雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

栄食堂(富山県下新川郡朝日町) 

2016/08/14 Sun 10:30訪問
栄食堂


富山湾岸を端から端までサイクリングし、新潟県寄りにあるお店へ。
この辺りの国道8号線の通りは「たら汁街道」と呼ばれており、名物のたら汁を提供する食堂が多くあります。

こちらはその中でも最も有名なお店で、長距離ドライバーも多く利用するらしく、朝7時からの営業だそう。



メニューはたら汁だけではなく、普通の食堂メニューもあり。
また、冷蔵ケースにサラダ等の出来合いの一品料理も置いてあり、そちらはセルフ式。

ちなみにこの手のお店では珍しく税抜き価格。
会計時には暗算で計算してましたが、1円単位は切り捨てっぽいです。

ついでに後から気付いたのですが、親子丼が400円で、目玉焼きも400円?
これはダブルオーダーして、どんな差があるのか見たかったところです (;´∀`)

で、タラ汁みたいな料理は苦手ですが、ここに来て食べないわけにはいけないので、カツ丼とダブルオーダー。



たら汁:860円

年季が入り、味まで染み込んでそうな鍋に、タラが1匹ドンと。


そのまま丸ごとではなく、いくつかに切られており、他の具はネギとゴボウ。

出汁成分はタラから出る物だけと思われ、薄めの味噌での味付け。
汁自体は想像していたほどの臭みはないものの、個人的な好みとして苦手な匂いです。

身はホロホロとして柔らかく、身だけならクセはなく美味しく食べられます。



怖いです (;´∀`)



カツ丼:810円


大衆食堂では初めてみるようなカツの厚さ。
しっかり下処理されており、柔らかくジューシーなロースカツです。



カツだけでなく玉ネギも豪快。
限りなく生に近く、きっちり繋がっており、多分意図的にやっているのだろうと思います。

味付けも大味の濃いめで、素晴らしい荒っぽさのカツ丼です。



まあ、タラ汁もこれ以上ない荒っぽい料理ですが。

しかし、食べず嫌いもどんどん減ってきまして、生魚もイケるんじゃないか?という気がしてきました。

何事も経験です (´∀`)



2016年8月11~16日 北陸旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ビット(砺波:パン)
バイス(高岡:パン)
戸出ジェラート(高岡:ジェラート)
福十(小矢部:パン)
春乃色食堂(南砺:食堂)
ズッカ(南砺:ジェラート)
能登半島サイクリング前編
藤田屋(輪島:デリカ)
能登半島サイクリング後編
マルガージェラート(能登町:ジェラート)
チェルキオ(七尾:ジェラート)
栄食堂(朝日町:食堂)
オーボンスーブニール(富山:ケーキ)
オーボンスーブニール・焼き菓子
西町大喜(富山:ラーメン
よしだや(氷見:食堂)
森八(金沢:和菓子)
吉はし(金沢:和菓子)
チャンピオン(野々市:カレー)
サンニコラ(野々市:ケーキ)
サンニコラ・焼き菓子
サンニコラ・チョコレート
二オール(野々市:パン)
白山白川郷ホワイトロード
トランブルー(高山:パン)
宇奈月ビール
富山の地酒
金沢百万石ビール
石川の地酒


スポンサーサイト

category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

春乃色食堂(富山県南砺市) 

2016/08/11 Thu 15:00訪問
春乃色食堂


続いて南砺市に移動して、何かで見て、覚えていた食堂へ。

古い木造校舎のような雰囲気で、昭和どころか大正時代の建物。
外観はその当時のままで、ペンキの塗り直しもせずにそのままだそうです。



メニューは大衆食堂としては少なめで、ごく普通のラインナップ。
さすがに値段は昔のままではないようです。



内装は手を加えていると思われますが、良い感じの店内です。

いつものようにカツ丼と、冷やし中華もオーダー。



かつ丼:650円


冷やし中か:650円



カツ丼はかなり薄めの味付け。
1日を通しての運動でかなり発汗している身には、味がないとすら感じます。

肉の大きさや質、その他の具材などは普通の大衆食堂と変わりなく。



冷やし中華はスープが多いタイプで香味油もたっぷり浮いてます。


麺は中華そばといった感じ。
スープは酢が強めにきいており、鶏油の風味が良い感じです。


と、味はどうという事はなく、値段は安めでも量も少なめ。
ただ、いろいろと地域住民の常連さんの好みに合わせての設定だと思われます。

まあ、このお店は存在自体に意味があるかと思います (´∀`)



2016年8月11~16日 北陸旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ビット(砺波:パン)
バイス(高岡:パン)
戸出ジェラート(高岡:ジェラート)
福十(小矢部:パン)
春乃色食堂(南砺:食堂)
ズッカ(南砺:ジェラート)
能登半島サイクリング前編
藤田屋(輪島:デリカ)
能登半島サイクリング後編
マルガージェラート(能登町:ジェラート)
チェルキオ(七尾:ジェラート)
栄食堂(朝日町:食堂)
オーボンスーブニール(富山:ケーキ)
オーボンスーブニール・焼き菓子
西町大喜(富山:ラーメン
よしだや(氷見:食堂)
森八(金沢:和菓子)
吉はし(金沢:和菓子)
チャンピオン(野々市:カレー)
サンニコラ(野々市:ケーキ)
サンニコラ・焼き菓子
サンニコラ・チョコレート
二オール(野々市:パン)
白山白川郷ホワイトロード
トランブルー(高山:パン)
宇奈月ビール
富山の地酒
金沢百万石ビール
石川の地酒


category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ヨーロッパ軒 (福井県福井市) 

2015/10/11 Sun 12:00訪問
ヨーロッパ軒 大和田分店

110502-009.jpg
福井のソースかつ丼を食べに、元祖でもある最もメジャーなお店へ。

福井県内のみで20店舗近くあるチェーン店です。



福井での「カツ丼」はソースカツ丼のことで、
玉子とじのものは「上カツ丼」とか「玉子カツ丼」と呼ぶとか。

なので、「名物ソースカツ丼」の表記は観光客向けの印象です。


 
カツ丼だけでなく、メニュー豊富な洋食店ですが、もちろんソースカツ丼で。



大カツ丼:1180円



ご飯の上に薄いカツが4枚乗り、ソースをかけただけのような無骨な丼物。

同じソースカツ丼でも、長野南部エリアの、普通のロースカツとキャベツたっぷりの物とは全く別物。



薄いカツはロースとモモかな。 全部同じではないよう。

キメ細かなパン粉で油っぽさはなく。
ソースたっぷりくぐらせてますが、ベチャッとしてはなく、 カラッと揚がってます。

肉は厚みを考えれば固いと言えるほどですが、このくらいの方が食べ応えがあるのかもしれません。



ウスターソースは甘みとやや強い酸味。 香辛料っぽいスパイス感もあり。

食べる機会はないし、食べようとも思えない「ソースかけご飯」ですが、これが意外にも美味しい。

ソースとご飯との相性が良いのだと思いますが、お米自体も美味しいような気がします。



このカツ丼は蓋がされて来たのですが、周りの人は蓋にカツを置いて食べてたので真似してみました。

何か意味があるのかは分かりません (;´∀`)


僕の中ではない料理でしたが、思っていたより美味しく食べれました。
カツ丼は玉子とじの方が良いとは思いますが、これはこれでありかと。

また機会があれば、他のお店でも食べてみたいです (´∀`)


category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ヨコガワ分店(福井県越前市) 

2015/10/10 Sat 14:00訪問
ヨコガワ分店


そば4店ハシゴして、他のものも食べたくなったので別メニューを。

「武生に来たらボルガライス」と言われるご当地グルメを食べにこちらへ。



「あります」のセンスは別として、観光客だけでなく、地元の方からも人気のようです (・∀・)

お昼時に2回横を通った時は行列もできており、この時はギリギリ入れ、帰りには待ちの人がいました。


ほぼカウンター席の狭い店内ながら、清潔感あるキレイなお店。
2世代のご夫婦らしき4人でやられており、男性2人が調理、女性2人が接客等を担当。



シンプルな洋食系メニューで、ほとんどのお客さんがボルガライスを食べてました。

当然ボルガライスをオーダー。



ボルガライス:930円

こちらが発祥のお店説もありますが、定かではなく、名前の由来も分からないよう。



オムライスの上にロースカツ。
ただ乗ってるだけなので特にインパクトはないですが、ありそうでない組み合わせ。



ロースカツにはデミグラスソース。

厚くも大きくもなく、ほどよいサイズのカツ。
衣は薄めでキメ細かさもあり、カラッと揚げられ、肉自体はそこそこの柔らかさでジューシーさあり。

デミグラスソースはほとんどトマトのような味で酸味が強め。 カツに合っているかは微妙なところです。



オムライスはかなり薄い玉子に巻かれたチキンライス。チキンの他に玉ねぎとグリンピースの具材。

トマトケチャップではないですが、カツにかかっているソースと同じ味。
トマトの味が強いソースなので、ケチャップライスとは違うものの、似た感じはあります。



まあ、不味くなりようがない料理で、正しいB級グルメっぽい料理でした。
ボリュームはそれほどないですが、豪華さは感じます。

元はとんかつもオムライスも洋食ですが、ラーメンやカレーと同様に、すでに日本食となった食べ物。

親しみやすい料理の組み合わせなので、万人受けするものかと。

店によって違う形らしいので、また来る機会があれば他店でも食べてみたいです (´∀`)


category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム