食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

高はし(東京都中央区) 

2016/09/21 Wed 9:00訪問
高はし


続いては焼き魚も食べておこうと。

生魚が食べれないだけで、火が入っていれば問題ないのですが、お店で魚を好んで食べることはなく。
なので、魚に関してはど素人で、美味しい・普通・不味いの3つでしか判断できません (;´∀`)



生・煮・焼き魚となんでもあるようですが、サンマ塩焼き定食2500円?

少し並んでおり、待ちの間に食べるべきか悩もうと思ってたら、わりとすんなり入れる流れに。



新さんま塩焼き:2000円

で、仕方なくオーダー。単品価格は500円引きのよう。

大きいと言えば大きいですが、細長い魚なので知れた大きさではあります。



意図的だと思われますが中心部は焦がし気味に。
身の方は素人からしても脂がしっかり乗っていることが分かり美味しいです。



全体的にはそれほど塩が強い感じはないですが、尾は塩まみれで、ここは食べるのか?



禁断の内臓の部分ですが、なんか緑色のゼラチンみたいなものが・・
が、特に違和感はなく、肝の部分もプルンとして苦味も少なく美味しく食べれます。

いつもこの内臓部分を食べると気分悪くなりますが、ほとんどクセを感じず。
これは鮮度とかそういう問題なのでしょうか (;´∀`)



ひょっとして頭も食べれる?

今まで食べてきたサンマと比べれば段違いの美味しさでしたが、魚好きではない僕にとっては、金額ほどの価値は感じれず、また食べたいと思えるほどではなく。

もっとも、どんな魚料理でもそう思わないのかもしれませんが (;´∀`)

素人には難しいメニューでしたが、常連っぽい方も食べてたので良い物なのかも知れません。



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

和香(さいたま市浦和区) 

2016/05/05 Thu 19:15訪問
和香


GW旅行で最後の食事へ。

埼玉に来た目的が荒川サイクリングロードとうなぎですが、浦和は蒲焼き発祥の地だそう。
「浦和と言えばうなぎ」と例えられるほどで、お店もたくさんあるようです。

で、いくつか候補のお店があったものの、最初にこちらへ。
7席しかないお店でいつも満席・行列だそうですが、とりあえず行ってみたら1席空いてました。

第一候補ながら並んでたら止めようと、ほぼ別のお店に行くつもりだったので、これがどう出るかと。



チラッと調べた事前情報ではコスパが良いとの評価多数。

質・量とのバランスがあるので、単価だけでは判断できませんが、安めの設定ではあり。
さらに一品料理に珍しい物があるのが特徴的ですが、そんなに取れない物なので即売り切れるそうです。

こちらでも白焼き&うな重をオーダー。



白焼き(竹):1600円

低価格ながら充分な大きさで厚みもあり。



蒸し器に長々と入っていた気もしますが、食感はわりとしっかり。
臭みは全く感じず、炭ではなくガス焼きですが香ばしさがあります。



うな重(特上):2900円

これは凄い迫力でした。
ご飯がうなぎで見えないだけでなく、入りきらずうなぎが重なって、さらに肝吸い・お新香付き。



白焼きの提供から20分以上の時間をかけられた蒲焼き。
照り焼きのようにテカテカとしたタレを加えた焼きは、独特な甘みのある味わい。

かなり甘さが強いですがイヤらしさはなく、うなぎそのものの美味しさで問題なく食べれます。



ご飯はかなり固め。
今回、川越や秩父のお店も固かったですがそれ以上、失敗なのではと思うほど固い。

個人的には固めが好きだし、水分かかる物なのでなおさらですが、それでも違和感ありすぎなほど。
ただ、ボリュームも含めてガツガツと食べる感じになり、気分は良いです。


こちらも大満足でした。
ここや秩父のお店の値段・質・量を基準にしてしまうと、他のお店で食べれなくなってしまいそうです。

好感を持ったお店があっても、めったに行けないエリアは他のお店も試してますが、
また浦和に来たときは、うなぎに関しては、並んでもこちらに行こうと思います (´∀`)



2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_和香(埼玉:うなぎ) 
TB: 0    CM: 0   

吉見屋(埼玉県秩父郡皆野町) 

2016/05/03 Tue 11:00訪問
吉見屋


5日目はうなぎを食べるためだけに自転車で秩父エリアまで。
山間部なのであまり関東のイメージがない所ですが、関東平野からだとそんなに山ではなかったです。

開店少し前に到着し待つも、時間になっても暖簾が出たり明かりがつく事もなく。
試しに戸を開けてみたら営業されるとのことでした。



テーブル席もありますが、良い感じの座敷に案内されました。
少ないデータではありますが、うなぎ屋の場合、外観・内装にお金かけてないお店の方が当たる気がします。



メニューはうなぎ料理のみで、ひつまぶしもあり。

うな重と白焼きもオーダーしてみました。



白焼き:2000円


あまり良い記憶がなく、普段はまず食べない白焼き。



白焼きはダイレクトにうなぎの味や匂いが出るわけで、これまでの経験上ではドロ臭さが気になりました。
しかし、こちらは地下水でしっかり打たせてドロを吐かせているそうで、臭みは皆無でした。

関東でのうなぎは捌き→串打ちから、白焼き→蒸し→蒲焼きで、白焼き単品はどこまで?の疑問がありました。
どこもそうか分かりませんが、こちらは蒸しまで入っているようで、ふんわりして箸でスッと切れます。

この白焼きを1口2口食べて、初めて感じる美味しさに少し興奮しました。



特上うな重:2900円


切り身が重なり尾がはみ出し、下のご飯が全く見えないうなぎの量。

安定の三河一色産で、さらに肝吸い・メロンまで付いてのこの値段は・・
都心の有名店なら倍以上、地元のうなぎ屋ですら1.5倍の値段はしそうです。



タレはご飯全体に染み渡るくらいの量がかかり、そのためかご飯は固めに炊かれています。
甘みとしょっぱさともに穏やかで、どっちが強いとも言えない良いバランス。



うなぎは白焼き同様、丁寧な仕事がなされているため小骨もなくフワッとしてトロけるような食感。

余分な脂は落とされてますが、脂が乗ってないという状態ではなく、適度な脂っぽさも。

脂には良さも悪さもあるわけで、蒸すことで脂を落とすというのは諸刃の剣みたいなイメージでしたが、
こちらはネガティヴ要素だけを取り除いたかのように、うなぎの旨味を堪能できます。


大満足のうなぎでした。 値段も安くて文句なしです。
お店の方もとても親切で、自転車は敷地内に入れてもらえ、帰りには水もボトルに補充させて頂きました。

難点があるとしたら、注文してから捌くので蒲焼きだと40分以上かかります。
食べている間に2組のお客さんが来ましたが、それを聞いてやめて行かれました。

これだけの物が食べれるなら、普通の飲食店より+30分は大したことないですが、確かに早いに越したことはなく。
で、予約可で、オーダーを決めて到着時間を電話すれば、それに合わせて調理してくれるそうです。

また、うなぎを食べるためだけに秩父に行きたいと思います (´∀`)



2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)



category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆_吉見屋(埼玉:うなぎ) 
TB: 0    CM: 0   

ぽんぽこ亭(埼玉県川越市) 

2016/05/01 Sun 18:30訪問
ぽんぽこ亭


夕食はうなぎを。
かつては荒川や入間川でもうなぎが取れていたらしく、川越市は老舗うなぎ屋が多くあるようです。

いろいろ調べても、うなぎは写真だけではどのお店が好みに合うのか分かりませんが、
旅先で流動的なスケジュールなので、駐車場60台・120席・通し営業のこちらを予定しての訪問です。

かなり混んでましたがカウンターに問題なく座れ、ガラス張りで調理場丸見えの特等席。
しかし、10人ほどの板前さんの分業制で、なにかハズしそうな予感 (;´∀`)



うなぎ料理はそれほど高い価格設定ではなく。



そして天ぷらも多くのメニューがあり。
さらに鯉・ドジョウ・ナマズ・ヤマメなど、かなり珍しいものを扱っています。



うなぎの骨唐揚:324円

捌きを見てたらつい頼んでしまい、2分くらいで出てきました。
仕方なくノンアルコールビールも追加です。



奥多摩山女の天ぷら:756円

前日のサクラマスに続いて、ヤマメも初体験を。



しっかり脂が乗っていて、臭みなどネガティブな要素はなくイケました。
ビビッて天ぷらにしておきましたが、塩焼きが良かったかなと思えたくらいです。



上うな重:2808円

こちらもビビッて4段階の中の下の2番目。
ご飯は無料の大盛りでけっこう多く、バランス的にうなぎも充分大きいので、ずいぶん安いなと感じました。



肉厚もしっかりあるうなぎです。

さて、地元ではほとんど食べられない蒸しの入った関東風。
浜松では関東風もありますが、何軒か食べた感じでは蒸しが浅すぎてちょっと違うと思います。

焼き一発の関西風との大きな違いは食感で、全体的にふんわりしてます。
皮にパリッと感はなく、箸で切れるほどの柔らかさで、とろけはしなくとも噛みちぎる感じはなく。

余分な脂が落ちるので味も柔らかいイメージでしたが、こちらは味も食感もまさにそんな感じでした。



タレは甘めで、しょっぱいよりは良いかなと。
ご飯も固めで、こちらも柔らかいより良く、総合的にかなり好みのうな重でした。


もし近所にあれば、けっこう行ってしまうお店だと思います。
うなぎだけでなく、変わったサイドメニューが豊富なのもわりと魅力的です。

勝手なイメージですが、想像していた関東風そのもので、良い基準値になった感じです (´∀`)



2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)



category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム