FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie Avalon(名古屋市天白区) 

2020/06/20 Sun 11:00訪問
アヴァロン


目的地~目的地のちょうどルート上で、時間調整にもちょうど良かったので、久しぶりに。
開店少し前に到着するも、駐車場待ち&入店待ちで、到着から店を出るまでに30分強。

何でも最近オーナーが変わったそうで、その待っている間ずっとショーケース内は5種類のみ、その内3品は苺ショート、プリン、ブリュレと簡単な物で、いわゆるイルプル品は2品だけ。

実質新店であり、落ち着いてない今の段階では仕方ない部分もありますが、11:00~15:00の短時間営業で、開店してしばらくの時間に半分ほどしか出ないなら、それは公表しておかないと不誠実かなと。



スリー


ル・ミレジム

と言うことで、購入も2品。

味の方は美味しかったですが、知っている味であり、きっちりとその枠内で作られているものは、ちょっと飽きてしまったなと改めて実感する結果に。

新たな感想や発見は難しく、感激はさすがにもうないなと。


で、余談として、これまでのアヴァロンの個人的な印象を。

と言っても、味・価格・接客など、一般的に評価されるお店の好みとは全く別の話で、共感する人が全くいないような事ですが。

まず、こじんまりした店舗ですが、作業場が見えない造りになっており、どんなジャンルや規模の飲食店でも、そういったお店は好きではないのですよね。

イメージとしての信用の問題もあるのですが、何となく冷たく感じるような。

さらにこちらの商品は、寸分違わずキチッとカチッとした長方形や半円のケーキが多く、どこか機械的というか、無機質というか、かなり大げさに言えば血が通ってないような印象を受けてました。




こんな感じで、持ち帰りという部分においては安心感ありますが、面白みに欠ける印象。
ひょっとしたら、こういう形でカチッと保形できる物以外はあまり作りたくないのかな?とも思えたり。

ただ、ここ最近は新商品も多く、円形や三角形の物も多々あり、少し前に貰い物で食べたものも加減がきいてないようなバランスの味で、何らかの変化もあるのかなとも。

そんなイメージの中で、今回は明らかにシェフが変わった事を実感できる、緩くて保形しきれないスリーと、均整にはこだわってなさそうなミレジムを見て、むしろ好印象に。

また落ち着いた頃には行ってみたいかなと思います。


スポンサーサイト



category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

Patisserie MORI(愛知県豊橋市) 

宿題を消化しに。



ヴァローナのガトーショコラ:420円

ヴァローナ使用のテリーヌを買うつもりも、手頃なこちらに変更。
POPにてのアピールはたまに見ますが、品名にヴァローナを付けるほどの猛アピール。

ホロッとした歯切れからねっとりとした口当たり、重みある濃厚なチョコレートの味がズッシリと。
アーモンドプードルも入っていると思われますが、マルコナと思われる良い感じの風味もカットイン。

この構成の分量で100%ヴァローナ使用では、さすがに重苦しさや後味の悪さを感じますが、食べる事に抵抗を感じるほどではなく。

まあ、製菓用チョコレートのどのラインを基準や平均にするかにもよりますが、「美味しくない」ことはあっても「不味い」ということもないかなと。

仮に日本中の洋菓子店のガトーショコラを食べ比べた場合、こちらは確実に平均以上にはなるだろうなという味ではあります。



バスクチーズケーキ:400円

ガトーショコラもですが、平均よりも小さなサイズです。

トロリとしたクリームっぽい質感の濃厚なチーズ、トップからは焦げ臭さはなくカラメル甘みとほろ苦さ。
単体では確実にクドさを感じるような濃厚なチーズに、焦げが適度なアクセントになっているかなと。

この品名の物を食べるのは確か4回目ですが、初めて美味しいバスクチーズケーキでした。



フィナンシェ:200円

きっちりと焦がしバターでジトッとした口当たり。
アーモンドはマルコナっぽい風味ですが、そこも焦げっぽさがあり、端的に言えばあまり経験ない変に感じる味に。



マドレーヌ:200円

パサつかない程度にホワッとした食感で、生地からはシンプルな風味。
細かなレモンピールが入っているようで、爽やかな香りでなくときおり渋みが顔を出すような変わった感じ。



ウィークエンドシトロン:250円

ふんわり柔らかく、ほどほどにしっとりと。
甘い糖衣にスカッと爽やかさのあるレモンの香りが抜け、標準的な味わい。


特にこちらのお店に限らず、シンプルな洋菓子を食べていろいろ考えるのも楽しそうな気がするこの頃です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

L'aterier Korico(愛知県田原市) 

ふと思い出して特殊な洋菓子店へ。



いろいろ営業形態が変わったり、長期休業もあるようですが、現在は通常営業は土曜日11:00〜17:00のみで、他の日はオーダーケーキ等の予約販売のみの形のよう。

生菓子4種類ほどは冷蔵庫に保管されておりPOPでの案内のみ、他に常温の焼き菓子・袋入りの焼き菓子が10種類ずつほどと、商品の内容は特に変わらず。

以前と変わった事は、ご主人なのか男性スタッフが接客をされており、少し流れが良くなったのかなと。



グレープフルーツとピスタチオのタルト:410円

焼き込み強めもグレープフルーツはフレッシュ感あり、シロップ漬けもしてあるようで香り良くジューシーに。
ダマンドはピスタチオよりアーモンドの風味が強く、色合いもグリーンではなく薄いブラウン寄り。

期待していた感じとは違いましたが、グレープフルーツは美味しくて何よりです。



フィナンシェ アマンド:194円

オーバル型で大きめに。


ジトッとしそうな手前のしっとり感で、エアリーなふんわり感もありつつ、食べ応えとして厚みある食感。

味の方はいわゆる焦がしバターであり、香ばしさを出したアーモンド風味でもあり、好みの味ではないですが、洋菓子のフィナンシェとしてはサイズ・価格比で充分良いです。



フィナンシェ ピスターシュ:205円


アーモンドにピスタチオペーストも混ざって、食感の方では油分多めな口当たりに。
たぶんシチリア産と思われる風味があるも、いろいろマスキングされてもったいない印象に。



マドレーヌ ナチュール:173円


こちらも大きな貝がらで、パサつきなくフワッと。
バターや玉子の程よいコクに、明るいレモンの香りで爽やかに。


焼き菓子は値段を考えればなかなか良く、いろいろ食べ比べれば豊川の同系統の某店に勝つ気がします。
田原市は甘いもの補給ができないので、今後は営業していればとりあえず寄ってみようと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

Noisette(愛知県豊川市) 

久しぶりで、今年の初訪問。

いつも行列レベルの人気で遠慮してましたが、たまたま通って覗いてみたところ結構残っており、なかなか珍しい品名も確認できたので買っていくことに。



タルトショコラフランボワーズ:443円


サックリ生地にほんのりココア風味、滑らかなガナッシュはややビターに。
底とトップには甘めのコンフィチュール、軽やかなシャンティにも香りを付けて。

それなりに濃厚と言えるガナッシュですが、明るい甘みのフランボワーズでマイルドに。
どこか物足りなく感じてしまうほど、スッキリして爽やかにも感じられる食べ心地に。



ルバーブのタルト:486円


固めのプリンのようなアパレイユ、焦げ付くまで焼き込んだパイ生地、大盛りの甘いメレンゲ。
メインの赤リュバーブはそれらの強い味に押されつつ、しっかり糖分加えており酸味もマイルドに。

印象としては、クセのあるリュバーブをどう生かすかではなく、どう殺すかを考えてのルセットかなと。
何も考えなければスムーズに美味しく食べれますが、リュバーブが主役である物ならバランスは逸脱気味に。



コロンビエ:346円


アーモンド風味の生地に、甘みを加えられたフリュイセック、シャリシャリした糖衣。
ホロッと軽い歯切れから華やかな香りが広がり、シンプルながら思ったより厚みのある味わい。



コンベルサシオン:410円


生地はバターたっぷりで、優しい味のダマンドと爽やかな甘酸っぱさのリンゴのコンポート。
それぞれ輪郭がはっきりしながらバランス良く、これまで食べたこの品名のお菓子で初めて好印象。


慣れてしまった味と比べると、素材それぞれのパワー不足はあるものの、その中で綺麗にまとめられている印象。

パティスリーやフランス菓子を謳っているわけでなく、あくまで田舎町の親しみやすい焼き菓子屋さんであり、それでこのラインナップとクオリティは素敵です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

SEPT CINQ(愛知県新城市) 

鳳来寺山の麓にある洋菓子店。
フランス語でのSEPT(7)とCINQ(5)を合わせた店名で、カタカナ読みはセット・サンク。



登山客用の無料駐車場の方にあり、奥に見えるのが鳳来寺山。



道なりに歩いていくと正面にオシャレな建物が現れ、こちらはカフェエリア。



その右手側にこじんまりしたケーキの販売店。

女性1人でやられておりケーキの種類は少なめで、ショートケーキやロールケーキなど、生地・クリーム・フルーツを合わせたシンプルな洋菓子がほとんど。

イートインの場合はこちらで支払い・受け取りをして、それを持ってカフェの方へ。



広々とした空間の右側にテーブル席3卓。



反対側にソファー席も3卓あり。あとは綺麗なトイレもあります。
この室内には店員さんがいない事もあり、リラックスできすぎる自由な空間の雰囲気に。

この時は誰もいませんでしたが、賑やかな時も多く、落ち着いてカフェ利用したい時は先に中をチェックした方が良いかと。ちなみに長居も歓迎だそう。



ある日はこんな感じ。イートインでは要ワンドリンク。



イチゴのショートケーキ:420円

洋菓子店ではやっぱり苺ショート。
ふんわりしっとりスポンジに、軽いシャンティ、手を加えずそのままの苺もしっかり完熟して、スムーズで飲み物的な食べ応え。

コーヒーフレッシュが付いてくるお店はクリーム系も怖いですが、体力落ちないちゃんとした生クリームで、珍しいほどアイボリーな色あい。



ココナッツミルクプリンとパインのゼリー:330円

夏メニュー?
見たまま穏やかで爽快感ある食べ心地。



ジンジャーエール:400円

上の写真の時はコーヒー飲んでみたものの、オーガニックらしいですが深煎りすぎて苦いだけの風味に。
ジンジャーエールはアニスなどスパイス強めで、同時に生姜辛さもピリピリきて、良い感じにパンチきいており。


ケーキの味はシンプルな洋菓子としてはちゃんとしており、カフェという観点としては、空いていれば奥三河エリアでは最も良いと思われます。



ちょっと余談で、お店とは関係ない話ですが、すぐ近くの観光客用の施設の前にサイクルスタンドがあり、ここから山に向かってしばらく歩いて行くと登山口へ。



登山道と言うか、なんとも地味に石段1425段。
ただ、道中はいろんな物があるので、初めてなら飽きずに行けるのではないかなと。

公式案内では登りだけで2時間半ほど、往復4時間かかるらしいですが、そこそこ頑張れば往復で2時間くらい。
ダッシュ・早歩き・ビビり歩きのケースバイケースで、往復2本行くといい感じで脚にきて、3本行くと壊れます。

帰りに国道の湯谷温泉エリアまで出るのにちょっとした峠越えがありますが、やられた脚では泣きそうに。
また、自宅まで穏やかな道を35kmほどですが、輪行したい気分になるまで心身にダメージをいただけます。

サイクリングだけなら単独300kmでも全く疲れませんが、登山(半分ダッシュ)を2~3本絡めるだけで、往復70kmにて気持ち良い地獄を見られます。

さらにケーキでも何でも美味しく食べられ、脚に自信あるサイクリストにオススメコースです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム