FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

もく(愛知県田原市) 

どんぶり街道にて連続カツ丼。



基本はお好み焼き&焼きそばが主力の大衆食堂で、どんぶり街道メニューはソースカツ丼。
カツ丼は味噌カツや玉子とじにも変更可能なようですが、オススメはソースカツ丼になるよう。



ソースカツ丼:1188円

豚コレラをまぬがれた田原ポーク使用。


ご飯の上にキャベツを敷いて、ソースをくぐらせたロースカツ1枚オンの長野駒ヶ根式。
広く浅い器ですが、ボリュームとしては平均以上で、見た目にもインパクトあり。



肉もしっかり厚く、しなやかでジューシーな肉質。
脂身はけっこう多めですが、融点低めの脂質はしつこさなく、ほんのりした甘みある味わい。

優しい酸味ある自家製と思われるソースは必要以上に主張せず、衣にくぐらせても粗めのパン粉もありサクサク感を失っておらず、ソースカツ丼として普通に美味しいなと。



スタンプラリーではなく、年1くらいなら普通に食べに来ても良いくらいの、どんぶり街道8軒目でした。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

焼肉レストラン 欣龍(愛知県田原市) 

トヨタの工場のなどがある渥美半島付け根の内海エリア。



敷地内にある看板に、焼肉とcoffeeの文字が並ぶ不思議な光景。
店舗も入り口が2つあり、焼肉屋と喫茶店が併設されるという珍しい造り。



入った方は喫茶店だったので、そんな感じのメニュー。
焼肉屋メニューも覗いてみたいところですが、たぶん昼は同じなのかなと。



田原牛と釜揚げしらすビビンバ丼:1045円


ドカッと大根サラダ。
見た目の量で言えば、普通の茶碗1杯以上あり。



スープをビビンバに少し入れ、調整しながらどうぞとの事。



田原牛にシラス、温玉、キムチにナムルのビビンバ。
こちらもご飯の量が多く、1合以上はありそうかなと。

で、言われた通りスープを入れてグチャグチャに混ぜ、ガツガツと。

スープやキムチ由来の酸味がちょっと強めになるも、バランスとしては良い感じに、
シラスの存在理由は分からなくなりますが、ボリュームあってリーズナブルな印象でした。



スタンプラリーは全くペース上がらず。
まあ、その気になれば1ヶ月でイケるので、まだまだ余裕の6軒目でした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

地場魚貝料理 呑海(愛知県田原市) 

どんぶり街道にて、伊良湖岬先端近くに。



この付近は民宿&食堂みたいな建物がたくさんあり、こちらもその1軒。



雰囲気は大衆食堂ながら、メニューは河豚コースや伊勢海老コースなんかもあったりして、日本酒も有名どころを揃えており。

どんぶり街道の品は大アサリ天丼ですが、メニュー表には載ってなく、口頭でその旨を伝えてオーダー完了。

なお、メニューを選び中だった隣の客が、こちらに提供された天丼を見て、店の人に「天丼あるんですか?」と聞いたところ、「天丼はない」とまさかの回答をしたので、あまり作りたくないのかもしれません。



大あさり天丼:1900円

その天丼はこんな感じで、けっこう時間かかると言われましたが20分ほどでの提供。
隣の客には最低でも30分以上かかるよと言って諦めさせた1品です。



なんだか凄い事に。
内訳は、ナス2、サツマイモ2、カボチャ2、まいたけ3、エビ1、白身魚1、オオアサリ4と。



数もさることながら野菜が必要以上に大きく、少食な人だと野菜だけで終わりそうな勢い。

で、天丼と言ってもご飯の上に天ぷらが乗っているだけでタレなど味付けはなく、別添えの天つゆを付けorかけのスタイル。

メインであるオオアサリは最初の1つに強い臭みと砂っぽさがあり、これをあと3つ食べないといけないのかと絶望感を味わいましたが、残りは美味しくはなくても食べれる程度。

ただ、味よりも何かと重みが強く、途中で完全に食べ飽きながらもなんとか完食。



とは言え、どんぶり街道でボリューム目当ての時ならこちら一択かなという、スタンプラリー5個目でした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

だわり屋(愛知県新城市) 

新城市の国道沿いにある、品揃え豊富で大きな酒屋。
「こだわり屋」ではなく「だわり屋」で正しいようですが、「だわり」って何ですかね?

角打ちができ、「タップマルシェ」という、キリンが展開するお手軽なクラフトビールサーバーがあると聞いたので、どんな感じかと行ってみました。



バーカウンターっぽくなっており、右側の機械がタップマルシェ。



スポーツバーにもなったりするとか。



大きなテーブル席も1卓用意され、ビールは500円。
ブルックリンディフェンダーIPAという銘柄ですが、タップマルシェ専用?

ちなみに、キリン系のスプリングバレーやグランドキリンしかないと思ったら、よなよながあり、さらに伊勢角や常陸野ネストにファーイーストも少しラインナップがあるのですね・・欲しいな。



日本酒の飲み比べ、何と300円です。

タップマルシェどうこうではなく、近所に欲しい酒屋です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

玉川(愛知県田原市) 

観光客が多くなる夏を避けて、久しぶりの渥美半島どんぶり街道に。



旅館と食事処を経営し、今年で創業100年になる老舗だそう。
食事処の方は「魚と貝のうまい店」を掲げ、すぐ近くで獲れたものであろう魚介系のメニューが中心。



しかし、メニュー表のトップページは地魚であるはずのないウナギで、どんぶり街道メニューも鰻丼の設定。

この時はほとんどが地元の常連客といった感じでしたが、ほぼ全員が鰻丼のオーダーでした。



うなぎ丼:1903円

上ならもう1切れ付くようですが、ひとまずノーマルにして。


このくらいの大きさの3切れで2000円弱ならリーズナブルですが、薄いのでそれなりのお値打ち感。

見た目のイメージ通りふんわり焼かれており、タレは甘み辛みともに強めに。
尻尾側の方は身がほとんどない感じで、ちょっと佃煮っぽくなってしまう部分はあり。

丼だけの単品オーダーにしましたが、オプションの汁物は肝吸いorアサリ汁が選択でき、この時の他の客のオーダー全員がアサリ汁。

鰻丼オーダーして、肝吸いよりアサリ汁?と驚いてたら、チラッと見たところけっこう大きなアサリが入っており、さすが貝の街だなと。



なお、こちらはキャッシュレス5%還元、現在はPayPay10%還元の対象店。
で、財布を出さないので、財布の中に入っていたスタンプ帳も出し忘れ、5軒目だったはずがそのままに。

まあ、このくらいの内容のうなぎならまた食べても良いので、還元期間のうちにもう1度行こうと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム