FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

プロパガンダ 

ちょっとビールの買い出しに名古屋へ。

数店舗の酒屋の中間くらいのコインパーキングに車を止め、積んできたママチャリで移動することに。
せっかくなので朝から行って、名古屋めしモーニングから。



開店同時に満席レベルですが、喫茶店なので回転は悪く、行くなら朝一かなと。



今回はジョッキに入ったアイスコーヒーを試してみるも、やはりブラックでは2口でギブアップ。

小倉トーストは安定の美味しさですが、あくまでもアンパンの範疇の話であり、観光客かサイクリスト以外は並んでまで行くほどではないです。


で、朝からやっているメインの酒屋へ。
柳橋中央市場の付近にあり、市場は凄く賑わってて、凄く魚臭い所だなと。



ワイマに出資している有名店で、輸入ビールが20%オフとの事で、交通費かけても行かなければと。
で、実際にいろいろ見てたら、主に国産ビールとジンを買い漁ることになり、あまり恩恵受けれないという。



続いての買い物ついでに、ちょっと遠回りして庄内川の堤防を。

ここは一般車両は通れず全力疾走もできる感じで、名古屋にも良い練習場になる所があるものだなと思ったら、途中で清須市になって、なるほど!と。



パン屋にも一軒。

スベる人気店のイメージでしたが、そもそも名古屋と言うか、愛知には突き抜けて美味しい物を作ろうとしているパン屋はないような気も・・まあ、そんな店は全国にもほとんどないと言えますが。


そう言えば、名古屋行くなら一応お嬢様に声かけないとマズイかなと思いましたが、いよいよ週に15回くらい寿司屋に行き出したようで、僕を相手にしているヒマもないだろうなと。



1度食べてみたかった、迷ったら全部!の具現化。
名古屋なので「うそ中」じゃなくて「きそ中」にして、何かよく分からない満足感あり。

お嬢様は絶対に食べないと思いますが、僕は毎朝寝起き直後でもいけます。



続いてサンドイッチとビールのお店でテイクアウト。
ブリックレーンの姉妹店と思ったらこちらがメイン?



そして好みのビールを押し付けに東郷町へ。

酒にこだわりのあるパティシエの作るお菓子は間違いないデータがあります。
あ、2人しか知りませんが、2/2で、確率100%のデータです。


で、地元に帰って、今夜はビールが苦手な女子と、酒そのものも苦手な女子に、俺がその概念を覆すような美味いビールを飲ませてやるぜ!企画。



白穂乃香がダメなら厳しいかなと思いましたが、おー!っとなって一安心。
ソラチは微妙だそうで、クラフトジンはソーダ割りでも早すぎたなと。

まあヘタに大手ビール慣れがなく、「ビールはこういう物だ」という感覚がない分、対応力は高い気も。
その感覚があって、なおかつ普通が一番な保守的な人はまずムリです。



で、一気に超上級編へ。
これが究極、五次元の世界だぜ!・・でしたが、彼女たちは宇宙には辿りつけませんでした。

買いたくても買えない、飲みたくても飲めない人が大勢いるビールなのに、ムダな事してすいません。
こういうケースも考え物なので、今後はこのメーカーのビールは僕が全部飲み干します・・いやーツライなー。

ちなみに、右のキティだったか、赤ワインとジンジャーエールのカクテルは無限にイケるらしく、映えるらしいです。知らんけど。



まあ、苦手なイメージのものを見直してみたい、興味のないジャンルでも試そうとする事は素敵です。
そもそも、誰しも今現在に好きな事は、数年前までは全く興味なかった事がほとんどですよね。

個人的に、恐れるべきは挑戦しなくなることで、今以上を望まなくなったら人生も終焉かなと。

「知らない事があるのならば知りたいと思う、普通でしょ?」な方、お声かけお待ちしてます。


スポンサーサイト



category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 4   

2019東京行き:4回目 

レアケースで出張的なものが急に入って、今日明日と・・まあ、相模原なのですが、1日半ほど。
今日は10時~17時くらいまで、明日は朝~昼までの予定で、終わったら会社へという面白くないスケジュール。

唯一自由がある今晩、同行2名は安い居酒屋とラーメン屋に行くらしく、さらに面白くないので単身東京へと。

で、パリ空かオギノか。

両方行く時間はなく、せっかくの営業日なのでパリ空へ行くべきですが、今日はいろいろと厳しそうで、遅くに行ってすっかり枯れたショーケースを見るのは精神衛生上良くないなと。

オギノはできれば土日に自転車で行きたいものの、しばらく土曜日に休める気がせず、なにより今は肉を食べたい気分。



で、パスチャーフェッドビーフとやらのリブロース特盛りを。



フレジエは食べれませんが苺は食べました。

最強の食事。


と、今回はそんな変則的でつかの間の東京行きでした。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

リインカネーション 

昨年は少し太って、少し体力も落ちたかなと。

人として問題あるレベルではないですが、気軽に自転車で東京往復できるくらいの力はキープしておきたいので、この年末年始の休暇は身体作りに費やそうと。

とりあえず午前中ランニング30km、午後は筋トレに、格ゲー動画観ながら飽きるまでローラーで軽く脚を回すというプログラム。

が、早々と4日目の元日にしてヒザが痛くなり、その後は本読んでるか、酒飲みながらゲームやってるかの連休となりました。

こんな事なら、セレブお嬢様みたいにフランス旅行は無理でも、沖縄にでも行って安宿泊まって毎日散歩してれば良かったなと。


で、今年は格ゲーを本気になりすぎないため、常に酒を飲みながらやるという素敵なルールを作りましたが、それだけでは足らないので、キャラ変えしてあまり練習せずに対戦していこうと。



何でも良いのですが、ふと気になったのが「春麗(チュンリー)」。

ストリートファイター知らない20代女子でも、波動拳・昇竜拳、春麗くらいは聞いたことあるそう。
「しゅんれい」でなく「ちゅんりー」で予測変換されるくらい、地位を確立したゲームキャラです。


ただ・・僕にとっては昔の女なのですよね。
今さらなーという思いもあるし、別れる事になったとは言え僕の心には「かりん」がいるし。

何より、今はずいぶん扱いづらい子なってしまったようで、ちょっとないかなと。



しかし魔が差して遊んでみたら、何か分からないけど面白いのですよね。
元のトップランクでネット対戦したら30連敗以上しましたが、なんて魅力的な子なんだろうと。



どれだけ好きな事でも、だんだんと純粋な楽しさは薄くなって打算的になってしまうものなのですよね。

理由は良く分からんけど楽しいって最高か?
計算や打算のない純粋な思いこそ、真の楽しさだと気付いた新年です。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

歳月不待 

1年の計ですが、やってみたい事がありすぎて、今年も1%くらいしかできないだろうなと。

ひとまず、何か未経験な事を完全初心者からゼロスタートしたいのですが、1人で気軽にできる事はあまりないのですよね。

スポーツ系やフィジカル要因が強いものだと、全然ゼロスタートにならないですし。


そう言えば、不思議なことに「多才で何でもできるタイプ」と思われている事があったりします。
さらに不思議なことに、今までそういう意味の事を言われたのは女性ばかりで、たぶん男0:女20くらい。

男女では、見かたや感じかたは違うのでしょうけど、それにしても極端。
なお、多少なり好意的と思うのですが、恋愛感情とは間違えないようで、皆さんしっかりしてます。


で、現実はですね・・・

何でもできちゃうんですよ、これがまた。

いやー隠しきれなかったかー爪をー。


まあ、実際のところは、どんなジャンルでも趣味レベルなら、真剣に取り組んでいれば、実際は大したことなくても、相対的に「できる人」側になってしまうものです。

そして僕の場合、何かを追及してないと自分に自信が持てないだけで、必ずしもその分野を上達したくて取り組んでいるわけでなかったりします。

なので、そこそこ楽しければ別に何でも良いかなーと。


とは言え、どう過ごしていても1年が終わるのなんてあっという間。
それは、何をしていようが着々と最期に近付いているという事実でもあります。

合わないと分かった事を続けていくヒマはないし、合わない人と関わるのも時間の無駄。

なるべく意味のない時間を過ごさないようにしていきたいものです。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

ギフテッド 

人生で最も輝いていた時期は?

・・と、考えても、そんな時期は一度もないですが、ずっと日陰にいながら、うっすらとでも光が差していた時があるなら、20歳前後に格ゲーに打ち込んでた頃だろうなーと。

その当時は大ブーム、であるがゆえゲーセンには常に上級者しかおらず。
新規や初級者が気軽に入れる環境ではなく、必然的に一気にブームは終焉を迎えました。

しかしそれ以降も、その状態がどんどん濃くなっていったようで、現在はかなりイッちゃってます。
約20年ぶりにやり始めた時、ちゃんと上手い人たちが下位ランクでひしめき合っておりビックリしました。

なので、今から新規で格ゲーを始めて上級にいくのは、それなりの努力だけでは不可能です。

「いやいや(笑)、ゲームやるのに努力って、お前・・(爆笑)」

というのが一般的な感覚と思いますが、格ゲー界はそんな極めて少数派の変人しかいないよう。
そして、周囲からそう思われても気にせず続けられるメンタルを持つ変人なので、まあ人間強度高いです。


そんな世界に再び飛び込んでみて・・

もう今では自分より上手い人・強い(勝てる)人は大勢いますが、人間性能的に自分より凄いと感じる人は、正直言っていないかなーと。

ああ、俺にも1つだけあったんだな・・天からの贈り物が・・・と、改めて気付かせてくれました。

しかし、今のゲーム性では、それは必ずしもプラスの要因だけでなく。
守備範囲が広すぎるがゆえにエラーも多くなる、みたいなケースがままあります。

実際に大きな大会で勝っている人は、常人離れした反応ができるタイプでなく、丁寧に堅実にみたいなタイプが多いのですのよね。


そんな部分にジレンマを感じつつも、そろそろ大会も出てみればワンチャンあるかなと思い、そこを来年の目標設定としてましたが、よく考えたら別に勝ちたいわけではないのですよね。

知識を得たり技術を高めたり開発したり、日々進歩していくのが目的で、勝敗は重要ではない。

実際に、たまに「こう攻めれば簡単に勝てそう」という噛み合い方の相手もいますが、そう悟ったらそれはやらない、それで勝っても得るものはない、面白くもなんともない。

自転車レースなんかもそうですが、結果だけ求めると、良からぬ事を考えるチンケな人間になりかねない。
何より、ただ勝つ事だけを目的にしていると、純粋な楽しさが失われます。


今年1年改めてやってみて、才能やセンスは別として、格ゲーって楽しくて仕方ないんですよね。
合っている・向いているって、こう言う事なのかなと。

それをつまらないものにしたくないし、今後も長く楽しんでいきたい。

ひそかに世界一を目指してましたが、一区切りつけまして、来年はエンジョイ勢に移行です。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム