食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

2018/01/08 Mon 15:45訪問
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ

20180108165710927.jpg
続いて定宿に移動して、時間があったのでこちらへ。
いつもより遅い時間の訪問でしたが、この時はショーケース内に売り切れはないようでした。


20180108165718082.jpg
イートインが満席で待ちまでいたので、テイクアウトで4品。


20180108165725518.jpg
フレーズィエ:670円

こちらでは2年ぶり。

20180108165734890.jpg
何か生地が軽く、ふわふわしすぎているかなと。
アーモンドの風味はしっかりあるものの、食感が軽いため印象として物足りなさがあり。

イチゴも仕事されて香りはありますが、小さいのもあってか頼りなさがあり。
トータルとしては安定した美味しさですが、どうも軽さが目立って盛り上がらず、響くものがなかったです。


20180108165743164.jpg
プラリネのビスキュイとふくよかなコーヒー:670円

20180108165749828.jpg
生地は水分量が少なくボソッとした口当たりですが、とても力強いプラリネの風味があり。
コーヒーのムースリーヌもしっかりした味わいとコクで、コーヒー豆のかけらのような物もコリッと。

生地もクリームも単体で美味しく、直線的にズンズン来るものの、しつこさは感じません。


20180108165806408.jpg
ムース柚子:670円

20180108165817528.jpg
柚子はエグミもあるようなガツンとした風味で、予想以上にインパクトあり。
しかしそれ以上の感想はなく、確かに紛れもなくムース柚子ですが、逆に言えばムース柚子でしかないなと。

もう少し奥があるかなと期待してたので、ちょっと拍子抜けでした。


20180108165824967.jpg
ルリジューズ・ショコラ:616円

あまり見ない古典菓子。

20180108165834845.jpg
サックリしたシュー生地の中に、滑らかで味わい深いチョコクリーム。
絞られたバタークリームもコクがあって良いですが、やや単調なトーンが続いていきます。

珍しいので、あればつい選んでしまいますが、そんなに有難たがるものでもないかなと。


今回ショーケースを見てふと思ったのですが、これだけ原価と手間のかかるものをこの程度の売り上げで、この立地でこのスタッフ人数では、どう考えても儲かってないよな・・大丈夫なのか?と。

ちょっと微妙に思うことも増えましたが、もしこちらがなくなると大きな損失であり、僕が年に数回行ったところで何も影響しませんが、敬意を払ってなるべくお金を使いに行こうと思いました。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 4   

Addict au Sucre(東京都目黒区) 

2018/01/08 Mon 13:45訪問
アディクト・オ・シュクル

20180108165234219.jpg
続いて、せっかくなので近くの聞き覚えのあったパティスリーへ。

こじんまりしたお店で、種類は少ないながらも、生ケーキ・焼き菓子の他にヴィエノワズリーやジャムなどいろいろとあり、その全てがフランス語の品名といった感じ。

サイズ比だけの価格からは、東京の人気店としては安い方なのかなという印象でした。


20180108165249120.jpg
フレジエ:562円

持ち運び中に、隣の商品の粉糖が少し乗ってしまいました。

20180108165257827.jpg
トップのジュレはイチゴ・・ん?フランボワーズ? あー混ぜてるのかーみたいな味。
まずチープな甘みがきて、キュッとする酸味があり、全体的に味が強すぎてちょっと野暮ったい印象。

生地はアーモンドの風味もありますが、シロップ多すぎでジュクジュクと。
ムースリーヌはコクはあるものの食感が軽め、マリネされたイチゴは香りが立って良い感じ。

しっかり手をかけて作られており、美味しいとも思いますが、どうしてもジュレの野暮ったさが気になり。
子供向けのようなチープな分かりやすい味になってしまい、個人的には蛇足な印象です。


20180108165305874.jpg
パリ ブレスト ノワゼット オランジュ:562円

こちらのスペシャリテだそう。
パリ・ブレストの品名ですが、車輪の円形からの切り分けではなく、エクレールのように作っているよう。

20180108165318523.jpg
シュー生地にプラリネクリームとオレンジのコンフィ、薄いチョコレート生地も入っています。

生地はサクリとして、ほどほどに軽さがあり、ほどほどに固さがあり。
クリームはムースリーヌ的な質感で、重すぎない程度にどっしりしたコクがあり、滑らかな口溶けも。

オレンジはハッとするような明るい香りで、甘み、酸味、苦味までしっかりと。
それぞれ単体でも良い感じで、全て合わせてもバランスが取れており、なかなかの美味しさでした。


20180108165337212.jpg
ババ オ ロム:518円

ディロン トレビューラム使用だそう。

20180108165351254.jpg
生クリームは軽く、カスタードは固形に近い固さでプルッとした食感。
両クリームともシロップをたっぷり浸された生地とは合わず、浮いたような感覚あり。

生地自体の味わいも弱く、全体的にあっさりした感じからラムだけ主張してくるような印象です。


20180108165402400.jpg
クロワッサン:227円

20180108165513755.jpg
外はパリッと、中はしっとりしており、密な層はそれなりに力強さがあり。
もっちりと言うか、何かムニムニするような弾力で、ちょっと変わった噛み応えがあります。

バターの風味より甘みが勝つタイプで全体的に穏やかですが、リベイクしたら印象が変わりそうでもあります。


20180108165449795.jpg
カヌレ:216円

20180108165459089.jpg
かなり大きめで、ちょっと体重かけないとナイフが入らないほどの固さ。
噛んだら歯が折れるのではと心配でしたが、ガリガリとはするものの噛めないほどではなく。

中の方はかなり緩く、バニラは香料ぽく、ラムは意識すれば感じられる程度で単調な味わい。
価格から考えてこの程度かなーのイメージはありましたが、だいたいそんな感じでした。


女性シェフのお店に多い「形はとても綺麗で味は穏やか」と言った感じですが、最近行った新規のお店としてはなかなか良い方でした。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

2017/12/09 Sat 15:00訪問
べべ


続いてこの日のメインで、こちらはいち早くイチゴの時期に。



フレジエ:858円

今期は三角形になり、大きさもアップ。
トップにマジパン、ピスターシュのムースリーヌの構成は継続。


サイズと共に値段も上がりましたが、高価な素材の量も増えているので、実質値下げのようなものかなと。


どこを切ってもイチゴがゴロゴロッと。

旨み溢れるアーモンド風味の生地に、マジパンの風味と食感のアクセント。
アロマティックなピスターシュに、マリネされ香り高いイチゴ、全てが高い次元でのバランスで。

香りの広がり方が素晴らしく、漂う気品で優雅な気分になれます。



タルト・オ・フレーズ:698円

これぞイチゴタルトといったインパクト。


こちらのイチゴもまた美しく。


鮮やかな赤と深い緑、色彩学的にも真逆の色だから成し得るコントラスト。

焼きは浅めでも力強い味わいと食感のタルト生地。
広がり続けるピスターシュの芳香に負ける事のない圧倒的なイチゴの存在感。

見た目も味も、うっとりです。



クレオル:491円


サクリとしたサブレ生地、パリッとしたホワイトチョコ、ほっこりしたサツマイモのダマンド。

アーモンドの風味と共に膨らむようなサツマイモの素朴な味わい、微かな柑橘の香り。
生地もサツマイモが感じられますが、チョコッレートの存在もあって芋臭くなく、お菓子として素晴らしい完成度。

このお菓子自体がサツマイモのお菓子と分類するなら比べれるものがないくらい美味しく、こちらは他店で食べたものよりもさらに1段2段上の美味しさです。



キャヌレ・ドゥ・ボルドー:362円

バニラ高騰につきかなりの値上げ。
普通はバニラの商品をやめるか、量を減らすか、香料でごまかすか、最初から香料かですが・・


こちらは明らかに以前より増量してますね。
使用していた物が変わって増やす必要があったのかもしれませんが、それにしても職人の意地を感じます。

味ももちろん美味しくなっておりました。


20171224143613772.jpg
マドレーヌ:260円

20171224192650653.jpg
マドレーヌとしては他では食べたことのないしっとり感。
コーティングはいらないかなと思ったこともありあますが、この一体感は素晴らしいです。

こちらも大きめで、この完成度だとかなり安いと感じさせます。


こちらでしか食べれないクオリティの物が多く、ちょっと他店では代用がきかないと言うか、だんだんと突き抜けたお店になりつつあると思います。



2017年12月9日
くまくる(名古屋市天白区:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
ぱぴぱん(天白区:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
椿ベーカリー:シュトーレン
くまくる:シュトーレン
アヴァロン:シュトーレン
ぱぴぱん:シュトーレン
パントリコ:シュトーレン


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

Patisserie Avalon(名古屋市天白区) 

2017/12/09 Sat 10:00訪問
アヴァロン


続いて八事のパティスリーに。
3ヶ月半ぶりとなり、その間食べたい物がいくつか出ていたようですが、間に合わず終了。



この日はシュトーレン目当てでしたが、こちらで食べてない物は買っておくことに。



サンミッシェル:610円

スイート・ホワイト・ミルクの3層のチョコムースがガナッシで覆われ、生地までチョコレート。


完全にチョコレートづくしですが、その中にプラリネの風味、果実味のある洋酒の香り。
まろやかで濃厚ながらしつこさはなく、キレもありつつそれでいて重厚感のある余韻。

不味いチョコレートならとても食べれませんが、この構成でここまで深みを持たせれるのかと。
とにかくチョコレートの良さを実感できるお菓子でした。



ガトーセザム:500円

ゴマのお菓子。


写真は分かりにくいですが、生地にも2層のクリームにも黒ゴマがたっぷりと。

バスッとして香ばしい生地から、ブワッとゴマの香りとポリポリした食感。
上部は滑らかでミルキーなホワイトチョコ、下部はもう少し固めのムースリーヌでこちらも軽いゴマの風味。

クリームの味は弱めですが、あくまでゴマのお菓子であり、とことんゴマを感じられます。



ドゥー マロン:570円

良くある組み合わせのチョコと栗。


生地はしっかりした歯応えと味わいがあり、ムース部分の口溶けも良く。
栗とチョコレートもそれぞれ主張しつつ、まったり溶け合うようなイメージに。

単調な味わいになる組み合わせでもあると思いますが、それなりの奥深さも感じました。



スカーレット:600円

こちらも同じく良くあるチョコとフランボワーズ。


グラニテ加えてサクサク感のあるチョコレート生地に、フランボワーズのジュレのアクセント。
チョコレートのクリームからもフランボワーズが香り、さらに果肉のフレッシュさもプラス。

他店では"ル・カルディナル"の品名で食べており、その時はゴチャついてちょっとうるさく感じましたが、今回はチョコレートの味わいとフランボワーズの甘酸っぱさがしっかり調和。

こちらのフランボワーズは洋酒の効かせ方も程よく、力強さがある気がします。



フルフル:530円


渇いた感じの生地で、軽いながらに力強さもある食感からヘーゼルナッツの味わいがグッと。
間のクリームはチョコガナッシュと思いきや、強めのアーモンドの風味があり、全体的にナッツがドンと。

トッピングのカリカリヌガーも濃厚で、イメージよりはパンチのあるお菓子でした。



ロリゾン:594円

これもわりとあるカシス・マロンな組み合わせ。
こちらの商品は、キッチリ整ってカッチリしているみたいなイメージですが、これは緩めな仕上がりで。


栗のムースからの穏やかでまったりした甘みを、カシスの酸味で引き締めるようなバランスの取られ方。
生地も味わいがあり、コロコロ入った栗がホクホクと、アーモンドダイスがコリコリとして食感も楽しく。

強い味のカシスを使ってますが、ズバッとくる感じではなくジワリとくる印象です。


だいぶ魅力的になり、新商品の全ては食べれそうもないですが、なるべく機会を作って行きたいところです。



2017年12月9日
くまくる(名古屋市天白区:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
ぱぴぱん(天白区:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
椿ベーカリー:シュトーレン
くまくる:シュトーレン
アヴァロン:シュトーレン
ぱぴぱん:シュトーレン
パントリコ:シュトーレン


category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_アヴァロン(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 2   

Prelude(岐阜県岐阜市) 

プレリュード:後編



ショコラ・グリゼットゥ:486円

こちらは初めてお目にかかるお菓子。


ボソボソゴワゴワしそうな生地ですが、ホロリと崩れる軽さ、自然なしっとり感、気持ちの良い口溶け。
力強くても重くないチョコレート、キャラメル風味のガナッシュ、ザクザクたっぷりのアーモンド。

見た目のイメージとは大違いで、重苦しくさは全くなく、単調な感じもなく、奥深い味わいです。



ガトー・ポティロン:410円

カボチャづくしの4層。


滑らかで優しい甘みに加えネチッとコクがあったりと、あらゆるカボチャの風味が楽しめます。
じゃがいものお菓子同様に、ナッツの存在感の強い生地が際立って美味しいです。



洋なしと紅茶のお菓子:464円

シャルロットポワールにアールグレイ。


爽やかな香りの洋梨に、さらに華やかに香るアールグレイ。
フワッと軽い口当たりからパッと明るい香りが広がり、スッキリした後味。

香りの立ち方が素晴らしく、暑い時期向けのイメージでしたが、寒い時期にゆっくり味わうのもまた良いです。



りんごとオレンジとレーズンのタルト:410円


ジャクッとした食感のソテーされたリンゴをメインに、大きめなオレンジピールとレーズンがところどころに。
それぞれとても香りが良く、意味のある組み合わせでした。



タルト・サンチャゴ:1782円

ホールで買いたいと思いながらなかなか出会えず、今回ようやく。


今回はまた特にアーモンドの香りと旨みがズンズンと。
8等分して少しずつ食べようと思ってましたが、食べるのを止めることがませんでした。


久しぶりの訪問でしたが、改めて「正気か?」と思うほど安く、そして絶対的に美味しいです (´∀`)



2017年11月23日
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
パンシノン(岐阜市:パン)
弁天堂(岐阜市:和菓子)
ツバメヤ(岐阜市:和菓子)
ピクニケ(一宮市:パン)
ピクニケ:シュトーレン


category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_プレリュード(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 8   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム