FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

プレモル “初摘みホップ” ヌーヴォー 2018 

この時期の恒例品。
ちなみに「ヌーヴォー」は「新しい」などの意味で、酒の場合はその年の初物とか新酒とか。



香りはノーマルと比べると明らかに強く、花より葉のような青っぽさのある香り。

飲んでみてもホップに香りと苦味が強めに、鼻に抜ける香りもホップ感。
ノーマルに比べて甘みや爽快感は薄まるものの、もうひと伸びあるような香りの余韻があり。

これも美味しい方のラガーで、プレモルは大手商品としては良く出来ており、もし飲食店で出てきたらホッとしますが、コンビニで定価で買うにはちょっと躊躇する感じ。

飲むのは飲食店のみ、買うのはメーカーの思うツボですが限定商品のみです。


スポンサーサイト

category: ビール(国産大手)

thread: ビール  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

サッポロ:冬物語2018 

暖かい日が続いてますが、暦はすでに冬と。

大手ビールメーカーも、売り上げが落ちる秋冬には季節限定品をいくつか出しますが、その元祖の商品がこちら。
なんと今年で30年目になるそうです。



30周年パッケージはシンプルに。

色は濃い目で、クリーミーに立つ泡までやや褐色がかった色合い。
明らかなロースト風味はないものの、それっぽいようなコクはあり。

入りはエビスを思わせるような麦芽のコクやホップ苦さを感じるも、後半は副原料由来と思われるすっぽ抜けるようなスッキリ感。

まあ、狙ってやっているなら見事であり、大手のラガービールとしては美味しい方でした。


category: ビール(国産大手)

thread: ビール  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 6   

金しゃちビール:プラチナエール 

ゴールデンの方は限定でしたが、プラチナは通常ラインナップのよう。



かなりの濁りがあり、ヴァイツェン特有のバナナ系エステル香。

口に含んでもバナナ風のまろやかな甘みで、小麦麦芽よりは果実味な甘さのイメージ。
飲み進むと次第に柔らかな酸味が感じられ、全体の印象も柑橘系の風味に変化。

とても穏やかながら味に奥行きがあり、よく出来た白ビールだなーと、しみじみ感じられる味わいです。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

僕ビール、君ビール。流星レイディオ 

新たな数量限定品。
いつも通り意味不明なネーミングで、今回はライ麦使用のペールエールになります。



綺麗なブルーにいつものカエル。謎のキャラも続けていれば何の違和感もなくなると。

最初に立ち昇る香りはマンゴー系。マンゴー風味のカクテルよりもトロピカル。
口に含むとペールエール特有の柑橘アロマに変わり、まだちょっと青さのある柑橘のイメージ。

フルーティな甘みから入り、IPAのような渋い苦味、後味にはほろ苦さがチリチリと残るイメージ。
ライ麦と特定できる風味はないですが、全体的な軽さの中に独特の力強さを感じられます。

しっかり甘くてしっかり苦く、でもスッキリした味わい。

1本で終わるのは難しいビールです。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

銀河高原ビール:デュンケルヴァイツェン 

秋限定品のヴァイツェン。



酵母入りで濁ったブラウン、まったりとした甘さを感じるロースト香。

口当たりはまろやかで、ヴァイツェン特有のトロピカルな甘み、小麦の甘み、カラメルの甘み。
ホッとするような甘みとコクがあり、なおかつスッキリとした綺麗な味わい。

焙煎麦芽でも、コーヒーよりはミルクココアのような風味。
休日の寝起きでゆっくり飲んでも良いような、そんなイメージのビールです。


category: ビール(国産クラフト系)

thread: ビール  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム