FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

cojigoro(愛知県豊川市) 

国府・八幡エリアに7月末オープンのカレー屋さん。

これまでイベント等での出店を経て、実店舗オープンとの事。
店主さんはどこか見覚えある気がしたのですが、よくコーヒーの移動販売をされていた方でした。



で、カレーライス、カレーパン、コーヒーのお店。
住宅街の立地で、駐車場もないという、近所に住んでないとなかなか行けないような条件。

店内は狭く、厨房前のカウンター4席、離れた奥の壁沿いカウンター2席、外にも微妙なスペースで2席。



カウンター席には手書きでCURRRRYとペイント。



カレーは3種類で、相盛りは2種類までになるよう。
他にサラダやドリンクが付くセットメニューもあり。

ちなみにカレーパンは現状では16時からの販売になるそうです。



あいがけカレー:1100円

キーマは辛さが強いそうなので、この2種で。


バタークリームチキンカレー

柔らかく煮込まれた鶏肉がゴロゴロと。少しマリネもされてますかね。
スパイスの香りは良く、バターのコクにミルキーな甘み、トマトの穏やかな酸で辛みなくマイルドな味わい。



スパイスポークカレー

香り豊かでややオイリーな仕上がりの中、豚肉は存在感強めに。
中辛くらいのパンチはあるも、軽く顔が汗ばむ程度で、マヒせずに味わって食べれます。


経験上ハズれないスパイスカレーで、逆に言うとそんなに特異性もない気もしますが、この田舎では貴重なお店なので、ちょいちょい通おうかなと思います。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

Sawadee(愛知県豊川市) 

ガパオ食べにタイ飯屋。



テーブル席しかないので1人では行きづらい面もありますが、駐車場状況を見て、空いていたら突入。



増税後も値段据え置きの税込み価格。



ガパオムーカイダオ:890円

今回は豚肉の方で。


粗めのミンチは肉肉しさがあり、中毒性の高い味のソース、野菜の香味、トウガラシの刺激、そしてバジルの芳香。
そこに万能の目玉焼き、少し香りの付いたライスと共に、ゴチャッと混ぜてガツガツ食べて、背徳感ある満足感。

ややジャンクっぽい旨さでありながら、バランス良く摂取している感もあったりします。

他にも興味深いメニューばかりで、タイのビールも3種類ほどラインナップされており。
どれも味わいの弱いピルスナーですが、本場の料理とは合うのかなと、1度飲みに行ってみたいところです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

mol cafe(愛知県豊川市) 

こちらも久しぶりに。



豊川においては賃貸料が高いであろう場所に、駐車場含めて広い敷地に大きな店舗。
お店自体の良し悪しでなく、この手のカフェでやっていけるんだーと言うのが正直な印象。



自慢のコーヒーは、精製&焙煎の違いが6種類用意されるという珍しいスタイル。



モーニングは8時からで、メニューは無料・有料合わせて6種類あり。
こちらも珍しく単品オーダーが可能なようで、ドリンク1杯で2種類以上のオーダーもできるのかなと。



ホットコーヒー(ナチュラルxライト):450円

精製はナチュラル・煎りは浅めで、メニュー表いわく最もダイレクトな風味と果実味を味わえるとか。
しかし、苦みはなければ甘みも酸味もなく、コーヒーの香りのあるお湯かなと。

ブレンドであると思いますが、言いようでは全ての目立った特徴を消したような綺麗なバランスです。



自家製ジャムのモーニング:+200円


ジャムも6種類あり、ジンジャーライムというものを選択。

薄くバターが塗られ、ジャムはジンジャーの刺激的な風味にライムの爽快感。
パンはグリルである必要はないですが、変な油脂が入らないシンプルな味わいです。



オーガニックやフェアトレードとか、そっち系なのですが・・
やっぱりこの手のそっち系のカフェで、この立地のこの価格帯でやっていけるんだーと言うのが正直な印象。

ちなみに、そっち系のコーヒーで味が良い事はない気がします。

まあ、近所なので、敬意を払ってたまにモーニングには行こうと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Blue Collar Cafe(愛知県豊川市) 

町工場で朝食を。



良く見たらカフェに見えなくも・・見えんな。



近所なのでロードバイクで来ることはないですが、スタンド完備です。
食事するのに特に行きたい店がないのであれば、スタンドのあるお店に行くのがサイクリストとしての礼儀です。



モーニングはドリンク代のみのセットに、+150円のセットが2種類あり。



ドリンクも純喫茶風に一通り。



赤のしそスカッシュ(M):400円

これはちょっと飲んでみたくなりますよね。
シソの香り良く、サッパリした甘みにスッキリした酸味、心地よい爽快感で飲みやすくゴクゴクいけます。



ベーグルサンドモーニング(ツナチーズ):+150円

たったの150円です。


ツナチーズorハムチーズの選択で、今回はツナを。

ベーグルは外はパリッ・中は程よいもっちり感、ナチュラルな風味で食べ疲れない仕上がり。
ツナはいわゆるシーチキン、チーズもプロセスですが1枚入って、モーニングメニューとしては豪華に。



工場で優雅にベーグルモーニングはいかがでしょうか。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

THE ROOTS(愛知県豊橋市) 

クラフトバーガー&ダイニングなるお店。



以前は別の場所でバーをしており、昨年11月にハンバーガーメインのお店として復活とのこと。
この店内もカジュアルなバーっぽい雰囲気もあり、カウンター席の上の棚には洋酒がズラリと。



ランチメニューはサラダとポテトの付け合わせにドリンク付き。

夜メニューもハンバーガーは同じで、セットがなくなるぶん料金は少し安くなるよう。
アルコールはカクテル中心にいろいろと、クラフトビールも瓶でのパンクIPAなど5種類ほどあり。



チーズバーガー:1250円

とりあえず無難なところから。


パンは自家製、肉も手切りで粗さを残し、「ハンバーガーは肉料理だ!」がコンセプトのよう。

個人的にも、専門店を謳うならパンは自家製は当たり前、それがムリならパン屋に委託して毎日必要量の発注かなと。
大量生産された添加物まみれの業務用のパンを使うのなら、モスバーガーあたりと大差ないです。

あ、バンズとかパティとかの言葉は、何言ってるか分からないので使いません。



パンは軽く焼かれてふわふわ柔らかく、ほんのりとした甘みがあり。
そのものの存在感は弱く、肉料理である以上、あくまでも肉に寄り添う物という感覚ですかね。

牛100%と思われる肉はコンセプト通り、噛み千切って咀嚼する感覚を得られる仕上がり。
1口食べるたびに臭みも含めた牛の味が広がり、牛脂注入ではないナチュラルな肉汁もサラリと。

ジャンクではない、良い肉料理が食べられるお店です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム