雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

サントリーのTOKYO CRAFT:その1 

サントリーのクラフトビール枠の新製品。



右側の、TOKYO CRAFT(東京クラフト) 〈ペールエール〉

左のクラフトセレクトで出していた物と同じと言っていいパッケージですが、新たに東京クラフトシリーズとして展開していくみたいです。

狙いや意図は読めるようで分かりませんが、ちょっと迷走してますかね。
一発ネタなら良いですが、継続するものなら方向性がコロコロ変わってはいけないかと。



どう考えても中身は同じものですが、一応飲み比べてみました。

以前と同様に、香りは強くほのかに柑橘系の風味、苦みはそこそこありつつ全体的にはさっぱりと。
飲み比べると少しすっきりした感じやコクが強い印象でしたが、単純に鮮度的な問題かもしれません。



東京武蔵野の工場で製造しているらしいですが、先日かなり近いところまで行きました。
工場見学ができ、試飲など面白そうな事もやっているので、そちらは1度行ってみたいところです。


スポンサーサイト

category: ビール

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

紫芋焼酎 

ちょっと焼酎でもポリフェノール取ろうかと思いまして、紫芋の焼酎を。



西酒造:紫薩摩宝山

紫芋焼酎はフルーティな甘みが強いものが多いですが、こちらはわりと芋らしい風味もあります。
それでもタンニン由来の甘さが勝ちますが、まあ、それを望んでの物なので良い塩梅です。

紫芋は安いもので5種類しか飲んだことないですが、こちらが最も良かったです。


category: 焼酎

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

蓬莱泉 春のことぶれ  

蓬莱泉の期間限定商品。



春のことぶれ

中身はだいたい「空」 と同じらしいのですが、空が1年くらい熟成させているのに対し、こちらは火入れせず即出しのようです。

そんな新酒と言うのか生酒なので、空に比べて文字通りフレッシュ感があり。
青りんごのような風味があり、1口目は甘い・味が濃いと感じつつ、スッと消えてさわやかな余韻。



搾りたての生酒なので要冷蔵。当然ながら冷で飲むことになります。
パッケージ的にも花見で飲みたい感じで・・・まあ、花見とかやりませんけど (;´∀`)

空に近づくのか分かりませんが、もう1本を数か月寝かせて、味の変化を調べてみようと思います。


category: 日本酒

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

栗黄金芋焼酎 

「栗黄金(くりこがね)」と言う種のさつま芋があり、数年前に1箱取り寄せた事があります。

ほとんど見ないし聞かないので、「幻の芋」と言う凄い肩書きがあります。
ただ、どうやら作っている農家が少ないための希少価値であり、特に高価というわけではありません。

そして、特に美味しい物でもありませんでした (;´∀`)

そんな芋が使われている焼酎もあり試しに。



濱田酒造 海童 栗黄金 芋 25度 720ml

なにぶん幻の芋なので数量限定販売。
ただ、他メーカーも作ってますし、これも1200円ほどで高いわけではなく。

すっきりした口当たりで、味や香りに優しい甘みのあるタイプですが、これといった特徴はないです。
そのまま飲めば良いですが、割ってしまうとスポイル感が出て、かなり物足りない風味になります。

ちなみに品名に栗が入った芋ですが、芋そのものの方は焼いてねっちり、蒸して栗に似たほっこり感ありましたが、さすがに液体にしてしまうと栗っぽさはなく。

栗黄金は、焼酎ではなく芋そのものを食べるのが良い感じでした。


category: 焼酎

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

グランドキリン 

キリンのクラフトビール枠のグランドキリン。
わりと以前からありましたが、最近ではたいていのコンビニで見かける感じになりました。

瓶なのでいろいろ面倒な部分があり、積極的に買おうとは思えませんが、よく行く酒屋がケースで安売りしているので、たまにうっかり買ってしまいます (;´∀`)



IPL(インディア・ペール・ラガー)

クラフトビール定番のIPA(インディア・ペール・エール)ではなくラガー。

ディップホップと言う特殊な製法でホップを強調させているらしいですが、香りはそれほどなく。
ビターな苦みが強いものの、特徴的なものはなく、ただの飲みやすいラガーでした。



ヴァイツェンボック

同じくディップホップ製法で、ちょっと色濃い、小麦使用の白ビール。

小麦とホップの香りが良く、少しバニラのような風味もありつつ、燻製香のようなものも。
まろやかで口当たりが良く、フルーティな甘みに、適度な苦み、かすかな酸味、余韻は甘みが残ります。

無濾過で、アルコールも7.5%と高く飲み応えもあり、国産大手のクラフトビールでは一番良い感じでした。



十六夜の月・カリプソIPA

作秋の限定品。製造終了てますが、酒屋なんかではまだ売っている・・売れ残ってる?

エール特有のフルーティな風味で、もう完熟した果実くらいの香りと甘みがあります。
ちょっと果実酒に近い方向ですが、ビールにもこういう選択があると良いなと言う感じです。



夜間飛行・アンバーエール

こちらは今冬、昨年末からの限定で、もう製造終了ですがたっぷり売られています。

黒ビールっぽく見えますが、麦茶っぽいブラウンで、重厚な苦みをイメージして飲むとかなりの甘さ。
香ばしさや苦みもあるのでカラメルっぽい感じで、糖類入りすぎているような不自然な甘みです。


少しクセもありますがヴァイツェンはなかなか好みでした。
たた、前述の酒屋でヴァイツェンだけまだセールが出てないのですよね。

出たら買い占めようかなと思ってます (・∀・)


category: ビール

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム