FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

giocare(愛知県豊川市) 

一宮町、金沢交差点のところにあるイタリア料理店。



けっこう昔からあり、自転車では良く通る道沿いで気になってましたが、ジャージ姿で入って良いお店なのか分からず、これまで機会なく。

ド田舎と言ってよい所なので、イタリア料理店と言いつつ喫茶店みたいな感じだろうと思ってましたが、ちゃんとレストランしてました。

ご夫婦2人でやられているようで固さはないですが、自転車ジャージはないし1人もないかなという雰囲気で、思い切って入らなくて良かったです。



メニューは昼夜同じのようで、価格控えめなコース料理が1種。


セットメニューが2種類。
他に単品でパスタや一品料理が豊富にあり、サラダやデザートなどをセットにする事もできるよう。

ゆっくりコースを食べている時間もなかったので、セットの2種類と単品を少し。



単品オーダー。キノコたくさんにデミグラスソース。



単品オーダー。ジャガイモとチーズでハズレようがない物。



同行者がチーズ好きなもので、こちらも単品オーダーのチーズのリゾット。
薄くスライスされているのもチーズで、ボリュームあります。



パンも自家製との事で単品オーダー。
黒糖・クルミ・レーズンと3種で、それらが邪魔にならない程度にちゃんと食事パンです。



ジョカーレ1プレート。

パニーニがかなり大きく、パスタもハーフ以上、キッシュまで付き、他も量は少なめながらどっしりした料理のため、少食の方だと多すぎる量。



チキンプレート。

こちらもチキンがドカッとあり、リゾット、ポテト、玉子にサラダと、ボリューム自慢の定食屋よりキテます。

てっきり少量がチマチマ乗ってる1プレートメニューと思って、いくつか単品オーダーしたのですが、こんなにどうするんだ?みたいになってしまいました。



ローストビーフのパニーニ。
軽めのバゲットで焼き目は内側に。具だくさんで、かぶりつけないサイズです。



シンプルなトマトソースのスパゲッティで、パスタは全て自家製だそう。

単品メニューではパスタの種類とソース別で20種類ほどあり、単品で1つ何頼もうか迷いすぎて後回しにしたのですが、危険すぎる量になるところでした。



ハーブがしっかりきいたチキンが2枚。



トマトリゾットも茶碗1杯分くらい、ポテトもMサイズほどで。

種類を選べないセットメニューだけに、誰にでも馴染みのある料理にしていると思われ、さすがにオッと思わせるものはないですが、どれも安心できる美味しさでした。



ティラミス。

最初に全オーダーした時も少し心配そうな顔をされた気がしましたが、デザートを運んでくる際には「別腹大丈夫ですか?」と聞かれてしまいました。


この日のデザートは2種類で、もう1つのベークドチーズ。
ケーキは自家製ですが、アイスも自家製のようで、素朴さがあり無添加の質感。

ちなみにデザートはセットメニューの別料金ですが、たったの200円。ついでにドリンクも多めでした。


同行者が少食なので1人でかなり食べましたが、珍しくお腹いっぱいになりました。
いろいろと良い意味で期待を裏切られた、近場では貴重なお店で、今後は機会を作ってなるべく行こうと思います。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

PIZZERIA CIRO(愛知県豊橋市) 

豊橋市のピッツェリア、チーロ。

originalf3.jpg
豊橋でも郊外の方ですが、細い通りで周りは畑ばかりみたいな所に突然現れる感じです。

お店のスタッフは、オーナーシェフと男女1人ずつの3人でしたが、
開店5分前に到着して待機していたところ、シェフ自ら車まで出迎えに来て、店内へ案内してもらえました。



店内はコの字のカウンター席が12席、離れに半個室のテーブル席が1卓。

コンクリむき出しの無骨さながら、真ん中に派手な色と模様の薪釜。
最初は違和感がありましたが、慣れるとスタイリッシュでセンス良く感じてきます。

メニューはアラカルトのみですが、サラダは前菜と表現されており、ピッツァはなんと50種類ほどあり。
さらに本日のオススメが別メニューでありました。

ピッツァは3種類を1枚にできるとのことで、本日のオススメからちょうど3つを選択。

あ、メニュー名がピッツァなので、ピザではなくピッツァで通します (・∀・)



前菜。

確か「水牛モッツァレラとパルマ生ハム」みたいな名称で、僕は野菜がほぼないイメージでオーダーしました。



で、なんだ野菜もあるのか・・と不満ですらあったのですが、この野菜が驚きの美味しさ。
ただのレタス、ルッコラも美味しければ、少し火を加えただけの里芋、サツマイモは衝撃的に美味しい。

野菜食べて美味しいと思ったのは、人生で5回目くらいですかね (;´∀`)

生ハムはちょうど席の目の前に原木があり、オーダー後にスライスされ、酸化や乾きはなく。

水牛モッツァレラは僕には上品すぎる味でしたが、野菜や生ハムに適量かけられたパルメザンが美味しい。

僕は前菜1発でヤラレました (´∀`)


コースではないですが、各席の前菜を食べるペースを見計らってピッツァを作っていくよう。



見せるというか、魅せるスタイルのお店です。
そのため、少しオーバーにも感じられる動きをされますが、それも楽しみの一つかと。

予約が1番最初だったのか、どうやらベストポジションに座れたようで、とても良いものを見れました (´∀`)



出来上がる肯定を見ながら完成されたピッツァ。

生地は真っ平らに伸ばしてましたが、焼き上がりは外周部にしっかりした縁ができてます。



ピッツァのことは全然分かりませんが、パンオタクとして言えば、かなり良質な小麦粉だと思われます。

生ハムを焼くのは矛盾を感じますが、火入れされた生ハムもなかなかでした。



紅ズワイガニと小ヤリイカだったかな。 イカがいい感じでした。



チーズと玉子だけのシンプルなものですが、チーズはすごい量が盛られてました。

白トリュフオイルなるものをかけられてますが、ガーリックにも似た強い香りが刺激的でした。



肉料理。

本日のオススメにあったのでオーダーしてみました。



確かロール肉と書かれいて、丸いチャーシューみたいな形の物かと思ったら、見た目はバラ肉のベーコン。
燻製っぽさはなく美味しい肉でしたが、前菜とピッツァで満足した身には物足りない印象。

あるいは、ピッツェリアにおいての肉料理は蛇足だったのかもしれません。



ティラミス。

マスカルポーネムースは控え目な風味で、エスプレッソも弱いですが、洋酒がきいてます。
トッピングにベリーの果肉と砕いた板チョコ。 これは地味に質の良さを感じました。



アイスクリーム:メイプルナッツ、シャーベット:マンゴー。

シャーベットと書かれてましたが、氷菓という感じではなく、ジェラートと言ってよいかと。
フルーツのジュースも美味しかったですが、もしジュースもジェラートも手作りなら、かなりのフルーツ使いです。



オーダー終了を見計らって、お弟子さん?が賄いのピッツァを作り始めました。

あえて客が残っているうちに作るのかな。
これは比較されるわけですから、かなりの緊張感がありそうです。


と、料理も美味しく、サービスもスマートで、パフォーマンスも楽しく、良い時間を過ごせました。

単価はちゃんと見てないので分かりませんが、他にソフトドリンク4品で、合計11,500円。
比較対象がないので、高いのか安いのかも分かりませんが、僕は満足できました。

2人での訪問が前提みたいな部分があるので、付いて来てもらえるなら、また行きたいと思います (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム