食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Donmai京楽軒(愛知県豊川市) 

近所のうなぎ屋。



前回の記事は数年ぶりの訪問でしたが、それ以降は2〜3ヶ月に1回の頻度で行ってます。



古風な雰囲気がありつつ、BGMはジャズだったりで。



メニューは英語版と中国語版もあったり。
ちなみに前回記事の2年前からですと、100〜200円ほど値上がりしてます。



うな重:2538円

上うな重だと500円ほど高くて小鉢とフルーツが付くだけ。
丼はうなぎが2切れか3切れで食べた気がしない。

どうもちょうど良いメニューがなく、ここが落とし所という感じです。



味は変わらずカリカリ、ところどころバリバリ、タレがジュワッと。
かなり焼き込まれているので脂っぽさはなく、ひたすら香ばしく。

タレはどう考えても濃すぎだろうと思うのですが、食べ終わってもクドさを感じず。
山椒は果実的にも感じるような香りの良さがあり、たっぷりかけたくなります。

うなぎは小さいですが、肝吸いと香の物たっぷりでこの価格設定なら仕方ないのかなと。
ちなみによほどの事がない限り三河一色産だそうです。



蒲焼き:2268円

うなぎ増量メニューがないので単品オーダーしてみましたが、うな重と同じ量で270円安いだけ・・・
だったらうな重2人前食べた方が良いですねー。


独特の火入れとタレなので万人受けしないと思いますが、好みに合ったら中毒性を感じると思います。
地元エリアでうなぎを食べようとなっても、なかなか他のお店に行こうという感じになりません。

近所なのもあり、そのうち月1〜2回くらいになるのではと思ったりしてます。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

曽我の軒(愛知県豊川市) 

豊川稲荷の表参道。
観光客しかいないこの近辺を開拓してみようと、フラフラと散策。



今回はうなぎ屋さん。
こちらに決めていたのではないですが、呼び込まれたので入ってみました (・∀・)



一色産のうなぎを毎朝仕入れてこちらに移すそう。
せっかくの見せるための設備ですが、潜っていて全く見えません (;´∀`)



うなぎ料理のみの専門店ではなく、菜飯田楽など郷土料理もあり。
さらにご当地物として、うなぎのいなり寿司なんかもあります。

田楽とのセットメニューをオーダーしてみました。



でんがく付きうな丼:2150円


うなぎは3切れで、ご飯の量も控えめ。


田楽は2本で、うな丼単品との差額だと250円。


捌き置かれていたと思われますが、開店直後だったので特に違和感はなく。

火入れは焼き1発でしっかり仕上がって、皮はパリパリして香ばしく、中はふっくら感もあり。
タレは甘さ・辛さ控えめでバランスが取れており、量も少なく、全体的にあっさりした味です。



こちらはカラシが多めですが、味噌の甘みと絶妙のバランスで美味しいです。
ただの豆腐ですが、なかなかバカにできない料理だと思います。


黙っててもそこそこ客は来る立地なので危険覚悟でしたが、思ってたよりはるかに良かったです。
値段も高くなく、接客も丁寧で気持ち良く食事できました。

次回はうなぎのいなり寿司をテイクアウトしてみようと思います (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Donmai京楽軒(愛知県豊川市) 

たまには地元でも良いものをと、うなぎを食べに近所のお店へ。



Donmai京楽軒豊川インター店。
駅近くに「うなぎの京楽軒」があり、何らかの関係だと思いますが支店ではないよう。

ドンマイの意味するところは分かりませんが、Donmai京楽軒は三ヶ日にもあるそうです。







メニューは多くも少なくもなくで。

オーダー後の捌き・焼きで、20分ほどで提供されました。



上うな重:2970円

丼と重の違いは、器だけでなくうなぎの量も。
別のメニュー写真によると、丼はうなぎ2切れか3切れで、価格を抑えた物になるよう。



うなぎかさね:2808円

大食感むけと書かれたメニューで、上うな重と比べるとご飯多めで小鉢なし。



うなぎは蒸しの入らない関西風ですが背開きのよう。

かなり焼きが強く、焦げの風味も感じるほどで、固すぎる印象のあるほどカリカリした食感。
肉厚はないのに箸で切れないほどの固さなので、噛み応えはかなり特徴的。

ふんわり感は全くないもものパサツキもなく、火入れの技術は伝わります。

タレは少量しかかかってないものの、味はかなり濃いめ。
甘み・しょっぱさともに濃く、少量でも強力なので、利点としてはご飯が水っぽくならずに食べれます。

うなぎ自体にはタレを何度も塗り重ねた感じで、噛むとジュワッとタレの風味が口に広がります。



うなぎかさねの方は、ご飯の中に2切れ。
多少の「まむし」は入るものの、やはり皮の固さが特徴的です。


うなぎそのものより、タレと火入れで食わせる印象なので、好みは分かれるかと思います。
多分、関東の人が食べたら驚きそうな食感で、ふんわり系が好きな方にはダメかと。

強い焼きと味の濃さは臭みを完全に消すので、うなぎが苦手な方には良いかと思います。
もっとも、うなぎ苦手でうなぎ屋に行く人もいないと思いますが・・

食べ比べのため、近々駅の方も行ってみたいと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム