FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Sawadee(愛知県豊川市) 

地元でもタイ料理を。



店名のサワディとは挨拶の言葉だそうで、他所でも同名のタイ関係のお店を見かけたことがあります。



最も有名なタイ料理と言えばトムヤムクンだろうと、今回はそちらを食べてみることに。



トムヤムラーメン:790円

トムヤム・・クンではなくラーメンで、エビではなく麺入りの料理にて。


一言で、しっかり辛く、そして酸っぱく。

麺はいわゆるライスヌードルで、クセのない風味、適度な弾力と気持ち良い歯切れ。
辛さレベルはハードな部類で、汗をダラダラ流しながらも、食べるのを止めれないクセになりそうな味わい。

唐辛子やスパイスの辛味、生姜の刺激、柑橘の酸味、パクチーの香り、さらには出汁成分その他いろいろ絡み合って複雑に、その反面で重く残らないスッキリ感も。

タイ料理はハマりそうなメニューがたくさんです。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

BROOKLYN(愛知県豊橋市) 

豊橋駅近くに新しくオープンしたハンバーガーメインのバー。



広小路からときわアーケードに入ってすぐの場所にあり。

内装はレンガ調で全体的に明度も低く、店名の通りのいわゆるブルックリンスタイル。
雰囲気は完全にバーで、カウンターから見える棚にはいろんな種類の酒瓶がズラリと。



カミカツペールエール:1100円

クラフトビールはけっこうマニアックなカミカツビール。
徳島のメーカーで、オーナーさんはそちらの出身か何かと思ったら、そういうわけではないよう。

他のビールはおそらくキリンのタップマルシェで、ブルックリンラガーなどがあり。



カラマリのマリナラソース:770円

アメリカンなイカリングフライ。
トマトソースは自家製と思われるも、特に味がどうという物でなく。



ブルックリンバーガー:1320円

肉にチーズにベーコンにと、こちらもアメリカンで大味に。
自家製なのかBBQソースっぽいものはなかなか良く、何かリキュールっぽい物入っているかなと。

そんなに悪くなかったですが全席喫煙可のようで、逃げるように帰るハメになり、再訪もないです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Sawadee(愛知県豊川市) 

平日ランチに機会あって。



たまたまかもしれませんが、これまでの訪問時の客層は全て女性です。



平日ランチは5種類のメニューが用意されて一律850円。



タイラーメン

ライスは希望でのサービス、サラダとタピオカがセットに。


鶏ガラのきいたクリアで澄んだ味わいのスープ。
ライスヌードルは滑らかにナチュラルに、グルテンのない食感は逆に新鮮。

少量の豚こま切れ、かまぼこ風の団子、香ばしいフライドガーリック、パクチーの香りで不足ない味わいへ。



かなりライトですが、いろいろ味変アイテムも用意され。
このスープだけに限らず、調整してみて好みの方向性を探すのも楽しそうです。



小粒のタピオカにココナッツミルク。
商業的ではない昔からそこにあるような安心感のタピオカ。


タイ料理熱がきてまして、地元ではしばらく積極的に通っていきたいです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Blue Collar Cafe(愛知県豊川市) 

工場ランチへ。



良い感じの佇まいです。



モーニング、ランチ、その後のカフェタイムもベーグル主体のメニュー。



メンチカツ ベーグルサンドのランチ:1030円


メンチカツは小さめで、肉らしさを感じられるタイプではなく。
甘みあるバーベキューソースの味付けも相まって、どことなくチープな印象。

しかし大麦ベーグルはグルテンのわざとらしい歯応えがなく、いつも上々の味わい。
その他の付け合わせも、カフェめし的にはヴィジュアル的に完璧に近い構成なのかなと。



コーヒー:400円

スパナ付きスプーンは店頭販売もあり。
コーヒーは自家焙煎なのか分かりませんが、煎りはかなり深めに。



トイレの所にある洗面台、ゴミ箱はペール缶です。

良く見回すと面白いアイテムがたくさんあって、なかなか飽きないお店です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

cojigoro(愛知県豊川市) 

国府・八幡エリアに7月末オープンのカレー屋さん。

これまでイベント等での出店を経て、実店舗オープンとの事。
店主さんはどこか見覚えある気がしたのですが、よくコーヒーの移動販売をされていた方でした。



で、カレーライス、カレーパン、コーヒーのお店。
住宅街の立地で、駐車場もないという、近所に住んでないとなかなか行けないような条件。

店内は狭く、厨房前のカウンター4席、離れた奥の壁沿いカウンター2席、外にも微妙なスペースで2席。



カウンター席には手書きでCURRRRYとペイント。



カレーは3種類で、相盛りは2種類までになるよう。
他にサラダやドリンクが付くセットメニューもあり。

ちなみにカレーパンは現状では16時からの販売になるそうです。



あいがけカレー:1100円

キーマは辛さが強いそうなので、この2種で。


バタークリームチキンカレー

柔らかく煮込まれた鶏肉がゴロゴロと。少しマリネもされてますかね。
スパイスの香りは良く、バターのコクにミルキーな甘み、トマトの穏やかな酸で辛みなくマイルドな味わい。



スパイスポークカレー

香り豊かでややオイリーな仕上がりの中、豚肉は存在感強めに。
中辛くらいのパンチはあるも、軽く顔が汗ばむ程度で、マヒせずに味わって食べれます。


経験上ハズれないスパイスカレーで、逆に言うとそんなに特異性もない気もしますが、この田舎では貴重なお店なので、ちょいちょい通おうかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム