FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

行雲流水 

これからは季節に合わせて、春秋はアウトドアスポーツ、夏冬はインドアゲームで生きていこうと。

両極端ですが、運動における体力強化に加えて、格ゲーにて動体視力や反応速度など強化。

そして、完成フィジカルモンスター。


で、かなり涼しくなってきたので今日からアウトドアモード。

とりあえず10kmランニングから始め、4分半ペーススタート、徐々に上げてラスト1kmは3分半。
基本メニューですが、久しぶりでは心拍がやたら高く、最後は190まで上がるわ脚はもつれるわ。

2年ぶりに190なんて見てビビって、実際に窒息するかと。
普段というか本来は、4分前半で130~140、ラストも170台だったはず・・

フィジカルの不安を感じつつ、田原市までサイクリングを。

30kmほどで市内に入り、蔵王山という山へ。
緩く短い峠なのでキツさは全くないですが、早々とケツの痛みが・・



展望台にて。
エンジョイ勢になって不要になったのがメーター類、あり得なくなったのがビンディングシューズです。

他には、ビブパンツもデメリットの方が多いかなと。
寒さを感じる時期には良いですが、あれはリュック背負ってるのと同じような暑苦しさがあります。



建物自体は小さいですが、山の上の施設のわりにお金をかけられており。

山を下り、ランチタイムまで時間があったので少しフラリと。



良い感じの公園があったので行ってみると、石段があったので当然ダッシュ。



主に工場しか見えず。



田原ポーク食べて帰宅。

約80km、自転車に乗っていたのが3時間、食事などで降りていたのが計1時間ほど。
その程度で、家に着くころにはケツの痛みに耐えられないくらい。

自転車通勤くらいの運動はしてたものの、驚異的な弱り方をしたような・・
ほぼ休憩なしで東京まで300kmとか、何がどうなれば可能なのかさっぱり分かりません。



今週は東京ゲームショウに行こうか迷ったと言うか、大会に出てみようか迷ったのですよね。

日本でも優勝賞金500万。そんな時代が来るとは。
さすがに今は大会レベルではノーチャンスですが、もう少し本気出して取り組むべきか悩むところ。

こんな感じだとフィジカルモンスターどころか、いろいろやって何もかも中途半端になるパターンの匂いがしますが、もうこの先は楽しければOKです。


スポンサーサイト

category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

得るは捨つるにあり 

最近感じたことですが・・

評判のお店に行ったけど期待外れだった・・というのは、当然ながら誰しもある事で。

それが味にしろ、客層など含めたお店の雰囲気にしろ、人には好みがあるわけで、どこに行って何を食べても良かったと感じる人は逆におかしいと言えます。

結局は、行って食べてみて「そんなに・・」と思うなら単純にそのお店と合ってない、「何コレ?」みたいに思うなら正反対の相性という事になるのかなと。

お店側はそれを良いと思っており、それを好ましく感じている人がたくさんいるわけですからね。

それは飲食店に限らず、人や物も同様で、自分がイマイチに感じる部分に好感を持つ人はいるし、逆もまたしかり。
相性が悪いと分かっている物事に関わっていくのは、大きく言えば人生をムダにする事になります。

選ぶより捨てる方が難しいところはありますが、前向きに、取捨選択をしていこうと。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

 

今年も地元の名酒を入手できました。



蓬莱泉(ほうらいせん):空(くう)

東三河ではお酒を飲まない人でも知っている、日本酒が苦手でもこれは飲めるという人が多いとか。
毎年少し味に違いがあり、香りで例えればメロンだったり青リンゴだったりします。



日本酒が苦手でも飲めるって、クセがなくスッキリしてるって事で、個性がないとも言えます。
他メーカーの同クラスではもっと好みの銘柄もありますが、日本酒くらいは郷土愛を示しておこうと。



摩訶(まか)

蓬莱泉のフラッグシップになる数量限定品で、空の倍まではいきませんが、倍に近い価格。
そのくらいの価格になると僕のような小物は気軽に飲めず、特別な日に飲みたいところ。

しかし、特別な日などあるはずもなく、半年以上経過中・・

蓬莱泉ですと、もう一つ「吟(ぎん)」というフラッグシップ級もあり、空も含めてその3種は生産数が少ないため、普通に買うことはできません。

空でもプレミア価格で720mlが1万円前後だったりしますしね・・売ろうかな・・・

もし一般人が個人で買うなら、酒屋にて普段から高い酒や売れ残りそうな酒をよく買って、ポイント還元みたいに売ってもらうイメージですかね。

まあ、僕は親からの遺産を受け継いだ形で・・ってまだ生きてますが。



で、今回は木箱に入った酒を買ってみました。



海底熟成。なんか汚れてます。

これもいつ飲む時がくるのか分かりません。



三猿。

本格焼酎ですが、1升2千円ほどの安さ。
果実味のある香りがあり、この価格としてはかなり良く、1日5合は飲んでも良いと思います。

焼酎は気軽に飲むものという位置付け、日本酒はもう少し構えて飲むイメージ、ビールは語るとキリがないのでヤメておき、ワインもいろいろ試したいですが手が回らない感じ。

ちなみに、別に酔っ払いたくて飲んでいるのではなく、最近はたいして美味しくない酒を飲むくらいなら、水か炭酸水の方が良いくらいになりました。

「酒は喜びを倍にし、悲しみを半分にしてくれる」なんてことは思ったこともなく、世の中から酒がなくなっても多分困りません。

特別に必要ではないからこそ、飲むならば美味しい物を、酔うのなら美味しい物で酔いしれたいです。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

グランドデザイン 

ややこしい名前の足の甲の靭帯を軽く痛め、全治に1ヶ月以上かかるのではないかとの診断。
だったら2〜3週で治るだろうなーの予定でしたが、全然治りません。

「歩く」という行為が避けれないので、安静にするのが不可能なのですよね。
だいぶ良くはなり、大きな痛みはないですが、3歩進んで2歩下がるみたいな回復状態が続いてます。

しかし、今年の夏は山登りをしよう、天気が良ければ毎週どこかの山に行こうと考えてたのですが・・

最終的に、愛知から富士山5合目まで自転車で行き、ダッシュで山頂往復して、サラッと自転車で帰って来ようと。
そんな山をナメきった計画を立ててましたが、今期は山にボコられることなく自爆しました。

3連休の来週末には、何とか自転車で20km/hの速度なら走れるくらいまで回復して欲しいところですが・・


で、今週もできる範囲での上半身の筋トレを挟みつつ、延々と格ゲーの練習をしており、かなり鍛られてます。

回復しなかったら、この夏は、マッチョな格ゲーマーというワケの分からない人間になろうと思います。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

サンクコストの呪縛 

先週の話ですが、ランニング中に足の甲に痛みが出て、段々と悪化していき、まさか疲労骨折か・・と。

ただ、体重乗せると痛みがあるものの、座ってれば問題なく。
そして少し腫れもありながら、触れても大きな痛みはなく、よく分からないまま病院へ。

診察の結果、骨ではなく靭帯損傷との事でした。

年に1度はどこかを疲労骨折するので、今年から生命保険に骨のヒビだけでもお金が出るのを付けたのですが、残念ながら回収できず・・・

ついでに言うと、独り身なもので生命保険は死亡は極めて薄めに、病気や入院などの方を厚めにしてますが、幸いと言えるのか全てが埋没費用となってます。


で、しばらく安静にするべく、先週から空いた時間は格ゲーしかやってないのですが・・

足を洗おうと思いつつ、何だかんだで、旅行中以外はゲームも毎日30〜60分くらいやってます。
と言っても、ゲームを楽しんでいるのでなく、日々少しでも練習を・・という感覚。

ランニングも自転車も格ゲーも、真剣にやるといつしかその行為は「練習」となり、それを止めてしまうと、これまでの努力が埋没費用になってしまうと感じるのですよね。

運動なんて怪我する強度でやる必要などなく、疲労骨折を覚悟するほどの練習を積み重ねる理由はどこにもなく、ゲームが上手くても何もメリットはないと理解していても、ここまで来て止めれない状態。

現状、まだ成長や進歩を実感できているため、悩むことなく続けれますが、これ以上がないと悟った時にどうか。
飽きて諦めつつも惰性で続けていくより、新しい事に挑戦した方が生産的ですが、止める勇気があるだろうか。

今さらですが、継続していかないと衰える趣味って面倒ですよね。
苦労は多くても、1度身につければ一生使えるみたいな事ないかなーと。


しかしながら、格ゲーは療養中のこの2週間でかなり詰めれた感覚に。

あいつ半端ないって! 
大パン発動見てから、めっちゃ昇竜合わせてくるもん。
そんなんできひんやん、普通。

・・みたいな事を昔ゲーセンで言われてましたが、今もオンラインの向こう側で言われているに違いない。


まあ、このままいろんな事を続けていくには、1日が30時間はないと足らないので、そろそろ何かを諦めなければ・・と感じる日々です。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム