FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

スズキヤ食堂(愛知県田原市) 

渥美半島・国道42号線側、赤羽根エリア。



昼は食堂、夜は居酒屋のスタイルになるよう。

ある筋から酒の品揃えにこだわりを感じるみたいな話を聞き、どんなラインナップかを確認しに行ってみるも、この日のランチ営業は店頭に弁当を並べてのテイクアウトのみで、店内には入れず。



スパイスチキンカレー:800円

せっかくなので一品買って、近くの道の駅で。


良く煮込まれている事が分かるカレーに、チキンはゴロゴロと大きな塊が数個。
わざとらしく分かりやすいスパイスの重ねではなく、オーソドックスな日本的カレーライスのスパイス感。

食堂っぽいカレーではないものの、専門店っぽくもなく、無難な落としどころかなと。

今回は見られませんでしたが、大衆的なメニューや価格で置いている酒にこだわりがある店なら、少しでも美味しい物を出す意思のある可能性が高いと思っているので、また行ってみようと思います。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

とこはる(愛知県田原市) 

渥美半島の外海側、国道42号線沿いにある民宿&食事処。



建物の造りは完全に民宿で、靴を脱いで上がって食堂も奥の方の部屋に。
メニューは日替わりの海鮮中心で、寿司やコース料理などもあり。



毘沙護丼:930円

意味や由来は謎ですが「びしゃご丼」なる海鮮丼。


インパクト抜群のあら汁。


旬の魚を使用だそうで、なぜか温玉のトッピング。
魚の種類は分かりませんがこの時は3種の白身で、臭みなどはなくクリーンな味。

専用のタレは甘みが強く濃いめですが、ワサビや醤油と合わせる事でちょうど良い感じに。
丼物としては量は気持ち少なめでながらリーズナブルな海鮮丼です。



ちょっとペースアップしてのどんぶり街道13店舗目でした。



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ままん家(愛知県豊橋市) 

良い感じの佇まいの郊外の定食屋。



店名の読みは「ままんち」、昨年のオープンで綺麗な店舗。

主なメニューは揚げ物中心の定食、丼物、カレーライスなどで、それぞれかなりの種類があり。
ハーフ&ハーフ的に組み合わせれたり、ご飯を豆腐に変えれるなど、いろいろと融通もきくよう。



白身フライ定食:1100円

見た目にボリュームもインパクトもある物が多めで、チキンカツもこんな形での提供。


ソースはタルタルorおろしポン酢が選択可能。

白身は何の魚か分かりませんが、味は淡白ながらもパサつきなく。
玉子たっぷりでマヨ感が弱めのライトな味のタルタルで、ボリュームある揚げ物としてはさっぱりと。

なお、セルフにてご飯おかわり無料なため、定食1品で誰でもお腹いっぱいになれます。

大衆食堂としては単価は高めですが、コスパは良く感じられ、面白い定食屋です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

みかわの郷(愛知県田原市) 

渥美半島付け根くらい、豊橋に近いエリアの飲食店。



大箱のファミレス風のお店で、豊橋駅ビル内にも支店があったかなと。
昼食時はいつも満車レベルの人気店で、以前に2度ほど入ろうとした事があるも、店内待ちでやめた経緯もあり。



ランチメニューは定食・丼物・麺類などあり、どことなくファミレス風に。



かき揚げしらす丼:1100円


中央にドカッとかき揚げが乗り、釜揚げしらすも散りばめて。

かき揚げにもしらすが入り、他は野菜とアオサなど。
濃いめの味の天つゆで味付けされており、しなやかにほぐれる食感で分かりやすい旨み。

出汁つゆが別で用意されており、茶漬けと言うかひつまぶし風に食べる事も可能。
その出汁の方は昆布一発の薄味で、濃さとしてはちょうど良いバランスに。

しらすそのものの存在感はあまりない感覚ですが、イメージしてたより美味しい物でした。



で、当初の予定より1年ほど遅れての10店舗目。
10店舗になると、特性どんぶり・箸・スプーンのセットが各店舗で貰えます。



かさばる荷物になるので、自宅からは最も近いこちらを10店舗目にしようと。
まあ、それでも30kmはあり、大容量バッグをもってしても箱のままでは入らず、面倒と言えばめんど・・



しかも、特にどんぶり街道と分かる物ではないと。
まあ、食事しただけで普通に使える食器が貰えたので何でも良いのですが。

期限は今年末までですが、10店舗なんてその気になれば余裕なので、エンジョイ勢のサイクリストにはオススメです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

お食事処 ないき(愛知県田原市) 

渥美半島中心よりやや東、国道259号線沿いの大衆食堂。



店舗兼住宅の立派な建物で、席数は多くないものの空間は広くあり。



メニューは定食丼物など豊富で、特にラーメン中心の中華が充実しており、長崎から麺を取り寄せているというチャンポンまで。

その長崎チャンポンを食べてみたかったものの、またの機会にしてひとまず予定消化を。



豚の角煮丼:935円


見るからにトロトロに煮込まれた角煮、中央に温玉トッピング。

豚肉は噛み応えがないくらい煮込まれており、タレは柔らかな甘み強め。
ホロッと崩れて溶けていくような食感のため、温玉を混ぜれば飲み物のように。

七味以外にもう少し塩辛さや、丼物として全体的なボリュームが欲しいですが、味は良かったです。



すっかりコンプリートは諦めつつありましたが、今後の情勢次第では毎週田原行きもあるかなの9店目でした。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム