食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2018春旅:最終日 

ぐっすり眠れて、明かりが出てきた5時半頃に厚木出発。

懸念の246号でしたが、早朝はとても快適で、厚木~秦野あたりはスイスイと。
秦野の短いトンネルを抜けると同時に富士山がドンと現れ、おお・・と呟いてしまうほど良い道で。

しばらく進むと、あれ?ここ通ったことあるぞ・・という風景と思ったら、ヤビツ峠の入り口でした。
東京からはこんな所まで来ないと山岳練ができないのか・・だから逆に練習強度が上がるのか・・とか考えて。

そこから松田~小山の山間部はアップダウンとカーブが続いて、練習概念で走るのはとても良い道ですが、橋やトンネルが多くスリリング。

御殿場は時間と共にそれなりの交通量、裾野のバイパスだけ面倒な回避ルートありましたが、特に問題なく沼津まで。

昨日は重量的に1日何も食べてないようなレベルで、さすがに空腹でしたが、24時間営業のチェーン店しかやっておらず、バイトが作ったインスタント食品に普通の金額を払いたくないので、沼津までガマン。



まあ、沼津も漁港しか営業してない時間ですが・・漁港、お前もか!


20180325175349975.jpg
チャラくない小さな個人店に行きましたが、チャラい盛り付けで出てきました。


20180325175105393.jpg
せっかくなのでヨーソローって。



今日は臨時の駐輪場があり、ロードバイク用のスタンドも完備されてましたが、そんなに自転車来るんですかね?


愛知に向かって10時頃に再スタート。
気温も上がり風も穏やかで、短パンで気持ち良くいけるベストコンディション。

時間に余裕もあるし海沿い行こうかなーと思いましたが、遠回りするほどの余裕か分からないので、いつも通りの1号メインで行ってみることに。


20180325174558468.jpg
時間的余裕の分は、島田市で1度食べておきたかったラーメンを。


200km越えても疲労はないのですが、やはりケツや首が痛くはなり。
まあ、これは万全の状態でも300kmレベルになると痛むので、避けては通れないのかもしれません。

それでも場所としての目的地なら、ただ頑張っていれば少しずつゴールに近づき、必ず辿りつけます。
これがトレーニングの話だと、毎日頑張っていてもゴールに近づいているのかすら分からない。

ひょっとして自転車は精神的ではなく、物理的な目的地を目指して乗るものですかね・・・

気付くのに10年くらいかかりました。


で、ギリギリ日没前に豊川到着し、充電器忘れて計測できてないですが、たぶん260kmほど。

いろいろと準備不足の旅でしたが、良い感じで終われました。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

2018春旅:4日目  

食べすぎ飲みすぎで重い目覚めの4日目。

特にもう行きたいところもないので、東京を後にし、寄り道しながら2日かけて帰れば良いのですが、積雪で箱根が通れないとなると、どのルートで行くか。

熱海は行けそうですが、僕は君子ですので、危うきに近寄るわけにはいかず。

国道246号を突っ切って沼津に出るルートしかないかなと。

このルートは距離はそれほど変わらないと思いますが、交通量が多く、自転車通行不可の道が多いよう。
まあ、静岡全域の国道1号線と同じイメージで、できれば通りたくはない道ではあります。

で、遅い10時出発で、ちょっと寄り道で国分寺方面に。


20180324175841268.jpg
どうしても行きたいお店ではなくなりましたが、時間に余裕のある時しか行けないのでこの機に。


20180324175859404.jpg
控えめに3つだけ食べて本スタート。

軽く道を間違えつつ246号に出るも・・
流れも悪く、予想以上に面倒くさく、これは早朝に通過したほうが良いなと、早々と諦めました。

で、厚木で宿を確保し、今日は早く寝ようと。


20180324193630120.jpg
オギノエネルギーが残っているので、何も食べなくて良いくらいでしたが、変わったラーメンを。



ちょっと駅前をブラついてたら、角打ちできるお店を発見。



厚木の地ビール。



立ち飲みキツかったので、続きは部屋飲み。

結局50kmほどしか進んでおらず、まだ残り250km・・・

もう、帰りも輪行でもいいかなーくらいになってきました  (;´∀`)


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

2018春旅:3日目  

5連休でも、行き先の確定事項は昨日の昼過ぎ~夜にかけてのパリ空と、今晩のオギノのみで、他は状況しだいで流動的と言うか、全く決めてなく。

せっかくの平日なので、評判のとんかつ屋でもハシゴしてみようかと思うも、今日の朝・昼の食事はパンがあり、夜はお腹を空かせて来いと脅されているので、あまり重いものは食べれず。

そもそもパリ空とオギノの間に美味しいものを食べるって、感覚的に無理があるよなーと。


とりあえず散歩に。

電車の利用者が少ない田舎だと、駅前商店街って終わってますが、東京はマックとかスタバとかもある中に、この店まだやってるの?な外観の建物が普通にあり、ブラブラしてるだけで面白いです。



左右の建物両方ともGIANTストア。
台湾でガイドさんが言ってましたが、ジャイアントは相当儲かっているらしく、給料がとても良いそうです。


結局、この日は見識を広めるべく和菓子屋だけ3軒。
4時間ほど歩いたのですが、ランニングとはまた違うダメージがきました。

で、ディナーへ。



前菜の1皿目からヤりにきてるなーと・・・



軽くでもなく魚介系を挟んで・・・


 
乳飲み仔牛。



豚。


 
全部で肉は1kg程度かな?想定内だなとデザート2品いって・・・



なぜか〆に牛サーロイン。


正しい意味での酒池肉林でした。


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

2018春旅:2日目 

予報通り、夜明け前はそこそこの雨量。

7時過ぎにはいったん止むと同時に日も差すほどでしたが、まだ第二波が来るようで昼までは危なそう。
そもそも、箱根は雪が積もったとの話なので、今日も自走は諦め、再び新幹線で小田原まで。

11時頃に小田原到着してもまだ少しパラついており、さらに在来線で藤沢エリアまでワープして、ちょうど止んだところで湘南T-SITEへ。



本屋で激推しされたアスリートシェフの美筋レシピ。

今回の本は僕でも全部作れそうなほどのお手軽レシピで、もし荻野シェフの本でなかったとしても、アスリート意識のある方にはオススメです。



で、ターブルオギノで美筋料理をモリモリ食ってると、偶然にも所用で訪れたアスリートシェフと遭遇。

どうせ明日お店に行く上に、今晩も少し顔を出すのに、なんと言うムダな偶然の出会い (;´∀`)


それから世田谷へ向かい、50㎞弱の散歩程度のサイクリングで3時頃にパン屋到着。
僕の5連休で、パン屋の営業日は今日だけなので、ここだけ無事にクリアできれば旅行は成功。



いやー自転車が重い・・走行不可能な重さの喜び。

と、グダグダに見えて、今日はかなり楽しい1日でした。


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

2018春旅:初日 

祝日の水曜に、木金も休みを取って5連休で東京へ。

当初のイメージでは、自転車で1日半かけて行き、1日半かけて帰るくらいでいいかなーと思ってましたが、そのスタート予定の1日半が完全雨予報。

その後は確実に晴れるようなので、往路は輪行にして新幹線で東京入りしようかと思うも、今日の東京は最高気温5℃とか雪が降るとかで。

自転車旅だと荷物の量が限られ、真冬の服まで持っていけない。
そもそも新幹線を降りて、そこからの満員電車は輪行できないしなーと。

で、こんな機会に、今日はこれまで縁のなかった静岡市まで輪行して1泊しようと。

明日は静岡市から東京まで自転車で行くのか、朝も雨なら止みそうな時間を計算して小田原あたりまで輪行か、状況次第で決めることに。


静岡市は毎年何度も通過しながら、寄り道したことがないですが、要するに特に行きたいところがないと。

ただ、強いて言えばの2軒が近い位置にあり、最寄り駅からも徒歩圏内の好条件。



で、昼前に静岡到着し、駅近くの宿に輪行袋を置かせてもらい、それから少し電車移動。
雨もあるかもしれませんが、中途半端な祝日は新幹線も在来線もガラガラでした。


まずは情報誌なんかでも毎年のように静岡全域でトップの評価をされているラーメン屋。
浜松には再訪したいラーメン屋が何軒かありますが、それらを凌ぐほどなのか興味深いところで。



何が凄いって、そこまで大きな店でもないのに店員さんが7人いました。



続いてオシャレなパン屋へ。
いろいろ写真を見た限りでは、パン屋・ケーキ屋はこちら以外に行きたいお店が見つからず。

で、ラーメンもパンも驚くほどではなくとも、もし浜松にあったら再訪確実ではありました。



駅に向かう途中に良さげな佇まいの和菓子屋があり、彼岸と言うことで少し購入。


20180321173411376.jpg
3軒行ったものの、まだチェックインには時間があり、ラーメン食べたらむしろお腹が減ったので、途中下車してとんかつを。



さらにまだ時間があるので、とんかつ屋の目の前にあったスーパー銭湯で冷えた身体を温めて1杯。
御殿場ビールではなく伊豆の国ビールのヴァイツェンですが、なかなかイケており3杯。

幸運にも銭湯からシャトルバスが出ており、静岡駅まで送ってもらい宿にて夜食のパンとお菓子を。



宿でもおかわり。
最近は地ビール・クラフトビールがある土地が多く、旅での1日の〆の楽しみになります。

と、珍しく時間に余裕があると言うか、特に何もやることがなかった旅行初日。

それでもそれなりに楽しめるなーというスタートでした。



2018年3月21日
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)


category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム