FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

海鮮食堂 魚増(兵庫県洲本市) 

2019/04/27 Sat 11:30訪問
魚増(うおます)


続いて洲本市の中心部に移動し、鮮魚店が運営する食堂へ。
昼2時間のみ営業、その間でもご飯が売り切れたら終了という変わったお店。

観光地の行列店で、さらに専門店ではなく、かなり危険要素が多めですが、儲けるつもりのない営業形態なのでイケそうかなと。



記帳システムで、1時間に到着して一番乗り。ヤマモトさんは記入例です。
30分前に様子見に行くと5組ほど、10分前に戻ると15組ほどの待ちでした。



魚介系の定食メニューで、クチコミではタコが評判良いのでそちらを。



たこ天丼定食:1500円


タコはプリプリと弾力あり、味わいは濃厚に。
下味は塩気くらいで、天丼のタレも薄味ながら、タコの風味はしっかりと。

しかし、天ぷらとしては油の切れが悪くベットリするような油っぽさがあり。
開店最初の調理なので油自体に劣化はないものの、どうにも重苦しく、ちょっと衣を剥がしたい感じにも。



さらにご飯もベチャッとし、最初はタレでベチャついているのかと思いましたが、タレ自体は少量で、ご飯の炊き方の方に問題があるのかなと。


魚ではなくご飯が売り切れたら営業終了という事で、あまり調理を頑張る気もなく、家庭料理も謳っているので正しいとも言えますが、これはちょっとなーと。

ちなみにメニューで唯一調理の難しそうなアナゴ丼は、別の専門店の焼きアナゴを使用と書いてあり、なかなか潔くはあります。

と・・まあ、そんな感じでした。


スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

あさじ(兵庫県淡路市) 

2019/04/27 Sat 9:00訪問
あさじ


GW10連休は淡路島スタートで、まず最初の食事はアナゴを。



炭火焼きのアナゴを販売するお店で、アナゴ単品だけでなく、弁当タイプのアナゴ丼やおにぎりも売られており。
イートインの店舗もありますが、そちらはランチタイムのみ営業。



外にも飲食スペースがあり、サイクルスタンドも完備です。



アナゴ丼(並):760円


作りおきの販売ではなく、オーダー後に仕上げるようでご飯はホカホカと。
開店直後なのでアナゴも焼き立て近いものと思われます。



香ばしく焼かれ、蒸しでも入っているかのようなふんわり感も。
淡白にも感じるさっぱりした味わいですが、臭みも全くなく、柔らかな旨みが広がるように。

付け合わせのタレがびっくりするほど甘く、合わなくはないですが、山椒とか欲しくなる感覚にはなり。


炭焼きのアナゴってあまり聞いたことがなく、手間がかかっている感じもありながら、とてもリーズナブル。
大盛りにしておけば良かったなくらいの満足感で、幸先よい旅のスタートになりました。


category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム