FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Gelateria SINCERITA(東京都杉並区) 

2018/09/16 Sun 13:45訪問
シンチェリータ


続いてはジェラートを、久しぶりにこちらにて。



ノッチョーラ、ホワイトベリー、ミントミルク

ノッチョーラはヘーゼルナッツ。
ナッツの風味や香ばしさより、やや蜂蜜甘さの方が印象的。

ホワイトベリーはドモーリのチョコにブルーベリーソース。
ホワイトチョコ+ベリー系にありがちな駄菓子のようなチープさはなく、上品な旨みがジワリと。

ミントミルクはその名の通り。
一歩間違えると歯みがき粉ですが、フレッシュな爽やかを加えたミルクアイスに収まっており。

全体的に今回はオイルっぽいと言うか、少しヌルッとした口当たりがあり。
添加物は天然素材らしく、ブレなのか狙ったのか分かりませんが、好ましくはなく。



シャインマスカット、和梨

旬の果物のソルベより。

アレキサンドリアはマスカットらしい爽やかさ、香りは強くないものの甘みはあり、ソルベとしては味わい強め。
和梨はさすがに風味が弱く、かろうじて梨と認識できる程度。

こちらの方はシャリシャリしたシャーベットぽさがなく、とても滑らかで口溶け良く、もしかしたら添加物が良い方に作用しているのかなと。


なお、シングル460円、ダブル500円、トリプル540円とあまり値段は変わらず、量も変わらないそう。
演出かもしれませんが、一度盛ったあとに秤に乗せ、スプーンで少し足して提供されたりします。

例によってピスタチオは追加料金ですが、分量の少なくなるダブル・トリプルとなるにつれ、ちゃんと追加料金も下がります。
これをやってないお店はサギに近く、以前は僕も何店かに騙されました。

で、こちらのピスタチオは記憶にないと思ったら、どうやら未食だったようで、次回食べようと思います。


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_シンチェリータ(東京:ジェラート) 
TB: 0    CM: 0   

Gelateria Acquolina(東京都目黒区) 

2018/08/05 Sun 14:00訪問
アクオリーナ


浅草からいつものエリアに移動して、ひとまずジェラートを食べに。
種類が豊富な上に魅力的なものばかりで選ぶのに迷うお店ですが、トリプル:670円を2つにて。



カシスのヴァリエガート、バナナラム、アマゾンカカオ

ヴァリエガートという言葉は初めて聞き、意味は分かりませんが、ミルクベースの味が強め。
カシスが弱いというよりミルクが濃厚で、バランスは悪いものの美味しいジェラートではあり。

バナナはねっとりして濃厚で、こちらもラムが物足らないものの上品に香ります。

アマゾンカカオはほんのり花のような香り、果実味のある力強い味。
チョコレートは別でもう1種類あり、こちらは思い切りカカオなのかなと思いましたが、それほどでもなく。



シャンペルモ、ペスカ、河内ばんかん

シャンペルモはグレープフルーツと泡ワイン、ペスカは桃、ばんかんは柑橘。
どれも素材の味がしっかり出て美味しいですが、ソルベ系の方は驚くようなものはないかなと。

値段もそこそこですが、他と比べればそれ相応の価値は感じられるお店です。



2018年8月4~6日
日記1 日記2 日記3
ソラノイロ(千代田区:ラーメン)
みはし(台東区:甘味)
谷中ビアホール(台東区:バー)
チキンマン(台東区:デリカ)
ジャンボドネルケバブ(台東区:デリカ)
うさぎや(台東区:和菓子)
マンマミア(文京区:ジェラート)
常陸野ブルーイング(千代田区:バー)
じゃんがら(千代田区:ラーメン)
フェブラリーカフェ(台東区:カフェ)
ふなわかふぇ(台東区:カフェ)
浅草メンチ(台東区:デリカ)
豊福(台東区:デリカ)
隅田川ブルーイング(台東区:バー)
亀十(台東区:和菓子)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
スプリングバレー(渋谷区:バー)
ファーイースト(渋谷区:バー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
しゅういち(渋谷区:ラーメン)
よなよな(渋谷区:バー)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_アクオリーナ(東京:ジェラート) 
TB: 0    CM: 0   

Gelato Mammamia(東京都文京区) 

2018/08/04 Sat 14:30訪問
マンマミア


続いてイタリア人の経営するジェラート店へ。
14時オープンとの事ですが、その時間に開いておらず、30分後に出直してちょうど開店のタイミング。

ジェラートは10種類ほどあり、ダブルのみの設定で450円。
パッと見で特別感のあるものはなく、何となくで選択。



アーモンド、ルビーチョコレート

これまでに見たことの無い雑な盛り付けでビビるも、ひょっとして本場はこんな風なのかなと気を取り直し。


アーモンドはブランマンジェ的な風味を期待してましたが、ミルクベースにほんのり駄菓子風のアーモンド味。
ルビーチョコレートはもっと期待してましたが、完全に駄菓子で、カカオやフリュイルージュ系の風味は皆無。

さらに両方ともにベースのミルクもパッとしない感じで、しいて良いところを言えば後味が思ったよりスッキリしてたくらい。

また、見た目からは空気の含有量が少なそうでしたが、練っておらず固まったような状態であるだけ。
まだ詰まっている方ではありますが、溶けるスピードもけっこう早く妙な軽さもあり。

久しぶりに駄菓子食べれたなーと、ジェラート恒例のおかわりはなしでお店を後にしました。



2018年8月4~6日
日記1 日記2 日記3
ソラノイロ(千代田区:ラーメン)
みはし(台東区:甘味)
谷中ビアホール(台東区:バー)
チキンマン(台東区:デリカ)
ジャンボドネルケバブ(台東区:デリカ)
うさぎや(台東区:和菓子)
マンマミア(文京区:ジェラート)
常陸野ブルーイング(千代田区:バー)
じゃんがら(千代田区:ラーメン)
フェブラリーカフェ(台東区:カフェ)
ふなわかふぇ(台東区:カフェ)
浅草メンチ(台東区:デリカ)
豊福(台東区:デリカ)
隅田川ブルーイング(台東区:バー)
亀十(台東区:和菓子)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
スプリングバレー(渋谷区:バー)
ファーイースト(渋谷区:バー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
しゅういち(渋谷区:ラーメン)
よなよな(渋谷区:バー)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

PostoFelice(東京都目黒区) 

2018/01/08 Mon 13:15訪問
ポストフェリーチェ

20180108164346478.jpg
続いて食後のデザートを食べに一駅分移動。
ピッツェリア&ジェラテリアという形式のお店で、1Fがジェラート販売、2Fがレストランのようです。

ジェラートはこの日12種類ありましたが、こちらの看板商品はピスタチオ。

ピスタチオ自体はどこのお店にもあり、最高級のシチリア産を使用するお店も多くあって珍しくないのですが、土日祝に提供するピスタチオは配合を変え、世界一濃厚を謳ってます。


20180108164429356.jpg
ピスタチオ・マッシモ:700円

という事で、そのピスタチオをシングルで。

ピスタチオも高騰しており、ジェラート店でも最近はピスタチオはプラス料金にしているお店が多いです。
逆に言えば、ミルクなどのスタンダード品と同価格のピスタチオは怪しいかなと。

こちらも当然アップチャージですが、特殊な価格設定で、ピスタチオ・シングルが最も高く、ピスタチオ+他フレーバーとのダブル、トリプルとなるにつれ、価格は安くなっていきます。

普通はシングル→ダブル→トリプルとなるにつれ価格は倍近くに上がりますが、全体量はそれほど変わりません。
シングルでは10の量が、トリプルでは約4×3種みたいになるイメージで良いと思います。

つまり、アップチャージの物はシングルでたっぷり食べないと損している理屈に。

そういう意味で、こちらの価格設定はかなり正しいと思います。


20180108164440677.jpg
色もそうですが、まさに濃厚で味も食感も重厚さの極み。

ローストされている事は理解できますが、香ばしさもフレッシュ感もなく、豆っぽさも果実的な風味も感じず、途中から何食べてるのか分からない感覚になります。

食感の方も、空気の含有量が極めて少なく、ペーストのようなねっちりした口当たり。
スカスカとは対極で、それ自体は良い事であると思いますが、とにかく重い印象だけが強くなります。

まあ、濃厚であれば美味しいわけではないと言う見本のような味。

とは言え、ピスタチオ好きなら1度は経験しても良いのかなと。
通販ではさらに濃厚な物を含めたピスタチオのセットがあるようなので、気が向いたら買ってみようと思います。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

LA VIEILLE FRANCE(東京都調布市) 

2017/08/12 Sat 13:30訪問
ラ・ヴィエイユ・フランス 仙川店


続いてジェラートも食べておこうと、まだ行った事のなかったこちらへ。

本店は隣駅エリアにあるパティスリーで、こちらはジェラートショップの位置づけのよう。
本店から運ばれたケーキも売ってますが、中央にドンとジェラートのショーケースが置かれてます。

種類は10種ほどで、ジェラートを使ったお菓子などもありました。



ダブル:650円

この手のお店で、容器が使い捨てのプラコップなのは驚き。
もっとも、その分安ければ良いのですが、量は他店より少し多いくらいで、むしろ高いかなと。


ピスターシュ

ローストされた香ばしさはなく、生の豆らしい風味もなく、中途半端でなんとも希薄な味。
ピスタチオと言われればそうですが、香料・着色料を添加したミルクアイスと言われてもそうかなと感じます。

軽さはなくみっちりしてますが、口当たりにも特別なものはなく、特別美味しいと感じられる要素はなかったです。



アーモンドミルク

こちらはアマレット系な風味のアーモンドで、わりと風味は強め。
ミルキーさもありますが、例えるならブランマンジェよりは杏仁豆腐のイメージです。

嫌いな風味ではないですが、香料強めなわざとらしい味にも感じました。


フルーツ系のソルベ・ダブルをおかわり予定でしたが、やめて違うものを。



パレ ア グラス(フランボワーズ):400円

サブレ系の生地にサンドされた物。
某マカロンアイスのパクリなのか分かりませんが、形としては同じものです。


生地は軽いサックリ感からしっとりと。 バターの風味も強めにあり。
フランボワーズはしっかり甘酸っぱいですが、そうでないフランボワーズもないので、普通と言えば普通です。


それなりの価格なのでどうしても期待値が高くなりますが、期待ハズレではあったかなと。
全てのジェラート店で考えれば美味しい方ではあると思いますが、特に魅力的なところはない印象でした。



2017年8月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリール(八王子市:パン)
ドゥエトゥレ(八王子市:パン)
ブールブール(八王子市:パン)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーバカナル(目黒区:パン)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
ラ・ヴィエイユ・フランス(調布市:ジェラート)
くるくる(八王子市:食堂)
小河内ダム(奥多摩町:ダムカード)
カタクリの花(奥多摩町:ダムカレー)
ぼんち(甲斐市:デカ盛り)
コンプレ堂(北杜市:パン)
アングーテ(北杜市:ケーキ)
アングーテ
アングーテ
大門ダム(北杜市:ダムカード)
高遠ダム(伊那市:ダムカード)
美和ダム(伊那市:ダムカード)
たけだ(伊那市:食堂)
うしお(伊那市:食堂)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム