FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

VERDE TENERO(兵庫県南あわじ市) 

2019/04/28 Sun 13:15訪問
ベルデ テネロ



続いて少し移動して、昨年オープンのジェラート店にも。
こちらは住宅街にあるテナントの店舗で、本場イタリアの製法で作られる本格志向のお店との事。



ジェラートそのものが見えるショーケースはなく完全密閉されており、手書きのPOPにて商品案内。

ブリオッシュ・コン・ジェラートやアッフォガートもありますが、10種類ほどのフレーバーはやや子供向けを意識しているような印象。

価格はシングル:320円、ダブル450円、トリプル:600円の設定。



左:凛美、右:なるとオレンジ、下:カフェオレ

まとまりない組み合わせですが、他に食べたいものもなく、混ぜて食べるわけでないので問題ないかなと。



凛美は日本酒の銘柄で、大吟醸の酒粕フレーバー。

少しねっとりしたような口当たりから滑らかに溶け、密度もしっかり詰まった感じ。
意識すればほのかにフルーティな吟醸香を感じれますが、酒粕と知らなければ何かの風味が付いたミルクフレーバーかなと思うくらい。


なるとオレンジは氷菓のシャリシャリ感は全くなくとても滑らか。

オレンジミルクというのもメニューにあり、そちらと間違えたのではないかと思うような口当たりではあるも、味わいは鋭角的な酸味と苦味がダイレクトでミルク感はなく。
ソルベでなくグラスになるのかもしれませんが、食感の方では経験した事のない感じの果実フレーバー。


カフェオレはツルンと感じる舌触りで、どこかオイルっぽいような滑らかさ。

ドリンクメニューからエスプレッソ抽出したコーヒーを使用していると思われ、香りは徐々に立ってくるものの、ベースのミルクが強めのバランスではあり。


それぞれ風味は少し弱めに感じますが、とても綺麗な味わいで、空気の含有量も少なくしっかりした密度から気持ちの良い食感があり。

なかなか好印象のジェラテリアでした。


スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

G.ELM(兵庫県南あわじ市) 

2019/04/28 Sun 12:30訪問
G.エルム


続いて淡路島で大人気というジェラート店。
道の駅のすぐそばにあり、観光客が流れているだけの危ない人気店の雰囲気でしが、一応行っておく事に。

家族連れが多い客層もあり、和やかな店内で、カフェよりは大衆食堂のような雰囲気。
商品ラインナップも駄菓子っぽいと言うか、イチゴミルクとか抹茶とか子供向けな物がメイン。

種類は10ほどで、シングル:300円、ダブル:350円の設定。



大人のコーヒー&アーモンド。


コーヒーは大人と付けるほど苦みはなく、ちょっとビターなコーヒー牛乳。
甘ったるさはなく、コーヒーもミルクもわりと綺麗な味わいがあり。

アーモンドはきっちりローストしてますが、なぜか後味にブランマンジェっぽく感じることがあり。
アーモンドミルクなので香ってもおかしくないのですが、口に入れて毎回香るわけでない不思議さ。

口当たりは滑らかで、水っぽさやエアリーなスカスカ感もなく、思ったよりちゃんと作られている印象。
価格的には充分で、他も食べてみかったのですが、食べたい物がありませんでした。

淡路島サイクリングでは、とりあえず寄っておいて良いお店です。


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

GELATO SANTA(愛知県豊橋市) 

パン屋のついでにアイスも。



シングル350円、ダブル470円の設定。
当然ながらダブルは2個分ではなく、シングルの量を減らしての2種類という事です。



ピスタチオ:500円

ピスタチオは定番のシチリア・ブロンテ産との事で、プラス150円メニュー。

こちらのお店は、他の物とダブルにして少し量が減っても150円取られるので、プラス料金フレーバーはシングルで頼まないと損と言うか・・何ならサギの可能性も・・・

あ、別にそんなことを言いたかったわけでなく、ちょっとピスタチオにて気になることの確認に。



ジェラートでは一般的なローストピスタチオ、細かな粒も少し入って。

深いローストではないですが、風味も強くなく、ミルクの味の方に押され気味。
淡いグリーンのイメージ通りちょっと味わい弱いですが、ちゃんとピスタチオではあり。

ちょっと前に出先でたまたま見かけたジェラート店で、プラス料金でないピスタチオを食べたのですが、どこか玉子臭い感じがあったり、変な味だったのですよね。

あれは何かでカサ増し的な事しているのか、ただの低質なピスタチオなのか、何なんだろうなーと。

こちらはちゃんとした味でしたが、原価を考えると現状ではプラス料金でないピスタチオは怪しいかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

GELATO SANTA(愛知県豊橋市) 

本店ではなく、また駅横の商業施設内の店舗にて。



久しぶりに行きましたが、イートインスペースが広くなっており。
別の運営と思いますがコーヒーやデリ軽食、パン屋の商品など、いろいろ食べれるようです。



アーモンドプラリネ、マロングラッセ:470円

同じような色で見分け付きませんが、味の方もミルクベースが強く・・と言うかミルクアイス。
それぞれポクポクッとしたナッツと栗の粒が入り、◯◯入りミルクが正しいですかね。

マロングラッセはらしい味がありましたが、プラリネの方はもう少し風味やコクが欲しいところ。



ラムレーズン、紫いも:470円

こちらは隠れてしまいましたが、紫芋は思い切り紫です。

ラムは思ったより効かせており、ガツンとくるほどの風味。
その影響か紫芋は味を感じない入りから、後半にジワジワとサツマイモらしさがきます。

全体的に風味は弱いですが、素材そのものの綺麗な味は感じられました。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Gelateria SINCERITA(東京都杉並区) 

2018/09/16 Sun 13:45訪問
シンチェリータ


続いてはジェラートを、久しぶりにこちらにて。



ノッチョーラ、ホワイトベリー、ミントミルク

ノッチョーラはヘーゼルナッツ。
ナッツの風味や香ばしさより、やや蜂蜜甘さの方が印象的。

ホワイトベリーはドモーリのチョコにブルーベリーソース。
ホワイトチョコ+ベリー系にありがちな駄菓子のようなチープさはなく、上品な旨みがジワリと。

ミントミルクはその名の通り。
一歩間違えると歯みがき粉ですが、フレッシュな爽やかを加えたミルクアイスに収まっており。

全体的に今回はオイルっぽいと言うか、少しヌルッとした口当たりがあり。
添加物は天然素材らしく、ブレなのか狙ったのか分かりませんが、好ましくはなく。



シャインマスカット、和梨

旬の果物のソルベより。

アレキサンドリアはマスカットらしい爽やかさ、香りは強くないものの甘みはあり、ソルベとしては味わい強め。
和梨はさすがに風味が弱く、かろうじて梨と認識できる程度。

こちらの方はシャリシャリしたシャーベットぽさがなく、とても滑らかで口溶け良く、もしかしたら添加物が良い方に作用しているのかなと。


なお、シングル460円、ダブル500円、トリプル540円とあまり値段は変わらず、量も変わらないそう。
演出かもしれませんが、一度盛ったあとに秤に乗せ、スプーンで少し足して提供されたりします。

例によってピスタチオは追加料金ですが、分量の少なくなるダブル・トリプルとなるにつれ、ちゃんと追加料金も下がります。
これをやってないお店はサギに近く、以前は僕も何店かに騙されました。

で、こちらのピスタチオは記憶にないと思ったら、どうやら未食だったようで、次回食べようと思います。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム