FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

MILK工房 スコット(愛知県新城市) 

作手エリアの牧場直営のジェラート店。



このベンチはけっこういろんな所にあります。



山奥に飾り気なくひっそりと、オバちゃんが1人で手作りされており。
以前は新城での自転車レース会場でも出店してたり、移動販売車で市内のイベントにも出られるそう。

種類は10ほどで、牧場直営だけに全てミルクベースのフレーバー。
食券システムで、シングル200円・ダブル300円、カップはダブルのみの設定。



俺を倒さないと下には行けないぜの直立2段重ね。


上はイチジク、下はブルーベリーにて。

ミルク感はコクがありつつスッキリで、ともに果実の味わいは弱く、少し残した種や皮だけ印象的かなと。
経験上、どうやら牧場直営店の場合はミルクを味わうべきであって、他は求めてはいけないイメージ。

やや水っぽさやエアリー感もありますが、値段も安いのでマイナスな印象はなく。
着色もしておらず変な風味もなくサッパリしており、サイクリング中にも良い感じです。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

GELATO SANTA(愛知県豊橋市) 

パン屋のついでにアイスも。



シングル350円、ダブル470円の設定。
当然ながらダブルは2個分ではなく、シングルの量を減らしての2種類という事です。



ピスタチオ:500円

ピスタチオは定番のシチリア・ブロンテ産との事で、プラス150円メニュー。

こちらのお店は、他の物とダブルにして少し量が減っても150円取られるので、プラス料金フレーバーはシングルで頼まないと損と言うか・・何ならサギの可能性も・・・

あ、別にそんなことを言いたかったわけでなく、ちょっとピスタチオにて気になることの確認に。



ジェラートでは一般的なローストピスタチオ、細かな粒も少し入って。

深いローストではないですが、風味も強くなく、ミルクの味の方に押され気味。
淡いグリーンのイメージ通りちょっと味わい弱いですが、ちゃんとピスタチオではあり。

ちょっと前に出先でたまたま見かけたジェラート店で、プラス料金でないピスタチオを食べたのですが、どこか玉子臭い感じがあったり、変な味だったのですよね。

あれは何かでカサ増し的な事しているのか、ただの低質なピスタチオなのか、何なんだろうなーと。

こちらはちゃんとした味でしたが、原価を考えると現状ではプラス料金でないピスタチオは怪しいかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

GELATO SANTA(愛知県豊橋市) 

本店ではなく、また駅横の商業施設内の店舗にて。



久しぶりに行きましたが、イートインスペースが広くなっており。
別の運営と思いますがコーヒーやデリ軽食、パン屋の商品など、いろいろ食べれるようです。



アーモンドプラリネ、マロングラッセ:470円

同じような色で見分け付きませんが、味の方もミルクベースが強く・・と言うかミルクアイス。
それぞれポクポクッとしたナッツと栗の粒が入り、◯◯入りミルクが正しいですかね。

マロングラッセはらしい味がありましたが、プラリネの方はもう少し風味やコクが欲しいところ。



ラムレーズン、紫いも:470円

こちらは隠れてしまいましたが、紫芋は思い切り紫です。

ラムは思ったより効かせており、ガツンとくるほどの風味。
その影響か紫芋は味を感じない入りから、後半にジワジワとサツマイモらしさがきます。

全体的に風味は弱いですが、素材そのものの綺麗な味は感じられました。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

GELATO SANTA(愛知県豊橋市) 

豊橋駅の隣の「ココラアベニュー」という複合商業施設内に、今年1月にオープンしたジェラート店。

本店は曙町にあり、創業30年以上になるそうで、ジェラート専門店としてはかなりの老舗。
あちら方面にはほとんど行く機会がないので、けっこう昔に本店に行って以来です。



果物や野菜などは東三河の素材にこだわっているようで、この日は14種か16種のフレーバーがありましたが、雨の寒い日だったせいか、夕方でも全く売れていないような物もあり。

価格設定はだいたいの平均より高めで、この日はさらに+150円のプレミアムフレーバーが4種ありました。



HANABI、パエーゼ・ミオ、ザバイオーネ:1040円

3品ともプラス料金の物にしてみましたが、1カップ1000円超えのジェラートに。


HANABI
2種類のクリームチーズと食用ほおずきを使ったもので、何かのコンテスト入賞作だそう。

ほおずき自体を食べた事がなく味を知りませんが、トマトのような酸味と柑橘のような甘酸っぱい風味。
爽やかさのあるクリームチーズに合っており、種なのかプチプチした食感のアクセントが加わります。


パエーゼ・ミオ
酒粕マスカルポーネとピスタチオで、こちらは今年のコンテストで賞を獲っているそう。

ピスタチオはシチリア・ブロンテ産との事ですが、それを信じられないほど極めて希薄な風味。
酒粕もほとんど分からず、マスカルポーネはほんのり風味で、全体的に味も香りも弱かったです。


ザバイオーネ
マルサラワイン使用のジェラートで、緩いため下に盛られています。

とても香りが良く、エグミのない綺麗なデザートワインの甘み。
適度に卵黄のコクも感じられ、アルコール感は弱く、上品な旨みがあります。



大葉、ピスタチオ、ボージョレ・ヌーボー:740円

こちらはピスタチオだけ+150円。


大葉
実は豊橋は大葉の生産量が全国一でして、そんな地元食材の物。

優しい甘みのミルクベースに、青じその独特の風味がふわりと。
ジェラートではバジルとかも良くあり、大葉もキワモノではなく自然な美味しさです。


ピスタチオ
味の確認のために。

さすがにブレンドされてないこちらはダイレクトな風味があり。
ローストはジェラートとしては比較的浅めなほうで、やや生っぽい粒子もあり、濃厚さはないものの悪くないです。


ボージョレ・ヌーボー
こちらも季節限定だろうから一応。

ソルベと思いますが水っぽさがあり、アルコール感も強めにあって、ぶどう酒らしさがガツンと。
この日の夜にお店でボージョレを飲んでますが、それよりも味が濃かったです。


しっかり密度もある食感で、変なものも入ってないようで、素材のフレッシュ感もありました。

しかし、美味しい物より安い物を求める人が多く、本格志向の飲食店が難しい東三河において、この価格設定で長年やっていけているのは不思議でもあり。

パン屋や洋菓子店みたいに、ジェラートはこの辺では競合店がないのが理由なのか・・
おそらく、安くて不味いジェラート店が近くにできたら、ほとんどの人がそちらに行くのだろうなと (;´∀`)

ともあれ、東三河では洋菓子店行くよりは、アイス食べてたほうが安全です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

酒粕ジェラート 

センドハピネスで買ってみたジェラート。



空:324円 、みるく:250円

なんと蓬莱泉・空のジェラート。
ミルクも比較用として買ってみました。



ジェラートは乳脂肪分少なめなので、規格はアイスミルク。
加工油脂でカサ増しされているわけではなく、増粘剤も一応は天然由来です。

ちなみに、ジェラート店でのこのテイクアウト用のカップ詰めの物は、売れ残りを詰めているのですかね?
別に問題はないのですが、やはりアイスでも鮮度は重要と思うので、この形は少し落ちるのかなと。



で、酒粕から作られた酒アイスですが、予想よりは日本酒でした。
ただ、アルコールはほぼ飛んでおり、酒飲んでる感じはありません。

しかし、一部からアル中疑惑のある僕くらいになりますと・・・



空に空ぶっかけて食います (・∀・)

ちなみに、ノーマルのミルクアイスに空かけて食べてもだいたい同じ味です。

しかし、これはなかなかイケまして、新たなデザート&食後酒としての可能性を感じました (´∀`)


category: 東三河

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム