食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Les gens chic(岡山市東区) 

2018/05/07 Mon 13:15訪問
レ ジャン シック


続いてもケーキ屋へ。
今回の旅は結局こちらで最後になりました。



こちらでも5個を。



デズィールローズ:500円

フロマージュブランのムース、苺のジュレ、ビスキュイの構成。


爽やかなチーズの風味のムース、甘酸っぱいジュレ、しっとりしてアーモンドの味わいのある生地。
それぞれ美味しいですが、全体的に穏やかで、マリネされた苺だけとても香りが良いくらい。

500円という枠で作られていると思いますが、もう少し大きい方が・・という感じもありました。



プレジタン:500円

売られているのは初めて見た古典菓子。


プラリネのバタームースはグッとくるほどコクがあり、トッピングもパリパリッと賑やかに。
小気味よいサクサク感のあるメレンゲと、ジワリと苦味を加えるキャラメルの風味。

本来の物とは違うかもしれませんが、イメージしていたより美味しいお菓子でした。



食いしんぼうの誘惑:500円


パッと鮮烈な香りのパッションのムース、苦味の強いキャラメルのムース。
しっかり風味のあるピスターシュの生地を加え、ところどころに強烈にラムをきかせたレーズンが入って。

リキュールの香りもしっかりあって、喉の奥がほんのり熱くなるほどのアルコール感も。
久しぶりに良い意味でパンチのきいたお菓子を食べました。



タルト・ココ・エ・カシス:500円


半分以上を占めるココナッツムースに、紫色のカシスクリーム。
すごい味がしそうですが、ともに柔らかく穏やかな甘みと香りがあり、軽やかでスッキリした感じに。

場面を選ばず毎日食べれそうな美味しさがありました。



フォレノワール・ピスターシュ:500円


グリオットはキルシュがしっかりきいて、ピスターシュの香りとともに妖艶なイメージに。
チョコレートのムースもコクがあり、土台のザクザクした生地がとても良いアクセント。

後味に少し重みはありますが、美味しいフォレノワールを食べた気がします。


分かりやすい部分はもちろん、細かなところまでちゃんと美味しく、とても満足度の高いお菓子でした。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_レジャンシック(岡山:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Souris,La Seine(岡山市北区) 

2018/05/07 Mon 12:45訪問
スーリィ・ラ・セーヌ


続いては岡山でのメインのお店。
相変わらず、種類も豊富で魅力的なラインナップでした。



他でたくさん買ったので今回は5個で。



フレジエ:627円

三角形でボリュームあるタイプ。


生地はアーモンドの風味があり、ときおり粒の食感も。
クリームは口当たりの良いムースリーヌですが、味の方は甘みの強いカスタード感が強め。

苺のマリネも控えめで素材の弱さを感じてしまい、全体的にキルシュの香りも軽め、トップのメレンゲやブルーベリーにも意味は感じられず。

それなりに美味しいですが、誰にでも食べやすくした感じが見受けられ、ちょっと期待ハズレでした。



ロワイヤル:540円


生地からは香ばしさのあるアーモンドの風味、ムースはアロマティックなビターアーモンドの風味。
メレンゲから甘み、オレンジと桃から爽やかな果実味が加わり、うっとりするような香り立ち。

とても華やかで、ブランマンジェに甘美さを完備したようなイメージでした。



ひだまり:584円


プラリネのような風味のあるバタークリームが入り、大量のアーモンドがトッピングされ、まったりしたコクが強めながら、生地からオレンジの香りが突き上げてとても華やかな味わいに。

本来はロールケーキ状のお菓子のようで、ロールで1本食べたいほど美味しいです。



ミルティ・フリュイ:584円

カラフルで、フルーツゼリーの乗ったシャルロット的な見た目。


サックリしたビスキュイ生地は味わいがあり、爽やかな甘みのフルーティなムース、トロピカルな果実の群れ。
とても美味しいですが、見た目のイメージ通りの味でもあり、もう少し何か欲しい感じもします。



ペルデュ:540円

かなり重みがあり。


いろんな物で固められたケーキクラムに食感も重みがあり、しっとりして洋酒の香りが突き上げるように。

一応はタルトなのか、サクサクの土台の生地、ダマンド、リンゴのコンポートなど入って、それらもしっかり主張があり、単純な重量だけではない食べ応えです。


全体的には安定の美味しさ。
種類が多く、初めて見る物も必ずあるため、わざわざ寄り道する意味のあるお店です。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_スーリィ・ラ・セーヌ(岡山:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

PâtisseriePETITBOULÉ(岡山県倉敷市) 

2018/05/07 Mon 11:00訪問
プティ・ブーレ


続いては車で少し移動し、もう1軒ケーキ屋へ。
こじんまりしたテナントの店舗で、この時はオーナーシェフが接客まで1人でやられていました。

店内には「九州産の純生クリーム、フランス産ショコラ、スペイン産アーモンドなど厳選した食材を使用」などと書かれた張り紙がありながら、商品はほぼ400円以下という安さ。

品名は良さそうでも、見た目を無駄に華やかにした物が多い印象でした。



安かった事もありますが、期待を込めて6品購入。



ゲアキル・ジャスマン:378円

こちらのスペシャリテになるそう。


品名からしてチョコレートはペックのゲアキルと思われますが、本来の力強さに欠けるところもあり、何か混ぜているのかひょっとしたら全然違う物なのか。

生地はジャスミンのシロップ打たれ、ちょうど良いしっとり感はあるものの、ジャスミン自体の主張が弱め。
問題なく食べれる味ですが、期待したような感じではなかったです。



フェルナン・ポワン:390円

同じくスペシャリテの位置付けのよう。


ナッツの風味の生地に、プラリネ、バニラ、チョコレートのクリームがサンドされ、マルジョレーヌ的な物のよう。
しかし、味も香りも薄く、生地やクリームの口当たりも良くなく、不味くはないですが美味しい部分もない感じ。



フランボワーズ・ショコラ:388円


フランボワーズのムースは薄い味わいですが、洋菓子風のチープさはなく。
ただ、ミルクチョコのスポンジ生地とクリームはかなりのチープさで、どこか残念なバランスに。

トッピングのベリー3種とソースも、味のバランスとしては不要と言うか、ジャマまであります。



ピスターチ・ショコラ:388円


ピスタチオのムースはビターアーモンド系の香りの良さはあり。
ただ、色同様に薄すぎる風味なため、チョコレート部分に押されっぱなしに。



カシスとホワイトチョコ:388円


カシスのムースはスッキリした酸味、ホワイトチョコクリームも軽めの甘みとコクで穏やかなバランス。
こちらのトッピングは栗まで乗ってムダすぎる派手さがありますが、イメージとは違ったおとなしさでした。



白ワインのケーキ:378円


たっぷりのムースはミルキーさが強めで、ほんのりとしたワインの香り。
スッキリした柔らかな甘みがダラッと持続していく感じで、単調にはなります。


特別なものはなかったですが、値段からは充分で、気軽に行ける町のケーキ屋さんとしてはとても良いのかなと思います。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

PATISSERIE OXALIS(岡山県倉敷市) 

2018/05/07 Mon 10:00訪問
オクサリス


続いて倉敷市で最も評判の良いケーキ屋へ。

要予約のイートイン専用デセールが人気との事ですが、ショーケースにも綺麗な見た目のケーキが並び、店舗の規模としては種類もそこそこで、全体的に価格も安めな印象でした。



惹かれる物はありませんでしたが、生菓子3つと焼き菓子を1つ。



ラヴニール:450円

シェフのスペシャリテと表記があり、ヴァローナのジヴァラクテ使用だそう。


ミルクチョコのムースに、フランボワーズとパッションフルーツのジュレ入り。

まったり甘ったるいチョコレートで、パッションの華やかさで何とか調和。
フランボワーズに特に意味は感じず、トッピングのヘーゼルナッツもなぜか味がなく。

ふーん・・という感じで、イメージより重苦しさはなく食べ進みましたが、後味は良くないです。



トロピック:420円


柑橘のムースとチョコレートのムース2層に、たっぷりのココナッツ。

ムースはいろいろ混ぜていると思われ、パッションと思われる酸味、マンゴーのまったりした甘み、オレンジ系の爽やかさなど感じられますが、相殺し合っている感もあり全体的にボンヤリと。

チョコレートやココナッツも不思議と主張が弱く、この構成のわりには味気ない印象になります。



タルト アプリコ:420円

大量のダマンドにアールグレイを散りばめて、杏子も一緒に焼きこまれており。


ダマンドは甘いだけの方向性ですが、茶葉がスパイシーに香るためちょうど良く感じられる部分はあり。
見た目ほど焼きこまれておらず、生地の香ばしさと杏子の甘酸っぱさも良いバランスに。



ガトーバスク:220円

袋入りの焼き菓子での販売。


原材料によると基本的な物の他にカシスと栗が入っており、クリームは赤黒いような色。
味の方は・・ほとんど味がありません。

少し果実由来の酸味があり、食感として細かな栗を認識できますが、ビックリするほど味わいがなく、逆に凄いな・・と。


だいたいイメージ通りで、値段相応の物は食べれる感じの洋菓子店でした。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

L'aterier Korico(愛知県田原市) 

田原市の洋菓子店。



一軒家の離れに小さな建物があり、そちらで工房及び販売所みたいな形で営業されており。
女性1人での製造販売で、商品も営業日数も少なめでやられているようです。

11時オープンの少し前に到着して3番目で、入店は1組ずつになるようで、外でそのまま順番待ち。
しかし、最初の方が出て来るまで20分ほどかかり、さらに次のお客さんも10分以上の買い物時間。

その間に3組のお客さんが来ましたが、前の2組を含めて全員が小さな子供を連れたお母さんといった客層で、これは凄く場違いなところに来てしまったな・・と。

そんな何とも言えないような状況で、オープンから30分ほどしてやっと入店。

ショーケースはなく、生菓子はメニュー表だけあり、この日は4品のラインナップで奥の冷蔵庫に入っているよう。
他には常温の焼きっぱなし菓子が5品、袋入りの焼き菓子がいくつかあり。

商品が見れない生菓子は何を買っていいか分からず、何となくで4品中の2品を。
あとは見た目の良さげな焼きっぱなしを3品と、クロワッサンがあったのでオーダー。

で、何に時間がかかるのかと思ったら、生菓子はオーダー後に切り分けて、さらにトッピングなどの仕上げを行うというシステムでした。

みなさん長々と世間話でもしてるのかなーと思ってましたが、まあ、出来上がるまでしているとは思いますが、初めて体験する形式で驚き。

結局、僕自身も10分以上はかかったと思います。



フォレ・ノワール:400円

チョコレートのムースと生地、生クリームとグリオットチェリー。


チョコレートは甘みは抑えられ、ビターでもなく穏やかに。
グリオットも極めて穏やかな甘酸っぱさで、全体的にキルシュの香りはありますが、そこもまた穏やかに。

どうしても単調になり、普通のチェリー入りチョコレートケーキといった印象。



モカマーブルチーズケーキ:430円

コーヒー風味のチョコを入れたニューヨークチーズケーキになるよう。


綺麗な焼き色ですが、焼き自体は浅く、底のクラッカー生地もしっとりして歯応えがないくらい。
チーズはクリーミーで風味良く、ねっとりしすぎず濃厚すぎず綺麗な味わい。

コーヒーはキリッとした苦味が良いですが、相乗効果みたいなものは感じられず、たまにコーヒー風味がカットインする美味しいチーズケーキです。



クロワッサン:120円


表面はテカテカ・ペタペタして、アプリコット系を薄く塗っているのかフルーティな甘み。
そのためか全体的にシンナリして歯応えもフニャリとし、食べている気がしないような軽さ。

フランス産のAOC発酵バターを使っているらしいですが、分かるほどの風味は感じられず甘み押し。
パンよりはお菓子なのかなという感じですが、コンビニパンと変わらない価格なので、良心的ではあります。



ミルリトン:350円


杏子のジュレ入りのミルリトンで少し華やかさはありますが、このお菓子特有の素朴感。
クリームは美味しい方ですが、パイ生地に味も食感も力強さがなく、全体的にダラッとした感じになります。



ルバーブといちごのクランブルタルト:380円


赤いコンポートはリュバーブと苺を混ぜているようで、苺の華やかな甘みとリュバーブのキュッとする酸味で、へー・・こんなに合うんだーくらい良い感じに。

たっぷりのダマンドはアーモンドの風味もちゃんとありしつこさはなく、トップのクランブルのアクセントも良く。

パッと見ではさすがにコンポート少なすぎるだろうと思いましたが、食べてみるとなかなか良いバランスで。
ただ、欲を言えばもう少し香りが欲しい部分はあります。



カヌレ・ド・ボルドー:200円


外側は厚めにカリッと、中はしっとりむっちりで食感のコントラストは絶妙。
味は玉子感が強く、バニラはほんのり、ラムは探せば認識できる程度のきかせ方。

サイズはそこそこあり、価格的には満足できるかなといったところです。


客層から予想はできましたが、ひと言で言えば優しい味。
小さな子供が食べるものなら当然ですが、個人的な好みとは外れすぎた優しすぎる味でした。

システムとしても、入店中はお店の方と話をしたり、作業を見れて面白いのですが、それ自体を目当てにして常連になるくらいでないと、行くのは厳しいかと思われます。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム