FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

浜太郎餃子センター(浜松市北区) 

2018/01/13 Sat 12:45訪問
浜太郎


トンカツを食べて、道を挟んで向かいにある餃子店へ。

浜松餃子の有名どころになり、こちらの店舗は昨年3月にオープン。
製造工場、レストラン、持ち帰り用の販売エリアなどがあり、かなり大きな建物です。

今回は家でビールと楽しむため、冷凍餃子をテイクアウトで。



白餃子、赤餃子:各634円



併設の工場がガラス張りで見物でき、少し覗いてみましたが、ほとんど機械での工程でした。


20180113184345845.jpg
焼いてみまして・・


20180113184643022.jpg
中央にモヤシを入れるのが浜松餃子でしたかね。


20180113184832737.jpg
白餃子。

皮は少し厚みがあり弾力が強め。
粉は小麦粉のみではない気もしますが、かなりグルテンきいたようなムチムチ感があります。

白餃子は野菜中心でニンニクは入っておらず、天然コラーゲンが入っているそう。
穏やかな味わいですが、餡からはジュワッとした動物系のコクもほんのり感じられます。


20180113184628940.jpg
赤餃子。

こちらはニンニクも入り、全体的に豚の風味が強く、軽くスパイシーさもあり。
白と比べるとパンチがきいた感じになり、スタンダードな餃子の分かりやすい旨みあり。


白は野菜料理、赤は肉料理といった印象で、共に化学調味料は感じられず、わりと綺麗な味です。

この内容でこの価格で儲かるのか?といった感もあり、なかなか好印象でした。


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

二葉(東京都目黒区) 

2018/01/08 Mon 12:30訪問
二葉(ふたば)

20180108122600549.jpg
この日は東京に移動し、午前中はジムで過ごして近くでランチ。


20180108122609266.jpg
三ツ星レストランです (・∀・)

店内はわりと広めで、長テーブルに無骨な椅子がずらりと並ぶ相席前提スタイル。
綺麗ではないですが、不潔な部分も特になく、古い大衆食堂としては良い方なくらいです。


20180108122627133.jpg 20180108122638633.jpg
メニューは本格的ではなく家庭的な中華がずらりと。

入店時にチラッと見えた厨房は年配の夫婦2人でやられており、この時30人くらい客がいたのですが、この人数とメニュー数を対応できるのかと、ちょっとビビリました。


20180108164213569.jpg
タンメン:730円

TVで出たメニューらしいこちらを。

オーダーしてから気づいたのですが、タンメンを食べるのはたぶん初めて。
そもそも地元エリアのお店で、メニューにタンメンを見た記憶がないです。


20180108164236358.jpg
野菜炒めが乗ってる塩ラーメンみたいなイメージでしたが、スープはバターでも入ってるのかなという油分。

飲んでみると鶏ガラ主体のコクに、強めの塩ダレがきます。
化学調味料は多めではありますが、わりと出汁感もあり、旨み成分はどっしりあり。


20180108164247694.jpg
麺はかん水多めの黄色な中華細麺。
野菜はシャキシャキ感を残した良い感じの火入れで、野菜炒めオーダーも良いかなと思わせます。


さすが三ツ星だけに・・なのかどうか分かりませんが、初のタンメンは好印象でした。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

餃子のおたふく(愛知県豊川市) 

テイクアウト専門の餃子店。



国道151号線、ゴルフ5(旧アルペン)と吉野家の間くらいにあります。

ただ、車での進行方向からは店舗が見えないため、おそらくあまり存在を知られていません (;´∀`)
と言っても、すでに数年やっておられるので、それなりに固定客もいるのかなと。



餃子は2種類あり、焼き、生、冷凍の3パターンでの提供。 他におにぎりも売ってます。



ふく餃子(生20ケ):750円


たふ餃子(生21ケ):850円

材料が違うので値段が違うのは分かりますが、なぜか個数も20と21で違う設定。
価格を合わせるための調整ではないので、この1個差に何の意味があるのか謎です。


20180113184655073.jpg
特徴として、包み方があまいと言うか、重ね合わせただけみたいな見た目。
張り付いてはいますが、両サイドは完全に口が開いているような状態。


20180113184706152.jpg
餡はみっちり詰まっており、焼くとはち切れそうにも見えます。

ちなみに、焼き餃子でもたいして値段変わらないので、帰ってすぐ食べるなら焼いてもらった方が良いかなと。
まあ、自分で焼いたほうが上手いし美味いですけどね (・∀・)


20180113184744398.jpg
ニンニク少なめ、もちもち皮のふく餃子。

キャベツ多めで、野菜の甘みとシャキシャキさが特徴。
自家製の皮は市販の物に比べればもっちりしてますが、特別に弾力があるわけではなく。


20180113184726300.jpg
ニンニクたっぷり、ピリ辛味のたふ餃子。

ニンニクのみならず、ニラが入ってネギも多くなるのでパンチのきいた味になります。


特筆するような部分はないスタンダードな餃子ですが、食べ応えはあり、家飲みには良いです。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

日栄楼(神奈川県小田原市) 

2017/07/08 Sat 13:00訪問
日栄楼(にちえいろう)


東京への自転車旅の途中、小田原で中華ランチ。
小田原駅近くにあり、GWにたまたま横を通って気になったお店です。

駅前通りでもひときわ異彩を放つ、本当にやっているのかなと思わせる外観ですが、真夏に何時間も自転車乗ってると発汗量がすごく、こんな感じのお店しか入れません (;´∀`)


 
メニュー表が良い感じの汚れっぷりですが、店内も同様です (・∀・)

種類としては麺類が多めの中華食堂で、量は分かりませんが一品料理はわりと単価高めの設定。



餃子:400円

揚げ焼いたような棒餃子。
テイクアウトもやっているからか、厨房ではなく入り口側にある餃子専用らしきスペースで調理してました。


パリパリッとした噛み応えから、ブチュッと飛び散るような油分。
ニラの風味が特に強めで、肉やニンニクもしっかり感じられるコッテリ餃子です。

安定しているのか分かりませんが、意外と絶妙な火入れと油分に感じました。



サンマーメン:700円

神奈川の方のご当地ラーメンになるよう。


野菜のあんかけラーメンですがトロミは少なめ。野菜もモヤシがメインで穏やかな味わい。

初めて食べるのでこれがスタンダードか分かりませんが、あんかけっぽさは少なく、特に違和感ないです。


業務用っぽい中華麺に、業務用的に近いような化学調味料多めのスープ。
一応は魚介の出汁のようなものも感じられましたが、サンマではないです (・∀・)


餃子はインパクトありましたが、ラーメンは・・ですかね。
しかしやたらと種類が多く、サンマーメンは知ってましたが、バンメンという聞いた事のないものも。

通し営業のようなので、愛知~東京間のサイクリング途中でまた行ってしまうかもしれません (;´∀`)



2017年7月8,9日
日栄楼(小田原市:中華)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
飯田牧場(藤沢市:ジェラート)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

中国料理 清龍(愛知県豊川市) 

豊川の一宮エリア、砥鹿神社近くの昔からある中華食堂。


20170710123602f06.jpg
この辺では主要道路となる国道151号沿いにあり。
そんな立地の個人のお店としては珍しく、広い駐車場もあります。



メニューは何でもあり。
セットメニューも日替わりで少しありますが、基本は単品やコースです。



餃子:350円

やや大きめ。もっちりした皮で、肉も野菜もたっぷりと。



水餃子:350円

中華スープで仕上げられ、しっかり出汁をきかせながら重みはなく。



春捲:600円

トロミのある甘めの餡が入ったタイプ。



回鍋肉:880円

見た目ほど油っぽさはなく、穏やかな味付け。



青椒牛肉絲:1050円

分かりやすい旨み。鶏バージョンもあります。



干焼蝦仁:1050円

ケチャップを使った甘辛い味付け。



炸子鶏:850円

油っぽさはなくあっさりと食べれます。



麻婆豆腐:730円

辛みはピリピリからジワッと。ややチープな味の麻婆。



什景炒飯:600円

五目炒飯。ちょっと甘みあり。


メニューは本格的な中国語表記ですが、本場仕様ではなく日本人向けの中華料理。
お店自体も大衆食堂系ながら、そんなに安くなくボリュームも普通です。

ただ、最近乱立している中国人経営の安さとボリューム重視のお店より味は確かで、食後感がはるかに良いです。

自宅からママチャリ圏内なのもありますが、たまに食べたくなる味です。


category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム