FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

越前そば 千曳(愛知県豊橋市) 

越前そばが食べれるとの事で行ってみました。



幹線道路沿いにある立派な外観で、店内は純和風の趣ある雰囲気。



福井出身の方がやられているのか、越前そばだけでなくソースカツ丼もあり。
しかし、そばと天丼のセットはあっても、そばとソースカツ丼のセットはなく。



越前そばセット:1030円

そば&そばの謎セット。
さらにメニュー表は1000円表記で、支払いは+30円というよく分からない設定。


黒みがありやや太め、コシと言うのか適度な固さで、ワシワシ噛む感覚。
つゆは醤油がキリリときいて、いろいろと越前そばのイメージではあり。



おろしそばの方はつゆに大根おろしが入って、つけでもいけますがぶっかけスタイルにて。
大根おろしはほどほどに辛く、これでこそ越前おろしそばかなと。

そばの良し悪しはイマイチ分かりませんが、香りも食感も好みのタイプでした。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

てつ家(愛知県豊橋市) 

わりと久しぶりで、ようやく夏メニューをいただきに。



もし暑い日に食べたいうどんは?との問いがあれば、最適解なメニュー。



すだち冷かけ+親子天+大粒梅干し天:750+400+100円



親3・子1の天ぷら。
どうでもいい事ですが、紅ショウガはいらないと言おうと思いつつ、いつも忘れます。

天ぷらもいろいろ食べてみたいのですが、動物系の破壊力に抗えません。



梅干しだけ1つ頼んでみました。
ほんのりした微妙な甘みはハチミツ由来?な方向の梅干しです。



乱雑ながら美しさを感じます。

ガツンとイリコのきいた出汁に、柑橘アロマが加わって、深みを増しつつ爽やかに。
食べ進んでいくとすだちの綺麗な酸味が侵食してくるも、最後まで受け止めれるガチイリコのパワー。

いつでも驚異的な粘り腰の麺は、冷製にてさらなる威力を発揮するも、食べ疲れないレベルでの仕上がり。
1.5玉の中盛りでも食感が強烈なため、そこそこに重量感もあります。

唯一無二の至高の麺に、季節限定の味は特別感が高まってなお良いです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

蕎麦匠 まつや(愛知県豊橋市) 

駅から少し離れたところにある老舗の麺処。



「豊橋カレーうどん」のぼりを出しているお店は怪しい気がしますが、1度は行っておこうかと。



屋号は「蕎麦匠」ですが、ほぼ全てうどんorそば選択可で、ご飯物&セットメニューなども豊富な食堂系メニュー。
また、そばよりもアナゴの天ぷらを押していると思わせるようなラインナップ。



あなご天おろし:1242円


中央にポコッと大根おろし、具材で周りを固めて綺麗な盛り付け。
そしてイチオシだけあってか、あえてはみ出させた盛り付けの立派なアナゴがドンと。

そばは香りは弱く、コシはそこそこ、喉越しは良くと、しいて言えば更科っぽいイメージ。
二八と謳っているのでそうなのだと思いますが、食堂系でよくあるタイプかなと。

つゆは青魚系の他に昆布なども感じられ、スッキリ綺麗な出汁感でおとなしめに。
アナゴ天は衣は重すぎずサクサクと、身は厚みもありふっくらして臭みもなく、単品でなかなかいけます。

正統派で無難に美味しく食べれるメニューでした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

東京庵(愛知県豊橋市) 

東三河では誰でも名前を知っているくらい有名な麺処。
明治からの老舗で、創業130年以上にもなるそう。



で、ありながら、実は今まで行ったことがなく。

そこそこ近所にも支店があるのですが、国道沿いに広く立派すぎる店舗が胡散臭かったり、そもそも東京って何だよと思ってたり、何となく行きたくない感がありまして・・

まあ、食べず嫌い&行かず嫌いは良くないので、どうせ行くなら豊橋の本店にと。



メニューは何でもあり。

何を選んでいいのか分からないほど何でもありますが、悩むことなくこの夏は海老おろし。
生蕎麦の看板を掲げているので、うどんではなくそばの方で。



この事実を知ったのは、そんなに昔ではないかなと。
ついでに20歳くらいまで、このお店も東京"湾"だと思ってました。



やけに緑の濃いお茶と、たっぷりのネギが用意され、うずら卵用ハサミは最初からテーブルにスタンバイ。

ちなみに日本のうずら卵の半分以上は豊橋産で、ざるそばのつゆにうずら卵を入れるのも、もしかしたらこの地方だけだったりしますかね。



海老おろしそば:1350円

何だこれは・・・



いやいやいや・・こんなのは頼んでないぞ・・・
巨大な海苔にナメコ山菜おろしって、そばも見えないし、大根おろししかオーダーが合ってません。



天ぷらセットは頼んでないのに、ニンジン・サツマイモ・ナス・大葉・・・海老が見えません。



蕎麦湯も用意され、おろし皿に本ワサビ、ご飯類ないのに漬物、デザートのスイカまで。

と、どう考えてもオーダーからは予想できない物が。



これでエビが無かったら面白いのですが、残念ながらちゃんとありました。



これでそばが無かったら面白いのですが、残念ながらちゃんとありました。

黒みが強く太めのそばは、香りも弱ければコシもなく、固めでゴワッとするのでのど越しも良くはなく。
つゆは単体ではかなり甘めで、たっぷりの大根おろしとワサビで調和する感じに。

しかし食べさせる力は強く、たっぷりの天ぷらも含めて、そば単品メニューとしては相当なボリュームです。

ちょっと素材的な事で気になった部分もいくつかありましたが、もしそれが想像通りであるなら商売として上手いなと。

大衆食堂としては不満はなく、気が向いたら豊川の方にも行ってみようと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

長生うどん(愛知県新城市) 

冬の味噌煮込み巡りに続いて、夏は海老おろし巡りをしようかなと。



こちらは通し営業なので重宝します。



えびおろしうどん(冷・大盛):850+100円


大根おろしと花かつおが大量で麺が見えず、つゆは別添えでの提供。


やや細めの麺は柔らかめではあるも、どこか伸びるような食感があり。
歯応え重視だと物足りなく感じると思いますが、これも1つのコシの表現かなと。

つゆは単体だと濃いめで醤油辛さも感じますが、おろしバージョンなら良いところに落ち着いて。

出汁はムロアジやカツオなど青魚系の節と思われ、この出汁感は三河エリアで慣れ親しんだ味で、こちらは特にガツンときいた味わい。

知る限りは名古屋でもだいたい同じ感じですが、他県で食べるとその地方によって違いがあり面白いです。

海老おろしとしてはちょっと海老天がイマイチでしたが、オーソドックスの中に個性も出ている良いうどん屋です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム