食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

とろろ庵(愛知県豊橋市) 

滋養強壮に自然薯を。



豊田市足助にある自然薯料理店の2号店で、豊橋の牛川エリアに昨年8月にオープン。
サーティワンと同じ敷地内にあり、外食チェーン風の店舗です。

足助本店の方は加工食品の物販もあるようですが、こちらは食堂のみ。
入店してすぐレジにてオーダー・支払いというシステムを取ってます。



メニューはとろろご飯、蕎麦、サイドメニューが少々で、とろろは全て自然薯使用との事。



とろろ庵定食:1300円

スタンダードなメニュー。


とろろはプラス料金で濃くできるようですが、濃くなると言うか出汁が少なくなるだけかと思い、とりあえず普通にしておきましたが、実際はどういう形なのか分かりません。



そばは自家製で、自然薯をつなぎに使っているらしく、そば10:自然薯1の外一だそう。

しかし、そのわりに蕎麦は全く香らず、弾力と言うか歯応えはありますがコシではない感じです。



天ぷらはエビ、カボチャ、ナス、何か分かりませんでしたが青葉の4品。
たまたまかもしれませんが、油のキレが悪くジュワッと。油そのものも良くないです。

ただ、単品価格だと200円の安さで、地味なメニューに豪華さが出て良いです。



市販の出汁つゆっぽい味ですが控えめで良い感じ。専用の醤油も穏やかな味。

とろろご飯だけ良かったなという感じでしたが、単品はないようで豚汁とのセットが880円。
となると、このセットがお得感もあって良いのかなと。

自然薯も蕎麦も天ぷらもすっかり高級食なので、このくらいの品目だと店によっては倍くらいの値段だと思われ、かなりリーズナブルではあります。

ファーストフード店っぽい雰囲気が微妙なところですが、立派な建物だとこの手のお店は入りにくいので、個人的にはこの感じの方が良く、栄養価の高い物を安く手軽に食べれる貴重なお店です。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

二条(愛知県豊川市) 

以前に記事を書いた気がするのですが、残ってないので改めて。

自宅から徒歩圏内の貴重なお店です。


大衆食堂的な天ぷら屋さんで、地元では知らない人がいないほど?
休日のお昼時には駐車場渋滞が当たり前という人気店です。

そんな感じなので、このお店に行くのは限られた条件のみ。
雨の平日の夜などお客さん少ないかなという日だけで、それでも車がそこそこ止まってたら帰ります。

4人がけテーブルしかないので、混んでる時に1人だと行きづらいし居づらいのですよね (;´∀`)



天ぷらだけでなくフライもあり、とてもリーズナブル。



上天ぷら:850円

単品オーダーですが、基本的にはこれの定食で良いと思います。



海老天ぷら:?円

メニューにはないですがオーダー可能です。



とんかつ:530円

天ぷらだけでは物足りないなら良いかと。



メンチカツ:380円

数量限定メニューで、カツを食べるならこちらの方がオススメです。



ひれかつ:750円

脂が少ない肉が良いならこちらで。



海老フライ:850円

天ぷら用の海老とは違うもので、大きなエビです。


と、ヒマな日に行って、4人がけテーブルにも置けないほどの品数をオーダーします。



カツは仕上がりが緩いものの悪くはないです。



メンチは野菜感がたっぷりあり。



海老フライはひそかに人気とか? どちらか1つなら僕は海老天派です。



カツも海老もタレは自家製ソースのみ。
天ぷらの写真は撮り忘れましたが、天つゆか食卓塩のみです。

そしてアルコールは瓶ビールor日本酒のみ。
日本酒は口に合わない味の物でして、エビス3本キメれば良いかなと言う感じです。



天丼:600円

これでシメますが、破格の安さのちゃんとした天丼。
全メニュー凄く美味しいわけではないですが、この値段でこれくらいの物はなかなか食べれません。


なお、店主さんは高齢のため、最近は臨時休業も多く、長期休暇があったり夜営業を休止したりで。
後継ぎもいないので、毎回、もしかしたらこれが最後かもしれないと思って味わってます。

この手のお店は、いかに常連客に愛されているかで長く続けていけるのかなと。
安定した売り上げによる経営自体もですが、常連客のために店じまいできない人情的な部分もあると思われます。

僕はどこの常連にもならないようにしてますが、職人の渋いお店が好きなので、こちらはかなり萌えます。
安定した売り上げに貢献はしないけど、売り上げが少なそうな日にこそ、たまにであり微力ながら出番かなと。

あえて客入りの少ない日に行っていろいろオーダーすることが、自分なりの、好きなお店の応援です (´∀`)


category: 東三河

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

お多幸(東京都中央区) 

2016/09/20 Tue 21:15訪問
お多幸 日本橋本店


この東京旅行は、仕事を終えてからの移動で夜に東京入り。
新幹線内で夕食は済ませたものの、せっかくなので夜食にちょうど良さそうなお店へ。

老舗のおでんのお店で、「とうめし」なるものが名物のお店です。

東京駅から徒歩圏内で、わりとメディアなどにも出るお店なので、さぞかし立派な店構えかと思っていたのですが、居酒屋系の飲食店が並ぶ通りの地味な店舗で、危うく通り過ぎそうでした。



おでんの具材はいろいろで、それほど多くはなく。



居酒屋メニューもたくさん。
他にもお酒のメニューが10ページ以上ありました。

とりあえず、おでんで1杯。



だいこん:240円、じゃがいも:290円、厚揚げ:260位、たまご:190円

誰が見ても分かるほど出汁が染み込んでますが、その汁自体の色も濃いのかなと。

黒く濃く、そして甘めで、いかにも東京の出汁つゆのイメージ通りの味です。



賀茂泉:770円

雨の夜で肌寒かったので熱燗を。

日本酒は何種類もありましたが、これは広島のお酒だそうでカープ優勝にあやかって (・∀・)
本当は、燗ができる純米吟醸がこれだけだったというだけの理由です。



とまと:?円

まさかの具材がありました。


そのまま出汁の染みたトマトですが、やはり口には合いませんでした。



とうめし:390円

こちらが名物で、出汁つゆをかけたご飯に大きな豆腐ドンと。


豆腐はトロトロ。


そしてツユダクで、固めに炊かれたご飯と良い感じ。

これが美味しく感じるかは、甘めで濃いめの出汁の味が好みかの1点のみになるかと。
万人受けする味ではない印象ですが、まあ、豆腐とご飯なので不味いとかはないと思います。

ランチではとうめし定食もあり、行列ができる人気のようですが、並んで食べるようなものではないかなと。

ただ、飲んだ後のシメには、ラーメンよりもこんな感じの物が良いなと思いました (´∀`)



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

料理屋 創(愛知県豊川市) 

豊川市当古町の和食屋さん。


以前はカレー屋でしたが、そちらは豊橋に移転したようです。

店内は広めですが、席数は少なく広々とした空間を取ってあり、大きめのテーブル席と、なぜかローテーブルのソファー席もありました。



シンプルながら存在感のある、青い看板のお店です。



ランチメニューは少なめで、おまかせがメインのよう。


和食のみで、あとは焼き鳥やトンカツの御膳がありました。

生魚が食べれないので天ぷら御膳、さらにミニ天丼も付けてみました。



天婦羅膳+ミニ天丼:1620円

ミニ天丼は+300円でずいぶん安いなと思ったら、プラスで付くのではなくご飯が天丼に変わるようです。
まあ、それでも見た目も豪華でかなり安い印象を受けます。



温められた石のお皿に、小さめの野菜が5種、しいたけ、海老天が3尾に白身魚。


エビはほとんど衣食べている感じですが、衣にそれほど油っぽさはなく。
しその葉に巻かれた白身魚は肉厚もあり美味しいです。



天丼もミニながら同じような物がたくさん乗ってます。


タレの量は少なく、具で食わせれる丼物。
これならフルサイズでダブルオーダーにしても良かったかなと思えます。



ピンクに染めたそうめんに、あさりが2つ入った出汁の吸い物。
みそ汁もきっちり出汁がひけており、手の込んだ仕事もされてます。



かぼちゃポタージュ。
和の要素は具で出してますが、何も入れなくても良いくらい美味しいです。


安くて気軽にちゃんとした和食が食べれる良いお店です。
大食漢な方にはボリューム不足かもしれませんが、フルサイズの天丼と御膳のダブルオーダーでいけるかと (・∀・)

夜に行ってお酒とともに良さそうです (´∀`)


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

大豊(山梨県南都留郡山中湖村) 

2016/04/30 Sat 18:00訪問
創作和食 大豊


富士五湖エリアのご当地グルメは、ほうとうか吉田うどんが有名です。

うどんや蕎麦などは原材料以外にも水をたくさん使って作るので、水が良いエリアは麺も美味しいですが、
これまで食べたほうとうや吉田うどんは食感が極端で好みではなく。

しかし、最後にもう一度ほうとうを試してみる事にしました。


  
こちらはほうとう専門店ではなく創作和食を謳っており、メニューもいろいろと。


 
そしてオリジナルの塩ほうとう。

ほうとうは経験上、コシのない麺がコクのない味噌入りのお湯に入っているような料理。
誤魔化しのきかない塩スープで出せる店は、マイナスイメージを払拭してくれるかと期待して来ました。



塩きのこほうとう:1300円


透明度の高いスープに具だくさん、今まで行った事のあるお店より細めの麺です。



富士桜鱒かま焼き:600円

桜鱒の寿司がもう一つの名物のようですが、焼いた物を。



スープはメニュー表に鯛で出汁を取っていると書かれており、穏やかな魚介の風味があり。
他にも具から出たものも感じますが、無化調のようで少し薄すぎるほどあっさりです。



炙られた手羽が2本入っており、肉自体はあまり美味しくないものの出汁としての役割。
きのこ数種や野菜もこんなに必要ないかなといった印象。

麺は小麦の風味を感じ、ほうとうらしくない普通の食感で、ネガティヴな要素はありませんでした。



桜鱒は初めて食べましたが、おおむね鮭かなと。

しっかり脂も乗って美味しい焼き魚でした。



柚子コショウが付け合せられ、入れるとパンチが出ますが、全く別の味になってしまいます。
この量は完全に入れすぎで、飲めないくらい強烈な辛みが出ました (;´Д`)


トータルでは満足できるもので、ほうとうの苦手イメージを払拭できました。
まあ、ほうとうと言うより、こちらは料理として美味しい感じなので、他で食べようとは思いませんが (;´∀`)

有名店のほうとうに良いイメージが無い方は、こちらが良いと思います (´∀`)


2016年4月29日~5月5日 GW旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7
河口湖(河口湖村:ランニング)
レイクベイク(河口湖村:パン)
スローガーデン砧(河口湖村:パン)
司食堂(河口湖村:食堂)
なかむら(河口湖村:うなぎ)
山中湖(山中湖村:ランニング)
与里道(道志村:食堂)
大豊(山中湖村:和食)
川越ベーカリー楽楽(川越:パン)
入間川サイクリングロード(川越・狭山:ランニング)
かすみ食堂(川越:食堂)
ぽんぽこ亭(川越:うなぎ)
荒川サイクリングロード(江戸川区~滑川町:サイクリング)
福ちゃんの店(鴻巣:食堂)
久良一(鴻巣:うどん)
吉見屋(皆野町:うなぎ)
恵比須屋食堂(東松山:食堂)
アルカイク(川口:ケーキ)
シャンドワゾー(川口:ケーキ)
アカシエ(浦和区:ケーキ)
ラリュ(緑区:パン)
榎本牧場(上尾:ジェラート)
和香(浦和区:うなぎ)




category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム