FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

クリスマスケーキ2019-3 

もう1台のクリスマスケーキ。



トリアノン



賑やかに。
もちろんただ切って乗せているだけでなく、ナパージュとともにしっかり仕事された果実群。



ミントを散りばめた貴腐ワインのムース、下の層にはフルーツがたっぷりと。
元ネタの方ではとメロンとフレーズデボワでしたが、さすがにメロンは使わずにマンゴーにて。

生地はピスターシュのビスキュイ、底にライムのダックワーズと、食べなくても分かる爽やかさと華やかさ。



接着剤のカスタードは味のバランスを崩さぬよう、単体で舐める方向で。

柔らかなタッチからメロウで甘美なソーテルヌの風味、ミントの刺激がスーッと爽やかな風を生んで。
ピスターシュに尖った風味はなく穏やかな妖艶さを加え、ライムの生地からは清々しさまで付与。

リッチな甘酸っぱさのフレーズデボワ、濃密なジューシーさのマンゴーも煌びやかな味わいを増長させ、魅惑的な甘みに、軽快さ、爽快感、清涼感、気品、優雅さなど、味を表現できる術はいくつでも。

パーティなどにも相応しいであろう素晴らしいクリスマスケーキでした。


スポンサーサイト



category: べべ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

クリスマスケーキ2019-2 

毎年恒例のベベからは2台。



シャルロット・マロン



華やかなクリスマス仕様という事で、普段はないお飾りや、味に関係ないお飾り的な果実トッピングも。



こちらのシャルロットのビスキュイを見るとクリスマスケーキだなと。

なお、このビスキュイは粘性強めのカスタードで接着、台紙と本体もカスタードで接着という、いつものように見えないところのこだわりを感じます。



栗がゴロゴロ入ったマロンムースにカシスジュレを挟んで、それをダックワーズ生地で挟み、モンブランクリームを乗せ、周りをシャルロットにしてと、豪華すぎて逆に危ない気もする内容。



さらに緩めのカシスソースも付きます。

メインとなるマロンムースは風味良く、ラムの香りも高貴さを底上げするように。
栗そのものもたっぷり入って単調になりそうなところを、カシスの濃厚な甘酸っぱさで別ステージに移行。

さっくりふんわりのビスキュイとダックワーズは味わい深く、トップはねっとりと栗きんとん風のクリーム。
ここがダイレクトな和栗風味であるため、他素材との不協和音を生むと思ってたものの、特に違和感もなく。

和栗である事が良いとは思えないものの、別風味のトッピングと考えれば悪くなく、カシスのソースの華やかさが全体を綺麗にまとめ上げる感覚に。

栗よりもシャルロットであることで選んだ品ですが、美味しく味わえてさすがの安定感。

なお、個人的な話ですが、もしあれのインストールがあっての制作ならば、とても嬉しいです。


category: べべ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

クリスマスケーキ2019-1 

おすそ分けの頂き物で、アヴァロンの2種。



ノエルブラン

サイドのクランブルからシナモンが強めに香って、他にアレ?と思う香りが少し。
まあでも良くありそうなショコラブランとフランボワーズのケーキですよねと。


と、決めつけて食べたら思い切り生姜の風味。
ちょっと甘ったるさを覚悟して口に入れたので、混乱して数秒間口に含んだまま停止するレベル。

さらに中央と底のダックワーズからはスカッとしたライムの香り、フランボワーズの甘酸っぱさもプラス。
ホワイトチョコの甘さとジンジャーの刺激、ライムの爽快感に華やかな果実味の不思議な組み合わせ。

ほう、これは・・いや・・え・・こう来るの?
数種類のケーキのラインナップに1つあれば良い感じではあるも、1台物のクリスマスケーキでこれいくの?と。



ノエルピスターシュ

ノエルカラーなピスターシュとフリュイルージュ。
元ネタはイルプルーで食べた事のあるル・ディヴァンで良いのかなと。


食べる前からピスターシュも苺ジュレも強烈な香り。
特にピスターシュは今まで食べた中で最強ではないかと思うほど鋭角的な香り。

ふんわりビスキュイにはピスタチオとグラニテのアクセント。
生地もムースも食感は軽やかであるも味わいは濃厚で、フリュイルージュの華やかさが派手さをさらに上乗せ。

しかし、数年前なら喜びまくったであろうピスターシュアロマも、“あっち”に慣れてしまうと尖った刺激が文字通り鼻につく感覚にも。

ちなみに昨年もピスターシュ物を頂いたのですが、ムースが苺ミルクや抹茶ミルク的なピスタチオミルクって感じで、それはそれでチープでキツかった記憶があるのですよね。

まあ、家族みんなで食べるクリスマスケーキはこんな方向性かと勝手に納得しておきましたが、今回はピスターシュと言い生姜と言い・・あれ?何かあったのかな?と。

アヴァロンってキッチリしすぎて予想を超えないと言うか、端的に言って面白くないと感じてましたが、少しイメージ変わる今回でした。


category: 愛知

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Dessert 

いつも感謝の11月分。

今回は生菓子3品とキッシュを。



プレジダン・オ・ポティロン:420円


底までクリームと思ってナイフを入れたら、中央のメレンゲに跳ね返されました。

カボチャのバタームースは軽さの中にどっしりしたコクがあり、ガナッシュは甘みの中に軽くカボチャ風味。
中央と底のアーモンドメレンゲはそれ単体で成立するほど味わい深く、糖衣を纏ったアーモンドダイスも同様に。

少し甘みが強い印象ですが、ナッツ押し仕様のプレジダンよりはだいぶ食べやすく深みもあり。



ビッシュ・オ・マロン:500円


全体からガツンとくるラムの風味、少し遅れて栗の風味がじわじわと。
重苦しくなく風味濃いクリーム、ベチャっとしないギリギリのしっとりした生地、ほっこりした栗。

最初に一発ドンと来て伸び悩む感覚はありますが、充分に楽しめる栗の味わい。



パスィオンとひねくれたチョコレート:600円


プルンとしたムースからパッションフルーツのハッとする明るさと鮮烈な酸味。
カッチリした生地からチョコレートやナッツのどっしりした風味。

他にもいろんな物が詰め込まれてますが、2層の味と食感のコントラストで存分に楽しめます。



クルスタッドゥ・ドゥ・ソーモン・エ・エピナール:550円


鮮やかなたっぷりのほうれん草に、マリネされしっとりしたサーモン。
アパレイユから甲殻類の風味やハーブの香りなど相まって複雑な味わい。

少しゴチャゴチャしすぎに感じますが、豪華で美味しいキッシュです。


今回も刺激的でした。



category: 愛知

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

2019/11/10 Sun 13:30訪問
ベベ


11月より早くも苺のお菓子スタート。



自転車だったので、少し離れた公園で食べることに。



フレジエ:864円


密度の濃い生地はしっとりして口溶け良く、風味も食感にもアーモンドを感じられて味わい深く。
ややツンとくる鋭さのあるピスターシュの香りに、しっかりリキュール漬けされた苺も香り高く。

また今年も香らせてきたなと、とてもアロマティックなフレジエ。



タルト・オ・パンプルムース:432円


ルビーグレープフルーツは甘みが勝ったジューシーさ。
緑濃いアロマティック系のピスターシュと相まって、見た目も香りも鮮やかに。



シュー・ア・ラ・クレム:432円


ねっとりたっぷりのカスタードはバニラも香るリッチな旨み。
カリッとしつつスッと馴染むクッキー生地も力強い味わい。

たぶんシュークリームという枠の中では最高峰で、構えず気取らず食べるのにも最高。


寒い季節になっても楽しみがあります。


category: べべ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム