FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie MORI(愛知県豊橋市) 

数年前の開店時から「フランス産最高峰ヴァローナ社ショコラ使用」等を謳っていた洋菓子店。

ヴァローナの是非は置いておき、これまで東三河の洋菓子店で素材をアピールするお店は皆無だったので、ちょっと期待してたのですが、田舎町の洋菓子店らしく徐々に子供向けにシフトしていった印象。

また、最近では食用花の飾り付けにもこだわっているようで、それは理屈として、見た目の華やかさだけを追求していると言い切って良いかなと。

最初の1回限りで再訪はないと思ってましたが、ちょっと気になる話を聞いて公式情報を調べてみたら、もう1つ気になる物があったので行ってみました。



幻のショコラテリーヌ:2400円

普段はヴァローナで、なぜかこの時はドモーリを使用。現在はどうなっているのか分かりません。

ちなみにPOPにはヴァローナ使用と書かれており、「ドモーリの物はないのですか?」と聞いたところ「表示はヴァローナですが、ドモーリです」と、要するに素材を気にする客はいないのかなと。



原材料はチョコレート、バター、卵、古式原糖。
エアリーさが全くなく濃密でねっとりした口当たりから、上品なカカオの香りがふわりと。

粉が入らないのでダイレクトなチョコレートの旨みが味わえますが、このお菓子はチョコレートの質は関係なく、個人的には中途半端なシンプルさに感じるかなと。



少し温めて、軽めの生クリームなどあれば手軽なデザートとしては良さそうなイメージ。

せっかくなのでヴァローナとの食べ比べもしたかったのですが、この時はドモーリしかなくてちょっと残念。

あ、ヴァローナに関しては巴シェフや弓田氏が思い切り否定的なので、専門家や美食家さんにはあり得えないのだと思われますが、僕のような素人の庶民は普通に食べれます。

それでも過去に食べ比べた時は明らかにドモーリの方が良かったので、こちらのオーナーシェフがどういった考えで使い分けているのか聞いてみたい部分はあり。


続いてマカロン。


バニラ:250円

なんとタヒチ産バニラ使用。しかもたっぷりと。
このご時世に三河でタヒチ産という言葉を見聞きするとは思わなかったなと。

当然ながら香りの良いバニラに、アーモンドはマルコナの可能性が高く、これはかなりのお得感です。



フランボワーズ:250円

フランボワーズのガナッシュ。
マカロンのショコラはヴァローナと思われますが、フランボワーズの綺麗な酸味で重さはなく。



ピスタチオ:250円

しっかりローストされたピスタチオの風味の甘ったるいガナッシュで、こちらはちょっと重苦しく。

マカロンは全体的に着色キツめでしたが、ショーケースの煌びやかな生菓子よりマシな感じです。


率直な感想を言えば、垢抜けないビジュアル系の洋菓子店という印象。
ただ方向性は別として、いろいろ試したり取り入れて、現状より良くしたいという前向きさは伝わるお店です。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 1   

Pâtisserie Noliette(東京都世田谷区) 

2020/02/24 Mon 11:00訪問
ノリエット


最後は下高井戸のお店へ。

ゴチャついた立地にある特別大きくない店舗ですが、オーボンヴュータン以上に何から何まで売っており。
ちょっと引くレベルでしたが、店の前によく乗り込まれたロードバイクが置いてあった1点だけに好印象。



ノリエット:540円

運搬中にちょっと生クリームが崩れました。


まずその生クリームだけをパクッと口に入れると無糖で、妙な違和感。

チョコレート部はガシッホロッとして、味的にたぶんヴァローナかなと。
個人的にはヴァローナだからNGという概念はないですが、食後にしばらく重く残る感覚が強めにあり。

その分で生クリームも無糖の方がバランス良いのかもしれませんが、そもそも無糖のクリームって美味しくないので、最後まで違和感が拭えず。

普通のガトーショコラであれば美味しい方ですが、価格には合わないかなと。



デリス:540円


フランボワーズと思ったらカシスで、そのわりに酸味を含めた風味は控えめに。
アーモンドのビスキュイは味だけは濃く、そこにバタークリームが重なって、分かりやすい美味しさはあり。



ガトーマルジョレーヌ:572円


上からナイフを入れても崩れないくらい、生地もクリームもしっかりしたタイプ。

生地はヘーゼルナッツの風味強めに、シャンティは超微糖くらいのイメージ。
プラリネとショコラのクリームは軽すぎず濃厚すぎずのバランスで、味も食感も締まったような感覚に。



サヴァラン・ミュスカ:572円


ワインをたっぷり染み込ませたブリオッシュに、3種のレーズンもたっぷりと。
縁を覆ったカスタードはなかなか美味しく、生クリームの方はここでもイマイチ味気なく。

シロップにミュスカらしき風味はあるも、シロップ中の割合としてはあまり多くないかなと。
ミュスカとは別でライトなぶどうジュースの味を強く感じ、スッキリした甘み押しで味としては良い感じに。



フィナンシェ:270円

ベタつくような焦がしバターとチープなアーモンド香。
見た目からイメージするような焦げ感はないものの、こってりとして甘ったるさが際立つ印象。



マドレーヌ:270円

こちらも焦がしバターっぽく濃厚に。
ハチミツ甘みと軽めのレモンの香りで、フィナンシェより少し食べやすさはあり。


また行きたいとか食べたいという感じでもないですが、生菓子は個人的にはそんなにハズれなそうな印象でした。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Patisserie Yu Sasage(東京都世田谷区) 

2020/02/24 Mon 10:30訪問
ユウ ササゲ


千歳烏山エリアでもう一軒。
ライトグリーンの色調の小洒落たお店で、商品もカラフルな方向で。



フレジエ:594円


ジェノワーズ生地はそこそこアーモンドの香りあり。
苺は他との比較論では質が良い方に感じるも、トップはチープな苺ジャムのような味。

ムースリーヌはピスターシュと思われますが、ほぼ香らず味もせず、ただのバタークリームと言っていいほど。
平坦な味の苺のショートケーキですが、それでもまだ良い方ではありました。



シシリエンヌ:546円


ダイスを散りばめた甘いチョコレート、しっかり火の入ったピスタチオのムース。
中のグリオットのムースとジュレもパッとせず、この構成にして甘さと香ばしさしか印象に残らず。

ピスタチオとグリオットの組み合わせにして美味しい駄菓子になっており、逆に見事にまで感じます。



シブースト:542円


ゴワッとしたシブーストクリームに、湿ったパイ生地の土台。
中には金柑がゴロッと入っており、そのものが美味しくない上に、何とも相乗効果を生まないバランス。

これまで食べたシブーストの中でも、びっくりするほど良い部分のない物でした。



フィナンシェ:242円

焦げ焦げで臭みを伴う香ばしさ。
焦がしバターやアーモンドの風味は強めにあり、単純に味が濃いだけの印象に。



マドレーヌ:232円

こちらはしっとり感もあり軽やかに。
強めの砂糖やハチミツ甘みがあり、レモンも強めに香る分かりやすい味。


生菓子3つは食べる前から期待してしまったのですが、この期待感をどこで消化すれば良いのだろうと言うような食べ心地で、今回食べた物だけでは特に良いところはなかったです。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

LA VIEILLE FRANCE(東京都世田谷区) 

2020/02/24 Mon 10:00訪問
ラ・ヴィエイユ・フランス 本店


3日目は千歳烏山エリアから。
こちらも数年ぶりで、お店の方はあまり記憶なかったですが、商品はこんな感じだったよなと。



フレジエ:540円


しっかりめな食感のジェノワーズ、ムースリーヌもカチッとしており、生地もクリームもキルシュを香らせて。
味わいは良く言えば上品でキレが良く、悪く言えば見た目に反して味気なく、少し拍子抜けする感覚。

また以前も感じましたが、底に敷かれたチョコレートは蛇足に感じ、ドット柄はどうも気持ち悪いなと。



ノワゼティエ:520円


ナッツ風味たっぷりの生地とプラリネクリーム、こちらも底にはチョコレート。
ヘーゼルナッツがドンと言う感じではなく、わりと穏やかなナッツの風味に終始する感覚。



フラン:380円


アパレイユはバニラ香料控えめで玉子感が強く、懐かしいカスタードプリンのように。
サクサクの薄いパイ生地にピリッと程よく塩が効いて、お年寄りから子供までのタイプの安心の味。



フィナンシェ(メープル):265円

フィナンシェは数種類あり、たまたまなのかプレーンな物はなく。
強めのバターとアーモンドの味に、メープル独特の甘い風味が重なって濃厚に。



マドレーヌ:200円

今回焼き菓子の最安値で、なおかつ最も大きいくらい。
バターの風味強めにレモンが香るオーソドックスな味ですが、価格比としては満足できます。


特別に好印象はないものの、悪い部分もなく。
他と比べて1個に重量感がありつつ価格としては安めなので、物理的な満足感はありました。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

本格タイ料理バル プアン(東京都目黒区) 

2020/02/23 Sun 13:45訪問
プアン 学芸大学店


続いてお腹が空いたので、トムヤムクンをテイクアウトしたお店に再訪。



ランチメニューはいろいろと。
ちなみにテイクアウト用はディナーメニューからのみ対応でした。



日曜でも日替わりランチもあり。

マイルドなトムヤムクンを作るお店のガパオライスはどんな感じかと調査に来たのですが、このメニューの味付けはガパオと変わらそうなので、そちらを。



パップンパッムーサップ:1078円


肉は少なめで、バジルの代わりに空芯菜がたっぷり仕様。

空芯菜はシャキシャキっと食感は小気味よく、味自体はほとんどないかなと。
唐辛子から辛味はあるも、味付けはやはりライトで、少しガーリックなどの風味が欲しいかなという感覚に。

辛さ耐性の低い僕でもちょっと物足りないマイルドさで、必要以上に食べやすく仕上げすぎな印象のお店でした。


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム