食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

つ久し(東京都目黒区) 

2018/03/23 Fri 12:30訪問
つ久し


続いて豆大福が評判のお店へ。

上生菓子や干菓子などひと通りあり、時期的なこともあってか餅菓子がメインな印象でした。



4品購入しましたが、その数量ごとの容れ物はないようです。



黒豆大福:180円

豆大福ではなく黒豆大福と言うことで、赤エンドウ豆ではなく大きな黒豆が使われており。


薄めの餅はふんわりした柔らかさで伸びが強く。
粒あんは水分量が多く甘さ控えめで、黒豆はふっくらホクホクとした口当たり。

通常の豆大福と比べると全体的にふわふわした食感で、塩気がないのもあって締まりのない感覚になりましたが、そういう物と理解して食べれば美味しい大福なのかなといった印象です。



草餅:180円


ヨモギの香りはそこまで強くなく、口の中で穏やかに膨らむようなイメージ。
餡は滑らかさがあり、甘さも押さえられて上品な味わいに。



道明寺:190円

長命寺もありましたが、馴染みあるこちらで。


綺麗すぎて逆に不自然なピンク色、要するに食紅の色合い。
桜葉の塩気は控えめ、餡の甘味も控えめで、色や形の綺麗さ以外に何の特徴もなく。



きんとん:260円

菜の花をあしらったもの。


大きめのそぼろは見た目ほどねっとりしておらず。
あっさりしており特別な風味はなく、人工的な色合いだけ目立ってしまう感じです。


いかにも老舗和菓子屋という感じで、正統派できっちりとしたイメージ。
ただ、合成着色料は別として、食感などから原材料に少し気になるところはありました。

その辺もいろいろ経験すれば確信できるのかなと、まだまだ勉強です。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

一幸庵 かしこ(東京都目黒区) 

2018/03/23 Fri 12:15訪問
一幸庵 かしこ


ついでに和菓子屋にもう1軒行ってみようと、そちらに向かう途中で見つけたお店。


7a64a311.jpg
なんと「一幸庵」の屋号が。
支店があったのか?と調べると、確かではないですが親戚がやられているとか。

とりあえず入ってみると、シンプルな餅菓子があるだけでした。



ちょっとガッカリでしたが、そのまま店を出るのも何なので少し購入。



わらび餅:160円

違う物であることは見た目と価格で分かりますが、一幸庵と言えばで。


さすがにわらび粉100%ではないものの、そこそこにわらびの香りあり。
ふわりとして弾力もあり、わらび餅のような普通の餅のような、中間くらいの口当たり。

餡もきな粉も問題なく、イメージ通りのお手軽なわらび餅風のお菓子でした。



ちゃちゃ餅:160円

茶葉がいろいろ入っている事を思わせる品名ですが、この状態ではヨモギしか香らず。


食べてみてもやはり軽くヨモギが香るのみ。
他も入っているかもしれませんが、イメージとしては控えめな香りの草餅。

ひょっとしたら、こちらの勘違いかあちらの手違いで、草餅だったかのもしれません。



桜餅:160円

桜餅は道明寺のみでした。


桜葉はしっかり塩漬けされ、トッピングの花びらも同様に。
葉っぱからの独特の風味は強めで、オーソドックスな道明寺らしい桜餅でした。



いちご大福:280円

あまり買わない物ですが、オススメらしいので試しに。


餅は求肥のようで伸びやかでしなやか。
白餡は控えめに、完熟のイチゴの甘みとほのかな酸味が心地よく。

美味しいですが、苺をただそのまま入れ、その苺の味に頼るものなので、店の味とは関係ないかなと。


「かしこ」の意味するところは分かりませんが、やはり全然別のお店のよう。

本格的ではなく、自宅で手軽に食べる和菓子屋さんといった感じでした。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ちもと(東京都目黒区) 

2018/03/23 Fri 12:00訪問
ちもと


この日は特にあてもなくブラブラと散歩を。
やけに人の出入りが多い店があるなと思ったら、聞き覚えのある店名だったので試しに。

品格のある老舗和菓子店で、お土産品としても有名な「八雲もち」なる餅菓子が名物のお店です。

上生菓子なんかも置いてましたが、客がいっぱいでよく見えず、八雲もちだけ購入。



1人30個までという制限があり、みなさん大量買いされていくので、つられて10個。



八雲もち(10個):1728円

特に何も聞かれず、化粧箱での提供。
税抜きで1個160円だったので箱代は含まれてないようですが、これと別に高級感ある箱の見本もありました。



1個ずつ竹皮に包まれており。



茶色がかった色合いで、つまんだ部分が変形したままになる柔らかな求肥餅。



中もクリームのような質感。
ふわふわした口当たりで、そこそこの弾力はありつつもシュッ溶けるような食感で、とても餅とは言えない軽やかさ。

味の方は黒糖の風味がふわっと香り、コリコリしたナッツの香ばしさのアクセント。
餅と思って食べると美味しいのか良く分からない感覚に陥りますが、独特の存在感はあり。



不自然なほどの柔らかさは、メレンゲを加えた羽二重餅になるよう。
さらにカシューナッツと黒糖で、原材料を知って食べると、あーなるほどね・・と感じます。

珍しさがあり、5日ほど日持ちもするようなので、お土産には良いのかなという感じです。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

うさぎや(東京都杉並区) 

2016/09/22 Thu 12:00訪問
うさぎや


ケーキを買って、東京での新規開拓に今回は阿佐ヶ谷に。
前日に日本橋で行ったどら焼きの有名店ですが、阿佐ヶ谷にもあったので食べ比べのために行ってみました。

こちらはイートインスペースもあり、専用の甘味メニューもあるようです。



日本橋と同様に、どら焼きともう1種購入。

たしか日本橋では消費期限が翌日でしたがこちらは3日のよう。
それぞれ独立したお店なので、レシピにも微妙な違いがあるようです。



どら焼き:190円

日本橋と比べると20円安く、やや小さめな印象。
生地の焼き色は浅く、中の餡が見られるくらいの挟み方です。


こちらも生地には蜂蜜の風味がありカステラのような風味。
ふんわり・しっとり感に加え、少しもっちりしたような弾力もあり。

餡は小豆の粒をしっかり残してあり、甘みもしっかりあります。



うさぎ饅頭:160円


ようかんで目と耳を付けうさぎに。
普通の薯蕷饅頭ですが、お土産などには良さそうです。


今後はどら焼きの研究もしてみようかなと思います (´∀`)



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

うさぎや(東京都中央区) 

2016/09/21 Wed 10:15訪問
うさぎや 本店


築地を後にして、テイクアウトのお菓子を買いに日本橋エリアへ行き、まずは有名などら焼き屋さんへと。

東京で3エリア4店舗ある和菓子屋で、本店・支店ではなくそれぞれ独立した店舗のよう。
こちらは本店の名称ですが、近くに販売店がもう1軒あるので、日本橋での本店という意味のようです。



3店とも親族での暖簾分けのようで、店内にはその事が書かれたボードもありました。



どら焼きと最中を2つずつ購入。



どら焼き:210円

大きくてずっしりした重みがあり、生地の焼き色は濃く、餡を挟むというより包むような形。


キメ細かな生地ですが中はエアリーさもあり、ふんわり感としっとり感がほど良いバランス。
蜂蜜の甘みがあるカステラのような味と、強めの焼きによる香ばしさもあります。

大粒の小豆で作られた餡は甘さ控えめで、粒の形を残して豆感をしっかり感じられるような仕上がり。

生地と餡の相性も良く、とても食べ応えのあるどら焼きです。



通り小町:110円


粒餡とこし餡があると言われたので1つずつにしましたが、両方こし餡のような感じ。
生地も含めて違いはあるので、ひょっとしたら粒餡ではなく、つぶし餡なのかもしれません。

皮の部分は香ばしく、水あめでねっちょりした餡と合わせて、最中独特の張り付くような食感もしっかりあります。


どら焼きはなかなか美味しかったです。
保存料などの添加物が入ってないので、シンプルでナチュラルな美味しさを味わえました。

翌日に別店舗にも行ってしまいましたが、また近くに行ったらどら焼きを買っていこうと思います。



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム