雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

藤蔵屋(長野県佐久市) 

2015/08/12 Wed 18:00訪問
藤蔵屋


初日の夕食は、信州そばと鯉料理が食べれるお店へ。


 
蕎麦だけでなくうどん、他に丼物や定食も豊富にありました。



そして佐久市では鯉を食べる習慣があるそう。
鯉は今まで食べたことはないし食べたくもないですが、この機会に初鯉をしてみることに。

で、口に合わなくても何とかなりそうな唐揚げをオーダーするも、品切れ。
これも何かの縁かと覚悟を決め、看板商品らしい旨煮とやらをオーダー。

と、ざるそば大盛りをオーダーしたら「結構量が多いのですが・・」との素敵な言葉が (´∀`)



お茶と共に野沢菜のサービス。

旅先のお店で、こういった地元の名産品がちょっとでも出てくると嬉しいです。



大ざるそば:940円


たいていのお店で量が少ないものですが、正しい大盛りが来ました。

長野の真ん中あたりでは、わりと安くて量も多めな印象ですが、ここは特に多い。



麺は適度なコシがあり。 そば粉の香りはまずまず強いけど、十割ではなく二八かな。

つけ汁は昆布とカツオが香って、やや甘めながらも食べやすかったです。



鯉のうま煮:1300円


ビビりながら口に入れるも、全くクセがなく、少し拍子抜け。

魚料理を好まない理由は、生臭いものがダメで、そもそも生だと食べれない。
それだけに、生臭さに対して過敏なのですが、全く臭みがなかったです。

恐れていた泥臭さも全くなく。
さすがに食べてはならない物の味がしたら、好き嫌いとかの問題ではなく食べません (;´∀`)



骨まで軟らかく煮込まれ、コロッセオのような形のでっかい背骨まで普通に噛めます。
しかし身はボソボソとして、シーチキンを食べているような感覚。

料理の味付けは美味しいのですが、魚自体は端的に言って不味い。
これが普通の鯉の味なのか、この日に食べたものがハズレだったのか。

まあ、美味しいならもっと一般的に食べられてますよね (;´∀`)



問題なく食べれ切れましたが、2度目はないですね。

僕の最初で最後の鯉は、ほろ苦い思い出へと。


お店自体は満足できるものでした (´∀`)


スポンサーサイト

category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム