FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

イルプルーのテイクアウト品。値段はメモし忘れました。



レリゼ

ブランマンジェと栗のババロア、グレープフルーツとリンゴなど。


アーモンド生地から軽い洋酒の風味とダイスのアクセント、ブランマンジェ部分も香り良く。
その間の栗はパッとせず、フルーツも浮いた感じで、バランス的にメレンゲも多すぎる印象。

どうも余分に賑やかすぎたような感覚があり、似たようなお菓子で「ロワイヤル」という物がありますが、食べるならそちらで良いなと。



ディヴェルション

ドーム型のチョコムースの中に洋梨、キャラメリゼしたポップコーンとピーナッツ。


チョコレートはムースリーヌっぽい口当たりで、ちょっとしつこさを感じるほど濃厚。
食感の方はポップコーンが常に主張して、これまで食べた事のない感じではあり。

ポップコーンが好きかどうかによると思われますが、個人的にはどうしてこうなった?と。



ル・トリアノン

ライムのダックワーズ、ピスタチオのビスキュイ、ソーテルヌのムース、メロンとフレーズデボワ。


これは好きな物が詰まっている系で、それを差し引いても満足する美味しさ。
うっとりするような貴腐ワインの香り、ミントの清涼感、旬の過ぎたメロンも味は弱いものの相性良く。

軽いのもあり、一瞬で食べ切って飲み切ってしまったほど好みの味でした。



エモーション・エグゾティック

パイナップルとパッションのシブースト。


これは危うい気がしましたが、アパレイユもクリームもゴワゴワ。
味の方は好みで美味しく感じましたが、食べるのがキツく感じるほど厳しい仕上がり。



コンフィダンス


厚いメレンゲにスライスアーモンド、キルシュ浸したブリオッシュ、中にフランボワーズとライム。
見た目の通りポロネーズ、普通に美味しく食べれるポロネーズで、それ以上でも以下でもなく。



タルトゥレットゥ・ルネッサンス・オ・フリュイ・セック


常温販売で、かなり滑らかで緩い感じのガナッシュ。
キャラメルの風味やカカオ生地も相まってとても濃厚で、甘みより酸味や苦味がグッと迫るように。

タルトショコラのイメージの枠を超える物ではないですが、しっかりした美味しさです。


こちらでは、ムースリーヌやシブーストクリームは絶句するほどのハズレを引く事がありますが、年に3回くらいしか行かない事を考えると、さすがにちょっとな・・と。

今後はアイス屋さんとしての利用ですかね。


スポンサーサイト

category: イルプルー

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

2018/09/17 Mon 13:00訪問
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ


続いて代官山へ。
新作がたくさん出ており、とりあえずひと通り食べておくことに。



店内ではアイス2品だけ食べ、他はテイクアウトにしました。



ラルデショワ:756円

栗とジャンドゥーヤの氷菓。


メインは栗のアイスで、中には栗そのものも入って、味わいはまったりほっこりと。
その中からブランデーらしき風味、ヘーゼルナッツのコクなどが突き上げるように。

ジェラート店では栗のアイスってちゃんとした味があった事がないですが、こちらはしっかり栗でした。



リネディ:756円

プラリネノワゼットとマンダリンの氷菓で、こちらは今年の新作になるようです。


オレンジの方からはレーズンやバナナも入ってとても華やかに。
プラリネからはヘーゼルナッツの風味が良くコク深い味わい。

それぞれとても美味しいですが、合わせた時の相乗効果はよく分からず。
ちょっと違う日にまた食べてみたい感じがあります。



残りの新作はテイクアウトで別記事にて。


category: イルプルー

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

2018/08/06 Mon 14:00訪問
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ


代官山に戻って肝臓の一休み。


20180806142617832.jpg
平日ではありましたが、昼過ぎの時間でショーケースはガラリとした寂しい状態で、売り切れにしないよう少しだけイートインする事に。



ワニタ:756円

いわゆるアイスケーキ的なものが2種類あり、もう1種は売り切れでこちらだけ。

イートイン専用メニューなので運ばれてくるまで現物が見られませんが、アイスはいつも想像より大きく、うおっ!となります。


バナナのアイスで、中の方はラムが香り、パイナップルとラムレーズン入り。
バナナはピンときませんでしたが、パインとラムレーズンの香りの良さが際立ってそれだけで満足感あり。

土台のココナッツ風味のダックワーズも美味しく、暑い日に良い気分になれました。



ココナッツとマンゴー:670円

トロピカルな物をもう1品。


口当たりの良いココナッツとマンゴーのムースで、リキュールの香りが強く出ており。
生地も軽く、どこかカクテルを飲んでいるような気分でした。


猛暑日に夏らしいお菓子が食べれて良かったです。




2018年8月4~6日
日記1 日記2 日記3
ソラノイロ(千代田区:ラーメン)
みはし(台東区:甘味)
谷中ビアホール(台東区:バー)
チキンマン(台東区:デリカ)
ジャンボドネルケバブ(台東区:デリカ)
うさぎや(台東区:和菓子)
マンマミア(文京区:ジェラート)
常陸野ブルーイング(千代田区:バー)
じゃんがら(千代田区:ラーメン)
フェブラリーカフェ(台東区:カフェ)
ふなわかふぇ(台東区:カフェ)
浅草メンチ(台東区:デリカ)
豊福(台東区:デリカ)
隅田川ブルーイング(台東区:バー)
亀十(台東区:和菓子)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
スプリングバレー(渋谷区:バー)
ファーイースト(渋谷区:バー)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
しゅういち(渋谷区:ラーメン)
よなよな(渋谷区:バー)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


category: イルプルー

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

2018/01/08 Mon 15:45訪問
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ

20180108165710927.jpg
続いて定宿に移動して、時間があったのでこちらへ。
いつもより遅い時間の訪問でしたが、この時はショーケース内に売り切れはないようでした。


20180108165718082.jpg
イートインが満席で待ちまでいたので、テイクアウトで4品。


20180108165725518.jpg
フレーズィエ:670円

こちらでは2年ぶり。

20180108165734890.jpg
何か生地が軽く、ふわふわしすぎているかなと。
アーモンドの風味はしっかりあるものの、食感が軽いため印象として物足りなさがあり。

イチゴも仕事されて香りはありますが、小さいのもあってか頼りなさがあり。
トータルとしては安定した美味しさですが、どうも軽さが目立って盛り上がらず、響くものがなかったです。


20180108165743164.jpg
プラリネのビスキュイとふくよかなコーヒー:670円

20180108165749828.jpg
生地は水分量が少なくボソッとした口当たりですが、とても力強いプラリネの風味があり。
コーヒーのムースリーヌもしっかりした味わいとコクで、コーヒー豆のかけらのような物もコリッと。

生地もクリームも単体で美味しく、直線的にズンズン来るものの、しつこさは感じません。


20180108165806408.jpg
ムース柚子:670円

20180108165817528.jpg
柚子はエグミもあるようなガツンとした風味で、予想以上にインパクトあり。
しかしそれ以上の感想はなく、確かに紛れもなくムース柚子ですが、逆に言えばムース柚子でしかないなと。

もう少し奥があるかなと期待してたので、ちょっと拍子抜けでした。


20180108165824967.jpg
ルリジューズ・ショコラ:616円

あまり見ない古典菓子。

20180108165834845.jpg
サックリしたシュー生地の中に、滑らかで味わい深いチョコクリーム。
絞られたバタークリームもコクがあって良いですが、やや単調なトーンが続いていきます。

珍しいので、あればつい選んでしまいますが、そんなに有難たがるものでもないかなと。


今回ショーケースを見てふと思ったのですが、これだけ原価と手間のかかるものをこの程度の売り上げで、この立地でこのスタッフ人数では、どう考えても儲かってないよな・・大丈夫なのか?と。

ちょっと微妙に思うことも増えましたが、もしこちらがなくなると大きな損失であり、僕が年に数回行ったところで何も影響しませんが、敬意を払ってなるべくお金を使いに行こうと思いました。



2018年1月7〜9日
はるみ食堂(御殿場市:食堂)
二葉(目黒区:食堂)
ポストフェリーチェ(目黒区:ジェラート)
アディクトオシュクル(目黒区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ
パリの空の下:ギャレット・デ・ロワ


category: イルプルー

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

2017シュトーレン:その11 

最後はイルプルーのシュトーレン。



マンデル・シュトレン:3240円



中央がボコッと出た3段になった山型で、重量は約460g。



マジパンが平たく入って、ドライフルーツたっぷり。

生地はジュッとするほどしっとりめで、なおかつホロッと崩れるような感もあり。
ミルキーさのある優しい甘みに、グッと来るバターのコク、レーズンやオレンジピールの華やかさがスパッと。

特にレーズンその物の美味しさが際立っおり、ラムの上質さも感じられ、さすがの美味しさでした。


category: イルプルー

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム