FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

吉良屋(愛知県豊橋市) 

豊橋にて「京料理とおばんざい 」を提供するお店。



自分の意志ではまず行くことのないお店ですが、食事会にお誘いいただきました。

京料理の懐石コースという経験ないジャンルの食事なうえに、参加者10人以上の1人を除いて初対面。
緊張をほぐすべく、昼から気合を入れてビールをかなりキメてから臨んだため、記憶があいまいです。

まあ、カンニング文献ありまして、そちらを見ながら思い出しつつ・・
あ、どの記事もそうですが、言ってることは怪しくて、確かなのは料理写真だけです。



九平次の純米大吟醸を1合だけ。
山田錦のものですかね。まろやかな酸からキリリとした甘辛さに収束していく感じに。



先付け

たぶんトリ貝なる物を初めて食べましたが、ふわふわコリコリした不思議な食感だなと。
土台の出汁の味付けもあると思いますが、キレのある酸味のジュレによる素材の味の引き立ては見事に。



向付け

マグロ、ヒラメ、ホタテ、イカのお造り盛り合わせ。

食べれなくはないのですが、人生で生魚を食べた事は数えれる程度なのですよね。
生の方が美味しいと思えないし、料理でないものを店で食べる必要はなく、もし食べるなら家でいいかなと。

しかしこれは少し手を加えているのか臭みは皆無で、味や食感に厚みを感じ、ちょっと思っていた感じとは違いました。



お椀物

アサリの真丈だそうで、アサリの味を感じる練り物も初体験。
それ以上に汁物としての出汁の引き具合の良さ、アスパラの旨みが印象的に。



焼き物

鰆の柚庵味噌焼きだそうで、鰆は脂乗りも良く、味噌の深みある味わいが加わって。
トッピング的ポジションの湯葉・そら豆・トマトにも火入れの絶妙さを感じられました。





肉もあるのかなと思ってたところ、なんとラム肉登場。
しっとり柔らかいミルキーな子羊に、ブロッコリーのすり流しのナチュラルな風味とも相性良く。



強肴

じっくり煮込まれた大根に、柔らかさと詰まった食感のサクラマス。
ブワッと香り高い酒粕汁と相まって、身も心も温まるような1皿。



土鍋炊き込みごはん


ホタルイカと生海苔で、とても香り良く無限に食べれそうな旨み。
みそ汁の出汁感も味噌も力強く、この2品だけでも満足できます。



デザートは羽二重餅、イチゴ、桜餡。
和菓子らしい季節感の出し方で、味のバランスも間違いなく。



最後は抹茶で。


参加された方たちとの会話はもちろん、食事の方もとても興味深い内容でとても貴重な体験。

また新たな世界を開けそうな有意義な食事会でした。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

はし田屋(東京都渋谷区) 

2018/11/25 Sun 12:30訪問
はし田屋 渋谷店


最後にご飯物を食べようと、親子丼で有名なお店へ。
もともと鶏料理のお店で、ランチタイムは親子丼が名物になっているようです。



ランチメニューは3品、うち2品は限定30食。



名物親子丼:900円

何と言うか、コンパクトだなーと。
それを知って他のお客さんはみんな大盛りオーダーしてるのかと思ったら、大盛り無料だったよう。


ふわとろに仕上げられた玉子に、濃ゆい色の卵黄、このビジュアルでだいたいOK。
量も少なくほぼ飲み物なのでちゃんと味わってませんが、まあ美味しいです。

と、最後に無難な選択をして、東京を後にしました。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天源(愛知県豊橋市) 

豊橋駅近くの天ぷら専門店。
位置的には駅から正面になりますが、細い路地を少し通ったところにあり、知らなければ行く事はない感じ。



かなり昔に連れられて1度行ったきりで、あまり記憶はなく。
この辺での食事する場合の選択肢にはあったのですが、人気店なのと日曜休みもあってなかなか機会ないままに。

古い小さなお店ですが不潔な感じは全くなく、厨房を囲むL字カウンターと座敷2卓のみで、専門店ながら敷居の低い雰囲気。



ランチは4種類のメニュー。



カウンターでは揚げられたものを直接提供されるスタイルなので、定食にしてみました。



良く手入れされているのが分かるキラキラ輝いた大きな銅鍋が2つ。
途中で油の交換もありました。



清涼感あるサラダから。



ご飯は少なめでおかわり可。



まずはエビが4尾。
いわゆる才巻で、小ぶりながらプリプリの弾力。



続いて魚、サツマイモ、玉ねぎ。

魚は何か分かりませんが、淡白な白身ではなく味濃くネチッとした食感も。
玉ねぎはナチュラルに甘く、サツマイモはねっとり濃厚な甘み。



ナス、舞茸、ヤングコーンで終了。

全て油っぽさやベタつき感なくあっさりと、タネもそれぞれ風味良く満足。



茶碗蒸し。
サラダの後に熱々で出されますが、食後にいただきました。



デザートも付きます。

職人技を目の前で見れ、味も文句なく、さらにかなりリーズナブルと文句なし。
内容的に、このエリアでこの価格帯でこれ以上のランチはかなり少ないのではと。

今後は豊橋駅周辺では最優先事項にします。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

はちまき(東京都千代田区) 

2018/09/17 Mon 11:45訪問
はちまき


続いて前日からの流れで天丼を食べ比べてみようと、営業している評判店の中から最も近いお店へ。
神保町の飲食店がずらりと並ぶ通りにあります。

暖簾に昭和6年創業とありますが、店内は綺麗でスペースも広めに。



メニュー表からは天ぷらより天丼がメインの位置付け。



穴子海老天丼:1500円

ご飯大盛り無料、味噌汁付き。

お新香も卓上の容器に入ってフリーとの事ですが、取り皿が用意されず。
周りを確認しても誰もなく、誰も食べてない感じだったので、実は食べて欲しくないのかもしれません。


でっかいアナゴ、エビ2本、れんこんとピーマンも大きめで、クルッと結ばれたアナゴの骨せんべい。
タレはサラッとして味も濃くなく量も少なく、タレで食わす物ではないイメージ。

前日に行った店との比較ですが、それぞれ素材が良く、火入れも絶妙なところ。
特にアナゴはこれまで美味しいと思った事がないのですが、こちらは全く臭みなく良い感じ。

メニュー表によると、普通の天丼はアナゴがなく、キスとイカが入って1000円なのでそちらで良いかなと思いましたが、これくらいなら500円増しのアナゴで良いかなと。

固めに炊かれたご飯との相性も良く、味噌汁も美味しく、なかなか良いものを食べれました。


category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

天丼 金子半之助(東京都千代田区) 

2018/09/16 Sun 10:00訪問(9:00並び)
金子半之助 日本橋本店


東京駅から日本橋へ移動して、また思い出作りに有名どころへ。
開店1時間前に着いてしまったものの3番目でした。

待ちの椅子が6個用意されており、休日は常に1時間前後の待ち、場合によっては2時間以上もあるらしいので、もし行くのなら、座って待っていらてる開店前の早い時間の方が良さそうです。

まあ、10時間以上ぶっ通しでひたすら天ぷらを揚げ続ければ、夜になると油も怪しそうですしね。



メニューは天丼1品と、天ぷら単品が少々あるだけ。

開店5分ほど前に外にてオーダーを取られ、きっちり10時に入店開始。
店内は通るのに気を使うほど狭く、さらに席間も密集しており、隣の人と腕が当たり合ったりするほど。



黒豆入りのお茶。お新香2種はフリーです。



江戸前天丼:980円

迫力あり。迫力を演出する盛り付けとも言えます。


エビ2、大きなアナゴ、イカ、半熟卵、ししとう、海苔という構成。
実際のボリュームもですが、野菜がほぼないため、さらに豪勢感を増している印象。

開店同時の調理もあって油に劣化の感じはなく、魚介類に臭みもなく。
タレは江戸前の濃いめ甘めではありますが、それほどパンチはなく、卓上にある追加用のタレを足しても良いくらい。


お店はチェーン展開もしており、大型商業施設のフードコートにまで出店しているようで、この本店も天ぷらの調理としてはチェーン店レベルでしたが、この価格で不満を感じる部分はなく。

ただ、店内にいたのは10分でしたが、並んでいる間からかなりの匂いを放出しており、服に異臭が付きます。
終始隣に気を使って食べないといけない狭さといい、わざわざ長時間並んで食べるほどのものではないかなと。

つけ麺同様に記念としては良かったです。


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム