FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

二条(愛知県豊川市) 

熟練の職人に会うべく定期的に。



4人がけテーブルしかないので、1人客は相席となります。



天丼:650円


小ぶりですがエビが3本入っての価格。
丼物としてはタレは質量ともに軽め、ご飯も少なめですが、客層的にはちょうどよいのかなと。



とり天:400円

数量限定メニュー。
軽く下味が付けられた鶏肉4つ+海苔とサツマイモでお得なメニューです。



メンチカツ:400円

こちらも数量限定。
玉ネギ多めなタイプですが、これとライスでも良いかなくらい。

いつまでもそこに在ってほしいものの、終わりは少しずつ近づいているわけで、最近は少し感傷的になりつつの食事です。



スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

旭屋(愛知県新城市) 

某立ち飲み屋の母体。



新城市では最も交通量の多い国道沿いですが、縦長の敷地で道路側に駐車場があり、店舗は奥の方にあるため気付きにくいです。

メニューは大衆食堂系でいろいろあり、この時は店名を配した旭屋御膳:2100円を。



日替わりの刺身と・・



カツ&エビフライ、ホルモン焼きのセット。

ハーフサイズ3品ではなく、通常のそれぞれの定食の量で3品。
客の年齢層は高めなので、誰をターゲットにしてるんだよというメニュー。



当日に仕入れた新鮮な魚を、大きな切り身の3×3にて。



ヒレカツ2枚にエビフライ2本。



看板メニューでもある鶏のセセリを使った旭屋ホルモン。
クセはなく独特の食感から、濃いめのタレで食欲沸かせる、なかなか良いホルモン焼きです。

定食で2千円は高価ではありますが、かなりコスパが良い定食と思われます。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

三河猪家(愛知県新城市) 

アンチエイジングにイノシシ料理を。



入り口の戸がシャッター閉まっているように見えますが、そういう柄です。



イノシシいろいろ。


イノシシ以外のメニューもあったりします。



ししヒレカツ定食:1760円

今回はカツを。
イノシシのヒレ肉は珍しいイメージですが、それを安定供給できるのが専門店ならではか。


見るからに野性味溢れて固そうな赤みでも、拍子抜けするほど臭みなくしなやかに。
ヒレなのである程度柔らかいのは分かりますが、味わいの濃さのわりにクセが追いつかない感覚にも。

調理は家庭料理ですが下処理は万全で、牛カツよりもクセがなくて食べやすい仕上がりです。

ちなみに店主さんは80歳を過ぎてイベントなども参加するサイクリストだそう。
大先輩に多大なる敬意を持って、ちょいちょい通っていこうと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

旭屋(愛知県新城市) 

国道151号沿いにある食堂系の和食店。



豊川駅前にある立ち飲み屋の母体でもあり、こちらで料理長をされている方が、夜は飲み屋の大将になります。

近所に住んでいる人の話によると、いつも駐車場はいっぱいだそうで、この日も少し待ちがあり。



メニューは和食の御膳、大衆的な定食・丼物、ウナギに寿司まであったりします。



その日の限定品も。



本日の限定:1200円

天ぷら&刺身で、立ち飲み屋で言うへい吉セットです。


立ち飲み屋の方もですが、ドクターフライと言う調理器具を使っているそう。
カラッとしてサクサク、少しヘルシー感がある仕上がりで重みなく食べられます。



これはトロ?味付けは塩気だけでも予想外の美味しさ。



サラダに茶わん蒸しにプリンまで付き、この価格の定食としてはかなりの内容。

大繁盛もうなずける優良店です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

二条(愛知県豊川市) 

もう数十年来になりますが、ちょいちょい通う近所の天ぷら屋。



店主もずいぶん高齢になるも、調理は全て自分自身のみの手で。
風貌はすっかり衰えても、目の力や無駄のない動きには全く衰えを感じません。



10月より増税分も含めてついに値上げに踏み切ってくれましたが、ごく微増で、もう1割は上げて欲しいくらい。



上天ぷら定食:1100円


エビ2本を含め10品で、知る限り基本構成はずっと変わらず。
並は頼んだ事ないですが、聞いたところでは数が減ってサイズも小さくなるとの事だったかなと。

油っぽさはなく軽さも感じられ、蒸しのニュアンスも感じられる火入れ。
揚げ物でありながら、常連含めて客層の多くが高齢者であるのも納得できる仕上がりです。



とんかつ:560円

こちらに必要なメニューではないですが、肉を食べたい人への配慮と思われ、ならば食べないわけにはいきません。

素材はもちろん、衣や油も上質な物ではないので、外食での天ぷらやトンカツが高級食の概念の方には向かないかなと。
ごく普通の材料を家庭料理を上回る調理で、それをリーズナブルな価格で提供する、理想の大衆食堂です。

ひょっとしたら増税のタイミングで閉店もあるかと思いましたが、まだ頑張っていただけるようなので、今後もありがたく通おうと思います。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム