雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

非日常茶飯事 

今週は、昨日までかなり走り込みと筋トレで追い込みまして、今日はもう1歩も走れないくらいの肉体破壊状態で、久しぶりに自転車に乗ることに。

冬は自転車乗って楽しいことは何もなく、ローラー乗ってた方がマシなので、実走は元日以来になります。
真冬にLSDとかロングツーリングとかできる人って、ただ純粋に自転車が好きなんだろうなと感心します。

で、寒さも和らいだので、岡崎あたりの近場にサイクリングがてら食事に行こうかと思うも、数か月間放置してあったパナチタンが何か怪しく、整備に時間がかかってイヤになったので、中止して近所で回復走を。



ただ、こっちの自転車は良く考えたら1年ぶりくらいでした (;´∀`)


ミニベロでレースに出てた当初、「ロードの部では話にならないから優勝したくてミニベロの部なんでしょ」的な事を言われたこともあるし、そう思っている人がほとんどだろうなと感じました。

実際に、初めての時はそういう意図もあったし、わざわざ遠くまで行くのだから何か賞品もらっておきたいみたいな部分はあり、それを否定することはできません。

しかし僕も、(自称)ミニベロ地位向上委員会・会長(会員は自分のみ)として、「ロードでは話にならないから」の部分は否定する義務がある、言葉ではなく身をもって証明する義務がありました。

ミニベロで優勝といっても、ロードのトップに2LAPも3LAPも差をつけられてたら論外。
悪くても先頭集団ゴール。普通できっちりローテにも加わっての総合優勝争い。究極はロードの1位に先着かと。

そもそも、好きで勝手に乗っているのだから、ハンディとか言うのは逆に卑怯になります。
むしろ、ロードのトップと同等に走れてようやく互角、勝ってそれで初めて互角以上でいいと思います。

最近のミニベロ界はどうですかね・・・
また、あまりに見下されてたら、元会長として地位向上に出向きましょうかねー。



サイクリングと言いながら結局は周回練。

冬場の向かい風ってホントに全然進まない・・200kmとか乗れる人スゲーっす。


20170226162930002.jpg
ちなみに、この新城市富岡のコースは自宅から10kmちょっとの所ですが・・・

今月の初めに、飼い猫が脱走しまして行方不明に。
周辺をいくら探しても見つからず、数日が過ぎ、よりによって雪も降るような時だったのでさすがに諦めました。

が、8日後に新城警察署から電話が来て、なんと猫を保護していると。



首輪の名札と連絡先により救われたのですが、見つかったのが富岡の辺りらしいです (;´∀`)



これがちょっと耳の不自由な猫でして、そうでなくても歩道を通るわけでないし、信号や一時停止を守るわけでないし、そんな遠くまで無事に行けるはずがないのですよね。

しかも、そんなにやせ細ってもなく、たいして汚れてもなくで、全くもってミステリーです。

富岡のどなたかが警察に連絡してくれたそうで、今日は感謝の念を送りながら走りました m(__)m



またレシピ本買ってしまいました。

なんとも困ったことに・・たいていの物は自分で作った方が美味しいです。
と言っても、レシピ通りなので料理の才能は関係ないのですが (;´∀`)

あと最近気付いたのは、本当に美味しい物を食べてないと、美味しい物は作れないかなと思ったりします。
で、来月はパン買いに東京に行きますが、さらに2日もレストランの予約に成功しました。

何だかんだで楽しみがいっぱいの日々です (´∀`)


スポンサーサイト

category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

リフレーミング 

もともとは、気分転換に水泳をやろうとジムに行き始めたのですが、最近は筋トレの方がメインになってきました。

と言っても、筋トレがランや自転車に特別な効果があると確信したわけではないです。

基本的には、ランでも自転車でも、まず明確な目標をしっかり立てる・・・例えばフルマラソン○時間切りであれば、そのペースで走る練習、その距離や時間を走る練習が絶対で、他の事はあまり重要ではないという考え方です。

実際にランでも自転車でも、そのやり方で目標を達成できました。

しかし、同じ事をずっと続けていると、見込める成果が予想できる反面、限界も悟れてしまいます。

現状維持で良いなら今まで通りを続けていくのが最善ですが、もっと良くなりたいのなら、失敗に終わるリスクも覚悟で全く別角度からのアプローチを試したほうが良いのではと。

また、正論に沿って型にはまりすぎると、他のいろんな可能性を潰してしまうのではと考えた次第です。


で、結果はまだ分かりませんが、ジムにはいろんな目的の人がいるわけで、さりげなく観察していると面白いです。
また、インストラクターは学生時代に何かの競技をしていた人ばかりで、話を聞いて参考になることも多々あります。

さらにボディビルダーはかなりキテおり、「筋肉は裏切らない」とか気持ち悪いことを平気で言います (・∀・)

しかし、この言葉は1つの真理でして・・・そもそもスポーツにおいては、努力はたいして報われません。

持久系のスポーツは、球技なんかより努力が反映されるほうですが、それも中級者レベルくらいまでの話かと。
努力次第で誰でもトップレベルになれるわけではないし、レース結果が練習量の順位になることはありません。

しかし、筋肉というのは努力そのものの結果であり、多少の差はあれ誰でも必ず報われます。

また、ランでも自転車でも、一生懸命に練習しても速くなるとは限りませんが、多少の暴飲暴食を繰り返したところで何の影響もない引き締まった身体を維持できます。

そういう意味で「筋肉は裏切らない」は名言ですし、そのボディビルダーは思考が全て「筋肉のために」だそう。
明確なビジョンを持ち、それに対してとても真摯で勤勉なところに、敬意を持たない事はできません。

まあ、気持ち悪いですが (・∀・)


あと、ジムには行く時刻も滞在時間もバラバラですが、いつ行っても必ずいる女性がいます。

延々と有酸素系マシンをローテし、プールでウォーキングもされるのですが、いつも計8時間はやってる感じ。
40歳前後と思われますが、僕でもビビるほど黙々と続け、誰かと話をしているところは見たことありません。

何を目指している方なのか謎で、ある意味「今一番気になる人」と言えますが、僕のような者がうかつに近づいたら「何ですか気持ち悪くてホント無理ですごめんなさい」とか言われそうで、声はかけれません。

あ、別にその人がそんな雰囲気とかでなく、僕は知り合った女性全員にそう言われる自信があります (`・ω・´)

この俺にかかれば、どんな女でも「ゴメンナサイ」と返事するに決まってるぜ!です (´;ω;`)


・・まあ、何の話か分からなくなりましたが、狭い世界で生きていると常識がなくなるので、少し視野を広げてみる、他の世界を見てみるのも良いかなと思います。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

カルマ 

先週の事ですが、恥ずかしながら、肋骨を疲労骨折しまして・・・ヒビなので日常生活に大きな制限はないのですが、まあまあ痛いです (ヽ'ω`)

疲労骨折は極めて軽度も入れると、ここ数年よくやります。

もともと体質的に、ひ弱でか弱く弱々しい子でして、本当は体力そのものがありません。
逆に精神的には、我慢強く粘り強く打たれ強い子なので、さらにケガに繋がりやすいと思われます。

疲労で骨が折れるなんて、よほどの虚弱体質なのか、折れるまで気付かないほどのタフさだと思われますが、両方だと高確率で発生するようです (;´∀`)

まあ、何事も代償なしでは得られません。 元の資質が低ければなおさらです。

で、先週末はうかつに動きすぎて後悔したので、今週末は自炊でしたが、最近好んで食べている物をいくつか。


20161230121243528.jpg
このレシピ本は良いです。
それまでプロテイン補給と思って仕方なく食べていた鶏むね肉が、ご馳走になりました。

高価な食材でも豪華なメニューでなくても、何なら不味くても、自炊なら悪くない物を食べれます。
どんなに低カロリー高タンパクでも、良くない添加物が入ってたら理屈では弱ります。



お菓子作りに、チョコレート2kgとココアパウダー1kg。

僕もそうでしたが、ほとんどの人は「準チョコレート菓子」なる、その名の通りの紛い物をチョコレートと信じて育っているので、本物を食べると多少なり驚きがあるようです。

経験則から例えると、2万円のMTBルック車から30万円のロードバイクに乗り換えた時くらいの差です。



料理ではないですが、最近は浅煎り豆とフレンチプレスが定番です。
数年前までは両方とも否定的でしたが、何事もいろいろ変化があり、変わることも必要です。

例えば、もし若い頃の理想が中年以降も同じであるなら「素晴らしい」よりも「危うい」が大きいかなと。

そんなような、どうでも良いことをいろいろと考えていた1日でした。


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 4   

グルテンフリー 

世の中、いろんなジャンルにおいて○○が良いなどの情報が溢れてますが、人それぞれ姿形・性格・体質・嗜好が違えば、相性もあるわけで、誰にでも好影響をもたらす物事なんて存在しないかと。

健康に良いと言われる食品しかり、効果的と言われるトレーニングしかり、実際にある程度の期間を試さなければ、自分に合うかは分かりません。

僕はいろいろと実践してみますが、元々あらゆる資質が一般平均よりかなり劣るせいか、良いと評判の事が合わないと感じるケースが多いです。


そんな中、年明けから試してみたのが「グルテンフリー」の食生活。
大雑把に言えば麦類を排除する食事で、ジョコビッチがこれにより覚醒したとの話が有名です。

ダイエット効果も非常に高いとの事ですが・・・
パンNG、麺類NG、揚げ物ほぼアウト、洋菓子ほぼアウト、駄菓子も限られ、ビールもダメと。

それはもう・・イヤでも痩せますよ (;´∀`)

さらに突き詰めるといくつかの調味料や添加物もNGとなるので、コンビニで売ってる食品なんかはほぼダメとなり、それはもう・・イヤでも健康的になりますよ (;´∀`)

その代償として精神面に悪そうですが、ただ、それも実際に体験してない人が言い切ってはいけません。


で、僕はパンや麺類、最近ではお菓子系も休日の外食でしか食べないので、1ヶ月くらいなら可能かと、引きこもることの多いこの1月に実践してみる事に。

3週前に2日間出かけた時にだけ、外食で小麦が入ったものを食べたりビール飲んだり、ガレットデロワを1台食べましたが、それ以外は基本的に米、鶏肉、玉子、野菜、オリーブオイル、ナッツ、果物、コーヒー、芋焼酎のみ。

うっかりグルテンが入る物を食べないよう、調味料も使わずにそれらしか食べないよう徹底。
まあ、1ヵ月だし、わりと好物ばかり食べれて量の制限もないので、それほどの苦痛はなく続けれました。

で、体重は減らないものの体脂肪が減り続け、この寒い時期でも例年になく身体の動きにキレを感じたり、10時間ほど本を読み続けたり勉強していても、いつになく頭が冴えてたりを感じます。

他にも細かな部分で、良い部分も悪い部分でも少し気付く事がありますが、それら全てがグルテンフリーによるものなのか、単純な節制によるものなのか判断しかねる部分はあります。

それでも結果的に、効果と言うか、変化を感じる事はできました。

で、ここにきて禁断症状なのか、パンや麺が食べたいと言うか、麦の風味を感じたいとの欲求に悩まされてます。
また、炭酸飲料もアルコールも欲しているわけではないのに、やたらとビールが飲みたいと感じます。

実は、人生で麦類を一切摂らない日は意外にも少ないので、微妙な中毒になっているようです。

で、僕の中で「gluten free」の効果の結論は出たし、ジョコビッチも最近不調だし、ここらで終了して、しばらくはリバウンド的な「gluten full」な食生活を送ろうと思います (・∀・)


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

ゲルニカ 

今年読んだ本で何が面白かったかなと振り返ったところ、「何よりもこの1冊」というのは思い浮かばず。

ただ、物語の内容とは関係なく、ちょっと考えるところがあった本を。



暗幕のゲルニカ

上半期の直木賞と予想しましたが、ハズレました。


ピカソがゲルニカを描いた時代の、史実にフィクションを交えた物語。
9.11のNYのテロの時期の、フィクションに史実を交えた物語。

空爆から始まる2つの時代が交錯しながらストーリー展開していきます。


で、作品の事は良いとして「ゲルニカ」について。

僕はこの本を読んで初めて、ゲルニカの絵の意味や意図を少しながら理解できました。

しかし僕のような凡人には、ゲルニカはもとより、ピカソの絵の良さは全く理解できません。
存在感や凄味は感じられますが、それはネガティヴな印象からです。

ピカソを理解できると言い切れる人は、芸術への才能や知識が優れているのか、あるいは異才の持ち主なのか。
または、こんな俺って凄いだろうアピールの意識高い系か、俺には分かる気取りの中二病か、そんな人だと思います。

ピカソの絵を自宅に飾っている人は僕の理解に及びません。
ましてやゲルニカを現物よろしく、壁画のように自宅に設置しているなんて異常です。



生き物とは思えない形をした人や動物の、モノクロームの阿鼻叫喚の図。

しかしこれは、「偉大なる画家」の「反戦」をテーマにした作品。
困ったことに、その2つの事実がこの絵を否定してはいけない気にさせます。

それでも、個人的な純粋な感想として、ただただ気持ち悪いです。
そして、恐怖や死を描いている絵を自宅に飾って、普通に生活できる神経も気持ち悪いです。

文字通り、凡人とは"住んでいる世界"が違うんだろうな・・・
なんてことを実感させられますが、実は何も考えてない、考える能力がないだけかもしれません。

まあ、僕のような凡人がもし部屋に絵を飾るなら、ピカソより"普通に"ラッセンです (・∀・)


category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム