食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

山梨屋(愛知県新城市) 

10年ほど前にバイパス沿いにできた和菓子屋さん。



新城では最も集客が見込める立地に、いきなり大きな店舗・広い駐車場の和菓子屋を出せるってどういう事だと訝しんでたのですが、創業は明治の老舗で、移転だったようです。

いろいろ売られてますが、近くの同業店よりは和菓子屋らしいラインナップです。



栗きんとん:216円


ジトッとした感じの見た目ですが、わりとほっこりした口当たりがあり。
甘みは強めですが、栗そのものの風味も感じられます。



焼き栗きんとん:216円


小麦粉、卵、バター、ミルクに生クリームも入る洋菓子風の焼き菓子。

みっしりとした噛み応えで、スッとした口溶けもあり。
小麦よりも栗の風味をしっかり感じられ、分かりやすい旨み成分も加わるので、誰でも食べやすいような印象です。



渋皮まろん:216円


こちらは完全に洋菓子、スポンジケーキといった感じ。
しっとりとしており、アーモンドの風味、ラムもふわりと香ります。

渋皮栗もホクホクして、甘みだけでなく渋みもしっかりあり、栗らしさを感じられます。



ひとしずく乳岩:216円


栗きんとんをくず餅で包んだ商品。
トゥルンとした口当たりで冷んやりした感じになります。

栗きんとんは通常と同じ物でしたが、春からの商品らしく、その時期にどこの栗を使っているかは不明。



八名丸餅:108円

新城の八名エリアの里芋を使用した小ぶりの大福。


餅に里芋を練りこんであるので、滑らかさと口溶けの良さがあります。
逆に言えば餅らしい弾力にかけますが、こういう物として考えれば美味しく食べれます。


全体的にわりと良い感じでした。

けっこう有名な和菓子屋でも、洋菓子っぽい物も作っているお店が多く、たいていマーガリンとか使ってます。
こちらはいくつか見たところ変な物は入れてないようなので、その辺も好印象でした。

また上生菓子も食べてみたいと思います。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

とみかわや(愛知県新城市) 

東三河では有名になる和菓子屋さん。



新城に2店舗、豊橋にも1店。
ガチガチな和菓子屋ではなく、何でもある手軽なお菓子屋さんみたいな感じです。

栗きんとんを食べてみようと行ってみました。



栗きんとん:205円

色は淡めで、ピンと尖らせて絞られており。


細かく漉されながら粒もコロッと。
ホクホクした食感で、トレハロースなのかちょっと甘みが強いため、栗感は薄めです。



塩豆餅:141円


どう考えても豆大福だと思って買いましたが、なぜか抹茶のクリームが入ってました。
POPに書いてあったかもしれませんが、品名にも抹茶を入れるべきかと・・抹茶嫌いだったらどうするのか・・・



おいしい秋:141円


豆大福もそうですが、餅は薄いのもあってスッとした歯切れ。
狙って作っているのだとは思いますが、ふわりとした柔らかさはなく、弾力にも乏しく、餅らしさに欠けます。

餡は甘さ控えめで良く言えば上品に。
細かな栗が入ってますが、美味しい秋をアピールできるほどの存在感はないです。



本宮の森:216円

こちらの看板商品になります。


いわゆる麦こがしの生地、少量のこし餡、栗が丸々ゴロリと。

軽い歯切れからホロリと崩れるような食感、煎ってあるのでほんのりと香ばしさも。
通年商品なので、栗は甘露煮のチープな物であり、個人的には無くて良いかなとも思います。


子供からお年寄りまで、幅広い層に親しまれそうな物を作っているのかなといったお店です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

大正軒(愛知県豊橋市) 

豊橋の老舗和菓子店。


本店は豊橋駅の方で、こちらは牛川エリアにある支店。
上生菓子はなく団子メインで、イートインスペースもあり、和菓子屋よりは甘味処のような雰囲気です。



みたらし団子(1本):104円

こちらの看板商品。
オーダー後に焼く形式ですが、大きな円形の機械によって焼きからタレ付けまで自動で行われます。


餅は柔らかめも適度な弾力があり、そのものに旨味も感じられます。

タレは甘すぎず辛すぎずですが、たまり醤油・砂糖・みりんがそれぞれはっきりと主張。
粘度が低めなのもあり、全体的にあっさりした感じで5本くらいは簡単に食べれます。

ただ、機械焼きにより良くも悪くもムラがなく、個人的にはつまらない感じです。



かりんとう饅頭(3個):249円


表面はカリッと仕上がっており、黒糖の風味もふんわりと。
中はこし餡入りで、和三盆糖が入っているらしく、まろやかな甘みがあり

揚げ饅頭ですが油っぽさはほとんど感じず、なかなか美味しいです。


団子も饅頭もクセがない感じなので、手土産などにも良さそうな印象です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

松本屋(愛知県豊川市) 

長い期間をかけて東三河のケーキ屋はだいたい全部まわったと思います。
過去に記事にしたお店は好んでではないものの食べれますが、その他は無理でした。

もちろん個人的な好みの話ですが、結果的に東三河のお店では洋菓子が食べられない状態になってしまいました。

思えば、数年前はビュッフェで何個も食べていたケーキを、今や1口飲み込むこともできず。
不味いというか、身体に入れたくない・入れてはいけない味を感じ、拒否反応を起こします (;´Д`)

で、洋菓子を諦め、和菓子を調査することにして、豊川駅近くの老舗和菓子屋へ。



こちらは明治から百年以上続く老舗店。
ここは本店で、もう少し駅寄りのわずか100Mほど離れたところに支店があり。

田舎町の駅近くで2店舗はかなり無駄な感じです (;´∀`)



栗きんとんを食べてみようか思い行ってみましたが、せっかくなので上生菓子と饅頭も買ってみました。


 
栗しぼり:205円

「きんとん」ではなく「しぼり」という品名でした。

少し粒も残してますが細かく漉されており、栗そのものではなく栗の菓子という感じ。
新城の八名栗は香り弱くて甘み強めの印象ですが、これもそんな味でした。


 
こぼれ萩:184円

こした白あんをみずみずしい羊羹で包んだような形で、味は薄いですが食感は悪くなく。


 
きせ錦:194円

菊をかたどったような練り切りに、トッピングのそぼろはねっちょりと。
白あんの中に細かなケシの実が入っており、どこかアンパンを食べているような感じです。


 
菊重ね:184円

柔らかな求肥餅に、品名からして細かな菊の葉らしきものが入ってますが味は分からず。
こし餡は黒砂糖の味がして少し主張が強めです。


 
里の秋:184円

柿の皮の部分は着色された求肥餅。こちらも餡はケシの実入りでアンパン感覚です。


 
松茸:184円

こちらも求肥餅でできており、傘の部分は黒砂糖らしきコーティング。
つぶ餡はやや頼りない食感で甘みが強いです。


 
柚子饅十:108円

皮も餡も柚子の風味。
蒸しが深いのか生地に一切の水分を感じませんが、上品な香りがあります。


そこそこ甘さは強めで、後に重く残る感じがあります。
値段も安いので相応だと思いますが、ちょっと求めるものとは違いました。

和菓子もいきなりの挫折感ですが、不自然な味がない分、この辺りで洋菓子を買うよりは良いかなと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム