FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

エチゴビール:オールウェイズ ア ヴィット 

昨年から微妙に名前の変わった夏の限定品で、生姜も入ったベルジャンホワイト。



柑橘を絞ったかのような濁り方、明るいシトラスとスパイシーな香りが相まって。

少し粘性のある口当たり、爽やかな甘みをスパイスが引き締めて、後味には生姜のピリピリした刺激も。
ふわりと柔らかな小麦甘み、オレンジピールの爽やかさ、刺激あるスパイス感が綺麗に共存した感覚あり。

ゴクゴク飲んでも、ゆっくり味わっても良さそうなベルジャンホワイトです。


スポンサーサイト

category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: エチゴビール 
TB: 0    CM: 0   

瀬戸田レモンエール 

生口島:瀬戸田の地ビール。

製造は「山口地ビール」という会社で、販売は瀬戸田でレモンのお菓子などを製造している「島ごころ」という会社になるようです。



やや濁りがありレモンイエローよりはオレンジ、麦芽と柑橘が混ざったような香り。

柑橘特有の渋いような苦味の強い味で、それがダラッと終始持続。
原材料は麦芽・レモン・ホップの順で、レモンを強調していると思われますが、ネガティブな部分だけ出ている感覚。

柑橘果汁入りのビールは良くありますが、他のビールのように明るさや爽やかさは全くなく、「そうじゃない」という感じでした。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コナビール:ロングボード 

ラガータイプ。



白ビールかなと思うほど少し濁った淡いイエロー、フルーティな香りが少し。

バドワイザーやハイネケンを思わすような軽さですが、スカスカではなくもう少し味わいもあり。
爽快感のある苦味と澄んだような甘みが持続し、風味が弱いので後味は当然スッキリと。

美味しくはないですが、状況次第では無くもないみたいなイメージです。


category: ビール(海外)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: コナビール 
TB: 0    CM: 0   

蓬莱泉:吟醸grappa 吟の精 初垂れ 

三河の関谷醸造:蓬莱泉からの焼酎。
数量限定品でなかなかのレア物らしいですが、一本回していただけました。



「吟醸」「グラッパ」「吟の精」「初垂れ(はなたれ)」と、いっぱい名前が付いており。

グラッパはおおむねマール酒で、本来は葡萄カスの蒸留酒ですが、吟醸グラッパというオリジナルの造語。

初垂れは一番搾り的なニュアンスで良いと思われ、この「吟の精」の品名の焼酎は定番物もありますが、希少な初垂れVer.だけが数量限定にるよう。

で、吟醸酒粕100%の一番搾りだけで作られた蒸留酒という事になり、いかにも凄そうですが、そんなに高くなく720mlで3千円強、箱も一応別売りだったりします。



香りは強烈ではないものの、ギュッと凝縮されたようなフルーティな吟醸香。
確かに雰囲気としてマール酒っぽさはありますが、香りは青りんごのような爽やかさ。

ちなみにアルコールは44度もあり、45を超えると焼酎の区分にできないので、ギリギリの調整になっているそう。
それでもアルコール臭さもエグいような刺激もなく、ジワッと馴染むように身体に染み渡る感覚に。

思ったより好ましい香りがあり、初垂れではないノーマル品とも飲み比べてみたいところです。


category: 焼酎

thread: お酒  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

梅錦ビール:ピルスナー 

愛媛の「梅錦山川」という老舗酒造会社のビール。



香りはモルトもホップも感じられるも、ラガー特有の金属っぽさに感じる部分が少しあり。

口に含んだ瞬間からくっきりしたコクと苦味、後半にかけて甘みや酸味も感じられ、後味には苦味が残って。
輪郭がはっきりしてボヤけた感じなく、鼻に抜けるホップの香りにも爽やかさがあり。

飲んでみるとネガティブな印象も消え、万能タイプのしっかりしたピルスナーです。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

tag: 梅錦ビール 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム