FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

めん処 はないち(愛知県田原市) 

シラスがシーズンに入ったらしいので、赤羽根エリアでのどんぶり街道。



国道沿いの大きな店舗で、客層は地元のファミリー層が多い印象。



大衆食堂系のめん処で、うどん・そばの他に、定食系のメニューが豊富に。



赤羽根しらす丼:980円

5分ほどでの提供。
しらす丼に加えて、ハーフサイズのうどんorそば(温or冷)が付いてきます。



甘じょっぱいカツオ出汁に、カツオ節たっぷり。
業務用っぽい柔麺のうどんですが、付け合わせの汁物と考えれば豪華にも。



釜揚げのシラスがたっぷり、卵は何ですかね・・とびこ?

塩茹でされておりそのままでも食べれますが、ちょっとむせる感じがあるので醤油かけた方が良いかなと。
海草と青じそは良いアクセントで、食べ飽きることなく一気にいけます。


まあ、いつどこで食べてもシラスの美味しさは分かりませんが、リーズナブルで良い感じの食堂でした。



ちょっとペースダウンして、スタンプラリー3つ目です。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

うどん処 しのじま屋(愛知県豊橋市) 

東三河で、最も名古屋のきしめん・味噌煮込みに近い印象だった「篠島屋」が作年の夏に突如閉店してしまい、暖簾分けの方へ初訪問。



一日一麺のキャッチコピー。
いかにも町の大衆食堂系うどん屋といった感じで、賑やかな雰囲気です。



「うどん処」なので蕎麦はないとの案内があるも、きしめんや丼物はあり、うどん専門店という事ではなく。
ちなみに、隣の席から聞こえた話で確かではないですが、店主が蕎麦アレルギーのため蕎麦を作れないとか。



親子入り味噌煮込み:1000円


味噌煮込みの盛り付けとしてはキレイです。


豆味噌仕立てのビシッとした濃い味に、適量のブレンド味噌によるまろやかな豆ポタージュ。
おそらく塩を使ってない麺は、染み込まれた味噌風味を感じさせ、絶妙なゴワッとした食感。

暖簾分けのこちらも、東三河で食べれる正統派な味噌煮込みでした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

てつ家(愛知県豊橋市) 

冬になってから味噌煮込みばかり食べていたので、久しぶりの訪問。



こちらのメニューには、煮込みはさすがにないです。



代わりに冬メニューを。



しっぽくうどん(ひやあつ)親子天セット:1300円

あつあつで食べるべきメニューかも知れませんが、きっちり締めた麺が好きなもので。


大根・ニンジン・ゴボウの根菜に、里芋、鶏肉、厚揚げ、コンニャクと具だくさん。
何の変哲もないごった煮ですが、温かみがあり、暖まる感覚はあり。



ダラッとなるのが嫌いなので、煮込み以外では温かいスープにどっぷり浸かっているうどんは、こういうメニューでないとまず食べることはなく。

しかし、この程度でダラッとなるようなヤワな麺じゃないと言わんばかりの存在感。
滑らかな肌と驚異的な粘りは、むしろ際立っているようにも感じられ。

スッキリした出汁つゆに、鶏や野菜のエキスが染み渡ったスープとの絡みも温製ならではの一体感あり。



いつものタンパク質枠。
ジューシーな鶏ムネ3枚は大きめで、半熟卵もLLサイズくらい大きく、プラス400円ならお得感ありあり。


なかなかマイナス要素が見られないうどん屋です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

さぬき路(愛知県豊川市) 

こちらでも味噌煮込みがあると聞いて。



セルフ式とオーダー式の2パターンあるお店。
味噌煮込みは当然オーダーの方で、何度か来てますが初オーダーとなりました。



メニュー表も初めて見ましたが、予想以上に豊富。



天ぷら入味噌煮込:1100円


いかにも衣が厚そうですが、大きなエビ天がドカッと。


讃岐うどんの煮込みですが、軽く湯通しからの煮込みなのか、微妙な固さを残した仕上がり。
元のむっちり感があるので、一般的な煮込みとはまた違った力強い食感。

味噌は見た目の色の通りマイルドな味。
三河風なんてものはないですが、麺も味噌も、名古屋ではなく三河風な味噌煮込みのイメージ。

天ぷらの衣は重めではあるも、エビも大きめでプリプリと。
中に煮込まれた玉子、鶏肉も少し入っており、セルフだけでなくオーダーメニューもリーズナブル。

ちなみに通し営業で、いつも中途半端な時間にサッと軽く食べたいときに利用しており、今回は初めてランチタイムに行ってみたら超満員。

近くに丸亀なんたらが開店した時には危ないかと思いましたが、そもそもあの手の店に行く人は元々こちらに来てないとも考えられ、ちょっと安心しました。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

長生うどん(愛知県新城市) 

長生きを目論みに。



うどんの屋号ですが、そば、ラーメン、夏には冷や麦もあり。
そのわりに丼物などはなく、正真正銘の麺処といった感じ。



味噌煮込みうどん:850円

正確にいつからいつまでと決まってはない、冬季限定メニュー。


麺はおそらく煮込み専用に打たれている平麺。
下茹でなしの直煮込みで、軽く芯を残したような歯応えがあるも、平麺のためゴワつき少なく食べやすい固さ。

味噌は豆の風味がしっかりあり、酸味が強めに出ているあまりない個性的な味。
その強い味噌の味に消されないような、青魚系の節の出汁が感じられます。

味噌煮込みで出汁がはっきり分かるのは珍しく、ハマるとクセになりそうな味わい。



食べ終わりを見計らって「どうぞ」と出されましたが、デザート?
3口ほどですが、生醤油で食べると麺の良さが際立ち、熱々の煮込みの後なので素晴らしい清涼感も。

讃岐系以外なら、東三河で最も好印象の麺のお店です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム