FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

栄食堂(富山県下新川郡朝日町) 

2016/08/14 Sun 10:30訪問
栄食堂


富山湾岸を端から端までサイクリングし、新潟県寄りにあるお店へ。
この辺りの国道8号線の通りは「たら汁街道」と呼ばれており、名物のたら汁を提供する食堂が多くあります。

こちらはその中でも最も有名なお店で、長距離ドライバーも多く利用するらしく、朝7時からの営業だそう。



メニューはたら汁だけではなく、普通の食堂メニューもあり。
また、冷蔵ケースにサラダ等の出来合いの一品料理も置いてあり、そちらはセルフ式。

ちなみにこの手のお店では珍しく税抜き価格。
会計時には暗算で計算してましたが、1円単位は切り捨てっぽいです。

ついでに後から気付いたのですが、親子丼が400円で、目玉焼きも400円?
これはダブルオーダーして、どんな差があるのか見たかったところです (;´∀`)

で、タラ汁みたいな料理は苦手ですが、ここに来て食べないわけにはいけないので、カツ丼とダブルオーダー。



たら汁:860円

年季が入り、味まで染み込んでそうな鍋に、タラが1匹ドンと。


そのまま丸ごとではなく、いくつかに切られており、他の具はネギとゴボウ。

出汁成分はタラから出る物だけと思われ、薄めの味噌での味付け。
汁自体は想像していたほどの臭みはないものの、個人的な好みとして苦手な匂いです。

身はホロホロとして柔らかく、身だけならクセはなく美味しく食べられます。



怖いです (;´∀`)



カツ丼:810円


大衆食堂では初めてみるようなカツの厚さ。
しっかり下処理されており、柔らかくジューシーなロースカツです。



カツだけでなく玉ネギも豪快。
限りなく生に近く、きっちり繋がっており、多分意図的にやっているのだろうと思います。

味付けも大味の濃いめで、素晴らしい荒っぽさのカツ丼です。



まあ、タラ汁もこれ以上ない荒っぽい料理ですが。

しかし、食べず嫌いもどんどん減ってきまして、生魚もイケるんじゃないか?という気がしてきました。

何事も経験です (´∀`)



2016年8月11~16日 北陸旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ビット(砺波:パン)
バイス(高岡:パン)
戸出ジェラート(高岡:ジェラート)
福十(小矢部:パン)
春乃色食堂(南砺:食堂)
ズッカ(南砺:ジェラート)
能登半島サイクリング前編
藤田屋(輪島:デリカ)
能登半島サイクリング後編
マルガージェラート(能登町:ジェラート)
チェルキオ(七尾:ジェラート)
栄食堂(朝日町:食堂)
オーボンスーブニール(富山:ケーキ)
オーボンスーブニール・焼き菓子
西町大喜(富山:ラーメン
よしだや(氷見:食堂)
森八(金沢:和菓子)
吉はし(金沢:和菓子)
チャンピオン(野々市:カレー)
サンニコラ(野々市:ケーキ)
サンニコラ・焼き菓子
サンニコラ・チョコレート
二オール(野々市:パン)
白山白川郷ホワイトロード
トランブルー(高山:パン)
宇奈月ビール
富山の地酒
金沢百万石ビール
石川の地酒


スポンサーサイト



category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

春乃色食堂(富山県南砺市) 

2016/08/11 Thu 15:00訪問
春乃色食堂


続いて南砺市に移動して、何かで見て、覚えていた食堂へ。

古い木造校舎のような雰囲気で、昭和どころか大正時代の建物。
外観はその当時のままで、ペンキの塗り直しもせずにそのままだそうです。



メニューは大衆食堂としては少なめで、ごく普通のラインナップ。
さすがに値段は昔のままではないようです。



内装は手を加えていると思われますが、良い感じの店内です。

いつものようにカツ丼と、冷やし中華もオーダー。



かつ丼:650円


冷やし中か:650円



カツ丼はかなり薄めの味付け。
1日を通しての運動でかなり発汗している身には、味がないとすら感じます。

肉の大きさや質、その他の具材などは普通の大衆食堂と変わりなく。



冷やし中華はスープが多いタイプで香味油もたっぷり浮いてます。


麺は中華そばといった感じ。
スープは酢が強めにきいており、鶏油の風味が良い感じです。


と、味はどうという事はなく、値段は安めでも量も少なめ。
ただ、いろいろと地域住民の常連さんの好みに合わせての設定だと思われます。

まあ、このお店は存在自体に意味があるかと思います (´∀`)



2016年8月11~16日 北陸旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ビット(砺波:パン)
バイス(高岡:パン)
戸出ジェラート(高岡:ジェラート)
福十(小矢部:パン)
春乃色食堂(南砺:食堂)
ズッカ(南砺:ジェラート)
能登半島サイクリング前編
藤田屋(輪島:デリカ)
能登半島サイクリング後編
マルガージェラート(能登町:ジェラート)
チェルキオ(七尾:ジェラート)
栄食堂(朝日町:食堂)
オーボンスーブニール(富山:ケーキ)
オーボンスーブニール・焼き菓子
西町大喜(富山:ラーメン
よしだや(氷見:食堂)
森八(金沢:和菓子)
吉はし(金沢:和菓子)
チャンピオン(野々市:カレー)
サンニコラ(野々市:ケーキ)
サンニコラ・焼き菓子
サンニコラ・チョコレート
二オール(野々市:パン)
白山白川郷ホワイトロード
トランブルー(高山:パン)
宇奈月ビール
富山の地酒
金沢百万石ビール
石川の地酒


category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

吉ちょう(福井県福井市) 

2015/10/12 Mon 15:30訪問
吉ちょう


ジムで泳いでカロリー消費した後、福井での最後の食事へ。

有名なデカ盛り店ですが、意外にも、駅近くのビル地下のキレイなお店。
基本的に、デカ盛り店はキタナシュランなお店が多く、だからこそやっていけるイメージがあります (;´∀`)



メニューは大衆食堂的な豊富さで、どれもボリュームがあるようです。



そして、全国各地から食べに来ると言われる「たまげた丼」。



大盛りのお店のカツ丼の量3人前で、重量は2.3kg。

さらに、その上をいく5人前の「はるまげ丼」なる裏メニューもあるとのこと。

一気にはるまげ丼と戦いにきましたが、たまげた丼をクリアしないとオーダーできないそう。

内心ホッとしながら、じゃあ仕方ない風に、たまげた丼をオーダーしました (・∀・)



たまげた丼:2000円

思わず笑ってしまう丼のサイズ。
ほぼ同じサイズを豊田で1度経験してますが、やはり笑いました (・∀・)



玉子とじのカツ丼で、カツは大きなヒレ肉が6枚。玉子は4個使用だそう。



ヒレ肉は脂身少なめで柔らかいので食べやすく、とじた玉子も出汁がきいて美味しいです。



つゆはそれほどかけられてないので、ご飯だけ倒していくのは少しキツい。



ちなみに普段1人で食べている時は、メモというか、記事の下書きしながらゆっくり食べてますが、
2kgを超える量になると、勢いで食べないとジワジワとダメージがきます (;´Д`)



まあ、これくらいならペースが落ちても、不安を感じる事はなく。



無事に完食。

さらに1人前は問題ないと思いますが、あと2人前はどうだろう。
もしかすると、その辺で壁にぶつかるかもしれません。

しかし、ヒレ肉使用とは言え、価格は少し高い印象を受けます。
まあ、高くはないのですが、大盛り3人前で2千円なら、普通よりちょっと安い程度。

個人的には、ごく普通の値段で量が多いのが、正しいデカ盛りかと。

値段分の量も増やすなら、やろうと思えばどこのお店でもできそう。
実際に、チェーン店の「かつさと」がやっているので、挑戦するならそちらでも良いかなと。



いちおう記念写真も撮ってもらえましたが、店頭に飾られるのは、はるまげ丼クリアの人たちかな。

認定証を貰えたので次は挑戦できますが、そちらは3千円なので、別にいいかなという感じです (;´∀`)


category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ヨーロッパ軒 (福井県福井市) 

2015/10/11 Sun 12:00訪問
ヨーロッパ軒 大和田分店

110502-009.jpg
福井のソースかつ丼を食べに、元祖でもある最もメジャーなお店へ。

福井県内のみで20店舗近くあるチェーン店です。



福井での「カツ丼」はソースカツ丼のことで、
玉子とじのものは「上カツ丼」とか「玉子カツ丼」と呼ぶとか。

なので、「名物ソースカツ丼」の表記は観光客向けの印象です。


 
カツ丼だけでなく、メニュー豊富な洋食店ですが、もちろんソースカツ丼で。



大カツ丼:1180円



ご飯の上に薄いカツが4枚乗り、ソースをかけただけのような無骨な丼物。

同じソースカツ丼でも、長野南部エリアの、普通のロースカツとキャベツたっぷりの物とは全く別物。



薄いカツはロースとモモかな。 全部同じではないよう。

キメ細かなパン粉で油っぽさはなく。
ソースたっぷりくぐらせてますが、ベチャッとしてはなく、 カラッと揚がってます。

肉は厚みを考えれば固いと言えるほどですが、このくらいの方が食べ応えがあるのかもしれません。



ウスターソースは甘みとやや強い酸味。 香辛料っぽいスパイス感もあり。

食べる機会はないし、食べようとも思えない「ソースかけご飯」ですが、これが意外にも美味しい。

ソースとご飯との相性が良いのだと思いますが、お米自体も美味しいような気がします。



このカツ丼は蓋がされて来たのですが、周りの人は蓋にカツを置いて食べてたので真似してみました。

何か意味があるのかは分かりません (;´∀`)


僕の中ではない料理でしたが、思っていたより美味しく食べれました。
カツ丼は玉子とじの方が良いとは思いますが、これはこれでありかと。

また機会があれば、他のお店でも食べてみたいです (´∀`)


category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

江戸屋(福井県越前市) 

2015/10/10 Sat 17:00訪問
江戸屋


初日の〆は武生エリアの有名なデカ盛り店へ。

モーニング4人前、そば4店ハシゴ、洋食店と巡って、ラストにデカ盛りのハードスケジュールです (・∀・)



全く意味が分かりませんが、武生(たけふ)の地元愛を感じます。

うどん・そば・丼物のお店でメニューは豊富。
値段は普通ですが量は多いようで、丼物は全てミニうどんがセットで付いてくるよう。



そして別メニューのデカ盛りシリーズ。

どれも手ごわそうです (゚A゚;)ゴクリ



さらに上を行くメニューが予約制であり。



そして新発売というメニュー。

単純な重量自体は少ないですが、かなりヘビーでインパクトのある丼物。

全然お腹減ってない状態での訪問ですが、今回はこれを食べるつもりで来ました。



ひっで丼デラックス:1200円

「ひっで」は、福井弁ですごい!!めちゃくちゃ!!、という意味だそう。



店員さんが、半歩ずつ恐る恐る運んで来てくれました。

これはなかなか見られないタワー丼ではないでしょうか (´∀`)


そして、その内訳は、


カツ3枚。 福井のソースカツ丼の、薄くてソースをくぐらせたカツ。



豚肉の天ぷら6枚。 これはかなり大きいと言うか、長い。



タワーをどかすと、必要充分の豚丼。



どうやって食べていいのか分かりませんが、定食っぽく、ご飯とおかずの感じで食べてみる。



すると、衣が剥がれてしまいましたが、玉子丸1個のフライが出てきました。



味の方は、まあ、ここまでやってくれると味なんかどうでもいいのですが (・∀・)

カツは3枚ともロースのようで、カリッと揚げられ、ソースの味もなかなかで。

天ぷらは脂多めのバラ肉で、衣も厚いので6枚となると重い。

焼き豚はタレと一緒に焼かれているもので味は濃いめ。 たっぷりのキャベツで少し調和できます。

ご飯は1合程度しかないので、このバランスだと瞬殺できるイメージです。



ミニうどんが付きますが、これもシンプルながら美味しいです。

たいした量ではないので、揚げ物に飽きたときの清涼剤になります。



しかしこれ、すごく安いですね。

会社の隣とかにあったら、週3くらいで食べに行きたいくらいです (・∀・)

このエリアにはまた行くので、他のメニューも楽しみにしておきます (´∀`)


category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム