも可)。


麺はそれほどコシがある感じではなく、つゆは濃いめで少ししょっぱく感じました。


大根おろしの量でちょうど良い味に調整できるので、意図的に濃くしてるのかな。

ごく普通の家庭的な味のうどんですが、わりと豪華だし、暑い日には食べやすくて良い印象です。



カツ入り味噌煮込み:1200円

もう1つは両極端なものを。
鉄鍋に入ってますが、煮えたぎっているわけではなく、鍋が触れるくらいの熱さ。


麺は先のうどんと同じ麺で、名古屋の味噌煮込みのようなゴワゴワ固い食感ではなく。
茹で時間は変わらないと思われますが、冷たいうどんよりは柔らかくコシも弱く感じます。

赤味噌だけではなくブレンドしているようで、まろやかながらやや薄い印象。
味噌自体の熟成が浅いものを使っているのかもしれません。


で、カツは当然美味しくないです。
自分で頼んでおいて何ですが、サクサク感が重要な揚げ物を汁に浸けるのは無理がある気がします (;´∀`)



器は大きめですが、量は普通かやや多いくらい。


しかし、山科って不思議といつも混んでるし、
ここも予約席でかなり埋まってて不思議に思ってたら、観光バスが入って来ました。

山科もそうなのですが、なぜこんな普通のうどん屋さんに観光客が。

何かツアー会社との提携とかあるのかな ( ・ω・)?


まあ、早い時間から飲んじゃった後、お腹が空いたら行くこともあるかもしれません (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム