食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2018夏旅:中日 

湖畔にて一夜明けまして・・

諏訪湖って標高750Mとかあって、地元の最も高い山と同じくらい。
深夜~明け方は気温も下がり、網戸カバーで余裕でしたが、幹線道路沿いのため騒々しく。

全然寝れそうもなくネットカフェにでも逃げこもうかと思いましたが、満車レベルで皆さん寝てるので負けないよう、サバイバル能力高めれるよう、何とか一泊。



朝食は・・傷んではないものの、ちゃんと劣化はしてました (;´∀`)

今日の目的地は東御市。

諏訪からは片道約70kmと、自転車で余裕ですが、目的はビールを何本か買って帰るつもり。
峠超えもありリスクが大きく、帰って来て諏訪湖畔でもう一泊も厳しいので、一山分を車で移動。



長和町の道の駅へ。

敷地内に日帰り温泉、22時まで営業の飲食店、さらにコンビニもある最強の車中泊スポットらしいです。



自転車で移動し、東御市に入って海野宿。



これは渋い。



まだ店も開いてない時間でしたが、ほとんどは民家なので閑散としており、観光要素は低め。
しかし、観光要素が高い宿場町は人工的で興ざめするので、個人的にはこういった方が好きです。

中山道だと、馬籠宿はちょっとチャラいですよね。


この後はヤッホー・ブルーイング:よなよなの里に行く予定も、よく調べると要予約の工場見学のみ?
よく分かりませんが物販などはやってないようで、行っても仕方ないかなと。

で、ランチタイムまでの時間稼ぎで遠回りしながら上田市へ。



素晴らしい!・・と、思ったら500Mくらいで自転車ロードは終了。



またロースカツ。

猛暑の三連休、朝から夜までほとんど屋外にいる予定。
そこで重い物を食べてこそ、内臓が鍛えられます・・知らんけど。



東御市に戻って、今日の目的地は予想以上に登りました。



オラホビールの直営店とレストラン、経営は違うと思いますが日帰り温泉施設もあり。



これに出会ってすっかりファンに。

トレードオフになる要素を上手くまとめられ、よなよなエールでは太刀打ちできないほどのバランスの良いペールエールで、300円で買えるビールでは日本一美味しいと思われます。

このビールは通販購入にて常備してますが、他の種類はもう少し値段が高く、さらに要冷蔵。
クール便で1ケース取り寄せると1万くらいになり、好みに合うか分からないので勇気要ります。



で、試しに1本飲むためには、現地まで来て買うしかないと。



しかし猛暑の中、自転車で汗流しながら峠を登り、ビール買っても飲めないって、なかなかの拷問レベル。



さらに要冷蔵のため、保冷剤代わりにコンビニで冷凍ペットボトルを買って、自転車の重量が計5kgくらい増える拷問。

この芳香剤入りの水は飲みませんが、保冷剤としては威力あります。



避暑で高地に来たはずなのに、さらなる拷問。

このくらいの気温で、日焼け止めのリップクリームが溶けてました。
ちなみに、そんなに日焼けは気にしませんが、目と唇は守ってます。



牧場直営のジェラート販売と思ったら、チャラいカフェだった店に入ってしまい、コンビニチックな物を食べるハメに。


道の駅に戻ってひとまず温泉に入りながら、さすがに今日は車中泊ムリかなーと思ってたのですが、16時過ぎに外に出ると風が強くなったのもあり涼しく感じるほど。

駐車場は風の通る端を確保できているので・・



限定品:雷電のIPAはイマイチ、ヴァイツェンは素晴らしい、水色のは毎日飲まないと気が済まないので家から持ち込んできてます。


夕食は施設内の食堂に行くべきだろうなーと考えてましたが、すぐ近くに興味深いお店があったので行ってみることに。



沖縄そば。
けっこう本場に近い感じで、美味くはないけど良かったです。



売店に売っていたヤッホーの地域限定品で第2ラウンド。

コンビニにも地ビール売ってるし、長い夜になりそうです。


スポンサーサイト

category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

2018夏旅:初日 

この夏は登山&クラフトビールを巡る旅の予定でしたが、ケガもあり中止の方向に。

しかし、今週になって軽い運動なら痛みがない程度には回復し、せっかく天気の良い三連休なのでとりあえず行ってみるかと、山と地ビールに溢れた長野へ。



7時過ぎに諏訪湖到着。
朝からランニング、ウォーキングの人が多数です。



周回コースが16kmあり、ひとまず1周歩いてみて、どの程度の運動が可能なのか確認する事に。

しかし、目的地への移動のために歩くのは良くても、歩くために歩くのはキツいなーと。

16kmって本気で走れば1時間弱なので、たいした距離ではないイメージでしたが、よく考えたら車でもそこそこ遠い (;´д`)

いざとなったら走ればいいやと思ってたものの、徐々にケガの箇所からイヤな感覚が出て、ショートカットもできないので、このままゆっくり歩くしかないと。



10kmで2時間以上。このくらいの時間で終了する予定でした。



登山はとてもムリそうなので、歩きながら予定を練り直しつつ何とか走破・・歩破ですけど。
久しぶりに「本当に大丈夫なのかな・・」という不安にかられました。

すっかりランチタイムになってしまい、諏訪湖と言えばうなぎ。
土用の丑シーズンにうなぎを食べたくないですが、他に良さそうな物もなく、やむを得ずすぐ近くの有名店へ。



ご飯の中に3枚、別添えで3枚・・なるほど。


で、相変わらず肉体疲労はないのですが、精神面にダメージを受け、今日は近辺を散歩程度のサイクリングにてお茶を濁しておくことに。



隣の茅野市に。
なぜか何度か通ったことのある道を迷わずサーッと。


 
ジェラート。



明日の朝食用もかねてパン屋に1軒。
今日は35℃とかあるらしいですが、リーンなハード系でも明日の朝まで無事にもつのか・・

何の問題もないなら、それはそれで食べ物として危ういのですが (;´∀`)


 
諏訪エリアに戻ってジェラート。茅野市の方がだいぶ良かったです。



下諏訪宿。

東海道五十三次はイマイチ感ありますが、中山道の宿場町は趣ある所が多いのですよね。
・・という事実を思い出して、明日・明後日の大まかな計画が決定。



夕食は人生で最も分厚いとんかつを食べ、諏訪湖畔に戻って日帰り入浴。



何と建物が重要文化財!
浴場は完全にテルマエロマエ!



諏訪湖を眺めながら、諏訪の地ビールを。

で、そのまま諏訪湖畔公園で車中泊予定。
暑くてムリそうなら周辺に宿がたくさんあるので、とりあえず挑戦してみます (;´∀`)


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

2018初夏旅:最終日 

ぐっすり眠れ、AM4時前に出発で東京から愛知に。

交通量の少ない早朝なら、いつもの湘南に出てから箱根越えの静岡入りより、国道246号を突っ切った方が早いしラクそうなので、今回はそのルートで。

スタートして予想通りの順調な流れ。
車の方は高速道路なのかなーくらいの勢いで流れており、特にストレスなく沼津に出て1号線へ。

神奈川までは曇りで、時間が早かったのもあり気温も低く、下りでは冷えるほどでしたが、静岡に入ると日差しが強く急激に暑くなり。

集中力が切れるまでは休憩なし、あわよくば最後まで休憩なしで帰るつもりでしたが、しばらく進んで静岡市内に入ったところで交通量も激化し、予定より早いのもありちょっと食事でもするかと。

ここまで文字通り朝飯前の170km走行で、全行程の半分以上は終了。
まだ10時過ぎだったので、お店が開いてそうな清水漁港へと。



初め来ましたが、コンパクトながら見どころ多いです。



飲食店もたくさんあり、何か頼めばマグロカツが食べ放題のお店も!



2軒は行かないとカロリー的に追い付かないところ、こちら1発で摂取完了できました。

食事終了し、元のルートに戻るも、昼前にもなると交通量はさらに増大。

パリ空&オギノドーピングで体力は有り余っているので、遠回りになるも海沿いの150号を行ってみることに。
と言っても実際はほぼ海など見えない幹線道路なので、海の見える御前崎の岬の方に行きついでに有名店へ。



準備中になってますが、店を出た後の写真。
つまり閉店間際に行ったのですが、少し待ちでした。



写真では分かりにくいですが、何となくオーダーしたら人生で最も大きい焼き魚を食べるはめに。

ちなみにクエのカマ焼きで1000円。
謎の上乗せ料金取られるんじゃないかと妙な期待してましたが、本当に1000円でした。


食事終了してまだまだ余裕で終盤戦へ。

行きたい所、やりたい事があるとして、「1人でも」行きたい・やりたいのかって、度合いを表すと思うのですよね。
1人ではできない事は別ですが、「1人では楽しくないからイヤ」と言うなら、たいした欲求ではない。

よく言う、「目的」ではなく「手段」って事かなと。

あくまで自分の知る限りですが、自転車が趣味の人も、1人では乗れない人が大半でした。
ましてや長距離・長時間となると、できるは1割にも満たないイメージ。

全然悪い事ではないですが、それはやっぱり自転車に乗ること自体、きっと目的ではなく手段ですよね。

そういう意味では、ですよ・・・

1人で300km以上乗れるって、自転車大好きじゃないとできないのでは?
ましてや、やった事ある人も極めて少ないだろうし、年に何回もやるヤツなんて日本で僕だけかと。

どうやら僕は・・・日本一自転車が好きなヤツの可能性が出てきました。



夏至に近いだけあって、明るい時間に帰って来れました。

まあ、ロングのトライアスロンに比べれば、きっと散歩みたいな運動強度です。

しかし・・東京が近所に感じてきました (・∀・)



2018年6月14~17日
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

2018初夏旅:3日目 

今日も雨が続く予報でしたが、明け方には止んだようで、終日曇りの予報に変化。
早朝ランニングしながら何やるか決めようと外に出ると、久しぶりになかなか冷えるコンディション

今日は最高気温でも18℃らしく、軽いジョギング程度なら良い気候、つまり散歩するには絶好な日と思われ、ぶらりと歩いてみることに。

ぶらぶら歩く所と言えば、個人的には商店街。

駅前の商店街って田舎だと壊滅的ですが、東京は活気があって面白い。
世田谷・目黒の周辺はけっこう行きましたが、いろいろ見ながら歩いているだけで楽しめます。

で、拠点の池尻から10kmくらいの範囲の中で、興味のあった高円寺に行ってみることに。



純情商店街!僕にぴったり (・∀・)

が、ちょっとイメージとは違い、小洒落た店やチェーン店系が多い感じ。
まあ、夜になるとまた違った顔になるのかなと。



ひと通り歩き、素敵な名前のお店へ。

入ってから、そう言えばハンバーグ縛りだったのを思い出しましたが、まあ、どうでも良く。
先に決めておいた方がラクな部分もありますが、どうしても受動的になってしまうのですよね。



で、能動的に揚げ物とビール。

昨日の渋谷エリアのハンバーグもそうでしたが、東京の大衆的なお店って競争が激しいせいか田舎町より安いくらい。
内容からだと、地元の店ならもう1~2割高いだろうイメージです。


勢い付いて、クラフトビールが飲める所を探すも、昼はやってないようで、缶ビール買って飲みながら移動。
そう言えば、東京は人口多いのでいろんな変わった人を見ますが、酒飲みながら歩いている人は見ないです。

酒飲みながら歩くとかクズなのかしら・・



かなり戻って下北沢。
場所によって流行ってる物が違って、下北沢は行列のできるカレー屋がたくさんでした。

いろいろ見回るも、やはりクラフトビールを飲めるところはなく、さらに戻って三軒茶屋方面に。



角打ちならぬ有料試飲を楽しみ、散歩終了。
計30kmほど歩きましたが、実にちょうど良い気候でした。

ちなみに、早朝の15kmランと30km散歩のどちらが疲れるかと言うと・・
まあ、どちらも全然疲れませんが、しいて言えば散歩の方ですかね。


歩きながら飲んでたせいか、ほろ酔い以上の状態でオギノへ。
今日はシェフがトライアスロン出場のため不在のイベントデー。



和牛ハンバーグ食べ放題!
この内容でたったの5000円くらい!
東京でもたぶん最大の価格破壊!



とりあえず分かったのは、ちゃんとしたハンバーグはカットした瞬間に肉汁ジュワッ・・とかはなく。

あれって結局、牛脂注入肉みたいな物なのですかね。



おかわり。

シェフがいないので遠慮して4枚だけにしておきましたが、スーシェフが心配そうに「4枚で大丈夫なんですか?」と聞いてきました (;´∀`)



シェフがいないので構ってくれる人がおらず、店にあった本を読みながら食事。
まあ、だいたい知ってた・・知識だけは超一流です。

と、2日連続で昼から夜まで飲み続け、その前日とおそらく明日は自転車で300km以上の走行。

常に鍛えてます。


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

2018初夏旅:2日目 

当初は2日目は高尾山に登る予定が、予報通り朝から雨で、仕方ないのでジムかなーと思うも、せっかく東京まで来て、しかも平日にジムはもったいないので、とりあえず近くの渋谷近辺をフラフラしてみることに。

若者気分でセンター街に行ってみるも、リアル若者だらけの人混みにあっさり心を折られ、神泉エリアのディープなお店がたくさんある通りへと。

しかし昼食には早い時間だったので、気まぐれで渋い床屋に行って時間潰し。

昔レースで毎月のように遠征してた時、現地での食事や買い物はもちろんですが、あえてその地で昔からやっている感じの床屋を探して行ってました。

験担ぎ的な意図もありましたが、「レースで来たんですよー」などと店主さんと会話するなかで、自転車のヤツはお金使ってくれると少しでも思ってくれたらなと。

レース会場近辺でお金使って、経済効果があると思わせないと、レース開催してくれる場所がなくなりますしね。

まあ、ただの旅行においては何の関係もないですが、そんな事を思い出しました。


さて今日は何を食べようかと散髪しながら1分くらい悩みに悩み抜き、今回のオギノがハンバーグのイベントのため、明日までハンバーグ縛りしてみようと。

何しろ素人なので、いろいろ比較しないと分からない部分が多いのです。


20180615184730762.jpg
で、まずは以前通った時に大行列だった洋食店へ。

何でも、TVでマツコが人生で一番美味しいハンバーグと言ったとかで、あの身体の人間の味覚がマトモとは思えませんが試しに。


20180615185024645.jpg
ハンバーグはあまり店で食べたことないですが、人生で3番目くらい。
綺麗な味で、「さわやか」とかよりはだいぶ美味しいです。


20180615185821740.jpg
近くでもう1軒。
構成は同じですが、ずいぶんと味に違いがあり・・当たり前か。


この後は、同じ通りに角打ちできるビールの品揃え豊富な酒屋があり楽しみにしてたのですが、店内で飲めるのは夕方からという、あまりにショックな通告に打ちひしがれて。

どうしても角打ちの気分だったので、他を調べてみましたが、どこも夕方からのようでさらなるショック。

しかし、良く考えたら持ち帰って部屋で飲めば良い、店で立ち飲みするより部屋で落ち着いて飲んだ方が良いに決まってると気付いて帰ることに。


20180615185908140.jpg
ちなみに今日はハンバーグの行列はありませんでしたが、向かいのキッチンカーが常に行列だったので、酒肴としてテイクアウト。

で、まだ早い時間から動画とか観ながら飲み続け、なかなか不健全な1日。

今日もオギノ行っておけば良かったなーといった夜でした。


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム