食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

グランドキリン:その7 

こちらはなかなかやる気があるようで、新作ペースが早く、ファミマならどこでも売っているよう。



オレンジピール、コリアンダーシード入りのスタンダードなベルジャンホワイト。

白濁さはなく、香りも弱め。
オレンジの風味はありますが、小麦由来の風味は薄く、後味にスパイシーさはあるもドライ感の方が強めに。

キリンラガーや一番搾りしか飲んでない人には斬新かもしれませんが、クラフト慣れした人には凡庸かなと。

前日の東京クラフトしかり、「水曜日のネコ」なんかもそうですが、国産メーカーのベルジャンホワイトは総じておとなしめです。



グランドキリン1
グランドキリン2
グランドキリン3
グランドキリン4
グランドキリン5
グランドキリン6
グランドキリン7


スポンサーサイト

category: ビール(国産大手)

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

サントリーのTOKYO CRAFT:その4 

東京クラフトの第5弾。



ベルジャン ホワイトで、原材料にはオレンジピールやコリアンダー入り。

柔らかな果実味のある香りがあり、味はスパイシーさは弱めにオレンジの爽やかな風味押し。
炭酸はそこそこですが口当たりは軽く、苦味もほぼなく、オレンジだけが控えめに主張。

それなりに美味しく飲めますが、相変わらず絶妙なほど小さくまとまった感じです。


ちなみにサントリーは東京クラフトはやる気ないのか、取扱店があまりなく、少なくとも自宅から半径10km以内のコンビニでは売ってません。

昨年冬限定のヴァイツェンは結局買えないまま販売終了したのですが、なぜか台湾のスーパーに大量に売られており、かろうじて台湾で飲めました。

シリーズ全体でそんなに美味しくないですが、全然ダメってこともなく、価格も普通のビールと変わらないので、普段常飲するにはけっこう良いのですが・・

まあ、これが売れると、プレモルが売れなくなるからってところですかね。



クラフトセレクト1
クラフトセレクト2
クラフトセレクト3
東京クラフト1
東京クラフト2
東京クラフト3
東京クラフト4


category: ビール(国産大手)

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

キリン:一番搾り 超芳醇 

一番搾りの期間限定品。

コンセプトとしては、ただの濃厚バージョンみたいな感じのようです。



ノーマル品と比べれば、色も濃く、香りもやや強めかなと。
味の方も確かに濃く、それでいて重みはなく、甘みの余韻もあって後味もスッキリした感じはあり。

単純な濃いバージョンという感じでもないですが、味わいとして深みがある事もなく。
ただ、意図はしっかりしており、分かりやすい限定商品だなといったところでした。


category: ビール(国産大手)

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

エビス:ザ・ホップ2018 

お中元ギフト用に毎年販売されていたものですが、今年は数量限定で通常販売もされました。



綺麗な緑色のラベル。

ノーマルのエビスより香りがあり、ちょっとプレモルに似たニュアンス。
味の方もエビスとしては苦味は弱く、爽やかでフルーティな方向性に。

品名にするほどホップ感は強くなく、味わうよりはグビグビいくタイプですが、エビスの中でもわりと良いです。


category: ビール(国産大手)

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

ジャパンプレミアムブリュー:その4 

ジャパンプレミアムブリューより、前3品とは系統が違って、こちらは新規格対応のビールになります。



ビアチェッロ

品名は造語のようで、「リモンチェッロ」というレモンリキュールがありますが、そのイメージで作ったらしく。
原材料は、麦芽、ホップ、グレープフルーツピール、オレンジピールと、柑橘系が2種類入っており。

香りはフルーティさを感じるも、優しく控えめな立ち昇り方。

味の方はオレンジ由来の風味が強く出ており、甘みのある果実酒のような第一印象。
その一方でビールとしての味がしっかりあり、何より苦味もちゃんとあります。

何と言うか、甘いのに苦い。



ジューシービターと銘打ってますが、そんなイメージ。

果実系を添加したビールって基本的には苦味を抑えたものであり、個人的にも「ビールじゃないもの」「少し軽いもの」「甘みが欲しい」みたいな気分の時に飲むものでした。

メーカー側も、ビールが苦手な人を対象に作っている部分があると思います。

しかし、これは絶妙かつ微妙なバランスでビールと果実酒を両立している感じがあります。

純粋な美味しさや好みは別として、今後の展開に大きな期待を持てる1本でした。



ジャパンプレミアムブリュー
モザイク&シトラ
ネルソン・ソーヴィンの真髄
ポラリス&アポロの魔法
ビアチェッロ


category: ビール(国産大手)

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム